くにさくロゴ
1976/06/08 第80回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第080回国会 建設委員会 第12号
姉妹サイト
 
1976/06/08 第80回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第080回国会 建設委員会 第12号

#1
第080回国会 建設委員会 第12号
昭和五十二年六月八日(水曜日)
    午後一時三十四分開議
 出席委員
   委員長 北側 義一君
   理事 内海 英男君 理事 野中 英二君
   理事 中村  茂君 理事 福岡 義登君
   理事 岡本 富夫君 理事 渡辺 武三君
      大塚 雄司君    瓦   力君
      住  栄作君    谷川 寛三君
      中島  衛君    松野 幸泰君
      井上  泉君    渡部 行雄君
      谷口 是巨君    古川 雅司君
      西村 章三君    瀬崎 博義君
      甘利  正君
 出席国務大臣
        建 設 大 臣 長谷川四郎君
        国 務 大 臣
        (国土庁長官) 田澤 吉郎君
 出席政府委員
        国土庁長官官房
        長       河野 正三君
        国土庁計画・調
        整局長     下河辺 淳君
        国土庁土地局長 松本 作衛君
        国土庁水資源局
        長       飯塚 敏夫君
        国土庁大都市圏
        整備局長    国塚 武平君
        建設政務次官  小沢 一郎君
        建設大臣官房長 粟屋 敏信君
        建設省計画局長 大富  宏君
        建設省都市局長 中村  清君
        建設省河川局長 栂野 康行君
        建設省道路局長 浅井新一郎君
        建設省住宅局長 山岡 一男君
 委員外の出席者
        議     員 岡本 富夫君
        建設委員会調査
        室長      川口 京村君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 日本住宅公団法の一部を改正する法律案(岡本
 富夫君外二名提出、衆法第四八号)
 請 願
   一 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (野中英二君紹介)(第三六二号)
   二 街路事業の促進に関する請願(藤井勝
     志君紹介)(第四〇〇号)
   三 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (丹羽喬四郎君紹介)(第五三六号)
   四 県道下鞆渕桃山線の改修に関する請願
     (坂井弘一君紹介)(第六二〇号)
   五 荒川放水路の砂町側に河川敷設置等に
     関する請願(不破哲三君紹介)(第六
     五四号)
   六 河川改修緊急整備に関する請願(唐沢
     俊二郎君紹介)(第八一九号)
   七 同(倉石忠雄君紹介)(第八二〇号)
   八 同(中島衛君紹介)(第八二一号)
   九 同(原茂君紹介)(第八二二号)
  一〇 長野・富山基幹ルートの公道化に関す
     る請願(唐沢俊二郎君紹介)(第八二
     三号)
  一一 同(倉石忠雄君紹介)(第八二四号)
  一二 同(中島衛君紹介)(第八二五号)
  一三 同(原茂君紹介)(第八二六号)
  一四 河川改修緊急整備に関する請願(羽田
     孜君紹介)(第八六三号)
  一五 同(向山一人君紹介)(第八六四号)
  一六 同(清水勇君紹介)(第九一九号)
  一七 同(中村茂君紹介)(第九二〇号)
  一八 同(小川平二君紹介)(第九七四号)
  一九 同(小坂善太郎君紹介)(第九七五
     号)
  二〇 長野・富山基幹ルートの公道化に関す
     る請願(羽田孜君紹介)(第八六五
     号)
  二一 同(向山一人君紹介)(第八六六号)
  二二 同(清水勇君紹介)(第九二一号)
  二三 同(中村茂君紹介)(第九二二号)
  二四 同(小川平二君紹介)(第九七六号)
  二五 同(小坂善太郎君紹介)(第九七七
     号)
  二六 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (濱野清吾君紹介)(第九七八号)
  二七 中央自動車道高井戸インターチェンジ
     の廃止等に関する請願(大久保直彦君
     紹介)(第一一六〇号)
  二八 国道三二二号の計画変更に関する請願
     (鍛冶清君紹介)(第一一六一号)
  二九 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (始関伊平君紹介)(第一一六二号)
  三〇 人口急増地域における下水道整備・河
     川改修等の特別措置法制定に関する請
     願(草野威君紹介)(第一二二二号)
  三一 同(伏木和雄君紹介)(第一二二三
     号)
  三二 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (中曽根康弘君紹介)(第一三四〇
     号)
  三三 不動産管理に関する法律の制定に関す
     る請願(受田新吉君紹介)(第一三四
     一号)
  三四 河川改修緊急整備に関する請願(井出
     一太郎君紹介)(第一四一九号)
  三五 同(増田甲子七君紹介)(第一五一五
     号)
  三六 長野・富山基幹ルートの公道化に関す
     る請願(井出一太郎君紹介)(第一四
     二〇号)
  三七 同(増田甲子七君紹介)(第一五一六
     号)
  三八 中央自動車道高井戸インターチェンジ
     の廃止等に関する請願(金子みつ君紹
     介)(第一四二一号)
  三九 不動産管理に関する法律の制定に関す
     る請願(大村襄治君紹介)(第一四二
     二号)
  四〇 同(萩原幸雄君紹介)(第一四二三号)
  四一 同(中川秀直君紹介)(第一四六三号)
  四二 尾瀬分水の広域的運用に関する請願
     (稲村利幸君紹介)(第一六三一号)
  四三 河川改修緊急整備に関する請願(下平
     正一君紹介)(第一九八五号)
  四四 長野・富山基幹ルートの公道化に関す
     る請願(下平正一君紹介)(第一九八
     六号)
  四五 不動産管理に関する法律の制定に関す
     る請願(福岡義登君紹介)(第一九八
     七号)
  四六 公共住宅の建設等に関する請願(北側
     義一君紹介)(第二〇三五号)
  四七 不動産管理に関する法律の制定に関す
     る請願(山下元利君紹介)(第二一二
     六号)
  四八 人口急増地域における下水道整備・河
     川改修等の特別措置法制定に関する請
     願(加藤万吉君紹介)(第二一二七
     号)
  四九 公共住宅の建設等に関する請願(中村
     茂君紹介)(第二一六六号)
  五〇 岡山県邑久町所在の長島、本土間の架
     橋に関する請願(大村襄治君紹介)
     (第二六九三号)
  五一 同(柴田健治君紹介)(第二七四八号)
  五二 鶴見川中流部にスポーツ公園建設等に
     関する請願(瀬崎博義君紹介)(第二
     八四七号)
  五三 岡山県邑久町所在の長島、木土間の架
     橋に関する請願(新盤辰雄君紹介)
     (第三〇五九号)
  五四 同(平林剛君紹介)(第三〇六〇号)
  五五 同(武藤山治君紹介)(第三〇六一
     号)
  五六 同(阿部昭吾君紹介)(第三二一八
     号)
  五七 同(阿部未喜男君紹介)(第三二一九
     号)
  五八 同(石橋政嗣君紹介)(第三二二〇
     号)
  五九 同(板川正吾君紹介)(第三二二一
     号)
  六〇 同(稲葉誠一君紹介)(第三二二二
     号)
  六一 同(小川国彦君紹介)(第三二二三
     号)
  六二 同(大柴滋夫君紹介)(第三二二四
     号)
  六三 同(川口大助君紹介)(第三二二五
     号)
  六四 同(川崎寛治君紹介)(第三二二六
     号)
  六五 同(川俣健二郎君紹介)(第三二二七
     号)
  六六 同(川本敏美君紹介)(第三二二八
     号)
  六七 同(木島喜兵衞君紹介)(第三二二九
     号)
  六八 同(久保三郎君紹介)(第三二三〇
     号)
  六九 同(久保等君紹介)(第三二三一号)
  七〇 同(後藤茂君紹介)(第三二三二号)
  七一 同(佐野憲治君紹介)(第三二三三
     号)
  七二 同(坂本恭一君紹介)(第三二三四
     号)
  七三 同(沢田広君紹介)(第三二三五号)
  七四 同(柴田健治君紹介)(第三二三六
     号)
  七五 同(嶋崎譲君紹介)(第三二三七号)
  七六 同(新村勝雄君紹介)(第三二三八
     号)
  七七 同(田口一男君紹介)(第三二三九
     号)
  七八 同(千葉千代世君紹介)(第三二四〇
     号)
  七九 同(土井たか子君紹介)(第三二四一
     号)
  八〇 同(楢崎弥之助君紹介)(第三二四二
     号)
  八一 同(野坂浩賢君紹介)(第三二四三
     号)
  八二 同(馬場昇君紹介)(第三二四四号)
  八三 同(細谷治嘉君紹介)(第三二四五
     号)
  八四 同(村山喜一君紹介)(第三二四六
     号)
  八五 同(村山富市君紹介)(第三二四七
     号)
  八六 同(森井忠良君紹介)(第三二四八
     号)
  八七 同(矢山有作君紹介)(第三二四九
     号)
  八八 同(安井吉典君紹介)(第三二五〇
     号)
  八九 同(山田耻目君紹介)(第三二五一
     号)
  九〇 同(横路孝弘君紹介)(第三二五二
     号)
  九一 同(渡辺三郎君紹介)(第三二五三
     号)
  九二 同(渡辺芳男君紹介)(第三二五四
     号)
  九三 同(山田太郎君紹介)(第三三六七
     号)
  九四 同(斉藤正男君紹介)(第三四七四
     号)
  九五 同(竹内猛君紹介)(第三四七五号)
  九六 同(古川喜一君紹介)(第三四七六
     号)
  九七 同(浦井洋君紹介)(第三五六八号)
  九八 同(寺前巖君紹介)(第三五六九号)
  九九 国道一二七号館山バイパスの路線計画
     変更に関する請願(吉浦忠治君紹介)
     (第三五六七号)
 一〇〇 公共住宅の建設等に関する請願(東中
     光雄君紹介)(第三五七〇号)
 一〇一 尾瀬分水反対に関する請願(湊徹郎君
     紹介)(第三六〇九号)
 一〇二 身体障害者に対する有料道路料金減免
     に関する請願(湊徹郎君紹介)(第三
     六一〇号)
 一〇三 建設省所管の防災・環境改善費増額等
     に関する請願(北側義一君紹介)(第
     三七四六号)
 一〇四 同(安宅常彦君紹介)(第三九六〇
     号)
 一〇五 同(渡辺三郎君紹介)(第三九六一
     号)
 一〇六 同(井上泉君紹介)(第四〇三七号)
 一〇七 同(瀬崎博義君紹介)(第四一六五
     号)
 一〇八 同(藤原ひろ子君紹介)(第四一六六
     号)
 一〇九 国道一二七号館山バイパスの路線計画
     変更に関する請願(千葉千代世君紹
     介)(第四〇三八号)
 一一〇 国道一一五号の冬期交通確保及び改良
     工事促進に関する請願(天野光晴君紹
     介)(第四二八九号)
 一一一 公営有料道路のプール制経理の推進に
     関する請願(山下元利君紹介)(第四
     五二六号)
 一一二 建設省所管の防災・環境改善費増額等
     に関する請願(東中光雄君紹介)(第
     四五二七号)
 一一三 同(東中光雄君紹介)(第四五八五号)
 一一四 同(武田一夫君紹介)(第四八五四号)
 一一五 国道一二七号館山バイパスの路線計画
     変更に関する請願(柴田睦夫君紹介)
     (第四八八七号)
 一一六 建設省所管の防災・環境改善費増額等
     に関する請願(受田新吉君紹介)(第
     五〇七一号)
 一一七 公営住宅政策に関する請願外一件(中
     村茂君紹介)(第五七七〇号)
 一一八 同(有島重武君紹介)(第六〇七五号)
 一一九 同(吉浦忠治君紹介)(第六〇七六号)
 一二〇 公団住宅の設備改善に関する請願(寺
     前巖君紹介)(第六五八二号)
 一二一 国道一二七号館山バイパスの路線計画
     変更に関する請願(柴田睦夫君紹介)
     (第六五八三号)
 一二二 公営住宅政策に関する請願(瀬崎博義
     君紹介)(第六五八四号)
 一二三 同(東中光雄君紹介)(第六五八五号)
 一二四 同(不破哲三君紹介)(第六五八六号)
 一二五 国道長岡バイパス神田、川崎間の建設
     促進等に関する請願(村山達雄君紹
     介)(第六八三三号)
 一二六 エスカレーターの危険防止に関する請
     願(和田耕作君紹介)(第六八三四号)
 一二七 中央自動車道の高井戸インターチェン
     ジ廃止等に関する請願(松本善明君紹
     介)(第七五九八号)
     ――――◇―――――
#2
○北側委員長 これより会議を開きます。
 去る五月十九日本委員会に付託されました岡本富夫君外二名提出、日本住宅公団法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 まず、提案理由の説明を聴取いたします。岡本富夫君
    ―――――――――――――
 日本住宅公団法の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○岡本議員 ただいま議題となりました日本住宅公団法の一部を改正する法律案につきまして提案の理由及びその要旨につきまして御説明申し上げます。
 すべての国民に健康で文化的な生活を保障する責任を持つ国は、国民生活の基本となる住宅につきましても快適でゆとりのある住居を確保し、国民の住宅権を保障しなければなりません。
 しかるに公営住宅とともに公共住宅の大きな柱である公団住宅は、その建設に際して多くの問題を抱え、その事業主体である日本住宅公団の運営のあり方自体問われています。国民の大きな期待のもと昭和三十年に日本住宅公団が設立されて以来、賃貸住宅及び分譲住宅を合わせておよそ百万戸建設し住宅供給に寄与してきたのみならず国民の住宅意識を大きく変えてきたことは事実であります。しかしその半面、建設において質的向上よりも量的拡大中心の戸数消化主義に終始してきたため、1DK、2DKという狭小住宅が多いこと、年々建設地が遠隔地化し、いわゆる「足なし団地」や超過密通勤電車の問題が発生しており、さらに関連公共施設整備費の激増や生活環境の悪化を理由とする地方公共団体の「団地お断わり」など深刻な問題が未解決のまま公団住宅の建設が行き詰まりの状態となっております。
 このような現状にかんがみ、当面する公団住宅建設の隘路の打開を図りつつ居住水準の質的向上と生活環境及び都市環境の整備を進めるためには、住宅団地の建設にあわせて公団がみずから関連公共施設の整備を行うこと、国がそれらの整備に要する費用の一部を補助すること、地域住民に対する公聴会の開催、その他の必要な措置を講ずること等、地方公共団体及び地域住民が公団住宅建設を円滑に受け入れられるよう総合的な対策を講ずるとともに、居住者の同意のもと既設公団住宅の増改築による居住水準の向上等を推進せねばなりません。
 以上が、この法案を提出する理由でありますが、次に、その要旨を御説明申し上げます。
 まず第一に、日本住宅公団の目的を拡大し、公団は、住宅の建設または宅地の造成とあわせて関連公共施設の整備を行うこととしました。
 第二に、公団住宅の賃借人の選定方法に関し、建設省令で定める基準において、老人、母子家庭、心身障害者等について特別の定めをすることとしました。
 第三に、公団は一定基準以下の著しく狭小な住宅について、当該住宅の棟の居住者全員の同意を得て増改築に努めることとしました。
 また、分譲住宅を増改築する者には必要な資金の融通のあっせんに努めることとしました。
 第四に、公団は、住宅の建設計画または宅地の造成計画について公聴会の開催等地域住民の意見を反映させるために必要な措置を講ずることとしました。
 第五に、公団は、関連公共施設の整備を行う場合、その施設の管理者の同意を得て、その管理者にかわって道路の新設または改築、都市公園の新設または改築、下水道の設置または改築、河川工事を施行することができるものとし、当該工事の費用については、国が公団に負担金、補助金を交付し、当該施設の管理者がその残額を支払うものとしました。
 第六に、国は、公団住宅の建設を促進するため、住宅公団の建設に関連して必要となる公共施設や学校、保育所、診療所等の公益的施設、鉄道等の輸送施設を整備する者に対し当該事業費の一部を補助することができることとしました。
 その他審査請求についての規定等を設けました。
 なお、この法律は公布の日から施行するものといたしております。
 以上が、この法律案の提案理由及び要旨でありますが、何とぞ慎重審議の上、速やかに御可決いただきますようよろしくお願い申し上げます。
#4
○北側委員長 以上で提案理由の説明聴取は終わりました。本案に対する質疑は後日に譲ります。
     ――――◇――――−
#5
○北側委員長 次に、本日の請願日程全部を一括して議題といたします。
 審査の方法についてお諮りいたします。
 各請願の内容につきましては、文書表で御承知のことと存じますし、また、理事会で御検討を願いましたので、この際、各請願について、紹介議員からの説明聴取は省略し、直ちに採決を行いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 これより採決いたします。
 本日の請願日程中、日程第六ないし第九、第一四ないし第一九、第三四、第三五、第四三及び第一〇二、以上の各請願は、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 ただいま議決いたしました各請願に関する委員会報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
    ――――――――――――−
    〔報告書は附録に掲載〕
    ――――――――――――−
#9
○北側委員長 この際、御報告いたします。
 本委員会に参考送付されております陳情書は、お手元に配付してありますとおり三十三件であります。
     ――――◇――――−
#10
○北側委員長 次に、閉会中審査申し出の件についてお諮りいたします。
 岡本富夫君外二名提出、住宅基本法案
 岡本富夫君外二名提出、公営住宅法の一部を改正する法律案
 下平正一君外六名提出、住宅保障法案及び
 岡本富夫君外二名提出、日本住宅公団法の一部を改正する法律案
並びに
 建設行政の基本施策に関する件
 都市計画に関する件
 河川に関する件
 道路に関する件
 住宅に関する件
 建築に関する件
及び
 国土行政の基本施策に関する件について、理事会の決定のとおり、閉会中もなお審査を行うため、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、議長への申し出に関する手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合、本会期中に設置いたしました住宅宅地問題に関する小委員会及び中小建設業振興に関する小委員会は、閉会中もなお存置することといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、小委員及び小委員長の辞任の許可及び補欠選任並びに委員の異動に伴う補欠選任につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査のため、委員会及び小委員会において、参考人より意見を聴取する必要が生じました場合、人選その他所要の手続等につきましては、あらかじめ委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、委員派遣承認申請の件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、現地調査の必要が生じました場合には、委員長において、適宜、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、派遣地、派遣期間、派遣委員の選定等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○北側委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇――――−
#18
○北側委員長 この際、建設大臣及び国土庁長官から発言を求められておりますので、順次これを許します。長谷川建設大臣。
#19
○長谷川国務大臣 本国会におきまして御審議をお願いいたしまして以来、長い間にわたり熱心な御討議をいただき、まことにありがとうございました。深く感謝を申し上げます。
 今国会に提案をいたしました二法案は、おかげをもちまして可決していただき、まことに感謝にたえないところであります。
 委員長初め、委員各位の御指導、御協力に対しまして、心から感謝の意を表して、ごあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手)
#20
○北側委員長 田澤国土庁長官。
#21
○田澤国務大臣 今国会に当たりまして、国土庁、国土行政について、各般にわたって適切な御指導をいただきまして、心から感謝を申し上げます。
 今後は皆様方の御意見を十分心に秘めて、国土行政の全きを期したいと考えております。
 委員長初め、委員各位の御協力あるいは御指導に対して、改めて厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
#22
○北側委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時四十四分散会
     ――――◇――――−
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト