くにさくロゴ
1972/01/29 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 逓信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1972/01/29 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 逓信委員会 第1号

#1
第071回国会 逓信委員会 第1号
本委員は昭和四十七年十二月二十五日(月曜日)
議長の指名で、次の通り選任された。
      宇田 國榮君    内海 英男君
      小澤 太郎君    梶山 静六君
      亀岡 高夫君    木村 武雄君
      久保田円次君    草野一郎平君
      志賀  節君    園田  直君
      田澤 吉郎君    渡海元三郎君
      中村 寅太君    楢橋  渡君
      長谷川四郎君    本名  武君
      宮崎 茂一君    村上  勇君
      阿部未喜男君    大柴 滋夫君
      金丸 徳重君    久保  等君
      古川 喜一君    森井 忠良君
      米田 東吾君    土橋 一吉君
      平田 藤吉君    大野  潔君
      田中 昭二君    小沢 貞孝君
十二月二十五日
 久保田円次君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
昭和四十八年一月二十九日(月曜日)
    午前十一時六分開議
 出席委員
   委員長 久保田円次君
   理事 宇田 國榮君 理事 小澤 太郎君
   理事 梶山 静六君 理事 金子 岩三君
   理事 羽田  孜君 理事 阿部未喜男君
   理事 土橋 一吉君
      内海 英男君    志賀  節君
      宮崎 茂一君    金丸 徳重君
      久保  等君    森井 忠良君
      平田 藤吉君    田中 昭二君
 委員外の出席者
        逓信委員会調査
        室長      佐々木久雄君
    ―――――――――――――
委員の異動
昭和四十七年十二月二十六日
 辞任         補欠選任
  田澤 吉郎君     金子 岩三君
  渡海元三郎君     羽田  孜君
    ―――――――――――――
昭和四十八年一月二十九日
      宇田 國榮君    小澤 太郎君
      梶山 静六君    金子 岩三君
      羽田  孜君    阿部未喜男君
      古川 喜一君    土橋 一吉君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和四十七年十二月二十五日
 日本放送協会昭和四十五年度財産目録、貸借対
 照表及び損益計算書
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○久保田委員長 これより会議を開きます。
 議事に入るに先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 私、このたびはからずも当逓信委員会の委員長に就任いたしました。
 御承知のとおり、当委員会の使命はまことに重大でございまして、その職責の大きいことを痛感いたしております。練達なる委員各位の御協力を得まして、微力ではありますが、誠心誠意円滑なる委員会の運営をはかり、この重責を全ういたしたいと存じます。何とぞ委員各位の御支援、御協力をお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○久保田委員長 これより理事の互選を行ないます。
 理事の員数は、議院運営委員会決定の基準に従いまして、その数を八名とし、先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○久保田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 それでは、
      宇田 國榮君    小澤 太郎君
      梶山 静六君    金子 岩三君
      羽田  孜君    阿部未喜男君
      古川 喜一君    土橋 一吉君
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○久保田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 逓信行政に関する事項
 郵政事業に関する事項
 郵政監察に関する事項
 電気通信に関する事項
 電波監理及び放送に関する事項
以上の各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○久保田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト