くにさくロゴ
1972/03/08 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第13号
姉妹サイト
 
1972/03/08 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第13号

#1
第071回国会 議院運営委員会 第13号
昭和四十八年三月八日(木曜日)
   午後零時四分開議
 出席委員
   委員長 海部 俊樹君
   理事 中川 一郎君 理事 小渕 恵三君
   理事 森下 元晴君 理事 加藤 六月君
   理事 浜田 幸一君 理事 勝澤 芳雄君
   理事 山口 鶴男君 理事 東中 光雄君
   理事 大久保直彦君
      瓦   力君    竹中 修一君
      西岡 武夫君    羽田  孜君
      三塚  博君    森  喜朗君
      加藤 清政君    塚本 三郎君
 委員外の出席者
        議     長 中村 梅吉君
        副  議  長 秋田 大助君
        事 務 総 長 知野 虎雄君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月三日
 辞任         補欠選任
  加藤 清政君     北山 愛郎君
  斉藤 正男君     中澤 茂一君
  竹内  猛君     細谷 治嘉君
  藤田 高敏君     安宅 常彦君
同日
 辞任         補欠選任
  安宅 常彦君     藤田 高敏君
  北山 愛郎君     加藤 清政君
  中澤 茂一君     斉藤 正男君
  細谷 治嘉君     竹内  猛君
同月五日
 辞任         補欠選任
  加藤 清政君     中澤 茂一君
  斉藤 正男君     細谷 治嘉君
  竹内  猛君     小林  進君
  藤田 高敏君     辻原 弘市君
  塚本 三郎君     小平  忠君
同日
 辞任         補欠選任
  小林  進君     竹内  猛君
  辻原 弘市君     藤田 高敏君
  中澤 茂一君     加藤 清政君
  細谷 治嘉君     斉藤 正男君
  小平  忠君     塚本 三郎君
同月六日
 辞任         補欠選任
  加藤 清政君     楢崎弥之助君
  斉藤 正男君     細谷 治嘉君
  竹内  猛君     安宅 常彦君
  藤田 高敏君     小林  進君
同日
 辞任         補欠選任
  安宅 常彦君     竹内  猛君
  小林  進君     藤田 高敏君
  楢崎弥之助君     加藤 清政君
  細谷 治嘉君     斉藤 正男君
同月七日
 辞任         補欠選任
  加藤 清政君     中澤 茂一君
  斉藤 正男君     安井 吉典君
  竹内  猛君     安宅 常彦君
  藤田 高敏君     辻原 弘市君
同日
 辞任         補欠選任
  安宅 常彦君     竹内  猛君
  辻原 弘市君     藤田 高敏君
  中澤 茂一君     加藤 清政君
  安井 吉典君     斉藤 正男君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員請暇の件
 北海道開発審議会委員の選挙
 本日の本会議の議事に関する件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 次回の本会議等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○海部委員長 これより会議を開きます。
 まず、議員請暇の件についてでありますが、渡部一郎君から、三月十二日より四月二十日まで四十日間、海外旅行のため、請暇の申し出があります。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
#3
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○海部委員長 次に、北海道開発審議会委員の選挙についてでありますが、同委員に、日本社会党から美濃政市君の後任候補者として芳賀貢君を届け出てまいっております。本件は、本日の本会議においてその選挙を行なうこととするに御異議ありませんか。
#5
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。なお、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
    ―――――――――――――
#6
○海部委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案のについてでありますが、本日の本会議における国有鉄道運賃法及び日本国有鉄道財政再建促進特別措置法の一部を改正する法律案の趣旨説明は、新谷運輸大臣が行ないます。
 右の趣旨説明に対し、自由民主党の江藤隆美君、日本社会党の児玉末男君、日本共産党・革新共同の金子満広君、公明党の石田幸四郎君、民社党の河村勝君から、それぞれ質疑の通告があります。質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。
#7
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
#8
○海部委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#9
○知野事務総長 最初に、議員請暇の件をおはかりいたします。
 次に、北海道開発審議会委員の選挙を行ないます。
 三番目に、日程第一に入りまして、浦野商工委員長の御報告がございまして、全会一致でございます。
 それが済みましたところで、ただいまの趣旨説明並びにこれに対する質疑がございます。
#10
○海部委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#11
○海部委員長 次に、次回の本会議の件については、後刻理事会において協議することといたします。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後零時六分休憩
     ――――◇―――――
    午後五時二分開議
#12
○海部委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出にかかる国土総合開発庁設置法案は、次回の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行なうこととするに御異議ありませんか。、
#13
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
#14
○海部委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明九日金曜日午後一時から開会することといたします。
 また、次回の委員会は、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後五時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト