くにさくロゴ
1972/09/11 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第5号
姉妹サイト
 
1972/09/11 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第5号

#1
第071回国会 農林水産委員会水産業被害対策小委員会 第5号
昭和四十八年九月十一日(火曜日)
    午後三時六分開議
 出席小委員
   小委員長 仮谷 忠男君
      熊谷 義雄君    坂村 吉正君
      丹羽 兵助君    安田 貴六君
      山崎平八郎君    角屋堅次郎君
      柴田 健治君    中川利三郎君
      瀬野栄次郎君    小宮 武喜君
 出席政府委員
        水産庁長官   荒勝  巖君
        水産庁次長   安福 数夫君
 小委員外の出席者
        水産庁漁政部長 増満 二郎君
        水産庁研究開発
        部長      松下 友成君
        農林水産委員会
        調査室長    尾崎  毅君
    ―――――――――――――
九月十一日
 小委員白浜仁吉君同日小委員辞任につき、その
 補欠として熊谷義雄君が委員長の指名で小委員
 に選任された。
同日
 小委員熊谷義雄君同日小委員辞任につき、その
 補欠として白浜仁吉君が委員長の指名で小委員
 に選任された。
同日
 小委員稲富稜人君同日委員辞任につき、その補
 欠として小宮武喜君が委員長の指名で小委員に
 選任された。
同日
 小委員小宮武喜君同日委員辞任につき、その補
 欠として稲富稜人君が委員長の指名で小委員に
 選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業
 者等に対する資金の融通に関する特別措置法案
 起草の件
     ――――◇―――――
#2
○仮谷小委員長 これより水産業被害対策小委員会を開会いたします。
 水産業被害対策に関する件について調査を進めます。
 水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案起草の件について議事を進めます。
 水銀等汚染に係る被害漁業者等に対する融資対策につきましては、かねてより小委員各位の御協議を重ねてまいりましたが、このたび草案を作成し、お手元に配付いたしてございます。
    ―――――――――――――
#3
○仮谷小委員長 この草案の趣旨内容につきましてはすでに十分御承知のことと存じますので、その説明は省略させていただきます。
 この際、発言を求められておりますので、これを許します。角屋堅次郎君。
#4
○角屋小委員 ただいま水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案の小委員会の取りまとめについておはかりがございましたが、この点について社会党としての見解を申し述べさせていただきたいと思います。
 この点については御承知のとおり、衆議院の農林水産委員会に水産業被害対策小委員会が設置された当初の段階におきまして、本年の五月二十二日以降の非常な漁場汚染による水産被害漁業者等の深刻な実態にかんがみて、融資の問題についても、基本対策の問題についても、所要の立法措置を急がなければならぬという情勢を判断いたしまして、たしか七月十三日の時点で、私のほうから水銀等による水産動植物の汚染に係る漁業被害者等に対する資金の融通に関する特別措置法案、角屋試案なるものを本小委員会に提起をいたしました。これはあくまでも超党派的に取りまとめるためのたたき台として、これをたたき台にして十分議論をして、お互いの合意によって結論を得ようじゃないかということで提起をしたわけでございます。
 それに対しまして野党側でも、共産、公明、民社からそれぞれ補強意見なりあるいは賛成意見なり等を得られましたし、同時に政府与党におかれても、やはり立法措置をやらなければならないというふうなことから、私の試案等も基盤にしながら鋭意党内あるいは政府との折衝等もやられまして、立法の取りまとめをやられたというふうな点については、私どもも与党の努力に対して敬意を表するわけであります。ただ、その後の小委員会の過程での詳細を申し上げるまでもなくおわかりのように、私から出しました案と与党で取りまとめられた案の点では、直接被害地域と間接被害地域という区域を設けるというふうに与党の取りまとめ案ではなっておるわけですが、私のほうでは直接、間接に区分することには問題があるというふうに考えておりましたし、かりに与党が直接被害地域、間接被害地域を認めてもらいたいということで、その点についてはこれを肯定せざるを得ないといたしましても、この今回の被害の実態から見まして、なるべく直接、間接の被害地域について取り扱い上差をつけないことが必要である、こういうふうに考えたわけであります。
 具体的な差の問題とすれば、各位御承知のとおり、直接、間接の被害地域では、国の利子負担分が直接は六五%であり、間接は五〇%である。さらに直接被害地域については損失補償を裏づける、間接被害地域については損失補償の裏づけがない。さらに、実質的に直接被害地域については被害が深刻だというふうな地域もあるわけであります。それらについては、法案上は利子は三分でありますけれども、これはやはり被害者に負担のないような形を行政的にとりたい、こういうこと等も含めてまいりますと、数点において直接被害地域と間接被害地域においては差が出てまいるわけでございます。
 できれば、こういった法律上にあらわれている相違の点についてはぜひひとつ私が出した試案の方向で歩み寄れないかということでいろいろ強く要請をしてまいりました。しかし、これらの問題については、当面法律案を処理しなければならないぎりぎりの今日の時点において、直ちにこの問題を立法的に解決をするということについては困難がございます。私どもとしても、やはり今回の深刻な漁場汚染による漁業者等の被害の実態から見れば、融資についても全国的に立法的裏づけをして、すみやかにそれらの手が打たれるようにしてもらいたいという強い要請も受けておるわけであり、またその準備も急がなければならぬということ等もありまして、したがって、そういう問題については先週の金曜日の時点で、本委員会における単独決議案というものを私のほうから別途提案をいたしておりますが、その中で本法の運営の配慮という中でそれらの問題の注文をつける。各位の御了承を得られて院の決議になるということであれば、運営上それらの問題については行政的にできるものについては生かされていく。行政的にできない立法的な問題については、やはり今後本法実施の過程を見て、必要な条件になれば、立法の改正をやるという含みにして、そういう前提に立っていま提案をされました取りまとめの案につきましては、社会党として大局的見地からこれに賛成をするということにいたしておるわけでございます。
 ただ、決議案の問題とも関連いたしますけれども、融資の問題だけで今回の深刻な漁場汚染による水産漁業者の被害の救済ができるわけではありません。これは根本的に、別途決議案の第一項で出しておりますようなそういう趣旨の制度的な問題について所要の立法措置をして、関係漁業者にこたえるということを急がなければならぬという課題が残っておるわけでありまして、私どもとしては、本小委員会を継続し、委員会の決議になったならば、政府がこれを受けて、積極的に立法措置等についても成案を急ぐということを今後やってもらうという前提に立って、今回出されております融資の問題についての立法措置については賛成をするということをつけ加えておきたいと思うわけであります。
#5
○仮谷小委員長 中川利三郎君。
#6
○中川(利)小委員 水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案に対しまして、共産党の見解を申し述べてみたいと思います。
 もともとこの問題については、あの深刻な水銀汚染、PCBその他によって受けた漁民の被害をどう早急に回復するか、救済するか、こういう趣旨でありまして、角屋小委員が出されまして以来、わが党はそれなりに漁民の立場に立って問題をより深め、より手が届くようなかっこうで修正案を出したわけであります。
 その趣旨といたしましては、これは融資というよりも損害の代払いだ、こういう前提に立ってその性格づけを試みたわけであります。その中身は、たとえば先ほど角屋小委員からもお話がありましたような間接被害地域、直接被害地域、こういうものの区分けに対する一定の見解ですね。本来、いまの漁民の実態からするならば、こういう区分けは必要でないこと、あるいは損失補償そのものも、一方では損失補償をし一方ではしないというような区分けにつながる問題などに対する意見について、さらに融資機関を特定するという考え方、そのためにたとえば汚染の原因者が特定しないときは、そういう据え置きあるいは融資機関を必ずしもそれに限定して当てはめるようなやり方をしない、こういうようなものまで含めて提案したわけでありますけれども、結果的に十分それらが取り入れられなかったうらみがあるわけであります。これについては、過日、自民党さんでも、特別立法そのものは十分でない、しかし何とかいまの緊急の事態の解決のためにこれでかんべんしてくれというお話がございましたので、全体的に見ればいろいろ意見はあるわけでありますが、しかし、改悪ではなくして、これをやることによっていろいろ当面する漁民の要求にこたえ得るという側面もありますので、そういう点で大局的に見まして賛成をしたい、このように考えておりますが、その前提として私たちは、あくまでも次の国会で二度と海をよごし、漁民を困らせない基本的な、抜本的な法案ができるという前提で、しかもそのためにこの小委員会を継続して審議を続ける、この二つの条件といいますか、そういう確認の中でこれに賛成するということもあわせて申し上げておきたいと思います。
 以上です。
#7
○仮谷小委員長 瀬野栄次郎君。
#8
○瀬野小委員 水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案について、わが党の見解を申し述べます。
 水産業被害対策小委員会は、今日まで七回開かれてまいりまして、熱心な討議を続けてまいりました。特に七月二十日第三回の小委員会においても、本特別措置法案のあり方についての考え方等具体的な問題が提起されまして、会を重ねてまいったわけであります。この中で、先ほどからも話がございましたように、直接地域、間接地域の問題、また政府の債務保証の関係、利子、融資額の問題等に焦点がしぼられてきたわけでありますけれども、何と言いましても、今国会の会期が九月二十七日までで、余すところわずかでございます。しかも漁業者はたいへん苦境に立たされて、現在地方団体等においても、八月三十日現在においてすでに融資が行なわれておりますが、府県単独措置貸し付けの状況を見ましたところ、すでに和歌山県の十億、愛知県の十億、さらには熊本県の四億、大分県七億というように、全国で九十五億九百万円の融資がすでに行なわれている団体もございます。こういったことを考えましたときに、早急にこの措置法の立法をすべきであるということは当然のことであります。内容にはたくさん問題がございますけれども、私たちも漁民の救済また今後の問題等も考え合わせまして、早急に立法化したいということで、賛成の態度をとっておるわけです。
 御承知のように、最近の水銀、PCB等による一部魚介類の汚染問題というのは、水産食品の安全性に対する国民の不安、不信を引き起こしておりまして、その結果、関係漁業者が操業の停止、特に熊本県では水俣湾の封鎖等を行ないまして、先日ようやく話し合いがついて海上封鎖を解いたわけでありますが、その後の問題がまだずいぶんございまして、本日もたくさんの組合長、代表等の陳情を受けましたが、あとに残った問題もたくさんございまして、再び海上封鎖をせざるを得ないような問題も起きております。
 さらには水産物の販売の不振、魚価の低落等による甚大な損害、こういったことは今後ももちろんありますし、いままでの痛手がなかなか回復してないという状況にありますので、こういった生活の危機を救うためにも、ぜひ早急な立法化が必要である、かように思っております。
 なお、今回のこの立法化等、さらにはわれわれがぜひ立法化していただきたい問題は、将来にわたって国民が安心して魚介類を食ぜんに供することができるようなためにも、それは漁場の復旧等の根本対策ということ、ぜひこれを確立せねばならない、そのように実は思っておるわけで、引き続き小委員会も残して今後審議をしていくということでございますので、そういう過程においてさらに基本対策等特に必要な立法措置を含んだ問題等今後煮詰めていくということで私も了解をいたしておるわけです。
 いずれにしても、今日まで慎重な審議をして、各党いろいろ問題もございましたが、政府のぎりぎりの考え等も伺いましたので、将来に残した問題は今後検討し、さらにこれを改善するということもあり得るわけでございますので、十二月三十一日の時限立法でもあることから、今回の立法化を急いで行ない、漁民の皆さんにこたえ、そうしてさらに必要な基本制度についてはまた今後検討していくということで、私も賛成を表明し、すみやかに委員会において採決されるように望むものでございます。
 以上でございます。
#9
○仮谷小委員長 小宮武喜君。
#10
○小宮小委員 本法案についてはまだまだ不十分なところもあり、決してわれわれは満足しておるものではございません。しかしながら、先ほどからいろいろ言われておりますように、いま漁民が待ち望んでおるのは、一刻も早く融資をしてもらいたいというような気持ちが、いろいろ調査またわれわれの視察の中でも出てまいっております。そういった意味で、不本意ながら本法案について賛成をしたいと思いますが、先ほどから各委員から言われておるように、汚染漁場の復旧の問題、さらにはこういった事態を起こさないように今後われわれが根本的な研究をしなければならぬということで、この問題は今後の問題としてわれわれが努力をすべきだと思いますから、本法案については一応賛成の態度を表明します。
#11
○仮谷小委員長 坂村吉正君。
#12
○坂村小委員 この小委員会ができましてから、各党皆さん方の非常な御協力といいますか、ほんとうにこの問題を一日も早く解決しなければならぬという御熱意でここまできたのじゃないかと思って、非常にお互いの努力に敬意を表したいと思っておるのでございます。
 この問題が起こって、五月二十二日以来ちょうど百十日になります。漁民としては一日も早く、とりあえずの暫定措置でもいいから早くしてもらいたいという希望が非常に強かったと思うのでございます。これが円満に各党間の合意でこういうところにきましたことを非常に私は喜んでおります。
 ただ、問題は、今後やはり基本対策を何とかしなければいかぬ、今後もまたこの運用を見ながら直すべきものは直さなければいかぬ、こういう問題があろうと思います。これはいままでのこの小委員会の実績をもとにして、みんなやろうと思えば、がまんし合って必ず合意ができるのだ、こういう実績をもとにして今後の問題にも取り組んでいく、非常にりっぱな小委員会の実績だろうと私は思いますので、小委員長に心から感謝を申し上げます。
 また、この案ができる一つのたたき台といいますか、ここまでみんなが寄り合ってまいりまして、そして歩み寄りをした一番のもとは角屋小委員のたたき台にあるわけでございますから、私は角屋小委員に対しても心から敬意を表したいと思うのでございます。そしてぜひ一日も早くこれを委員会で通し、本会議であげて、参議院に送って、一日も早く日の目を見るように、実現できるようにお願いしたいと思います。
    ―――――――――――――
#13
○仮谷小委員長 この際、おはかりいたします。
 お手元に配付の水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案の草案を小委員会の案とすることに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○仮谷小委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 ただいまの水銀等による水産動植物の汚染に係る被害漁業者等に対する資金の融通に関する特別措置法案の委員会に対する報告等につきましては、小委員長に御一任を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○仮谷小委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 この際、一言申し上げます。
 懸案でありました水銀等汚染に係る被害漁業者等に対する融資対策の立法化につきまして、今回の草案を得ることができましたことは、ひとえに小委員各位の御熱意と関係各位の御協力のたまものと存じ、深く御礼を申し上げます。
 なお、水銀等の汚染による被害漁業者等に対する基本対策等に関する件につきましても小委員会の結論がととのいましたので、本委員会において決議の取り扱いをいたしたいと存じますので、あらかじめ御了承賜わっておきたいと存じます。どうもありがとうございました。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後三時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト