くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第075回国会 本会議 第11号
昭和五十年四月二十五日(金曜日)
   午前十時七分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第十一号
  昭和五十年四月二十五日
   午前十時開議
 第一 千九百七十一年の国際小麦協定を構成す
  る小麦貿易規約及び食糧援助規約の有効期間
  の延長に関する議定書の締結について承認を
  求めるの件(衆議院送付)
 第二 関税及び貿易に関する一般協定の譲許表
  の変更に関する第二確認書の締結について承
  認を求めるの件(衆議院送付)
 第三 下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理業
  等の合理化に関する特別措置法案(衆議院提
  出)
 第四 高圧ガス取締法の一部を改正する法律案
  (内閣提出、衆議院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、請暇の件
 一、国家公務員等の任命に関する件
 以下 議事日程のとおり
     ―――――・―――――
#3
○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。
 この際、お諮りいたします。
 岩動道行君から海外旅行のため来る二十七日から九日間、大鷹淑子君から海外旅行のため明二十六日から十一日間、中山太郎君から海外旅行のため明二十六日から十二日間、それぞれ請暇の申し出がございました。
 いずれも許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。よって、いずれも許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#5
○議長(河野謙三君) この際、国家公務員等の任命に関する件についてお諮りいたします。
 内閣から、公共企業体等労働委員会委員に隅谷三喜男君、舟橋尚道君を任命することについて、本院の同意を求めてまいりました。
 まず、舟橋尚道君の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#6
○議長(河野謙三君) 過半数と認めます。よって、これに同意することに決しました。
     ―――――・―――――
#7
○議長(河野謙三君) 次に、隅谷三喜男君の任命について採決いたします。
 内閣申し出のとおり、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#8
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、全会一致をもってこれに同意することに決しました。
     ―――――・―――――
#9
○議長(河野謙三君) 日程第一 千九百七十一年の国際小麦協定を構成する小麦貿易規約及び食糧援助規約の有効期間の延長に関する議定書の締結について承認を求めるの件
 日程第二 関税及び貿易に関する一般協定の譲許表の変更に関する第二確認書の締結について承認を求めるの件
  (いずれも衆議院送付)
 以上両件を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。外務委員長二木謙吾君。
   〔二木謙吾君登壇、拍手〕
#10
○二木謙吾君 ただいま議題となりました条約二件につきまして、外務委員会における審議の経過と結果を御報告いたします。
 まず、千九百七十一年の国際小麦協定の延長議定書は、同協定を構成する二つの規約、すなわち、小麦の需給関係の安定化について定めた小麦貿易規約と開発途上国への食糧援助について定めた食糧援助規約の有効期間を、いずれも一カ年間延長しようというものであります。なお、食糧援助に関し、わが国は、米または農業物資で援助を行う旨の留保を付しております。
 次に、関税及び貿易に関する一般協定の譲許表の変更に関する第二確認書は、ガット上のわが国譲許表の品目分類方式を、昭和四十七年に改正された関税定率法別表の分類方式に合致するよう訂正すること等を内容とするものであります。
 委員会における質疑の詳細は、会議録によって御承知願います。
 昨二十四日質疑を終え、別に討論もなく、採決の結果、両件はいずれも多数をもって承認すべきものと決定いたしました。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#11
○議長(河野謙三君) これより両件を一括して採決いたします。両件を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#12
○議長(河野謙三君) 過半数と認めます。よって、両件は承認することに決しました。
     ―――――・―――――
#13
○議長(河野謙三君) 日程第三 下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理業等の合理化に関する特別措置法案(衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。社会労働委員長村田秀三君。
       〔村田秀三君登壇、拍手〕
#14
○村田秀三君 ただいま議題となりました下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理業等の合理化に関する特別措置法案は、一般廃棄物処理業者等が下水道の整備等によって受ける著しい影響を緩和するため、市町村が定める合理化計画に基づいて、その経営の近代化及び規模の適正化を図るとともに、その業務の転換及び従業員の転職に対する援助を行おうとするものであります。
 その主な内容は、第一に、本法が適用対象とする一般廃棄物処理業等は、市町村長の許可を受け、または市町村の委託を受けて行う屎尿処理業、その他政令で定める事業とすること。
 第二に、市町村は下水道計画等との調整を考慮し、一般廃棄物処理業等についての合理化事業計画を定め、都道府県知事の承認を受けること。
 第三に、市町村は合理化事業計画に基づいて合理化事業を実施することとし、この場合、国は市町村に対して必要な資金の融通またはあっせん等の援助に努めること。
 第四に、国または地方公共団体は、一般廃棄物処理業等を行う者が事業の転換を行う場合、転換に必要な資金についての金融上の措置並びに従事者に対する職業訓練の実施、就職のあっせん等の措置を講ずるよう努めること等であります。
 なお、本法律案は衆議院社会労働委員長提出に係るものであります。
 委員会において採決いたしましたところ、全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決しました。
 以上報告を終わります。(拍手)
#15
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#16
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#17
○議長(河野謙三君) 日程第四 高圧ガス取締法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。商工委員長林田悠紀夫君。
       〔林田悠紀夫君登壇、拍手〕
#18
○林田悠紀夫君 ただいま議題となりました法律案につきまして、商工委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、高圧ガス製造事業所に保安統括者等を配置して保安管理組織を強化すること。災害発生のおそれのある製造設備等について製造段階からの検査を義務づけること。高圧ガス保安協会の業務を拡充し、国の財政援助等を行うこと等を主たる内容とするものであります。
 委員会におきましては、高圧ガスタンクの総点検の結果とコンビナート防災対策、工場の保安管理組織強化の方法、高圧ガス保安協会の組織と運営のあり方、液化石油ガスの消費家庭における事故の現状等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録に譲ります。
 質疑を終わり、討論なく、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、本案に対し、コンビナートの総合的防災対策の早急な樹立、企業内の保安管理組織の強化、高圧ガス保安協会の運営における公正及び中立性の確保等について、政府は努力すべき旨の附帯決議が付されました。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#19
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#20
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十九分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト