くにさくロゴ
1976/01/31 第80回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第080回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1976/01/31 第80回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第080回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第080回国会 議院運営委員会 第2号
昭和五十二年一月三十一日(月曜日)
    午後零時四分開議
 出席委員
   委員長 金丸  信君
   理事 亀岡 高夫君 理事 森  喜朗君
   理事 山下 徳夫君 理事 江藤 隆美君
   理事 三塚  博君 理事 山口 鶴男君
   理事 広瀬 秀吉君 理事 大久保直彦君
   理事 吉田 之久君
      瓦   力君    北川 石松君
      玉沢徳一郎君    原田昇左右君
      森田 欽二君    与謝野 馨君
      渡部 恒三君    渋沢 利久君
      日野 市朗君    村山 喜一君
      山本 政弘君    春田 重昭君
      山田 太郎君    東中 光雄君
      刀祢館正也君
 委員外の出席者
        議     長 保利  茂君
        副  議  長 三宅 正一君
        事 務 総 長 大久保 孟君
    ―――――――――――――
委員の異動
一月十一日
 辞任         補欠選任
  吉田 之久君     玉置 一徳君
  刀祢館正也君     川合  武君
同日
 辞任         補欠選任
  玉置 一徳君     吉田 之久君
  川合  武君     刀祢館正也君
同月十七日
 辞任         補欠選任
  吉田 之久君     玉置 一徳君
  刀祢館正也君     川合  武君
同日
 辞任         補欠選任
  玉置 一徳君     吉田 之久君
  川合  武君     刀祢館正也君
同月二十日
辞任          補欠選任
  野田  毅君     与謝野 馨君
同月二十五日
 辞任         補欠選任
  山田 太郎君     広沢 直樹君
同日
 辞任         補欠選任
  広沢 直樹君     山田 太郎君
同月二十八日
 辞任         補欠選任
  吉田 之久君     玉置 一徳君
同日
 辞任         補欠選任
  玉置 一徳君     吉田 之久君
同月三十一日
 辞任         補欠選任
  塚田 庄平君     村山 喜一君
同日
 辞任         補欠選任
  村山 喜一君     塚田 庄平君
同月十一日
 理事吉田之久君同日委員辞任につき、その補欠
 として吉田之久君が委員長の指名で理事に選任
 された。
同月十七日
 理事吉田之久君同日委員辞任につき、その補欠
 として吉田之久君が委員長の指名で理事に選任
 された。
同月二十八日
 理事吉田之久君同日委員辞任につき、その補欠
 として吉田之久君が委員長の指名で理事に選任
 された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 新議員紹介の件
 国務大臣の演説に関する件
 議事進行係の件
 庶務小委員長の報告
 昭和五十二年度本院予定経費要求の件
 図書館運営小委員長の報告
 昭和五十二年度国立国会図書館予定経費要求の
 件
 昭和五十二年度裁判官訴追委員会予定経費要求
 の件
 昭和五十二年度裁判官弾劾裁判所予定経費要求
 の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○金丸委員長 これより会議を開きます。
 まず、新議員紹介の件についてでありますが、去る一月二十一日に、故浦野幸男君の補充として、愛知県第四区から稲垣実男君が当選され、自由民主党所属議員として新しく議席を得られました。
 慣例によりまして、本日の本会議において議長から同君を紹介されることになります。
    ―――――――――――――
#3
○金丸委員長 次に、国務大臣の演説に関する件についてでありますが、国務大臣の演説は、本日の本会議において、内閣総理大臣の施政方針に関する演説、外務大臣の外交に関する演説、大蔵大臣の財政に関する演説、経済企画庁長官の経済に関する演説をそれぞれ行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○金丸委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○金丸委員長 次に、議事進行係の件についてでありますが、議事進行係を、三塚博君の後任として、自由民主党の瓦力君にお願いいたすことになりましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#6
○金丸委員長 この際、庶務小委員長から発言を求められております。これを許します。亀岡高夫君。
#7
○亀岡委員 昭和五十二年度における衆議院歳出予算の要求について御説明申し上げます。
 昭和五十二年度の本院予定経費要求額は、三百十二億三千五百八十六万七千円でありまして、これを前年度予算額二百七十億四千三百四十五万二千円に比較いたしますと、四十一億九千二百四十一万五千円の増加となっております。
 次に、その概略を御説明申し上げますと、
 第一は、国会の運営に必要な経費でありまして、二百八十七億二百八万六千円を計上いたしております。この経費は、議員及び委員会関係の諸経費、職員の人件費並びに事務局及び法制局の所掌事務を処理するために必要な経費でありまして、前年度に比し三十四億二千八百三十七万六千円の増加となっておりますが、増加したものの主なものは、立法事務費の月額二十万円を四十万円に増額計上したほか、委員長特別会議費の新設、外国旅費、証人等旅費及び議案類印刷費等の増加でございます。
 第二は、本院の施設整備に必要な経費といたしまして、二十五億二千六百七十八万一千円を計上いたしております。このうち主なものは、五十四年夏完成予定の事務局庁舎の新営費二十一億七百六十九万八千円のほか、第一議員会館の玄関、廊下、食堂等の内部塗装替え、憲政記念館旧館内外装改修費等でございます。
 第三は、国会予備金に必要な経費といたしまして、前年度同額の七百万円を計上いたしております。
 なお、この際つけ加えて申し上げますと、議員互助年金について、基礎歳費月額五十万円の年金受給者の月額を五十二万円に改定することとし、納付金は現行の百分の九に据え置くことといたしました。
 以上のとおりでありますので、よろしく御審議をお願いいたします。
    ―――――――――――――
昭和五十二年度衆議院予定経費要求書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○金丸委員長 それでは、昭和五十二年度本院予定経費要求につきましては、小委員長の説明のとおり決定するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#9
○金丸委員長 挙手多数。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○金丸委員長 次に、図書館運営小委員長から報告のため発言を求められております。これを許します。山下徳夫君。
#11
○山下(徳)委員 昭和五十二年度国立国会図書館歳出予算の要求について御説明いたします。
 予定経費要求の総額は、五十四億六千九百六十六万一千円でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、四億七千七百三十万四千円の増額となっております。
 次に、要求額の主なものについて、その概略を御説明申し上げます。
 第一は、管理運営に必要な経費であります。その総額は、五十二億五千四百五十七万円でありまして、これを前年度と比較いたしますと、四億六千二百九十二万七千円の増額となっております。増額の主なものは、職員の給与に関する経費、立法調査業務を充実するための経費、図書館資料の収集及び利用に要する経費、図書館業務の機械化に要する経費その他であります。
 第二は、科学技術関係資料購入に必要な経費であります。一千二百六十二万四千円を増額いたし、総額一億九千七百一万四千円であります。
 第三は、国立国会図書館の施設整備に必要な経費一千八百七万七千円であります。
 以上のとおりでありますので、よろしく御審議をお願いいたします。
    ―――――――――――――
昭和五十二年度国立国会図書館予定経費要求書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#12
○金丸委員長 それでは、昭和五十二年度国立国会図書館予定経費要求につきましては、小委員長報告のとおり決定し、国立国会図書館法第二十八条の規定による勧告は付さないで議長に送付するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○金丸委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#14
○金丸委員長 次に、昭和五十二年度裁判官訴追委員会及び裁判官弾劾裁判所の予定経費要求の件について、便宜、事務総長の説明を求めます。
    ―――――――――――――
昭和五十二年度裁判官訴追委員会予定経費要求書昭和五十二年度裁判官弾劾裁判所予定経費要求書
    ―――――――――――――
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#15
○大久保事務総長 まず、裁判官訴追委員会歳出予算の要求について御説明申し上げます。
 昭和五十二年度の予定経費要求額は、六千九百二十三万八千円でありまして、これは委員長の職務雑費及び職員の給与に関する経費並びに訴追事案の審査に要する旅費その他の事務費でございます。
 次に、裁判官弾劾裁判所歳出予算の要求について御説明を申しあげます。
 昭和五十二年度の予定経費要求額は、六千六万一千円でありまして、これは裁判長の職務雑費、委員旅費及び職員の給与に関する経費、事務処理費並びに裁判官弾劾法に基づく弾劾裁判に直接必要な旅費、庁費であります。
 以上のとおりでありますので、よろしく御審議をお願いいたします。
#16
○金丸委員長 それでは、昭和五十二年度裁判官訴追委員会及び裁判官弾劾裁判所の予定経費要求につきましては、事務総長から説明のありましたとおり決定し、裁判官弾劾法第四条の二の規定による勧告は付さないで議長に送付するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○金丸委員長 御異議なしと認めます。よってさよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#18
○金丸委員長 次に、本日の本会議の議事の順序についで、事務総長の説明を求めます。
#19
○大久保事務総長 本日の本会議は、最初に先ほど御報告がありました新議員の紹介を議長からいたします。
 その次に、施政方針に関しまして福田内閣総理大臣、約三十分ということでございます。それから外交に関する演説、鳩山外務大臣、約二十分、財政に関する演説、坊大蔵大臣、約二十八分、経済に関する演説、倉成国務大臣、約十七分、合計約一時間三十五分の予定でございます。
 以上でございます。
#20
○金丸委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会することといたします。
    ―――――――――――――
#21
○金丸委員長 次に、次回の本会議は、来る二月三日木曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト