くにさくロゴ
1972/09/25 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 予算委員会 第25号
姉妹サイト
 
1972/09/25 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 予算委員会 第25号

#1
第071回国会 予算委員会 第25号
六月二十五日
 次の委員会開会要求書が提出された。
   衆議院予算委員会開会要求書
 衆議院規則第六十七条二項の規定により、すみ
やかに予算委員会の開会を要求いたします。
     記
 一、予算委員会開会の理由
(1) 国会の会期が六十五日間の大幅延長され
    たことに伴う、予算議決後の執行情況の
    調査が必要である。
(2) 最近の経済情勢並びに急激な物価騰貴の
    現状は重大な段階にあり、財政金融を含
    めて、綜合的な検討と、その対策が急務
    である。
(3) 予算通過後、政府の減税構想など新たな
    る政策について、審議検討を要する問題
    が提起されていること。
(4) 予算審議の過程で、懸案事項となってい
    る補正予算につき、至急検討を要する必
    要があること。
(5) 伝えられる田中総理の外遊問題につき、
    その所信をただす必要があること。
 二、開会日数      三日間
    時期を失しないよう速やかに開会された
    い。
 昭和四十八年六月二十五日
        予算委員  阪上安太郎君
        同     辻原 弘市君
        同     谷口善太郎君
        同     山田 太郎君
        同     安宅 常彦君
        同     阿部 昭吾君
        同     大原  亨君
        同     北山 愛郎君
        同     小林  進君
        同     田中 武夫君
        同     中澤 茂一君
        同     楢崎弥之助君
        同     細谷 治嘉君
        同     安井 吉典君
        同     津金 佑近君
        同     中島 武敏君
        同     不破 哲三君
        同     岡本 富夫君
        同     矢野 絢也君
        同     安里積千代君
        同     小平  忠君
  衆議院予算委員長
     根本龍太郎殿
―――――――――――――――――――――
昭和四十八年九月二十五日(火曜日)
    午前十時四十三分開議
 出席委員
   委員長 根本龍太郎君
   理事 足立 篤郎君 理事 小澤 太郎君
   理事 仮谷 忠男君 理事 田澤 吉郎君
   理事 湊  徹郎君 理事 辻原 弘市君
   理事 山田 太郎君
      赤澤 正道君    臼井 莊一君
      小平 久雄君    正示啓次郎君
      瀬戸山三男君    塚原 俊郎君
      保利  茂君    細田 吉藏君
      前田 正男君    松浦周太郎君
      森山 欽司君    小林  進君
      田中 武夫君    中澤 茂一君
      安井 吉典君    諫山  博君
      村上  弘君    小平  忠君
 委員外の出席者
        予算委員会調査
        室長      野路 武敏君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月三十一日
 辞任         補欠選任
  正示啓次郎君     永山 忠則君
四月三日
 辞任         補欠選任
  細田 吉藏君     地崎宇三郎君
  安里積千代君     池田 禎治君
同日
 辞任         補欠選任
  池田 禎治君     安里積千代君
同月四日
 辞任         補欠選任
  阿部 昭吾君     下平 正一君
  中島 武敏君     松本 善明君
同日
 辞任         補欠選任
  下平 正一君     阿部 昭吾君
同月五日
 辞任         補欠選任
  伊能繁次郎君     赤城 宗徳君
  大原  亨君     枝村 要作君
同日
 辞任         補欠選任
  赤城 宗徳君     伊能繁次郎君
  枝村 要作君     大原  亨君
同月六日
 辞任         補欠選任
  伊能繁次郎君     赤城 宗徳君
同日
 辞任         補欠選任
  赤城 宗徳君     伊能繁次郎君
同月十日
 辞任         補欠選任
  小澤 太郎君     有田 喜一君
  湊  徹郎君     中馬 辰猪君
同月十二日
 辞任         補欠選任
  大原  亨君     山本 政弘君
同日
 辞任         補欠選任
  山本 政弘君     大原  亨君
同月十三日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     永末 英一君
同日
 辞任         補欠選任
  永末 英一君     安里積千代君
同月十七日
 辞任         補欠選任
  阿部 昭吾君     下平 正一君
  岡本 富夫君     渡部 一郎君
同日
 辞任         補欠選任
  下平 正一君     阿部 昭吾君
  渡部 一郎君     岡本 富夫君
同月十八日
 辞任         補欠選任
  小林  進君     楯 兼次郎君
同日
 辞任         補欠選任
  楯 兼次郎君     小林  進君
同月十九日
 辞任         補欠選任
  阿部 昭吾君     下平 正一君
  安里積千代君     渡辺 武三君
同日
 辞任         補欠選任
  下平 正一君     阿部 昭吾君
  渡辺 武三君     安里積千代君同月二十四日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     佐々木良作君
同日
 辞任         補欠選任
  佐々木良作君     安里積千代君
同月二十五日
 辞任         補欠選任
  永山 忠則君     正示啓次郎君
  阿部 昭吾君     下平 正一君
同日
 辞任         補欠選任
  下平 正一君     阿部 昭吾君
五月八日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     塚本 三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  塚本 三郎君     安里積千代君
同月九日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     塚本 三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  塚本 三郎君     安里積千代君
同月十日
 辞任         補欠選任
  仮谷 忠男君     岸  信介君
  正示啓次郎君     椎名悦三郎君
  地崎宇三郎君     佐藤 榮作君
  大原  亨君     島本 虎三君
  安里積千代君     池田 禎治君
同日
 辞任         補欠選任
  島本 虎三君     大原  亨君
  池田 禎治君     安里積千代君
同月十一日
 辞任         補欠選任
  伊能繁次郎君     荒舩清十郎君
  阿部 昭吾君     佐々木更三君
  田中 武夫君     赤松  勇君
  細谷 治嘉君     岩垂寿喜男君
  安里積千代君     春日 一幸君
同日
 辞任         補欠選任
  荒舩清十郎君     伊能繁次郎君
  赤松  勇君     田中 武夫君
  岩垂寿喜男君     細谷 治嘉君
  佐々木更三君     阿部 昭吾君
  春日 一幸君     河村  勝君
同月三十日
 辞任         補欠選任
  有田 喜一君     高見 三郎君
  小林  進君     米田 東吾君
  河村  勝君     春日 一幸君
同日
 辞任         補欠選任
  高見 三郎君     有田 喜一君
  米田 東吾君     小林  進君
同月三十一日
 辞任         補欠選任
  安宅 常彦君     八木  昇君
  細谷 治嘉君     岩垂寿喜男君
同日
 辞任         補欠選任
  岩垂寿喜男君     細谷 治嘉君
  八木  昇君     安宅 常彦君
六月一日
 辞任         補欠選任
  田中 武夫君     赤松  勇君
同日
 辞任         補欠選任
  赤松  勇君     田中 武夫君
同月七日
 辞任         補欠選任
  有田 喜一君     鈴木 善幸君
  大原  亨君     島本 虎三君
同日
 辞任         補欠選任
  島本 虎三君     大原  亨君
同月十四日
 辞任         補欠選任
  大原  亨君     村山 富市君
  楢崎弥之助君     山崎 始男君
同日
 辞任         補欠選任
  村山 富市君     大原  亨君
  山崎 始男君     楢崎弥之助君
同月十五日
 辞任         補欠選任
  大原  亨君     村山 富市君
  松本 善明君     神崎 敏雄君
同日
 辞任         補欠選任
  村山 富市君     大原  亨君
  神崎 敏雄君     松本 善明君
同月十九日
 辞任         補欠選任
  大原  亨君     島本 虎三君
  楢崎弥之助君     坂本 恭一君
同日
 辞任         補欠選任
  坂本 恭一君     楢崎弥之助君
  島本 虎三君     大原  亨君
同月二十日
 辞任         補欠選任
  小林  進君     金丸 徳重君
同日
 辞任         補欠選任
  金丸 徳重君     小林  進君
同月二十一日
 辞任         補欠選任
  楢崎弥之助君     坂本 恭一君
同日
 辞任         補欠選任
  坂本 恭一君     楢崎弥之助君
同月二十二日
 辞任         補欠選任
  楢崎弥之助君     和田 貞夫君
同日
 辞任         補欠選任
  和田 貞夫君     楢崎弥之助君
同月二十三日
 辞任         補欠選任
  春日 一幸君     安里積千代君
同月二十五日
 辞任         補欠選任
  松本 善明君     中島 武敏君
  安里積千代君     塚本 三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  塚本 三郎君     安里積千代君
同月二十六日
 辞任         補欠選任
  岸  信介君     仮谷 忠男君
  佐藤 榮作君     地崎宇三郎君
  椎名悦三郎君     正示啓次郎君
  鈴木 善幸君     有田 喜一君
七月三日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     佐々木良作君
同日
 辞任         補欠選任
  佐々木良作君     安里積千代君
同月四日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     永末 英一君
同日
 辞任         補欠選任
  永末 英一君     安里積千代君
同月十二日
 辞任         補欠選任
  津金 佑近君     田代 文久君
  安里積千代君     池田 禎治君
同日
 辞任         補欠選任
  田代 文久君     津金 佑近君
  池田 禎治君     安里積千代君同月十八日
 辞任         補欠選任
  小林  進君     楯 兼次郎君
同日
 辞任         補欠選任
  楯 兼次郎君     小林  進君
同月十九日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     受田 新吉君
同日
 辞任         補欠選任
  受田 新吉君     安里積千代君
八月二十二日
 辞任         補欠選任
  地崎宇三郎君     高見 三郎君
同月二十四日
 辞任         補欠選任
  荒木萬壽夫君     安倍晋太郎君
  楢崎弥之助君     勝間田清一君
同日
 辞任         補欠選任
  勝間田清一君     楢崎弥之助君
同月二十八日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     宮田 早苗君
同日
 辞任         補欠選任
  宮田 早苗君     安里積千代君
同月二十九日
 辞任         補欠選任
  中島 武敏君     瀬崎 博義君
  安里積千代君     渡辺 武三君
同日
 辞任         補欠選任
  瀬崎 博義君     中島 武敏君
  渡辺 武三君     安里積千代君
同月三十一日
 辞任         補欠選任
  岡本 富夫君     松尾 信人君
同日
 辞任         補欠選任
  松尾 信人君     岡本 富夫君
九月十一日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     佐々木良作君
同日
 辞任         補欠選任
  佐々木良作君     安里積千代君
同月十二日
 辞任         補欠選任
  有田 喜一君     竹下  登君
同月二十日
 辞任         補欠選任
  福崎弥之助君     高田 富之君
同日
 辞任         補欠選任
  高田 富之君     楢崎弥之助君
同月二十一日
 辞任         補欠選任
  細谷 治嘉君     岡田 哲児君
  安里積千代君     塚本 三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  岡田 哲児君     細谷 治嘉君
  塚本 三郎君     安里積千代君
同月二十二日
 辞任         補欠選任
  安里積千代君     塚本 三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  塚本 三郎君     安里積千代君
同月二十五日
 辞任         補欠選任
  高見 三郎君     細田 吉藏君
  竹下  登君     小澤 太郎君
  中馬 辰猪君     湊  徹郎君
  谷口善太郎君     諫山  博君
  不破 哲三君     村上  弘君
同日
 辞任         補欠選任
  諫山  博君     谷口善太郎君
  村上  弘君     不破 哲三君
九月二十五日
 理事小澤太郎君及び湊徹郎君四月十日委員辞任
 につき、その補欠として小澤太郎君及び湊徹郎
 君が理事に当選した。
同日
 理事仮谷忠男君五月十日委員辞任につき、その
 補欠として仮谷忠男君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○根本委員長 これより会議を開きます。
 まず、理事の補欠選任についておはかりいたします。
 委員の異動によりまして、理事が三名欠員となっております。つきましては、この際、その補欠選任を行ないたいと存じますが、これは、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○根本委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      小澤 太郎君    仮谷 忠男君
      湊  徹郎君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○根本委員長 次に、閉会中審査に関する件についておはかりいたします。
 予算の実施状況に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたすこととし、その手続については、委員長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○根本委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、閉会中委員派遣に関する件についておはかりいたします。
 閉会中に委員を派遣して現地を調査する必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行なうこととし、派遣委員の員数、氏名、派遣地、期間その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○根本委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
     ――――◇―――――
#7
○根本委員長 最後に、この際一言ごあいさつ申し上げます。
 今国会は二回にわたる長期延長があり、野党四党から成規の手続により委員会開会の要求がございましたにもかかわりませず、諸般の事情によりいままで開会するに至らなかったことは、まことに遺憾に存じます。自今、かかることのないように努力いたしたいと存じます。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十時四十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト