くにさくロゴ
1972/06/05 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第37号
姉妹サイト
 
1972/06/05 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 議院運営委員会 第37号

#1
第071回国会 議院運営委員会 第37号
昭和四十八年六月五日(火曜日)
   午後零時二分開議
 出席委員
   委員長 海部 俊樹君
   理事 中川 一郎君 理事 小渕 恵三君
   理事 増岡 博之君 理事 浜田 幸一君
   理事 勝澤 芳雄君 理事 山口 鶴男君
   理事 東中 光雄君 理事 大久保直彦君
      瓦   力君    高鳥  修君
      西岡 武夫君    羽田  孜君
      森  喜朗君    塚本 三郎君
 委員外の出席者
        議     長 前尾繁三郎君
        副  議  長 秋田 大助君
        事 務 総 長 知野 虎雄君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月五日
 辞任         補欠選任
  倉石 忠雄君     羽田  孜君
同日
 辞任         補欠選任
  羽田  孜君     倉石 忠雄君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員請暇の件
 懲罰委員会及び地方行政委員会の委員派遣承認
 申請に関する件
 中元暑中の虚礼廃止に関する申し合わせの件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○海部委員長 これより会議を開きます。
 まず、議員請暇の件についてでありますが、小山省二君から、六月六日より十五日まで十日間、また、藤山愛一郎君から、六月十六日より二十七日まで十二日間、それぞれ海外旅行のため、請暇の申し出があります。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
#3
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○海部委員長 次に、委員派遣承認申請の件についてでありますが、懲罰委員長及び地方行政委員長から、委員派遣承認申請書がそれぞれ提出されてまいりました。
 派遣の目的等について、事務総長の説明を求めます。
#5
○知野事務総長 まず、懲罰委員会のほうでございますが、派遣の目的は、議員小林政子君懲罰事犯現地調査のためということでございます。派遣委員の氏名は、お手元の印刷物のとおりでございまして、派遣の期間は、六月十一日一日間。派遣地名は、群馬県利根郡月夜野町ということでございます。
 それから地方行政委員会のほうは、派遣の目的が、地方公営交通事業の経営の健全化の促進に関する法律案(内閣提出)及び同じ名前の山口鶴男君外十九名提出の法案審査のためということでございまして、派遣委員の氏名は、お手元の印刷物のとおりでございまして、派遣の期間は、第一班及び第二班ともに一日で、第一班は六月十一日、第二班は六月十三日。派遣地名は、第一班は京都府、第二班は宮城県でございます。
#6
○海部委員長 それでは、両件は、ただいま事務総長から説明のありましたとおり、これを承認すべきものと議長に答申するに御異議ありませんか。
#7
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○海部委員長 次に、中元暑中の虚礼廃止の申し合わせの件についてでありますが、お手元に配付いたしてあります申し合わせ案文のとおり、本年も、当委員会において中元暑中の虚礼廃止の申し合わせを行なうこととするに御異議ありませんか。
#9
○海部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
#10
○海部委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#11
○知野事務総長 まず最初に、ただいま御決定になりました議員請暇の件をおはかりいたします。
 次に、日程第一は、三原内閣委員長の御報告がございます。修正でございまして、日本社会党と公明党が反対、日本共産党・革新共同が棄権でございます。
 日程第二は、上村地方行政委員長の御報告がございまして、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党、民社党が反対でございます。
#12
○海部委員長 それでは、本日の本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#13
○海部委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来たる八日金曜日午後二時から開会することといたします。
 なお、次回の委員会は、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト