くにさくロゴ
1949/03/25 第7回国会 参議院 参議院会議録情報 第007回国会 議院運営委員会 第45号
姉妹サイト
 
1949/03/25 第7回国会 参議院

参議院会議録情報 第007回国会 議院運営委員会 第45号

#1
第007回国会 議院運営委員会 第45号
昭和二十五年三月二十五日(土曜日)
   午前十時四十五分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○衆議院議員の本院委員会傍聽中にお
 ける行動につき衆議院議長との会談
 経過に関する議長の報告
○米国及びカナダの渡米議員団に寄せ
 られた厚意に対する感謝決議の取扱
 に関する議長の報告
○国家公務員法第二十八條の規定によ
 る勧告に関する件
○警察法第五條第二項の規定による国
 家公安委員任命につき同意を求める
 件
○地方自治庁設置法第四條第三項の規
 定による地方自治委員任命につき同
 意を求める件
○産業危機に関する緊急質問の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(竹下豐次君) 只今から議院運営委員会を開会いたします。
#3
○議長(佐藤尚武君) 私から御報告申上げたいことが二件ございます。
 第一は先だつて議運で御協議の結果、衆議院議長に申入れの文書の件、これは議運の理事会にお諮りをして文書の内容を決めたのでありますが、それを一昨日私は衆議院議長の許に持参いたしまして、そうしてその成行を御説明申上げてその文書を手渡して参りました。衆議院議長は早速大池事務総長を呼びまして、この善後策をどうしたらよかろうかということについて、私の前で一応の意見の交換をされておりました。併しその内容は私から御報告するまでにまとまつたものではなかつたのでありまするが、とにかく衆議院でも運営委員会にかけて、そしてその結果によつて善処したいということを言つておられました。同時に衆議院に対してはこれは誠に遺憾な出来事であつたということを衆議院議長は繰返し言つておられたのであります。それが一件。
 それからもう一件は、昨日これも又議院運営委員会にお諮りをしました。そして本会議の決議となつて出ておりましたあの渡米議員団に関する感謝の決議、それをマツカーサー元帥に伝達すべく、衆議院議長と同道いたしまして一昨日正午元帥を訪問したのであります。そして幣原議長並びに私から決議に至つた事情、その点両院としてマツカーサー元帥の厚意並びに米国の渡米議員団に対して示された厚意に対して深く感謝すると共に、その決議文をお渡しいたしました。且つ又米国の各地に向けられるべき決議の伝達方も御依頼したのであります。元帥はその丁重な決議が両員によつて採決されたということについて非常に自分は欣快に思つておるということを述べられ、且つ又渡米議員団が米国の各地において立派に日本の国会を代表して行動されたということを語られました。それによつて米国の一般市民に対して非常ないい感じを與えた。正に渡米議員団の使命は立派に果されたのである、ということを力説せられておりました。そしてアメリカ各方面に対する決議文の伝達は喜んでこれを取計ろうであろうということを語られました。それから後はいろいろないわゆる四方山の話に移りまして、凡そ四十五分間ばかり会見に時間を費やしたわけであります、そこで引取つたのであります。以上両件を御報告申上げると同時に、私はマツカーサー元帥にお会いして手交したという一種の成り行きは本会議に対しましても簡單に御報告したいと考えております。併せて御了承をお願いしたい。以上御報告申上げます。
#4
○鈴木直人君 カナダに対する感謝決議は……
#5
○議長(佐藤尚武君) 失礼しました。カナダに対する感謝決議は新聞には両方元帥に持つて行つたように出ておつたようでありますが、それは間違いでありまして、早速昨日カナダ使節団長に対して会見を申入れたのでありまするが、本日は先方の御都合が悪いそうでありまして、月曜日の午後二時半に、これ又衆議院議長と同道してお伺いすることになつております。併せて御了承を願います。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(竹下豐次君) それでは次に人事院勧告の取扱に関する問題につきまして、お諮りいたします。
#7
○中川以良君 この問題は本日見まするところ大変出席も少いようで各会派も揃つておりませんので、月曜日に一つ延ばして頂きたい。その際には御審議をお願いしたいと思います。
#8
○門屋盛一君 中川委員のおつしやるのは、少いということは初めから分つているんですから、少いというなら議運は定足数なしで流しましよう。少いということは中川委員も御承知の筈なんです。與党がそういうことを言われるのは不思議なんです。これは月曜日まで延ばせる問題じやないんです。とにかく何度も言うことですけれども、人事院の勧告を受けている国会が、同じく勧告を受けた政府の方では、給與に関することは一つも今年度予算に組んでいないのです、取上げないということを言つている。国会は何もやらない、こういうことをやつたら公務員はどういうふうに向いて行くかということは重要な問題です。労働問題に認識のない自由党あたりでは緊急の問題ではないかも知らんが、これは国家の急務の問題です。これは一昨日からの問題ですこれはもう少し遡れば二週間以前から私は言うておるのです。そんなに急がないものですか、それを伺いたい。
 それから附加えて言つておきますが、與党側で出席が少いとおつしやるなら私はどこにでも委員会を廻つて行つて全部定足数で流していきますからね。
#9
○中川以良君 門屋から甚だお叱りのお言葉があつたのですが、私といたしましては労働問題を軽視しておるということではないと思うのです。重要視しておればこそ我々愼重に扱つておるわけで、この問題に対して委員会に付託をするというような御議論もあつたようでありますが、そういうことにつきましては我々も非常に異議を持つております。そういう点において尚検討の余地もあるし、本日は全部の会派もお揃いでないので、そういうような意味で私は申上げておるので、門屋君の仰せられるような感情論では……
#10
○門屋盛一君 感情論では、私のは感情論ではない。
#11
○委員長(竹下豐次君) ちよつと速記が止めて下さい。
   〔速記中止〕
#12
○委員長(竹下豐次君) 速記を始めて下さい。
#13
○中村正雄君 今議題になりました点は前に委員会で問題になつておるわけですから、一応各派でそれに対する態度を決定するということになつておりますので、今聽いてみますと、大体私の方は決つておりますし、外も恐らく委員の出ておらない会派の方も大体我々と同じと思います。従つて自由党の方の態度が決まればすぐ鮮決がつくわけで、今おつしやつたように自由党の態度が決つていないから待つて呉れというなら私は待つてもいい、止むを得ないというわけで、人が少いからというわけではないのです。自由党の態度が決つておらんから一両日待つて呉れというなら了承してもいいというわけです。
#14
○中川以良君 今の中村君のお話の通りですが、自由党といたしましてはまだこれに対する結論が出ておりませんので、月曜日までお待ち頂くようにお願いいたします。
#15
○門屋盛一君 これは結論が出ておらんと言えば無理を言つても仕方がないが、自由党を代表して一昨日の議運で半日待つて呉れというわけだつたのに結論が今日まで出なかつたのはどういうわけですか。
#16
○中川以良君 それに対しては我々としてはここで検討は加えておりますが、まだ全部の意見が出揃わないものですから、もう暫くお待ちを頂きたいということです。何もそれはほつちらかしているわけではない。
#17
○門屋盛一君 ほつちやらかしているというわけではないけれども、今ここに出ておられる中川委員は、佐藤委員が休んでおられるから分らない、石原委員が病気だから分らないというのだが、それでは検討しておられるということと、事情が分らないということとの間の喰い違はどうなるんですか。
#18
○中川以良君 それは、我々は個々に研究しているのが、まとめて結論を出すまでの段取に至つていないということです。その過程において、こう支障があつたということを懇談会の席上参考に申上げたのです。
#19
○門屋盛一君 私は與党時代にしばしばいじめられた経験を持つているけれども、與党の方から半日待つて呉れというので半日以上待つたわけです。そうして結論が出ておらんというのは、これは委員会の先例といたしますか、それならば私の方も重要問題の折に態度が決まらんから待つて呉れと言つた場合に待つて呉れますか。これは與党の方にお聞きしたい、中川さんにお聞きしたい、これが誠意のある與党の出方ですか。
#20
○中川以良君 今日は私が党を代表して誠意のあるお話をしているので誠に申訳ないが、月曜までお待ちを頂きたいということをお願い申上げているんです。
#21
○門屋盛一君 それならいい。
#22
○委員長(竹下豐次君) それじやこの問題は本日は保留にいたしまして、月曜日に持越すことに御異議ございますんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(竹下豐次君) それでは持ち越すことにいたします。
  ―――――――――――――
#24
○委員長(竹下豐次君) それでは次に留保になつておりました、国会公安委員任命につき同意要求に関する件。
#25
○門屋盛一君 それこそ後に廻して下さい、私の方も態度が決まりません。
#26
○鈴木直人君 今の問題につきまして、地方行政委員会におきまして、その委員会に、相当関係を持つている人事でありますが故に、昨日委員長から一応地方行政委員会としての意見も聞くことになりました。そして地方行政委員会において、それについて相当検討いたしたわけです。新聞等に自由党の人ではないかというような発言もありまして、そしてそれはどういうわけでそういう発言をしたかと申しますと、同じ政党に所属しておる者が二名ですか、三名ですかある以上は委員になることができないというような規定があるのです。そういうふうなことに関係して質問をいたした人もありまして、それではそれを明らかにしようということで新聞等のことも今日の委員会で調べたいから待つて呉れというようなことで昨日はなかつたわけです。今日は先程地方行政委員会を開きまして、その関係の新聞なども読上げたのでありまして、そうしていろいろ検討をいたしたところが、青木という人は非常に嚴正公平な硬骨漢のようである、そうして公安委員会としては非常に適任であるというような結論に到達して、地方行政委員会各派といたしましては了承をいたしまして、賛意を表して地方行政委員会としては正式に了承をいたし、そうして私は議院運営委員でありまするために、地方行政委員会としてその決議を運営委員会に御報告をするということを委託されて参りましたのでこれを申上げておきます。
#27
○門屋盛一君 鈴木君の言われることは議運の方から地方行政委員会の方へ何か委託でもしたことがあるのですか。
#28
○委員長(竹下豐次君) 別に私の方から委託したことはありません。
#29
○門屋盛一君 どういう準拠で御報告になつておるか分らない。
#30
○鈴木直人君 私は議院運営委員会から委託を受けたわけでも何でもありません。併しながら地方行政委員会においてこのようなことがあつたという情勢を御報告をすることが私非常にいいことであると思いまして、地方行政委員会の意をここに伝えたというわけです。
#31
○門屋盛一君 それならいい、今の給與ベースの問題と違いまして……。給與ベースの問題を討議して島村委員から動議が出されましたときには他の各派は皆異議がなかつた。自由党だけが待つて呉れということであつた。それから国家公安委員の問題とそれからもう一つ何か……
#32
○委員長(竹下豐次君) 地方自治委員。
#33
○門屋盛一君 その二つの問題については、これこそ各派見えていないのですから、今日これを決めることは無理じやないかと思います。
#34
○委員長(竹下豐次君) それではこの問題は留保することにいたします。
#35
○鈴木直人君 緑風会といたしましては昨日会務委員会なり集会を開きましていろいろ検討の結果、承認するということに態度が決つておりますから緑風会のことを申上げておきます。
#36
○門屋盛一君 各派から諮つて出るというのでまだ出ていない会派が多いのですから、今日はこれ以上この問題はお取上げにならない方がいいと思います。
#37
○委員長(竹下豐次君) 留保することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#38
○委員長(竹下豐次君) 異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#39
○委員長(竹下豐次君) 次に地方自治委員任命についての同意要求に関する件も留保されておりますが、これも公安委員と同樣に留保することに御異議ございませんか。
#40
○門屋盛一君 それより仕方がないと思う、各派が揃つていないから……。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#41
○委員長(竹下豐次君) それではそういうことにいたします。
  ―――――――――――――
#42
○委員長(竹下豐次君) 次に板野勝次君から緊急質問の通告があります。
#43
○事務総長(近藤英明君) 板野勝次君から三月二十五日付で次の通りの緊急質問の御要求があります。件名は産業危機に関する緊急質問、所要時間は二十分、要求大臣は総理大臣、大蔵大臣、通産大臣、安本長官以上四大臣を要求いたしております。発言者は共産党の板野勝次君。
#44
○委員長(竹下豐次君) 如何取計らいましようか。
#45
○門屋盛一君 異議ないが併し緊急質問の要求した会派から誰か出ておるのが本当でしような。
#46
○中川以良君 本問題も共産党の委員の方が来ておられませんから一つよくその党の委員の方から趣旨を聞きまして、その上で一つ決定をいたしたいと思います。今日は保留をして頂きたいと思います。
#47
○委員長(竹下豐次君) 御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#48
○委員長(竹下豐次君) それでは御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#49
○事務総長(近藤英明君) この機会に念のため御報告いたしますが、本日の公報にすでに公告をいたしておきましたのでございますが、昨日專売公社の仲裁裁定の問題につきまして政府から通知書を受領しておりますが、公報の五百九十三頁に記載いたしておきましたことを御参考までにこの機会に申上げておきます。従つて朗読は省略させて頂きます。
#50
○委員長(竹下豐次君) 本日の議題はこちらの予定では以上の通りでありますが……
#51
○門屋盛一君 今日の公報に議運の事項として裁定問題が載らなかつたのはどういうわけですか。
#52
○参事(宮坂完孝君) 裁定については数日留保して改めてお申入れのときにお入れするということにいたしまして、労働委員長の御出席もないような関係上申入れがありませんでしたので掲載いたしませんでした。
#53
○門屋盛一君 お申入れというのはどこからあるのですか。
#54
○参事(宮坂完孝君) 各委員の間で御希望があればです。なかつたものですから。
#55
○門屋盛一君 委員長はどういうふうにお考えになりますか。裁定問題はこの委員会の議題として取上げられて、それが今留保されておるだけの問題で、又誰からか改めてお申入れが出なければ公報に載せないというように……。委員長はどういうふうにお考えですか。裁定問題はもう決まりがついたとお考えですか。
#56
○委員長(竹下豐次君) 決まりがついたとはもとより考えておりません。又これからも大いに審議をしなければならないと考えておりますが、只今委員部長からもお話がありましたように、又暫くこの問題は樣子を見て、そうして第二回の裁定の問題も今後取上げなければならないということになると思いますから、順次できるだけ早い機会に取上げるということにした方が如何かというふうに考えております。
#57
○門屋盛一君 この公報にも載つておりますように、專売裁定の問題はこちらに提出されて受けるとか受けんとかやつている半ばで、政府の方ではこういう通知を寄こすというような事態になれば、今日の現在の状況からいいまして、今日議運があるとしたならば裁定の問題は重要な議題として上げなければならない問題でなかつたかと思うのです。
#58
○事務総長(近藤英明君) 実は先刻私がその発言を申上げましたのも、この問題についてはまだいろいろ御検討になつているし、この通知というようなことについても更に御検討あることと考えましたので御発言申上げたわけでありまして、公報に載せなかつたという点につきましては或いはいろいろ考え方によれば、この間から何していることだから実はここに載せなくとも、皆さん御存じのことだろうと、そこにあまり深く注意をいたさなかつた点もあるかも知れませんが、実はその問題を軽視するとか何とかいうような気持はなかつたので、特にここに通知を載せておきましたのも、これは御注意申上げればそういう点もおのずからお考えになつておれば、問題になり得るかとかように考える次第であります。
#59
○門屋盛一君 この裁定問題に対する議運の扱い方に対する、この決定ということは私は非常に急いでいる問題だ、殊に政府からこういうような妙な結論が出ると、これは労働組合のためには給與の面からいえばいいことですけれども、裁定の扱い方としては非常な疑問を投げかけられておる。この際に委員長としても事務当局としても今日の議題に考えられなかつたということは私はどうもおかしいと思うのです。それと土曜日に議運を開く以上は、もう少しやはり出席して貰わなければこれはどうにもならん。これでは出席を督励するとか何とかいういろんな問題が起きておるけれども、議運みずからがこんな状態ではどうして参議院の重大な審議ができますか、どうお考えになりますか。本会議も何にもないのだから出られんことはないと思う。
#60
○委員長(竹下豐次君) この問題につきましては門屋君の御意見の通りに急がなければならないと思います。例の法律の解釈等につきましても根本的に研究をしなければならない。根本的の研究であるが併し急がなければならないという問題は、これは当然のことであると思います。ただ私が聞いておつたところによりますと、中村君から官房長官にまだ何か質問がお残りになつておるというようなことを聞いておりまして、たまたま中村君が地方に御旅行になりましてお留守でありました。それでお帰りになりましてその質問を先ずして頂いて、それから又外の御意見も承わるというのが順序ではないか、こういうふうに私は考えておつたのであります。ところが中村君が、今日実はこの席に出席ができるかどうかもよく分りませんでしたので、打ちあけた気持はそういうつもりで……今日はお留守でありませんですが、併し今日中村君が質問しようというようなお考えがありましたならば、又必要に応じては官房長官に来て貰つて、今日も質問を継続してやつて頂き、新たに又議題として乗せたい、こういうふうに実は私としては考えておつた次第であります。外に私の方からお諮りすることはございませんが、皆さん何か……
  ―――――――――――――
#61
○門屋盛一君 宿題になつておる問題が幾つもあつたのですが、皆片附いたのですか。例えば会館の警察権の問題だとか、その外いろいろありましたが……
#62
○委員長(竹下豐次君) 片付いていません。そういう問題も今日お取上げになる方がよいという御意見でありましたならば、皆さんの御意見に従いまして委員長としては議運を進めることに何ら異議はございません。
#63
○門屋盛一君 で委員長は、私の方からお諮りすることは何もないというが、私はお諮りすることはあるけれども、この出席ではどうしようもないというのが本当じやないかと思います。議運としてやらなければならないことはまだまだ山ほどつかえておると思うのです。而も今日のような、土曜日で本会議のない、他の委員会も少いという、今日こそゆつくりやれる日にこれをやらないというのは、而もあなた自由党は今岡田先生が見えてやつと二人になつた。大緑風会もお一人だし、他の小会派は一人も出ていないということじや、これはこの運営自体をどういうふうにやつて行きますか。
#64
○中村正雄君 いろいろ問題がありますけれども、出席しておらない会派もありますが、月曜日にすべて解決するように、各員の出席を事務党局の方から督促して、月曜日に全部解決するようにしたらどうですか。で本日はこれで散会を願いたいと思います。
#65
○門屋盛一君 月曜日は本会議があるよ。
#66
○委員長(竹下豐次君) 中村君の御発言お聽きの通りですが、本日はこれにて散会することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#67
○委員長(竹下豐次君) それでは本日はこれで散会いたします。
   午前十一時十九分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     竹下 豐次君
   理事
           中川 以良君
           大隈 信幸君
           鈴木 直人君
   委員
           中村 正雄君
           岡田喜久治君
           佐々木鹿藏君
           門屋 盛一君
           岡本 愛祐君
           鎌田 逸郎君
           小宮山常吉君
           野田 俊作君
           藤井 丙午君
  ―――――――――――――
   議長      佐藤 尚武君
  ―――――――――――――
  事務局側
   事 務 総 長 近藤 英明君
   参     事
   (事務次長)  芥川  治君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (議事部長)  河野 義克君
   参     事
   (警務部長)  丹羽 寒月君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
  法制局側
   法 制 局 長 奧野 健一君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト