くにさくロゴ
1949/12/17 第7回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第007回国会 考査特別委員会 第3号
姉妹サイト
 
1949/12/17 第7回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第007回国会 考査特別委員会 第3号

#1
第007回国会 考査特別委員会 第3号
昭和二十四年十二月十七日(土曜日)
    午後五時五十五分開議
 出席委員
   委員長 鍛冶 良作君
   理事 大橋 武夫君 理事 小玉 治行君
   理事 高木 松吉君 理事 内藤  隆君
   理事 吉武 惠市君 理事 猪俣 浩三君
   理事 大森 玉木君 理事 横田甚太郎君
   理事 石田 一松君
      佐々木秀世君    福井  勇君
      福田  一君    橋本 金一君
      村瀬 宣親君    梨木作次郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 運輸省資材の省外拂下事件調査報告書に関する
 件
 石川県下における耕地面積不正申告事件調査報
 告書に関する件
    ―――――――――――――
#2
○鍛冶委員長 会議を開きます。
 運輸省資材の省外押下事件及び石川県下における耕地面積不正申告事件につきましては、すでに証人喚問等は第五国会の閉会中に終了いたし、結論を出すばかりの段階にあつたのでありますが、事務局における検討整理も終り、委員各位とも御懇談の結果、先ほど御協議の通りの委員会調査報告書原案を作成いたしましたので、この二つの報告書原案について、この際お諮りいたしたいと存じます。
 まず運輸省資材の省外拂下事件調査報告書原案についてお諮りいたします。本報告書案について何か御意見はございませんか。横田君。
#3
○横田委員 一、この報告書はきわめて不徹底である。国有国営の形をとりながら、資材拂下げ、資材購入等に関して、国鉄を食いつぶしている鉄道弘済会以外の十三の外郭団体その他に対して調査が行われていない。二、国鉄官僚、特に資材局と弘済会との人的、物的関係に対する、もつと十分な調査がなされなければならない。さらにこれに関連しで、国鉄内部の官僚閥関係に対しても、メスを振わなければならない。戦前よりの閥関係は依然として根を張り、しかも外郭団体という各会社に退職とともに入り重職についている。これらの徹底的な糾明なくしては国鉄の民主化と明朗化はあり得ない。三、鉄道弘済会についても、当初の設立の目的にはずれて、ボス幹部が資材局と結託してかつてに牛耳り、末端職員を無視して利益をむさぼつている経営状態である点なども見のがされている。四、大阪の放出用品庫の非鉄金属を初め、仙台、千葉等においても莫大な物件が不当に処分され、または放置されているという事実が提起されていながら、これらに対して調査がなされていない。五、国鉄が不用品を購入したり、重要品を拂下げたりしている不正に対して、調査がきわめて不十分である。六、国営事業たる国鉄が不当拂下げ、不当購入を行い、さらにこれによつて外郭団体と称する営利団体が利益をむさぼり、反面独立採算制の名のもとに運賃値上げ、首切り、労働強化等が行われているという本件の根本的調査が行われていない、きわめて不十分な調査報告書である。この点を指摘して賛意を表する。
#4
○鍛冶委員長 ほかに御意見はありませんか。――ないようですから、これより採決いたします。
 本報告書案を委員会の報告書として決定いたすことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○鍛冶委員長 御異議なしと認めまして、本調査報告書案は委員会調査報告書として決定いたしました。なお字句の整理等につきましては、委員長に御一任を願います。
    ―――――――――――――
#6
○鍛冶委員長 次に石川県下における耕地面積不正申告事件調査報告書案についてお諮りいたします。本報告書原案につきましては、共産党より修正意見が提出されております。
 これより報告書原案及び修正意見を一括討論に付します。梨木作次郎君。
#7
○梨木委員 私の方の修正に関する意見は、さきに石川県下における耕地面積不正申告事件に関する報告書修正案として提出いたした中に詳しく書いてあるのでありまして、この点は報告書の内容をこの際ここに援用してそれにかえたいと思います。この報告書を速記録に載せていただきます。
#8
○鍛冶委員長 御意見はありませんか――別に御意見がなければ、討論はこれにて終局いたしました。
 これより採決に入ります。まず共産党提出の修正意見について採決いたします。この修正意見に対し賛成の諸君の起立を願います。
    〔賛成者起立〕
#9
○鍛冶委員長 起立少数。よつて共産党提出の修正意見は否決されました。
 最後に報告書原案に賛成の諸君の起立を願います。
    〔賛成者起立)
#10
○鍛冶委員長 起立多数。よつて原案の通り決しました。
 なお字句の整理等につきましては、委員長に御一任願います。
    ―――――――――――――
#11
○鍛冶委員長 なお永井隆君表彰の件につきましては、既定の参考人の尋問も先日終了いたしました。灰関するところによりますと、大分病状も悪化しておるようでありますので、なるべく年内に調査報告書原案を調整して、皆さんの御審議に付したいと思いますから、さよう御了承願います。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○鍛冶委員長 それではさようとりはからいます。本日はこれにて散会いたします。
    午後六時二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト