くにさくロゴ
1949/12/23 第7回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第007回国会 考査特別委員会 第6号
姉妹サイト
 
1949/12/23 第7回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第007回国会 考査特別委員会 第6号

#1
第007回国会 考査特別委員会 第6号
昭和二十四年十二月二十三日(金曜日)
    午後一時十二分開議
 出席委員
   委員長 鍛冶 良作君
   理事 大橋 武夫君 理事 内藤  隆君
   理事 吉武 惠市君 理事 猪俣 浩三君
   理事 横田甚太郎君
      安部 俊吾君    岡延右エ門君
      菅家 喜六君    塚原 俊郎君
      福井  勇君    加藤 鐐造君
      坂本 泰良君    橋本 金一君
      村瀬 宣親君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 永井隆君表彰の件調査報告書に関する件
    ―――――――――――――
#2
○鍛冶委員長 これより会議を開きます。
 永井隆君表彰の件につきましては、先日の委員会の申合せによりまして、年内に結論を出すとのことでありましたので、調査部において鋭意検討整理を急ぎました結果、報告書の作成を終了いたしましたので、昨日理事諸君と協議の結果、お手元に配付をしてある通りの委員会報告書原案を決定いたした次第であります。
 この際本報告書原案を議題として討論に付します。横田君。
#3
○横田委員 共産党は永井氏の表彰に反対であります。理由は委員長の手元に出してあるところの文書を速記録にそのままとどめていただきます。以上のべた如く、永井氏が病床にあつて尚書きつづけ並びに過去の言行より脱し切らうとする態度に対しては同情するものであるが、いやしくも衆議院考査特別委員会が国会を通じて表彰する程の国家再建の功労者とは承服し得ない。よつて吾党はこれに対して反対である。
#4
○鍛冶委員長 他に討論の通告もありませんから、討論はこれにて終了いたします。
 それではこれより採決いたします。本報告書原案を委員会の報告書として決定するに賛成の諸君の御起立を願います。
    〔賛成者起立〕
#5
○鍛冶委員長 起立多数、よつて本報告書原案は、委員会の報告書として決定いたしました。
 なお本報告書に基いて本会議において簡単なる報告をいたしたいと存じますので、御了承を願います。
#6
○鍛冶委員長 次に永井隆君の表彰につきましては、本調査報告書の結論の意を体して、しかるべき処置をとられるよう内閣総理大臣に対して要求いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○鍛冶委員長 御異議なきものと認めます。それではさようとりはからいます。
#8
○鍛冶委員長 なお本会議における報告について少数意見を述べるということは、今はないかもしれませんが、この前ああいうことがあつたのですが、いろいろ調べてみますと、この報告は単なる報告でありまして、国会における議案じやないのですから、少数意見を述べるというあの条文は適用がないわけなのです。けれどもこの前は特にああいうことをやつたのですが、少くとも表彰については、国会の報告について少数意見などをつけないことに決定しておきたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○鍛冶委員長 さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後一時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト