くにさくロゴ
1977/12/09 第83回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第083回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
1977/12/09 第83回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第083回国会 本会議 第2号

#1
第083回国会 本会議 第2号
昭和五十二年十二月九日(金曜日)
    ―――――――――――――
  昭和五十二年十二月九日
    午後一時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 皇室経済会議予備議員の選挙
 裁判官弾劾裁判所裁判員の選挙
 国土総合開発審議会委員の選挙
 東北開発審議会委員の選挙
 四国地方開発審議会委員の選挙
 離島振興対策審議会委員の選挙
 国土開発幹線自動車道建設審議会委員の選挙
 北海道開発審議会委員の選挙
 日本ユネスコ国内委員会委員の選挙
 鉄道建設審議会委員の選挙
 懲罰委員会を除く内閣委員会外十四常任委員会
並びに災害対策特別委員会外八特別委員会におい
て、各委員会から申出のあった案件について閉会
中審査するの件(議長発議)
    午後一時三分開議
#2
○議長(保利茂君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 皇室経済会議予備議員の選挙
 裁判官弾劾裁判所裁判員の選挙
 国土総合開発審議会委員の選挙
 東北開発審議会委員の選挙
 四国地方開発審議会委員の選挙
 離島振興対策審議会委員の選挙
 国土開発幹線自動車道建設審議会委員の選挙
 北海道開発審議会委員の選挙
 日本ユネスコ国内委員会委員の選挙
 鉄道建設審議会委員の選挙
#3
○議長(保利茂君) 皇室経済会議予備議員、裁判官弾劾裁判所裁判員、国土総合開発審議会委員、東北開発審議会委員、四国地方開発審議会委員、離島振興対策審議会委員、国土開発幹線自動車道建設審議会委員、北海道開発審議会委員、日本ユネスコ国内委員会委員及び鉄道建設審議会委員の選挙を行います。
#4
○瓦力君 各種委員等の選挙は、いずれもその手続を省略して、議長において指名せられ、皇室経済会議予備議員の職務を行う順序については、議長において定められんことを望みます。
#5
○議長(保利茂君) 瓦力君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(保利茂君) 御異議なしと認めます。よって、動議のごとく決しました。
 議長は、皇室経済会議予備議員に長谷川四郎君を指名いたします。
 なお、その職務を行う順序は第二順位といたします。
 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員に松永光君を指名いたします。
 次に、国土総合開発審議会委員に田澤吉郎君を指名いたします。
 次に、東北開発審議会委員に佐々木義武君を指名いたします。
 次に、四国地方開発審議会委員に森下元晴君を指名いたします。
 次に、離島振興対策審議会委員に
      二階堂 進君    竹下  登君
   及び 越智 伊平君
を指名いたします。
 次に、国土開発幹線自動車道建設審議会委員に中曽根康弘君を指名いたします。
 次に、北海道開発審議会委員に村上茂利君を指名いたします。
 次に、日本ユネスコ国内委員会委員に羽田孜君を指名いたします。
 次に、鉄道建設審議会委員に中曽根康弘君を指名いたします。
     ――――◇―――――
 委員会の閉会中審査に関する件
#7
○議長(保利茂君) お諮りいたします。
 懲罰委員会を除く内閣委員会外十四常任委員会並びに災害対策特別委員会外八特別委員会から、閉会中審査いたしたいとの申し出があります。
    ―――――――――――――
    〔閉会中審査案件は本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○議長(保利茂君) 各委員会から申し出のあった案件中、まず、商工委員会の申し出に係る日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の南部の共同開発に関する協定の実施に伴う石油及び可燃性天然ガス資源の開発に関する特別措置法案は、同委員会において閉会中審査するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#9
○議長(保利茂君) 起立多数。よって、さよう決定いたしました。
 次に、科学技術振興対策特別委員会の申し出に係る原子力基本法等の一部を改正する法律案は、同委員会において閉会中審査するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#10
○議長(保利茂君) 起立多数。よって、さよう決定いたしました。
 次に、ただいま閉会中審査するに決定いたしました案件を除く他の案件について、各委員会において申し出のとおり閉会中審査するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(保利茂君) 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
     ――――◇―――――
#12
○議長(保利茂君) この際、暫時休憩いたします。
    午後一時八分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト