くにさくロゴ
1977/12/08 第83回国会 参議院 参議院会議録情報 第083回国会 建設委員会 第1号
姉妹サイト
 
1977/12/08 第83回国会 参議院

参議院会議録情報 第083回国会 建設委員会 第1号

#1
第083回国会 建設委員会 第1号
昭和五十二年十二月八日(木曜日)
   午前十時二分開会
    ―――――――――――――
  委員氏名
    委員長         小谷  守君
    理 事         古賀雷四郎君
    理 事         坂野 重信君
    理 事         土屋 義彦君
    理 事         赤桐  操君
                遠藤  要君
                寺下 岩蔵君
                中村 太郎君
                中村 禎二君
                降矢 敬義君
                堀内 俊夫君
                増岡 康治君
                片山 甚市君
                松本 英一君
                太田 淳夫君
                桑名 義治君
                二宮 文造君
                上田耕一郎君
                栗林 卓司君
                森田 重郎君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         小谷  守君
    理 事
                古賀雷四郎君
                坂野 重信君
                土屋 義彦君
                赤桐  操君
    委 員
                中村 禎二君
                降矢 敬義君
                増岡 康治君
                太田 淳夫君
                桑名 義治君
                上田耕一郎君
                栗林 卓司君
                森田 重郎君
   国務大臣
       建 設 大 臣
       国 務 大 臣
       (国土庁長官)  櫻内 義雄君
       国 務 大 臣
       (北海道開発庁
       長官)      加藤 武徳君
   政府委員
       北海道開発政務
       次官       阿部 文男君
       北海道開発庁総
       務監理官     吉岡 孝行君
       国土政務次官   丹羽 久章君
       国土庁長官官房
       長        河野 正三君
       国土庁計画・調
       整局長      福島 量一君
       国土庁土地局長  山岡 一男君
       国土庁水資源局
       長        飯塚 敏夫君
       国土庁大都市圏
       整備局長     国塚 武平君
       国土庁地方振興
       局長       土屋 佳照君
       建設政務次官   塚田  徹君
       建設大臣官房長  粟屋 敏信君
       建設省計画局長  大富  宏君
       建設省都市局長  小林 幸雄君
       建設省河川局長  栂野 康行君
       建設省道路局長  浅井新一郎君
       建設省住宅局長  救仁郷 斉君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        森  一衞君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○調査承認要求に関する件
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(小谷守君) ただいまから建設委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十一月二十五日、田代富士男君が委員を辞任され、その補欠として桑名義治君が選任されました。
 また、二十六日、片山正英君及び斎藤栄三郎君が委員を辞任され、その補欠として降矢敬義君及び増岡康治君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(小谷守君) 調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても建設事業並びに建設諸計画に関する調査を行うこととし、この旨の調査承認要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なしと呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(小谷守君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(小谷守君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(小谷守君) この際、櫻内建設大臣兼国土庁長官及び加藤北海道開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。櫻内建設大臣兼国土庁長官。
#7
○国務大臣(櫻内義雄君) このたびの内閣改造によりまして建設大臣並びに国土庁長官を命ぜられました櫻内義雄でございます。何とぞよろしくお願いいたします。
 非常に厳しい経済社会情勢の中で、景気の回復と充実した生活を求める国民の要望にこたえるため、これらと深いかかわりを持つ建設行政と国土行政の推進に、微力ではありますが、誠心誠意努めてまいりたいと思います。また、事業の執行に関連しまして、職員の綱紀の問題につきましては、特に厳正な保持を図るよう指導してまいる所存であります。
 練達堪能な皆様方の御指導、御協力をお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。
#8
○委員長(小谷守君) 加藤北海道開発庁長官。
#9
○国務大臣(加藤武徳君) お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 今般の内閣改造で北海道開発庁長官を命ぜられました加藤武徳でございます。もとより微力でございますが、誠心誠意努めてまいりたい、かような決意でございますので、何とぞよろしくお願いを申し上げる次第でございます。
 皆様方には、日ごろ北海道開発のためにいろいろ御配慮いただいておりまして、感謝にたえないところでございます。御承知の北海道は国土の五分の一以上を占めます面積を持っており、そして無限の資源を包蔵しております宝庫でありますことは御承知のとおりでございまして、これが開発の成否はわが国経済に非常な影響を持っていることは申すまでもないことでございます。ただいま北海道開発総合計画を策定いたしている最中でございまして、五十三年度から発足いたしたいと、かような予定でございますけれども、この計画が策定されますならば、かようなことを指針といたしながら今後微力を尽くしてまいりたいと、かように存じておりますので、どうぞ皆様方の変わりませぬ御支援や御鞭撻をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとする次第でございます。よろしくお願いいたします。
#10
○委員長(小谷守君) 次に、塚田建設政務次官、阿部北海道開発政務次官及び丹羽国土政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。塚田建設政務次官。
#11
○政府委員(塚田徹君) このたびの内閣改造に伴いまして建設政務次官を仰せつかりました塚田徹でございます。
 もとより微力ではございますけれども、大臣を助けながら、今後とも誠心誠意努力を続けてまいりますので、皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げ、私のごあいさつにかえる次第でございます。ありがとうございました。
#12
○委員長(小谷守君) 阿部北海道開発政務次官。
#13
○政府委員(阿部文男君) このたび北海道開発政務次官を拝命いたしました阿部文男でございます。
 大変微力でございますが、加藤長官のもとで北海道開発推進に全力を尽くす所存でございますので、委員の皆様方の格別の御指導と御鞭撻を賜りますようお願い申し上げましてごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。
#14
○委員長(小谷守君) 丹羽国土政務次官。
#15
○政府委員(丹羽久章君) このたび国土政務次官を拝命いたしました丹羽久章でございます。
 微力でございますが、大臣を助け、国土行政の推進に最善の努力を傾けていきたいと思います。委員各位の御指導と御鞭撻を心からお願いをいたしまして、はなはだ簡単でありますが、ごあいさつにかえさしていただきます。よろしくお願いをいたします。
#16
○委員長(小谷守君) 速記をとめて。
  〔速記中止〕
#17
○委員長(小谷守君) 速記を起こして。
    ―――――――――――――
#18
○委員長(小谷守君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 建設事業並びに建設諸計画に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(小谷守君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(小谷守君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト