くにさくロゴ
1977/12/09 第83回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第083回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1977/12/09 第83回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第083回国会 外務委員会 第1号

#1
第083回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(昭和五十二年十二月七日)(水曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
   委員長 竹内 黎一君
   理事 有馬 元治君 理事 鯨岡 兵輔君
   理事 毛利 松平君 理事 河上 民雄君
   理事 土井たか子君 理事 中川 嘉美君
   理事 渡辺  朗君
      石原慎太郎君    稲垣 実男君
      大坪健一郎君    奧田 敬和君
      川崎 秀二君    川田 正則君
      木村 俊夫君    佐野 嘉吉君
      中山 正暉君    福田 篤泰君
      福永 一臣君    三池  信君
      井上 一成君    岡田 春夫君
      高沢 寅男君    塚田 庄平君
      松本 七郎君    正木 良明君
      渡部 一郎君    中村 正雄君
      寺前  巖君    伊藤 公介君
―――――――――――――――――――――
昭和五十二年十二月九日(金曜日)
    午前十一時十一分開議
 出席委員
   委員長 竹内 黎一君
   理事 大坪健一郎君 理事 奥田 敬和君
   理事 塩崎  潤君 理事 毛利 松平君
   理事 河上 民雄君 理事 中川 嘉美君
   理事 渡辺  朗君
      稲垣 実男君    川崎 秀二君
      川田 正則君    佐野 嘉吉君
      馬場猪太郎君    渡部 一郎君
      寺前  巖君    伊藤 公介君
 出席国務大臣
        外 務 大 臣 園田  直君
 出席政府委員
        外務政務次官  愛野興一郎君
 委員外の出席者
        外務委員会調査
        室長      高杉 幹二君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月七日
 辞任         補欠選任
  三池  信君     塩崎  潤君
同月九日
 辞任         補欠選任
  高沢 寅男君     馬場猪太郎君
  寺前  巖君     不破 哲三君
同日
 辞任         補欠選任
  馬場猪太郎君     高沢 寅男君
  不破 哲三君     寺前  巖君
同日
 理事山田久就君十一月二十八日委員辞任につき、
 その補欠として大坪健一郎君が理事に当選した。
同日
 理事有馬元治君及び鯨岡兵輔君同日理事辞任に
 つき、その補欠として奥田敬和君及び塩崎潤君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○竹内委員長 これより会議を開きます。
 この際、理事辞任についてお諮りいたします。
 理事有馬元治君及び理事鯨岡兵輔君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの有馬元治君及び鯨岡兵輔君の辞任による欠員のほかに、理事山田久就君の委員辞任により、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○竹内委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、
      大坪健一郎君   奧田 敬和君
   及び 塩崎  潤君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○竹内委員長 先般、外務大臣に就任されました園田直君及び外務政務次官に就任されました愛野興一郎君より、それぞれ発言を求められておりますので、これを許します。園田外務大臣。
#6
○園田国務大臣 お許しをいただいて、ごあいさつを申し上げます。
 今般、不肖私が外務大臣に就任をいたしました。自分の能力を省みるときにじくじたるものがございます。しかも、国際情勢はきわめて深刻、各国に対する問題が山積いたしております。いままで日本外交は、委員各位の御指導と御協力をいただき今日までやってきたわけでありますが、この深刻な状態の時期に、特に、いまにも増して御指導とお力添えをお願い申し上げる次第であります。
 能力は、皆さん方よく御承知のとおり非才でございますけれども、温厚、誠実をモットーとして、皆さん方の御指示をよくいただき、お知恵を拝借し、深刻な事態でありまするが、私の政治生活の生涯をこの在任中に燃焼する覚悟で、私はこの職務に尽くすつもりでございます。
 在任中いろいろ過ちもあると思いますけれども、遅疑逡巡して過つよりも、事をなしておしかりを受けた方がよりよきことであるという私の平素の信念から、精根を尽くす覚悟であります。
 どうか委員各位におかれても、公私ともに、委員会であるいは委員会外で、遠慮なしに御叱責と御指導を賜りますことが、国家の前途のために幸いであると考えますので、不肖な私でございますが、国家の重大事でございますから、この上ともよろしくお引き回しをお願い申し上げて、私のごあいさつといたします。よろしくお願いをいたします。(拍手)
#7
○竹内委員長 次に、愛野興一郎外務政務次官。
#8
○愛野政府委員 このたび、はからずも外務政務次官を拝命いたしました愛野興一郎であります。心から光栄に存じております。
 私も全く浅学であり、若輩でありますが、新大臣のもと、誠心誠意、この重大なる難局下に努力をいたしていきたいと考えております。
 何とぞ委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#9
○竹内委員長 次に、閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、議長への申し出に関する手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合、先国会どおり、小委員十四名より成る多国籍企業等国際経済に関する小委員会を設置いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 小委員及び小委員長は、委員長において指名し、公報をもってお知らせいたします。
 なお、小委員及び小委員長の辞任並びに補欠選任に関しましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト