くにさくロゴ
1972/04/06 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第22号
姉妹サイト
 
1972/04/06 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第22号

#1
第071回国会 議院運営委員会 第22号
昭和四十八年四月六日(金曜日)
   午後零時一分開議
 出席委員
   委員長 海部 俊樹君
   理事 中川 一郎君 理事 小渕 恵三君
   理事 森下 元晴君 理事 加藤 六月君
   理事 浜田 幸一君 理事 勝澤 芳雄君
   理事 山口 鶴男君 理事 東中 光雄君
      瓦   力君    中山 正暉君
      加藤 清政君    竹内  猛君
      塚本 三郎君
 委員外の出席者
        議     長 中村 梅吉君
        副  議  長 秋田 大助君
        事 務 次 長 藤野 重信君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員請暇の件
 回付案の取り扱いに関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○海部委員長 これより会議を開きます。
 まず、議員請暇の件についてでありますが、田澤吉郎君から、四月十二日より二十七日まで十六日間、海外旅行のため、請暇の申し出があります。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
#3
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○海部委員長 次に、回付案の取り扱いに関する件についてでありますが、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案及び所得税法の一部を改正する法律案が、参議院において修正され、本院に回付されてまいっております。
 回付案の内容について、事務次長の説明を求めます。
#5
○藤野事務次長 回付案の内容でございますが、両案とも参議院の修正は、原案では「四月一日」からとなっている施行期日を「公布の日」からと改めようとするものでございます。
#6
○海部委員長 それでは、両回付案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
#7
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○海部委員長 次に、本日の本会議における厚生年金保険法等の一部を改正する法律案の趣旨説明は、齋藤厚生大臣が行ない、国民年金法、厚生年金保険法等の一部を改正する法律案及び国民年金等の積立金の運用に関する法律案の趣旨説明は、提出者の八木一男君が行ないます。
 右の趣旨説明に対し、日本社会党の川俣健二郎君、日本共産党・革新共同の石母田達君、公明党の大橋敏雄君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。
#9
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣等は、お手元の印刷物のとおりであります。
#10
○海部委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務次長の説明を求めます。
#11
○藤野事務次長 本日の本会議の議事の順序について御説明申し上げます。
 まず、さいぜん決定いただきました議員請暇の件についておはかりいたします。
 次に、回付案二案を議題といたします。採決は別個に行ないます。まず、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案は全会一致でございます。次に、所得税法の一部を改正する法律案は起立採決となりまして、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党、民社党が、それぞれ反対とのことでございます。
 次に、趣旨説明に入りまして、まず内閣提出法案について齋藤厚生大臣、次に議員提出の二案について提出者八木一男さんから趣旨説明がございます。引き続いて、川俣さん、石母田さん、大橋さんの順序で質疑が行なわれます。以上でございます。
#12
○海部委員長 それでは、本日の本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#13
○海部委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来たる十日火曜日午後一時から開会することといたします。
 なお、次回の委員会は、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト