くにさくロゴ
1976/02/22 第80回国会 参議院 参議院会議録情報 第080回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1976/02/22 第80回国会 参議院

参議院会議録情報 第080回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第080回国会 議院運営委員会 第5号
昭和五十二年二月二十二日(火曜日)
   午後六時二十七分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 二月五日
    辞任         補欠選任
     戸塚 進也君     安孫子藤吉君
     上條 勝久君     森下  泰君
 二月七日
    辞任         補欠選任
     中村 登美君     岩本 政一君
     安孫子藤吉君     戸塚 進也君
     森下  泰君     上條 勝久君
 二月八日
    辞任         補欠選任
     高橋雄之助君     堀内 俊夫君
 二月二十一日
    辞任         補欠選任
     塩出 啓典君     多田 省吾君
     橋本  敦君     岩間 正男君
 二月二十二日
    辞任         補欠選任
     岩間 正男君     橋本  敦君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         鍋島 直紹君
    理 事
                井上 吉夫君
                嶋崎  均君
                中西 一郎君
                久保  亘君
                和田 静夫君
                内田 善利君
                橋本  敦君
                柄谷 道一君
 委員
                上條 勝久君
                小林 国司君
                佐々木 満君
                佐多 宗二君
                棚辺 四郎君
                戸塚 進也君
                福岡日出麿君
                堀内 俊夫君
                神谷信之助君
        ―――――
       議     長  河野 謙三君
       副  議  長  前田佳都男君
        ―――――
   政府委員
       総理府総務副長
       官        村田敬次郎君
       厚生政務次官   石本  茂君
       運輸政務次官   石井  一君
       労働政務次官   越智 伊平君
   事務局側
       事 務 総 長  岸田  實君
       事 務 次 長  植木 正張君
       議 事 部 長  鈴木 源三君
       委 員 部 長  川上 路夫君
       記 録 部 長  江上七夫介君
       警 務 部 長  指宿 清秀君
       庶 務 部 長  前川  清君
       管 理 部 長  佐橋 宣雄君
       渉 外 部 長  橋爪 三男君
   法制局側
       法 制 局 長  杉山恵一郎君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○人事官の任命同意に関する件
○国家公安委員会委員の任命同意に関する件
○中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関す
 る件
○航空事故調査委員会委員長及び同委員の任命同
 意に関する件
○公共企業体等労働委員会委員の任命同意に関す
 る件
○委員派遣承認要求の取り扱いに関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(鍋島直紹君) 議院運営委員会を開会いたします。
 理事の補欠選任の件を議題といたします。
 委員の異動に伴い、理事が一人欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行います。
 割り当て会派推薦のとおり、橋本敦君を理事に選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(鍋島直紹君) 次に、人事官、国家公安委員会委員、中央社会保険医療協議会委員、航空事故調査委員会委員長及び同委員、及び公共企業体等労働委員会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。総理府総務副長官村田敬次郎君。
#5
○政府委員(村田敬次郎君) 人事官島田巽君は三月四日任期満了となりますが、同君の後任として愛川重義君を任命いたしたいので、国家公務員法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 人事官は、人格が高潔で、民主的な統治組織と成績本位の原則による能率的な事務の処理に理解があり、かつ、人事行政に関し識見を有する年齢三十五年以上の者の中から両議院の同意を経て、内閣が任命することになっております。
 同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、人事官として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
 これに引き続きまして、国家公安委員会委員の任命につきまして御説明いたします。
 国家公安委員会委員池田潔君は、昨年十二月十六日任期満了となりましたが、同君を再任いたしたいので、警察法第七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、国家公安委員会委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、速やかに同意されるようお願いいたします。
#6
○委員長(鍋島直紹君) 次に、厚生政務次官石本茂君。
#7
○政府委員(石本茂君) 中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員圓城寺次郎君は、三月一日任期満了となりますが、同君を再任いたしたいので、社会保険審議会及び社会保険医療協議会法第十五条第五項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君は、広い学識と豊富な経験を有する者でありますので、中央社会保険医療協議会の公益を代表する委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、速やかに同意されるようお願いいたします。
#8
○委員長(鍋島直紹君) 次に、運輸政務次官石井一君。
#9
○政府委員(石井一君) 航空事故調査委員会委員長岡田實及び同委員会委員上山忠夫、諏訪勝義、八田桂三、山口真弘の五君は、いずれも一月十日任期満了となりましたが、岡田、上山、諏訪、八田、山口の五君をそれぞれ再任いたしたいので、航空事故調査委員会設置法第六条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 五君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも航空事故調査に関し科学的かつ公正な判断を行うことができると認められる者でありますので、航空事故調査委員会の委員長または委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、速やかに同意されるようお願いいたします。
#10
○委員長(鍋島直紹君) 次に、労働政務次官越智伊平君。
#11
○政府委員(越智伊平君) 公共企業体等労働委員会の公益委員市原昌三郎、金子美雄、隅谷三喜男、中西實、原田運治、舟橋尚道、峯村光郎の七君は、昭和五十一年五月二十七日任期満了となりましたが、今般、全委員を再任いたしたいので、公共企業体等労働関係法第二十条第二項の規定に基づき、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 同君らの経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君らは、いずれも広い知識と豊富な経験を有する者でありますので、同委員会の公益委員として適任であると存じます。
 何とぞ慎重御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
#12
○委員長(鍋島直紹君) 別に御発言もなければ、ただいま説明の人事案件につき採決を行います。
 まず、人事官に愛川重義君を、中央社会保険医療協議会委員に圓城寺次郎君を、航空事故調査委員会委員に山口真弘君を、公共企業体等労働委員会委員に市原昌三郎君、中西實君、原田運治君及び舟橋尚道君を、それぞれ任命するにつき同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#13
○委員長(鍋島直紹君) 多数と認めます。よって、いずれも同意を与えることに決定いたしました。
 次に、国家公安委員会委員に池田潔君を、航空事故調査委員会委員長に岡田貴君を、同委員会委員に上山忠夫君、諏訪勝義君及び八田桂三君を、公共企業体等労働委員会委員に金子美雄君、隅谷三喜男君及び峯村光郎君を、それぞれ任命するにつき同意を与えることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#15
○委員長(鍋島直紹君) 次に、委員派遣承認要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 委員部長の報告を求めます。
#16
○参事(川上路夫君) 去る二月十日、災害対策特別委員長から、豪雪地帯における雪害の実情を調査し、もって災害対策樹立に関する調査に資するため、新潟県、富山県、石川県及び福井県に、二月十五日から同月十八日までの四日間、委員派遣を行いたい旨の要求書が提出されました。
 本件は、日程の都合もあり、本員会の委員長及び理事の御了承を経た後、議長の御承認を得て、予定どおり実施された次第でございます。
 以上御報告申し上げます。
#17
○委員長(鍋島直紹君) 本件につきましては、ただいま報告のとおりでありますので、御了承をお願い申し上げます。
 暫時休憩いたします。
   午後六時三十五分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト