くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第074回国会 本会議 第6号
昭和四十九年十二月二十五日(水曜日)
   午後零時四十二分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第六号
  昭和四十九年十二月二十五日
   午前十時開議
 第一 千九百六十七年七月十四日にストックホ
  ルムで署名された世界知的所有権機関を設立
  する条約の締結について承認を求めるの件
  (第七十二回国会内閣提出、第七十四回国会
  衆議院送付)
 第二 千九百年十二月十四日にブラッセルで、
  千九百十一年六月二日にワシントンで、千九
  百二十五年十一月六日にへーグで、千九百三
  十四年六月二日にロンドンで、千九百五十八
  年十月三十一日にリスボンで及び千九百六十
  七年七月十四日にストックホルムで改正され
  た工業所有権の保護に関する千八百八十三年
  三月二十日のパリ条約の締結について承認を
  求めるの件(第七十二回国会内閣提出、第七
  十四回国会衆議院送付)
 第三 千九百十一年六月二日にワシントンで、
  千九百二十五年十一月六日にへーグで、千九
  百三十四年六月二日にロンドンで及び千九百
  五十八年十月三十一日にリスボンで改正され
  た虚偽の又は誤認を生じさせる原産地表示の
  防止に関する千八百九十一年四月十四日のマ
  ドリッド協定の千九百六十七年七月十四日の
  ストックホルム追加協定の締結について承認
  を求めるの件(第七十二回国会内閣提出、第
  七十四回国会衆議院送付)
 第四 千八百九十六年五月四日にパリで補足さ
  れ、千九百八年十一月十三日にベルリンで改
  正され、千九百十四年三月二十日にベルヌで
  補足され並びに千九百二十八年六月二日に
  ローマで、千九百四十八年六月二十六日にブ
  ラッセルで、千九百六十七年七月十四日にス
  トックホルムで及び千九百七十一年七月二十
  四日にパリで改正された千八百八十六年九月
  九日の文学的及び美術的著作物の保護に関す
  るベルヌ条約の締結について承認を求めるの
  件(第七十二回国会内閣提出、第七十四回国
  会衆議院送付)
 第五 地方公共団体の議会の議員及び長の選挙
  期日等の臨時特例に関する法律案(内閣提
  出、衆議院送付)
 第六 雇用保険法案(内閣提出、衆議院送付)
 第七 雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備
  等に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 第八 労働者災害補償保険法等の一部を改正す
 る法律案(内閣提出、衆議院送付)
 第九 国立及び公立の義務教育諸学校等の教育
  職員の給与等に関する特別措置法の一部を改
  正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 第一〇 文化功労者年金法の一部を改正する法
  律案(内閣提出、衆議院送付)
 第一一 公団家賃のいっせい値上げ反対等に関
  する請願(三件)
 第一二 公営住宅入居資格の収入基準改善に関
  する請願
 第一三 国土利用計画法の施行と運用に関する
  請願(二十九件)
 第一四 地方建設業者の保護育成に関する請願
  (二件)
 第一五 国鉄湖西線の輸送力増強等に関する請
  願
 第一六 国鉄車両のし尿処理設備の改良に関す
  る請願(二件)
 第一七 篠ノ井線複線化早期完成に関する請願
  (二件)
 第一八 国鉄大阪外環状線建設促進に関する請
  願
 第一九 精神薄弱者に対する運賃割引制度の創
  設に関する請願
 第二〇 有線放送電話制度に関する請願(二
  件)
 第二一 食肉価格の補償に関する請願
 第二二 飼料の安定供給確保に関する請願
 第二三 農畜産物の価格安定に関する請願
 第二四 蚕糸価格の低迷に伴う養蚕農家の危機
  打開に関する請願
 第二五 牛肉の価格安定対策に関する請願(二
  件)
 第二六 外国産生糸の輸入規制及び中間買入数
  量の限度拡大に関する請願(二件)
 第二七 農林年金制度に必要な国庫及び県費補
  助予算の確保に関する請願
 第二八 肉牛生産農家の経営安定のための緊急
  対策に関する請願
 第二九 私立幼稚園教育振興に関する請願(四
  十七件)
 第三〇 大幅な私学助成等に関する請願(四十
  件)
 第三一 病虚弱養護学校の校地取得等に関する
  請願
 第三二 女子教職員の育児休暇立法に関する請
  願
 第三三 大幅な私学助成に関する請願
 第三四 公立高校建設のための用地取得に対す
  る国の補助に関する請願(二件)
 第三五 義務教育就学児童生徒の通学のための
  交通(足)の確保等に関する請願(四件)
 第三六 私立学校に対する国庫補助金の大幅増
  額等に関する請願(二件)
 第三七 給食費の父母負担、地方自治体負担の
  軽減のため国の補助の大幅増額に関する請願
  (二件)
 第三八 学校災害補償法制定に関する請願(二
  件)
 第三九 大学院生に対する育英会奨学金等の大
  幅改善に関する請願
 第四〇 私立学校振興助成法(仮称)の制定に
  関する請願(二件)
 第四一 高等学校施設整備に係る財政措置に関
  する請願(二件)
 第四二 学校法人立幼稚園補助金等に関する請
  願
 第四三 大学院生、研究生に対する育英会奨学
  金等の大幅改善に関する請願
 第四四 給食費の父母負担、地方自治体負担軽
  減のため国の補助の大幅増額に関する請願
 第四五 私学に対する公費助成の大幅増額等に
  関する請願(二件)
 第四六 私立小・中・高等学校に対する国庫補
  助金等に関する請願
 第四七 私立大学に対する国の助成の大幅増額
  等に関する請願
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程一より第一〇まで
 一、日雇労働者健康保険法の一部を改正する法
  律案(内閣提出、衆議院送付)
 一、日程一一より第四七まで
 一、国の公害行政の抜本的改善に関する請願外
  千百十七件の請願
 一、委員会の審査を閉会中も継続するの件
     ―――――・―――――
#3
○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。
 日程第一ないし第四の千九百六十七年七月十四日にストックホルムで署名された世界知的所有権機関を設立する条約の締結について承認を求めるの件
 外三件の条約
  (いずれも第七十二回国会内閣提出、第七十四回国会衆議院送付)を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。外務委員長二木謙吾君。
   〔二木謙吾君登壇、拍手〕
#4
○二木謙吾君 ただいま議題となりました条約四件につきまして、外務委員会における審議の経過と結果を御報告いたします。
 まず、世界知的所有権機関を設立する条約は、工業所有権、著作権等の知的所有権全般の保護を促進し、あわせてこれらの保護に当たっている諸同盟間の協力を維持するため、世界知的所有権機一関を設立することを定めたものであります。
 次に、工業所有権の保護に関するパリ条約のストックホルム改正条約は、ソ連、東欧等で採用されている発明者証の制度による出願を、特許による出願と同様に、優先権主張の基礎として認めるとともに、パリ同盟機構の近代化をはかったものであります。
 次に、原産地虚偽表示の防止に関するマドリッド協定のストックホルム追加協定は、世界知的所有権機関の設立に伴い、マドリッド協定及びその後の改正協定の加入書の寄託にかかる事務を、従来のスイス政府からこの機関に移管することを内容とするものであります。
 最後に、文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約のパリ改正条約は、著作者の権利の保護に関する諸原則、ベルヌ同盟の組織及び運営の近代化措置、翻訳権と複製権についての開発途上国の特権等について規定したものであります。
 委員会における質疑は会議録によって御承知願います。
 昨二十四日質疑を終え、別に討論もなく、採決の結果、四件はいずれも全会一致をもって承認すべきものと決定いたしました。
 以上御報告いたします。(拍手)
#5
○議長(河野謙三君) これより四件を一括して採決いたします。四件を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#6
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、四件は全会一致をもって承認することに決しました。
     ―――――・―――――
#7
○議長(河野謙三君) 日程第五 地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。公職選挙法改正に関する特別委員長中西一郎君。
   〔中西一郎君登壇、拍手〕
#8
○中西一郎君 ただいま議題となりました地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律案は、全国多数の地方公共団体の議会の議員または長の任期が昭和五十年三月から五月にかけて満了することとなっている実情にかんがみて、これらの選挙の期日を都道府県及び指定都市の議会の議員及び長の選挙は昭和五十年四月十三日、指定都市以外の市及び町村の議会の議員及び長並びに特別区の議会の議員の選挙は四月二十七日に統一することとし、それに伴う所要の規定の整備を行なおうとするものであります。
 委員会におきましては、別に発言もなく、採決の結果、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上御報告いたします。(拍手)
#9
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#10
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#11
○議長(河野謙三君) 日程第六 雇用保険法案
 日程第七 雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案
 日程第八 労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案
  (いずれも内閣提出、衆議院送付)
 以上三案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。社会労働委員長山崎昇君。
   〔山崎昇君登壇、拍手〕
#12
○山崎昇君 ただいま議題となりました三法律案について、社会労働委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、雇用保険法案は、現行の失業保険法にかえて、雇用に関する総合的機能を持つ雇用保険制度を創設することを内容とするものであります。
 その骨子は、第一に、失業者の生活の安定をはかり、その就職を促進するために失業給付を行なうほか、労働者の職業の安定に資するために雇用改善、労働者の能力開発及び福祉増進の事業を行なうものとすること。
 第二に、従来、当然適用外に置かれていた零細企業の労働者及び農林水産業の労働者をも含めて、すべての労働者に適用すること。
 第三に、給付日数等の面で中高年齢者等就職の困難な者に手厚く措置するとともに、全国的に失業状況が悪化した場合の給付延長制度の新設など失業補償機能の強化をはかること。
 第四に、季節、短期雇用労働者に対する失業給付を、五十日分の一時金にするとともに、資格要件を最低四カ月三十二日とすること。
 第五に、雇用改善事業として高齢者の雇用の促進や不況の際の一時休業に対する援助によって失業の防止をはかること。
 第六に、保険料については、失業給付に充てるべき千分の十は労使が折半して負担することとし、雇用改善事業等の二事業に充てるべき千分の二は使用者の負担とすること。また、高齢者に関する労使の保険料負担を免除すること等であります。
 次に、雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案は、雇用保険法案の施行に伴って必要とされる関係法律の規定の整備及び経過措置を定めるものであります。
 次に、労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案は、労災保険及び船員保険の給付をILO百二十一号勧告の水準に合わせることを目途として、障害者に対する補償年金及び補償一時金を約一二%、遺族に対する補償年金を約一三%、それぞれ引き上げること。また、これらの前払い一時金について賃金水準の変動に応じてその額を改定すること等を内容とするものであります。
 委員会におきましては、以上三案を一括議題として慎重に審議を進めましたが、質疑を終結し、まず、雇用保険法案及び雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案について討論に入りましたところ、日本共産党を代表して沓脱タケ子委員から原案に反対して修正案が提出されました。続いて、公明党を代表して柏原ヤス委員から修正案に反対、原案に賛成の討論があり、社会党を代表して須原昭三委員から原案、修正案ともに反対の討論が行なわれ、民社党を代表して柄谷道一委員から修正案に反対、原案に賛成の討論が行なわれました。修正案について政府から反対の意見が述べられたあと、採決に入り、まず沓脱委員提出の修正案を問題に供しましたところ、賛成少数で否決することに決しました。
 次いで原案についてはかりましたところ、雇用保険法案及び雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案は、いずれも多数をもって原案どおり可決すべきものと決しました。
 次に、労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案については、討論もなく、全会一致をもって、原案どおり可決すべきものと決しました。
 なお、雇用保険法案に対しては、
 一、零細企業への適用拡大のための実施体制を整備すること
 一、不安定雇用を解消するための総合的施策を進めること
 一、雇用改善事業等の三事業について、失業給付との経理区分を明確にし、労使の意見を反映
 すること
 一、中小企業の倒産等による不払い賃金の救済制度等を検討することなどを内容とした十二項目にわたる附帯決議を付することとし、
 また、労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案については、
 一、給付の一そうの改善
 一、労災保険給付と他の社会保険給付との適切な調整を検討すること
 一、被災労働者の社会復帰対策を充実すること等を要望する百項目にわたる附帯決議を付することに決しました。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#13
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。
 まず、雇用保険法案及び雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案を一括して採決いたします。両案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#14
○議長(河野謙三君) 過半数と認めます。よって、両案は可決されました。
     ―――――・―――――
#15
○議長(河野謙三君) 次に、労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律案の採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#16
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#17
○議長(河野謙三君) 日程第九 国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案
 日程第一〇 文化功労者年金法の一部を改正する法律案
  (いずれも内閣提出、衆議院送付)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。文教委員長内藤誉三郎君。
   〔内藤誉三郎君登壇、拍手〕
#18
○内藤誉三郎君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、文教委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案について申し上げます。
 本法律案は、国立及び公立の幼稚園並びに盲・聾・養護学校の幼稚部の教育職員についても、小・中・高等学校の教育職員と同様に、教職調整額を四月一日にさかのぼって支給しようとするものであります。
 委員会におきましては、学校事務職員の性格とその処遇改善、私立幼稚園教育職員の待遇改善と私立幼稚園振興策及び幼・保一元化など幼児教育のあり方等各般にわたる問題につきまして質疑が行なわれましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終わり、討論もなく、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、文化功労者年金法の一部を改正する法律案について申し上げます。
 本法律案は、最近における経済情勢にかんがみ、文化功労者年金の額を百五十万円から三百万円に引き上げようとするものであります。
 なお、衆議院において、文化功労者年金の額を昭和五十年度から政令で定めることとする規定等を削除する修正が行なわれたことを申し添えます。
 委員会におきましては、文化功労者年金の性格と年金額のあり方、わが国における文化の現状と今後の方向等の問題につきまして質疑が行なわれましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終わり、討論もなく、採決の結果、本法律案は全会一致をもって衆議院送付案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#19
○議長(河野謙三君) これより両案を一括して採決いたします。両案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#20
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、両案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#21
○議長(河野謙三君) この際、日程に追加して、
 日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。
 まず、委員長の報告を求めます。社会労働委員長山崎昇君。
   〔山崎昇君登壇、拍手〕
#23
○山崎昇君 ただいま議題となりました日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、日雇労働者健康保険の給付を健康保険の給付に準ずる内容とするための改正案でありまして、
 第一に、家族療養費等の給付割合を五割から七割に引き上げるとともに、高額療養費の支給を行なうこと
 第二に、傷病手当金、出産手当金、埋葬料、分べん費等について給付の改善を昭和五十一年四月までに段階的に実施すること
 第三に、保険料を第一級五十円から第四級二百円までの四段階とされているのを、第一級六十円から第八級六百六十円までの入段階に改定し、昭和五十一年四月までに段階的に実施すること等を内容とするものであります。
 委員会におきましては、審議を進め、採決の結果、全会一致をもって衆議院送付案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、
 一、医療制度の抜本対策を樹立すること
 一、五人未満事業所の従業員に対する被用者健
 康保険の適用をはかること
 一、賃金日額の区分について一そうの検討を行
 なうこと等の要望を内容とする六項目にわたる附帯決議を付することに決定いたしました。
 以上御報告いたします。(拍手)
#24
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#25
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#26
○議長(河野謙三君) 日程第一一より第四七までの請願及び本日、公害対策及び環境保全特別委員長外六委員長から報告書が提出されました国の公害行政の抜本的改善に関する請願外千百十七件の請願を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。
#28
○議長(河野謙三君) これらの請願は、各委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。
     ─────・─────
#30
○議長(河野謙三君) この際、委員会の審査を閉会中も継続するの件についておはかりいたします。
#31
○議長(河野謙三君) 本件は、各委員長要求のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#32
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。よって、本件は各委員長要求のとおり決しました。
     ―――――・―――――
#33
○議長(河野謙三君) 今国会を終了するにあたり、一言ごあいさつ申し上げます。
 今国会は短期間でございましたが、連日にわたる各位の熱心な御審議に対し、深く敬意と感謝の意を表する次第でございます。
 内外の情勢多端のおり、各位におかれましては御自愛の上、ますます御活躍くださるようお願いしてやみません。
 これにて散会いたします。
   午後一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト