くにさくロゴ
1975/03/31 第77回国会 参議院 参議院会議録情報 第077回国会 交通安全対策特別委員会 第4号
姉妹サイト
 
1975/03/31 第77回国会 参議院

参議院会議録情報 第077回国会 交通安全対策特別委員会 第4号

#1
第077回国会 交通安全対策特別委員会 第4号
昭和五十一年三月三十一日(水曜日)
   午後二時三十分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 三月三十一日
    辞任         補欠選任
     土屋 義彦君     矢野  登君
     栗林 卓司君     柄谷 道一君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         野口 忠夫君
    理 事
                岡本  悟君
                福岡日出麿君
                浜本 万三君
                阿部 憲一君
    委 員
                小川 半次君
                加藤 武徳君
                黒住 忠行君
                山東 昭子君
                中村 太郎君
                橋本 繁蔵君
                二木 謙吾君
                矢野  登君
                松本 英一君
                森  勝治君
                河田 賢治君
                柄谷 道一君
   国務大臣
       運 輸 大 臣  木村 睦男君
       建 設 大 臣  竹下  登君
       国 務 大 臣
       (国家公安委員
       会委員長)    福田  一君
       国 務 大 臣
       (総理府総務長
       官)       植木 光教君
   政府委員
       内閣総理大臣官
       房交通安全対策
       室長       室城 庸之君
       警察庁交通局長  勝田 俊男君
       運輸省鉄道監督
       局民営鉄道部長  妹尾 弘人君
       建設省道路局長  井上  孝君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        池部 幸雄君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法及
 び踏切道改良促進法の一部を改正する法律案
 (内閣提出、衆議院送付)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(野口忠夫君) ただいまから交通安全対策特別委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 本日、栗林卓司君が委員を辞任され、その補欠として柄谷道一君が委員に選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(野口忠夫君) 次に、交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法及び踏切道改良促進法の一部を改正する法律案を議題とし、まず政府から趣旨説明を聴取いたします。竹下建設大臣。
#4
○国務大臣(竹下登君) ただいま議題になりました交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法及び踏切道改良促進法の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその要旨を御説明申し上げます。
 交通事故の防止は国民共通の願いであり、従前より、国、地方公共団体等が一体となって各般の交通安全対策を強力に実施しているところであります。
 この結果、最近における交通事故の発生状況は年々減少する傾向にありますが、昭和五十年においてなお交通事故による死者は一万人余、負傷者は約六十二万人に達しておりまして、その状況は依然として憂慮すべきものがあります。
 このような情勢に対処するため、現行の計画に引き続き、昭和五十一年度以降の五カ年間において、交通安全施設等整備事業に関する計画を作成し、総合的な計画のもとに交通安全施設等整備事業を実施するとともに、踏切道についても、現行の措置に引き続き、昭和五十一年度以降の五カ年間において、その改良を促進するための措置を講ずる必要があると考えた次第であります。
 したがいまして、法律案の要旨といたしましては、第一条で、交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法の一部を改正し、昭和五十一年度以降五カ年間において実施すべき交通安全施設等整備事業に関する計画を作成することとするとともに、第二条で、踏切道改良促進法の一部を改正し、昭和五十一年度以降五カ年間において改良することが必要と認められる踏切道について指定することとしております。
 以上が、この法律案の提案理由及びその要旨でありますが、何とぞ慎重御審議の上、速やかに御可決くださるようお願いいたします。
#5
○委員長(野口忠夫君) 以上で趣旨説明の聴取を終わります。
 この際、理事会の申し合わせにより一言申し上げます。
 本法律案は、最近における交通事故の発生等の状況にかんがみ、交通事故の防止及び交通の円滑化を図るため昭和五十一年度以降五カ年間総合的な計画のもとに交通安全施設等整備事業を実施するとともに踏切道の改良を促進しようとするものでありまして、今日交通安全対策の推進が喫緊の課題であることを考えますと、本法律案の十分な審議が望まれるものであります。
 しかし、現行法による措置が三月三十一日をもって期限切れとなるため、諸般の事情により、本日当委員会において採決を行うことといたしましたが、この措置はやむを得ざるものであり、これを前例としないこととし、今後において交通安全対策技術について十分な審議を重ね国民の負託にこたえてまいりたいと存じます。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(野口忠夫君) この際、委員の異動について御報告いたします。
 本日、土屋義彦君が委員を辞任され、その補欠として矢野登君が委員に選出されました。
#7
○委員長(野口忠夫君) これより本案に対する質疑に入ります。質疑のある方は順次御発言を願います。別に御発言もないようですからこれより討論に入ります。御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願いたいと思います。−別に御発言もないようですからこれより直ちに採決に入ります。
 交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法及び踏切道改良促進法の一部を改正する法律案を議題に供します。本案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#8
○委員長(野口忠夫君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましてはこれを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(野口忠夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 この際、政府に、ただいま可決されました本法律の施行に当たって万全の措置を講じ、遺憾なきを期するよう要望いたします。
 竹下建設大臣、福田国家公安委員長、木村運輸大臣及び植木総理府総務長官よりそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。竹下建設大臣。
#10
○国務大臣(竹下登君) 交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法及び踏切道改良促進法の一部を改正する法律案につきましては、ただいま全会
 一致をもって可決いただきまして、まことにありがとうございました。深く感謝を申し上げます。
 ただいまの委員長の御発言の趣旨を十分体しまして今後とも交通安全対策の推進に一層努力してまいる所存でございますので、委員長初め委員各位の御指導、御協力のほどを切にお願いする次第であります。
 ありがとうございました。
#11
○委員長(野口忠夫君) 福田国家公安委員長。
#12
○国務大臣(福田一君) ただいまは交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法の一部改正について御採決をいただきまして、まことにありがとうございました。
 ただいまの委員長の御発言の趣旨を十分尊重いたしまして、法律の運用に当たり、今後の交通安全対策に万全を期する所存でありますので、委員長初め委員各位の御指導、御協力のほど、よろしくお願いいたします。
#13
○委員長(野口忠夫君) 木村運輸大臣。
#14
○国務大臣(木村睦男君) ただいまは本法案の御可決をいただきましてありがとうございました。
 運輸省といたしましても、ただいまの委員長の御発言の趣旨を十分体し、今後とも踏切道の改良を促進し、事故防止のために努力を傾ける所存でございますので、委員長初め各位の御指導、御協力のほどをよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
#15
○委員長(野口忠夫君) 植木総理府総務長官。
#16
○国務大臣(植木光教君) 本法律案による交通安全施策は人命にかかわる問題であり、本委員会においてはこの間の事情をしんしゃくされ、本日本法律案を可決されたところであります。
 政府は、本法の施行に当たっては、その御趣旨を体し、交通安全施設等の整備を初め、交通安全思想の普及等、交通安全諸施策を総合的に推進し、万全を期する所存でございます。
#17
○委員長(野口忠夫君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時三十八分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト