くにさくロゴ
1975/12/27 第77回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第077回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1975/12/27 第77回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第077回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第1号

#1
第077回国会 公害対策並びに環境保全特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和五十年十二月二十七日(土曜
日)議院において、公害の対策並びに環境保全の
諸施策を樹立するため設置することに決した。
十二月二十七日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      大石 千八君    坂本三十次君
      住  栄作君    染谷  誠君
      田中  覚君    戸井田三郎君
      登坂重次郎君    中山 正暉君
      葉梨 信行君    橋本龍太郎君
      八田 貞義君    藤本 孝雄君
      松本 十郎君    渡辺 栄一君
      阿部未喜男君    岩垂寿喜男君
      島本 虎三君    田口 一男君
      土井たか子君    吉田 法晴君
      木下 元二君    米原  昶君
      岡本 富夫君    坂口  力君
      折小野良一君
―――――――――――――――――――――
昭和五十年十二月二十七日(土曜日)
    午後一時十三分開議
 出席委員
   委員長 吉田 法晴君
   理事 田中  覚君 理事 葉梨 信行君
   理事 島本 虎三君 理事 土井たか子君
   理事 木下 元二君
      戸井田三郎君    阿部未喜男君
      岩垂寿喜男君    田口 一男君
      米原  昶君    岡本 富夫君
      坂口  力君    折小野良一君
    ―――――――――――――
十二月二十七日
 吉田法晴君が委員長に当選した。
同日
      田中  覚君    登坂重次郎君
      中山 正暉君    葉梨 信行君
      藤本 孝雄君    島本 虎三君
      土井たか子君    木下 元二君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔米原委員、委員長席に着く〕
#2
○米原委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○田中(覚)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、吉田法晴君を委員長に推薦したいと思います。
#4
○米原委員 ただいまの田中覚君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○米原委員 御異議なしと認めます。よって、吉田法晴君が委員長に当選されました。
    〔拍手〕
 委員長吉田法晴君に本席を譲ります。
    〔吉田委員長、委員長席に着く〕
#6
○吉田委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。
 わが国の公害対策、環境保全の問題は、最近では企業による公害問題のみならず、公共機関あるいは生活に密着するもの等、ますます多様化、複雑化している状態でございまして、本委員会に課せられた責務は、まことに重要であると考えております。
 皆様方の温かい御支援をいただきまして、委員会の運営に万全を期し、時代の要請にこたえたいと存じます。
 皆様方の御協力を衷心よりお願いいたしまして、簡単ですが、ごあいさつといたします。よろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○吉田委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数及び互選の方法についてお諮りいたします。
#8
○田中(覚)委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されんことを望みます。
#9
○吉田委員長 ただいまの田中覚君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○吉田委員長 御異議なしと認めます。
 委員長は、理事に
      田中  覚君    登坂重次郎君
      中山 正暉君    葉梨 信行君
      藤本 孝雄君    島本 虎三君
      土井たか子君    木下 元二君を指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト