くにさくロゴ
1976/04/14 第80回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第080回国会 社会労働委員会 第10号
姉妹サイト
 
1976/04/14 第80回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第080回国会 社会労働委員会 第10号

#1
第080回国会 社会労働委員会 第10号
昭和五十二年四月十四日(木曜日)
    午後三時五分開議
 出席委員
   委員長 橋本龍太郎君
   理事 斉藤滋与史君 理事 戸井田三郎君
   理事 中山 正暉君 理事 葉梨 信行君
   理事 枝村 要作君 理事 村山 富市君
   理事 大橋 敏雄君 理事 和田 耕作君
      相沢 英之君    井上  裕君
      伊東 正義君    石橋 一弥君
      大坪健一郎君    川田 正則君
      小坂徳三郎君    菅波  茂君
      津島 雄二君    戸沢 政方君
      友納 武人君    羽生田 進君
      山口シヅエ君    湯川  宏君
      金子 みつ君    川本 敏美君
      渋沢 利久君    田口 一男君
      森井 忠良君    草川 昭三君
     平石磨作太郎君    浦井  洋君
      工藤  晃君
 出席国務大臣
        厚 生 大 臣 渡辺美智雄君
 出席政府委員
        厚生省援護局長 出原 孝夫君
 委員外の出席者
        社会労働委員会
        調査室長    河村 次郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正す
 る法律案(内閣提出第三八号)
     ――――◇―――――
#2
○橋本委員長 これより会議を開きます。
 戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 これにて本案についての質疑は終了いたしました。
 ただいままでに委員長の手元に、戸井田三郎君、村山富市君、大橋敏雄君、和田耕作君、浦井洋君及び工藤晃君から、本案に対する修正案が提出されておりますので、その趣旨の説明を聴取いたします。戸井田三郎君。
    ―――――――――――――
 戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案に対する修正案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○戸井田委員 ただいま議題となりました戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、自由民主党、日本社会党、公明党・国民会議、民社党、日本共産党・革新共同及び新自由クラブを代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。
 修正の要旨は、本法律案中「昭和五十二年四月一日」施行となっている戦傷病者戦没者遺族等援護法による障害年金、遺族年金等の額に関する改正規定及び未帰還者留守家族等援護法による留守家族手当の改正規定については、これを「公布の日」から施行し、「昭和五十二年四月一日」から適用することであります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。
    ―――――――――――――
#4
○橋本委員長 修正案について御発言もありませんので、これより本案並びにこれに対する修正案を一括して討論に付するのでありますが、別に申し出もありませんので、戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案について採決に入ります。
 まず、戸井田三郎君外五名提出の修正案について採決いたします。
 本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#5
○橋本委員長 起立総員。よって、本修正案は可決されました。
 次に、ただいまの修正部分を除いて原案について採決いたします。
 これに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#6
○橋本委員長 起立総員。よって、本案は修正議決すべきものと決しました。
    ―――――――――――――
#7
○橋本委員長 この際、戸井田三郎君、村山富市君、大橋敏雄君、和田耕作君、浦井洋君及び工藤晃君から、本案に対し附帯決議を付すべしとの動議が提出されております。
 その趣旨の説明を聴取いたします。村山富市君。
#8
○村山(富)委員 私は、自由民主党、日本社会党、公明党・国民会議、民社党、日本共産党・革新共同及び新自由クラブを代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。
 案文を朗読して説明にかえさしていただきます。
    戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)
  政府は、次の事項につき、格段の努力を払うべきである。
 一 第二次大戦末期における閣議決定に基づく国民義勇隊、国民義勇戦闘隊の組織、活動状況及び旧義勇兵役法・国民義勇戦闘隊員に対する陸軍刑法等の適用に関する法律の実施状況を明確にし、公平適切な援護措置をとりうるよう検討すること。
 一 旧防空法による組織及び活動状況について明確にするとともに、警防団員等に対する援護法上の取扱いについては、戦後相当期間経過していることにかんがみ、その認定方法等について弾力的に運用するよう配慮すること。
 一 満洲開拓青年義勇隊員等の実状について更に調査を行い、処遇の改善について検討すること。
 一 最近の物価の上昇及び国民の生活水準の著しい向上にみあつて、援護の水準を更に引き上げ、公平な援護措置が行われるよう努めること。
   なお、戦没者遺族等の老齢化の現状にかんがみ、一層の優遇措置を講ずるとともに手続等の簡素化を図ること。
 一 戦傷病者に対する障害年金等の処遇及び原爆症等内科的疾患の認定基準については、更にその改善に努めること。
 一 生存未帰還者の調査については、更に関係方面との連絡を密にし、調査及び救出に万全を期すること。
 一 法律の内容について必要な広報等に努める等更にその周知徹底を図ること。
 一 戦傷病者相談員、戦没者遺族相談員の処遇の改善について検討すること。
以上であります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。
#9
○橋本委員長 本動議について採決いたします。
 本動議のごとく決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#10
○橋本委員長 起立総員。よって、本案については戸井田三郎君外五名提出の動議のごとく附帯決議を付することに決しました。
 この際、厚生大臣から発言を求められておりますので、これを許します。渡辺厚生大臣。
#11
○渡辺国務大臣 ただいま御決議になられました附帯決議につきましては、その趣旨を十分に尊重いたしまして努力をいたす所存でございます。
    ―――――――――――――
#12
○橋本委員長 なお、ただいま議決いたしました本案に関する委員会報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○橋本委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#14
○橋本委員長 次回は、明十五日金曜日午前九時五十分理事会、十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後三時十一分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト