くにさくロゴ
1972/07/13 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第2号
姉妹サイト
 
1972/07/13 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第2号

#1
第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第2号
昭和四十八年七月十三日(金曜日)
    午前十一時六分開議
 出席小委員
   小委員長 仮谷 忠男君
      坂村 吉正君    丹羽 兵助君
      森下 元晴君    安田 貴六君
      山崎平八郎君    角屋堅次郎君
      柴田 健治君    馬場  昇君
      中川利三郎君    瀬野栄次郎君
 出席政府委員
        環境庁水質保全
        局長      岡安  誠君
        水産庁長官   荒勝  巖君
 小委員外の出席者
        厚生省環境衛生
        局乳肉衛生課長 岡部 祥治君
        水産庁研究開発
        部長      松下 友成君
        通商産業省公害
        保安局公害防止
        指導課長    松村 克之君
        通商産業省化学
        工業局化学第一
        課長      高橋  清君
        通商産業省化学
        工業局化学第二
        課長      小幡 八郎君
        中小企業庁計画
        部金融課長   服部 典徳君
        農林水産委員会
        調査室長    尾崎  毅君
    ―――――――――――――
小委員の異動
七月十三日
 小委員馬場昇君同月四日委員辞任につき、その
 補欠として馬場昇君が委員長の指名で小委員に
 選任された。
同日
 小委員白浜仁吉君同日小委員辞任につき、その
 補欠として森下元晴君が委員長の指名で小委員
 に選任された。
同日
 小委員森下元晴君同日小委員辞任につき、その
 補欠として白浜仁吉君が委員長の指名で小委員
 に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 水産業被害対策に関する件
     ――――◇―――――
#2
○仮谷小委員長 これより水産業被害対策小委員会を開会いたします。
 水産業の被害対策に関する件について調査を進めます。
 この際、おはかりをいたしますが、先日の小委員会におきましては各関係省庁からの事情聴取をいたしたのでありますが、きょうはその報告に基づきまして小委員各位からの自由な討議をひとついたしたいと思います。そうして問題を解明しながら結論を出したいと思います。そのためにこの会議をひとまず懇談会に切りかえて審議を進めたいと思いますが、いかがでございましょうか。
#3
○角屋小委員 ただいま小委員長から御提案をなされました点については賛成でございます。衆議院の農林水産委員会として、特に当面の水銀、PCB等による汚染の問題については、過般第三水俣病の現地調査等も行ない、さらに本委員会においても真剣な議論が進められてまいりましたし、また関係漁民の全国大会あるいは魚屋さんの全国大会等々深刻な政治問題になっておるわけでございますので、各党それぞれ立法的な問題、行政的に緊急に打つべき問題について協議を行ない、合意のできるものについてはそれぞれ小委員長報告をもって本委員会に報告する、そして処理すべきものについては本委員会の責任において処理をするというために、各党協議されることについては賛成でございます。
#4
○柴田(健)小委員 これの取り組みというかスケジュールというか、そういうものは大体小委員会としては、たとえばこの会期中、二十四日までが国会の会期なんですが、この会期中に小委員会として何らかの結論というか、そういうある程度の具体的なものを出す、そういう会議の持ち方をするのか、ずっと閉会中でも続行していくのかというように、この二つの方法になると思うのですが、どういう取り組みをしていかれるのか、その点ひとつ。
#5
○仮谷小委員長 これは私の私見でございますけれども、緊急な課題と恒久的な問題がございますが、緊急な問題については、会期中できればある程度各党の一致した方向をまとめたいと思います。それから恒久的なものについては、これは閉会中といえども必要に応じて開会をして結論を出すという形に運営をしていきたいと思います。いかがでしょうか。
#6
○角屋小委員 そのためには緊急の対策はやはり会期中に取りまとめるということで、最大限の努力をしなければならぬと思うのです。何を恒久的というかという基本的な問題もありまするけれども、恒久的と思われるものについても、合意のできるものについてはできるだけ詰めて、そして最大限今度の国会中に取りまとめるべきものは取りまとめて、被害関係者の要請にこたえるということで、お互いに努力しようじゃございませんか。
#7
○仮谷小委員長 ただいま御発言のようなことで、この委員会を懇談会に切りかえることに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○仮谷小委員長 それでは、さように決定いたします。
 それでは、これから懇談に入ります。
     ――――◇―――――
    〔午前十一時十一分懇談に入る〕
    〔午後一時九分懇談を終わる〕
     ――――◇―――――
#9
○仮谷委員長 それでは、これより小委員会を再開いたします。
 懇談会において皆さま方いろいろ御意見がございましたが、本日の懇談はこれで終わることにいたしまして、次回は、来週、御相談の上で日程をきめて、そして各党が問題点を持ち寄って適当に結論を出す方向で努力をする、こういうことで、本日の小委員会は散会いたします。
    午後一時十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト