くにさくロゴ
1975/04/09 第77回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第077回国会 議院運営委員会 第13号
姉妹サイト
 
1975/04/09 第77回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第077回国会 議院運営委員会 第13号

#1
第077回国会 議院運営委員会 第13号
昭和五十一年四月九日(金曜日)
    午後五時二十三分開議
 出席委員
   委員長 田澤 吉郎君
   理事 小渕 恵三君 理事 西岡 武夫君
   理事 加藤 六月君 理事 大村 襄治君
   理事 木村武千代君
      加藤 紘一君    瓦   力君
      志賀  節君    中村 弘海君
      楢橋  進君    野田  毅君
      野呂 恭一君    葉梨 信行君
      三塚  博君    小沢 貞孝君
委員外の出席者
       議     長  前尾繁三郎君
       副  議  長  秋田 大助君
       事 務 総 長  藤野 重信君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月九日
 辞任         補欠選任
  村岡 兼造君     葉梨 信行君
同日
 辞任         補欠選任
  葉梨 信行君     村岡 兼造君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○田澤委員長 これより会議を開きます。
 先ほど来、日本社会党、日本共産党・革新共同及び公明党の各委員に出席を要請しておりますが、いまだに出席を得られませんので、やむを得ず議事を進めます。
 まず、本日の議事日程第一、昭和五十一年度一般会計予算、第二、昭和五十一年度特別会計予算及び第三、昭和五十一年度政府関係機関予算に対し、自由民主党の山村新治郎君、民社党の渡辺武三君から、討論の通告があります。
 討論時間は、おのおの二十分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、採決は、一括して記名投票をもって行います。
    ―――――――――――――
#4
○田澤委員長 この際、小沢君から発言を求められております。これを許します。小沢貞孝君。
#5
○小沢(貞)委員 社会党、共産党、公明党三党が入場する見通しがいまないようでありますが、そういう中で本会議が開かれようとしております。大変遺憾なことであります。
 しかし、三月八日から今日まで約一月空白が続いておるわけであり、その間暫定予算と日切れを審議したのみであります。ただいまの五十一年度本予算以下は、第五次不況対策というわが国にとっては大変差し迫った必要な予算であろうと思います。しかるに、暫定は四十日間でありますので、だんだん明日限りという時間が迫っております。私たちは、自民、民社合意の五項目によって、国民待望のロッキードも徹底的追及、予算も早く上げる、こういう道が開かれたわけであります。その後、議長を初め関係者のあらん限りの尽力によっても、なお社会党、共産党、公明党が審議を拒否し続けておることは、大変遺憾であります。
 本日は本年度予算だけで、来週から法案審議前に、さらに議長を初め関係者の正常化への努力を期待いたしたいと思います。
 以上で発言を終わります。
    ―――――――――――――
#6
○田澤委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#7
○藤野事務総長 日程第一、第二、第三につきまして、荒舩予算委員長の御報告がございます。次に討論に入ります。まず渡辺武三さんが反対討論、次いで山村新治郎さんが賛成討論を行います。討論時間は二十分以内でございます。採決は記名投票をもって行います。
 以上でございます。
#8
○田澤委員長 それでは、本日の本会議は、午後五時五十分予鈴、午後六時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#9
○田澤委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後五時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト