くにさくロゴ
1976/12/27 第79回国会 参議院 参議院会議録情報 第079回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
1976/12/27 第79回国会 参議院

参議院会議録情報 第079回国会 本会議 第2号

#1
第079回国会 本会議 第2号
昭和五十一年十二月二十七日(月曜日)
   〇開 会 式
 午前十時五十九分 参議院議長、衆議院参議院の副議長、常任委員長及び議員、内閣総理大臣その他の国務大臣及び最高裁判所長官は、式場に入り、所定の位置に着いた。
 午前十一時一分 天皇陛下は衆議院議長の前行で式場に入られ、お席に着かれた。
   〔一同敬礼〕
 午前十一時二分 衆議院議長保利茂君は式の中央に進み、次の式辞を述べた。
   式 辞
  天皇陛下の御臨席をいただき、第七十九回国会の開会式をあげるにあたり、衆議院及び参議院を代表して、式辞を申し述べます。
  去る十二月五日衆議院議員の総選挙が行われ、十二月二十四日をもつて臨時国会が召集されたのでありますが、われわれは、現下の諸情勢に対処し、すみやかに諸般の態勢を整えるとともに、今後の施策の推進に万全を期さなければなりません。
  ここに、国会は過般の総選挙による新議員を迎え、われわれに負荷された重大な使命にかんがみ、日本国憲法の精神を体し、おのおの最善をつくしてその任務を遂行し、もつて国民の委託にこたえようとするものであります。
  次いで、天皇陛下から次のおことばを賜った。
   おことば
  本日、第七十九回国会の開会式に臨み、先の衆議院議員総選挙による新議員を迎え、全国民を代表する諸君と親しく一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。
  ここに、国会が、国権の最高機関として、変動する内外の諸情勢に対処し、国民福祉の向上と諸外国との友好親善のため、その使命を遺憾なく果たし、国民の信託にこたえることを切に望みます。
   〔一同敬礼〕
 衆議院議長はおことば書をお受けした。
 午前十一時六分 天皇陛下は参議院議長の前行で式場を出られた。
 次いで、一同は式場を出た。
   午前十一時七分式を終わる。
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト