くにさくロゴ
1949/05/01 第7回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第007回国会 地方行政委員会 第34号
姉妹サイト
 
1949/05/01 第7回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第007回国会 地方行政委員会 第34号

#1
第007回国会 地方行政委員会 第34号
昭和二十五年五月一日(月曜日)
    午前十一時十八分開議
 出席委員
   委員長 中島 守利君
   理事 生田 和平君 理事 大泉 寛三君
   理事 川西  清君 理事 川本 末治君
   理事 菅家 喜六君 理事 野村專太郎君
   理事 藤田 義光君 理事 久保田鶴松君
   理事 立花 敏男君 理事 大石ヨシエ君
      河原伊三郎君    小玉 治行君
      清水 逸平君    高橋 英吉君
      塚田十一郎君    吉田吉太郎君
      龍野喜一郎君    床次 徳二君
      大矢 省三君    池田 峯雄君
 出席政府委員
        全国選挙管理委
        員会事務局長  吉岡 惠一君
        総理府事務官
        (地方自治庁連
        絡行政部長)  高辻 正巳君
 委員外の出席者
        専  門  員 有松  昇君
        専  門  員 長橋 茂男君
    ―――――――――――――
四月三十日
 委員木村公平君辞任につき、その補欠として龍
 野喜一郎君が議長の指名で委員に選任された。
五月一日
 委員片岡伊三郎君及び高間松吉君辞任につき、
 その補欠として田中豊君及び吉田吉太郎君が議
 長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 地方自治法の一部を改正する法律案(内閣提出
 第三号)
 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法
 律案(内閣拠出第一五八号)(予)
  請願
 一 鉱産税を市町村に移讓の請願(北村徳太郎
   君紹介)(第二六号)
 二 遊興飲食税の税率引下げ並びに免税額設定
   に関する請願(岡村利右衞門君紹介)(第
   九一号)
 三 同(千賀康治君紹介)(第九二号)
 四 同(内藤隆君紹介)(第九三号)
 五 同(志田義信君紹介)(第九四号)
 六 同(塩田賀四郎君紹介)(第九五号)
 七 同(阿左美廣治君紹介)(第九六号)
 八 町村吏員恩給費の負担等に関する法律制定
   の請願外五件(降旗徳弥君紹介)(第一一
   〇号)
 九 長期入院患者の投票に関する請願(土橋一
   吉君外二名紹介)(第一六七号)
一〇 同(中原健次君外二名紹介)(第一六八
   号)
一一 町村吏員の恩給増額に関する請願(降旗徳
   弥君紹介)(第二〇三号)
一二 地方議会事務局の法制化等に関する請願(
   畠山鶴吉君紹介)(第二三六号)
一三 遊興飲食税の税率引下げ並びに免税額設定
   に関する請願(浦口鉄男君紹介)(第二七
   五号)
一四 入場税の軽減に関する請願外三十三件(大
   野伴睦君紹介)(第二八四号)
一五 太田市警察吏員の定員増加に関す請願(松
   井豊吉君紹介)(第三〇六号)
一六 高槻市警察吏員の定員増加に関する請願(
   井上良二君紹介)(第三七八号)
一七 長期入院患者の投票に関する請願(中原健
   次君外五名紹介)(第三八七号)
一八 自治体警察制度改善に関する請願(塩田賀
   四郎君紹介)(第四五一号)
一九 地方行政の確立並びに地方財政の強化に関
   する請願(苫米地英俊君外一名紹介)(第
   五四七号)
二〇 旅館における遊興飲食税の賦課方法適正化
   若しくは撤廃の請願(前田正男君外二名紹
   介)(第五五六号)
二一 公衆浴場営業者に対する徴税免除の請願(
   井出一太郎君紹介)(第六四二号)
二二 自治体警察における市町村長の権限に関す
   る請願(河本敏夫君紹介)(第六六六号)
二三 遊興飲食税の税率引下げ並びに免税額設定
   に関する請願(河本敏夫君紹介)(第六八
   九号)
二四 入場税の軽減に関する無請願(大野伴睦君
   紹介)(第六九一号)
二五 同(大野伴睦君紹介)(第七〇九号)
二六 新聞販売業者に対する附加価値税免除の請
   願(川本末治君紹介)(第七一八号)
二七 公衆浴場営業者に対する附加価値税種別変
   更の請願(志田義信君紹介)(第七一九
   号)
二八 町村役場職員の給與改善に関する請願(上
   村進君外一名紹介)(第七三四号)
二九 地方税制度改正に関する請願(小峯柳多君
   紹介)(第七六九号)
三〇 理髪業者に対する課税軽減の請願(田島ひ
   で君紹介)(第七九〇号)
三一 町村吏員恩給費の負担等に関する法律制定
   の請願(松本六太郎君紹介)(第八〇一
   号)
三二 入場税軽減の早期実施に関する請願(野村
   專太郎君紹介)(第八〇七号)
三三 木材引取税を市町村に移讓の請願(石田博
   英君紹介)(第八一三号)
三四 特別都市計画事業の地元負担金に起債認可
   の諦願(江崎真澄君紹介)(第八三八号)
三五 地方議会事務局の法制化促進に関する請願
   (江崎真澄君紹介)(第八四一号)
三六 自治体警察吏員の恩給及び退職手当に関す
   る請願(江崎真澄君紹介)(第八四二号)
三七 自治体警察における国家的警備経費全額国
   庫負担の請願(江崎真澄君紹介)(第八四
   三号)
三八 住民税所得割の徴収制度改善並びに電気ガ
   ス税を市町村に移讓の請願(江崎真澄君紹
   介)(第八四六号)
三九 遊興飲食税の税率引下げ並びに免税額設定
   に関する請願(江崎真澄君紹介)(第八四
   九号)
四〇 同(塩田賀四郎君紹介)(第八五〇号)
四一 鉱産税を市町村に移讓の請願(塩田賀四郎
   君紹介)(第八五二号)
四二 住民税所得割の徴収制度改善並びに電気ガ
   ス税を市町村に移讓の請願(大矢省三君紹
   介)(第八九九号)
四三 土地及び家屋の税制改革に関する請願(久
   保田鶴松君紹介)(第九〇一号)
四四 根白石、吉田両村の境界確認に関する請願
   (庄司一郎君外一名紹介)(第九〇三号)
四五 公衆浴場営業者に対する事業税を第三種に
   変更の請願(佐藤榮作君外一名紹介)(第
   九〇四号)
四六 同(吉田吉太郎君紹介)(第九〇五号)
四七 公衆浴場営業者に対する徴税免除の請願(
   内藤友明君紹介)(第九二九号)
四八 鉱産税を市町村に移讓の請願(佐々木盛雄
   君紹介)(第九三五号)
四九 農家の製茶事業に対する附加価値税免除の
   請願(小山長規君紹介)(第九四〇号)
五〇 大牟田市職員の復職に関する請願(松本七
   郎君紹介)(第九四四号)
五一 地方公務員の給與改訂に関する請願(山本
   利壽君紹介)(第九七四号)
五二 度量衡器製造業者に対する事業税免除の請
   願(川西清君紹介)(第一〇一一号)
五三 外食券食堂における酒類提供許可に関する
   請願(塚田十一郎君外一名紹介)(第一〇
   四六号)
五四 外食券食堂に対する附加価値税の免税額設
   定並びに税率引下げに関する請願(塚田十
   一郎君外一名紹介)(第一〇四七号)
五五 外食者に対する遊興飲食税の免税額設定並
   びに税率引下げに関する請願(塚田十一郎
   君外一名紹介)(第一〇四八号)
五六 入場税の軽減に関する請願外一件(大野伴
   睦君紹介)(第一〇五二号)
五七 社会保險医療収入に対する附加価値税免除
   の請願(前田正男君外二名紹介)(第一〇
   七九号)
五八 宇部及び光両警察署員の不法彈圧に関する
   請願(田中堯平君紹介)(第一一〇一号)
五九 住民税所得割の徴収制度改善に関する請願
   (松永佛骨君外一名紹介)(第一一一三
   号)
六〇 地方公務員の給與改訂に関する請願(春日
   正一君外一名紹介)(第一一二九号)
六一 同(橘直治君紹介)(第一一三〇号)
六二 漁業に対する地方税制改正に関する請願(
   鈴木善幸君紹介)(第一一三九号)
六三 電気ガス税を市町村に委讓の請願(白井佐
   吉君外一名紹介)(第一一九一号)
六四 公衆浴場営業者に対すの事業税を第三種に
   変更の請願(降旗徳弥君外二名紹介)(第
   一一九二号)
六五 市制施行に伴い豊岡町警察吏員の定員増加
   に関する請願(佐々木盛雄君紹介)(第一
   二二二号)
六六 公衆浴場営業者に対する徴税免除の請願(
   寺本齋君紹介)(第二一九六号)
六七 住民税に高度累進制適用の請願(田島ひで
   君紹介)(第一三二二号)
六八 遊興飲食税撤廃の請願(春日正一君紹介)
   (第一三三四号)
六九 住民税所得割の徴収制度改善に関する請願
   (赤松勇君外十一名紹介)(第一三三七
   号)
七〇 地方公務員の給與改訂に関する請願(小峯
   柳多君外一名紹介)(第一三四三号)
七一 同(藤枝泉介君外一名紹介)(第一三四四
   号)
七二 同(西村榮一君外一名紹介)(第一三四五
   号)
七三 同(長谷川四郎君外一名紹介)(第一三四
   六号)
七四 同(田代文久君外一名紹介)(第一三四七
   号)
七五 同(中村寅太君外一名紹介)(第一三四八
   号)
七六 同(松本七郎君外二名紹介)(第一三四九
   号)
七七 同(金子與重郎君外二者紹介)(第一三五
   〇号)
七八 同(衞藤速君外一名紹介)(第一三七一
   号)
七九 同(甲木保君外一名紹介)(第一三七二
   号)
八〇 同(中馬辰猪君外二名紹介)(第一三七三
   号)
八一 同(前田種男君外三名紹介)(第一三七四
   号)
八二 同(尾崎末吉君外二名紹介)(第一三七五
   号)
八三 同他一件(土橋一吉君外一名紹介)(第一
   三七六号)
八四 同外一件(小淵光平君外二名紹介)(第一
   三七七号)
八五 同外一件(増田連也君外一名紹介)(第一
   三七八号)
八六 同外二件(松井豊吉君外一名紹介)(第一
   三七九号)
八七 選挙費用節減に関する請願(並木芳雄君紹
   介)(第一三六九号)
八八 北九州五市警察吏員の定員増加に関する請
   願(淵上房太郎君紹介)(第一三八〇号)
八九 公衆浴場営業者に対する事業税を第三種に
   変更の請願(大石ヨシエ君紹介)(第一三
   八六号)
九〇 同(立花敏男君外一名紹介)(第一三八七
   号)
九一 参議員議員選挙法中一部改正に関する請願
   (二階堂進君外一名紹介)(第一四〇〇
   号)
九二 地方財政平衡交付金の配付に関する請願(
   床次徳二君紹介)(第一四〇二号)
九三 地方議会事務局の法制化促進に関する請願
   (床次徳二君紹介)(第一四〇三号)
九四 地方公共団体予算科目中「会議費」の日に
   議会関係「交際費」設定の請願(床次徳二
   君紹介)(第一四〇四号)
九五 地方公務員法制定反対に閲する請願(立花
   敏男君外三名紹介)(第一四二四号)
九六 同(上林與市郎君外一名紹介)(第一四八
   七号)
九七 地方公務員の給與改訂に関する請願(青野
   武一君紹介)(第一五〇七号)
九八 同(土橋一吉君外一名紹介)(第一五二八
   号)
九九 同(今野武雄君外一名紹介)(第一五二九
   号)
一〇〇 同(堀川恭平君紹介)(第一五三〇号)
一〇一 同(石田一松君外一名紹介)(第一五三
   一号)
一〇二 自家用自動車税に関する請願(川野芳滿
   君紹介)(第一四七二号)
一〇三 私鉄に対する地方税制改革に関する請願
   (岡田五郎君紹介)(第一五五九号)
一〇四 地方公務員の給與改訂に関する請願(木
   村榮君外一名紹介)(第一五八二号)
一〇五 同(高田富之右外一名紹介)(第一五八
   三号)
一〇六 同(堤ツルヨ君外一名紹介)(第一五八
   四号)
一〇七 同(松澤兼人君外一名紹介)(一五八五
   号)
一〇八 同(並木芳雄君外一名紹介)(第一五八
   八号)
一〇九 同(立花敏男君外一名紹介)(第一五八
   七号)
一一〇 同(増田連也君紹介)(一五八八号)
一一一 同(佐伯宗義君紹介)(第一五八九号)
一一二 同(猪俣浩三君紹介)(第一五九〇号)
一一三 同外一件(中曽根康弘君外一名紹介)(
   第一五九一号)
一一四 同外一件(米窪滿亮君紹介)(第一五九
   二号)
一一五 同外二件(小野孝君紹介)(第一五九三
   号)
一一六 同(黒田寿男君紹介)(第一六一五号)
一一七 同(床次徳二君紹介)(第一六四八号)
一一八 同(河田賢治君外二名紹介)(第一六九
   〇号)
一一九 地方自治法の一部改正に関する請願(野
   村專太郎君紹介)(第一五九八号)
一二〇 スポーツ関係の入場税減免に関する請願
   (立花敏男君外一名紹介)(第一六三四
   号)
一二一 土地及び家屋に対する固定資産税軽減に
   関する請願(大泉寛三君紹介)(第一六六
   〇号)
一二二 地方自治法附則第二條改正の請願(井出
   一太郎君紹介)(第一六六三号)
一二三 鉱山用主要坑道等に対する固定資産税免
   除の請願(神田博君紹介)(第一六六七
   号)
一二四 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(井手光治君紹介)(第一六七五
   号)
一二五 長期入院患者の投票に関する請願(土橋
   一吉君紹介)(第一六七八号)
一二六 地方公務員の給與改訂に関する請願(赤
   松勇君紹介)(第一七一七号)
一二七 同(立花敏男君外一名紹介)
一二八 同外一件(大矢省三君紹介)(第一七六
   九号)
一二九 同(門司亮君紹介)(第一八〇七号)
一三〇 同(小林信一君紹介)(第一八二六号)
一三一 同(加藤鐐造君外七名紹介)(第一八二
   七号)
一三二 セメント工業に対する電気ガス税免除の
   請願(大泉寛三郎君紹介)(第一七八八
   号)
一三三 長期入院患者の投票に関する請願(淺利
   三朗君紹介)(第一八二二号)
一三四 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(前田正男君外三名紹介)(第一
   八五二号)
一三五 同(庄司一郎君紹介)(第一八五三号)
一三六 同(佐瀬昌三君紹介)(第一八五四号)
一三七 同(小川原政信君紹介)(第一九〇〇
   号)
一三八 同(荒木萬壽夫君外一名紹介)(第一九
   五〇号)
一三九 同(米窪滿亮君紹介)(第二〇〇〇号)
一四〇 同(松澤兼人君紹介)(第二〇〇一号)
一四一 同(原健三郎君紹介)(第二〇〇二号)
一四二 同(黒澤富次郎君紹介)(第二〇〇三
   号)
一四三 同(有田二郎君紹介)(第二〇〇四号)
一四四 同(有田喜一郎君紹介)(第二〇〇五
   号)
一四五 道路交通取締法及び同施行令の一部改正
   に関する請願(橘直治君外一名紹介)(第
   一八六六号)
一四六 都営高輪アパート居住者に対する地租及
   び家屋税免除に関する請願(野坂參三君外
   一名紹介)(第一八八三号)
一四七 高山市等に対する地方財政平衡交付金算
   定に関する請願(岡村利右衞門君紹介)(
   第一八九〇号)
一四八 漁業に対する附加価値税免除の請願(鈴
   木善幸君紹介)(第一八九一号)
一四九 地方公務員の給與改訂に関する請願(成
   田知巳君外一名紹介)(第一九二九号)
一五〇 同外五件(立花敏男君外一名紹介)(第
   一九六五号)
一五一 同外五件(池田峯雄君外一名紹介)(第
   一九六六号)
一五二 公職選挙法案の一部修正に関する請願(
   松澤兼人君紹介)(第一九五六号)
一五三 同(武藤運十郎君紹介)(第一九九〇号)
一五四 地方財政委員会設置法案の一部修正に関
   する請願(山本利壽君外一名紹介)(第一
   九七二号)
一五五 電気ガス税を市町村に移讓の請願(池田
   正之輔君紹介)(第一九八三号)
一五六 クリーニング業者に対する附加価値税軽
   減に関する請願(三宅則義君紹介)(第二
   〇二〇号)
一五七 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(岡田五郎君紹介)(第二〇三九号)
一五八 同(辻寛一君紹介)(第二〇四〇号)
一五九 同(首藤新八君紹介)(第二〇四一号)
一六〇 同(川西清君紹介)(第二〇四二号)
一六一 同(木下榮君紹介)(第二〇四三号)
一六二 同(押谷富三君紹介)(第二〇四四号)
一六三 同(吉田吉太郎君紹介)(第二一二七
   号)
一六四 同(前尾繁三郎君紹介)(第二一二八
   号)
一六五 同(堀川恭平君紹介)(第二一二九号)
一六六 同(吉田省三君紹介)(第二一三〇号)
一六七 同(松田鐵藏君紹介)(第二一五〇号)
一六八 地方公務員の給與改訂に関する請願(深
   澤義守君外一名紹介)(第二〇四九号)
一六九 電気鑄鉄業に対する電気ガス税免除の請
   願(江崎真澄君紹介)(第二〇九三号)
一七〇 消防機構強化に関する請願(川本末治君
   紹介)(第二〇九四号)
一七一 公職選挙法案の一部修正に関する請願(
   前田種男君紹介)(第二〇九五号)
一七二 事業税に扶養控除設定の請願(川野芳滿
   君紹介)(第二一三二号)
一七三 大都市自治体警察の財源強化に関する請
   願(有田二郎君紹介)(第二一七四号)
一七四 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(玉置信一君外一名紹介)(第二
   二〇七号)
一七五 芸術舞踊に対する入場税を四割に軽減の
   請願(若林義孝君外四名紹介)(第二二二
   五号)
一七六 電解鉄及びアルミナ製造工業に対する電
   気ガス税免除の請願(川本末治君紹介)(
   第二二三〇号)
一七七 芸術舞踊に対する入場税を四割に軽減の
   請願(廣川弘禪君外二名紹介)(第二三二
   二号)
一七八 地方公務員の給與改訂に関する請願(岡
   田春夫君外一名紹介)(第二三三五号)
一七九 同(林百郎君外一名紹介)(第二三六三
   号)
一八〇 地方税法案の一部修正に関する請願(吉
   田吉太郎君紹介)(第二三五九号)
一八一 私鉄に対する租税免除に関する請願(岡
   田五郎君紹介)(第二三八八号)
一八二 卸売業者に対する附加価値税軽減に関す
   る請願(川本末治君紹介)(第二四〇三
   号)
一八三 電気ガス税改正に関する請願(川本末治
   君紹介)(第二四二一号)
一八四 地方税制改革に関する請願(岡田五郎君
   紹介)(第二四
   二八号)
一八五 私鉄に対する地方税減免に関する請願(
   岡田五郎君紹介)(第二四二九号)
一八六 宿泊料金に対する遊興飲食税免除の請願
   (西村直己君紹介)(第二四五五号)
一八七 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(瀬戸山三男君紹介)(第二四七
   六号)
一八八 理容業者に対する附加価値税の税率引下
   げに関する請願(高間松吉君紹介)(第二
   四七八号)
一八九 農業協同組合による地方公共団体の金庫
   事務取扱に関する請願(田中啓一君外三名
   紹介)(第二五〇五号)
一九〇 地方公務員の給與改訂に関する請願(高
   田富之君外一名紹介)(第二五二二号)
一九一 同(田代文久君外一名紹介)(第二五二
   三号)
一九二 同(立花敏男君外一名紹介)(第二五二
   四号)
一九三 同外二件(土橋一吉君紹介)(第二五二
   五号)
一九四 同外三十件(土橋一吉君外一名紹介)(
   第二五二六号)
一九五 同(河原伊三郎君紹介)(第二五二七
   号)
一九六 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(佐々木秀世君紹介)(第二五七
   一号)
一九七 宮崎県の県債償還延期並びに同利率引下
   げに関する請願(川野芳滿君外五名紹介)
   (第二五七五号)
一九八 地方財政平衡交付金法案の一部修正に関
   する請願(中馬辰猪君紹介)(第二五八四
   号)
一九九 民間科学技術研究所に対する地方税減免
   に関する請願(久保田鶴松君紹介)(第二
   六〇三号)
二〇〇 遊興飲食税撤廃の請願(柳澤義男君外二
   名紹介)(第二六一〇号)
二〇一 地方自治法中市町村の境界変更に関する
   請願(川端佳夫君外二名紹介)(第二六三
   六号)
二〇二 葬祭事業に対する附加価値税を第三種に
   認定の請願(野村專太郎君紹介)(第二六
   四五号)
二〇三 附加価値税並びに固定資産税に関する請
   願(多武良哲三君紹介)(第二六四六号)
二〇四 紙及びパルプ工業に対する電気ガス税免
   除の請願(亘四郎君紹介)(第二六六七
   号)
二〇五 地方公務員の給與改訂に関する請願(早
   川崇君紹介)(第二六六八号)
二〇六 農業協同組合に対する地方税免除の請願
   (橋本登美三郎君外一名紹介)(第二六八
   五号)
二〇七 市町村による主食受給代金立替に関する
   請願(加藤鐐造君紹介)(第二六九六号)
二〇八 社会保険医療收入に対する附加価値税免
   除の請願(竹村奈良一君外一名紹介)(第
   二七五五号)
二〇九 自動車運送業者に対する地方税軽減に関
   する請願(田中不破三君紹介)(第二七八
   四号)
二一〇 地方財政法第十一條規定の経費全額国庫
   負担に関する請願(神田博君外七名紹介)
   (第二八二九号)
二一一 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関
   する法律案の一部修正に関する請願(神田
   博君外四名紹介)(第二八三〇号)
二一二 入場税及び不動産取得税の附加税廃止に
   伴う財源補充に関する請願(神田博君外七
   名紹介)(第二八三一号)
二一三 幸島村村長解職請求事件に関する請願(
   池田峯雄君紹介)(第二八三二号)
二一四 岩見沢市の道路及び下水道整備事業費起
   債認可に関する請願(篠田弘作君紹介)(
   第二八四一号)
二一五 地方税法案中電気ガス税修正に関する請
   願(亘四郎君紹介)(第二八四五号)
二一六 私鉄に対する地方税撤廃に関する請願(
   西村榮一君外一名紹介)(第二八六〇号)
二一七 地方税法案の一部修正に関する請願(野
   村專太郎君紹介)(第二八九五号)
  陳情書
 一 国家委任事務吏員に要する経費の全額国庫
   負担の陳情書(東京都港区芝西久保巴町三
   十五番地全国町村会長伊藤幟)(第三八
   号)
 二 自治体警察制度改善に関する陳情書(東京
   都港区芝西久保巴町三十五番地全国町村会
   長伊藤幟)(第三九号)
 三 地方税法の一部改正に関する陳情書(長崎
   市長崎県議会議長岡本直行)(第七五号)
 四 町村財政確立に関する陳情書(鹿児島県町
   村会長高附栄次郎)(第八三号)
 五 地方配付税制度に関する陳情書(静岡県榛
   原郡吉田村長武田千春外十四名)(第八四
   号)
 六 町村警察制度改善に関する陳情書(神戸市
   兵庫県庁内兵庫県自治体警察町村連合会長
   山路久治郎)(第八八号)
 七 狩猟者税を鳥獣保護はん殖並びに狩猟取締
   費に充当の陳情書外三件(鳥取県猟友会長
   小林茂外四名)(第九三号)
 八 自治体警察費の全額国庫負担に関する陳情
   書(岐阜市長東前豊)(第九六号)
 九 高松市に四国四県を一管区とする国家地方
   警察管区本部設置等の陳情書(徳島県公安
   委員会連絡協議会長大西勝平外五名)(第
   九九号)
一〇 助産婦に対する特別所得税減免の陳情書(
   鳥取県米子市糀町二丁目四十大番地日本助、
   看、保協会鳥取県支部長田中たつ)(第一
   〇二号)
一一 直接請求に関する法令一部改正の陳情書(
   明石市議会議長伊藤英一外二名)(第一一
   三号)
一二 地方議会に対し政府刊行物配付の陳情書(
   吹田市議会議長木村熊次郎)(第一三一
   号)
一三 地方自治法一部改正の陳情書(東京都港区
   芝西久保巴町三十五番地全国町村会長伊藤
   幟)(第一三三号)
一四 町村吏員恩給組合費を国庫負担とする法律
   制定の陳情書(鳥取県会議長中田吉雄)(
   第一四四号)
一五 起債償還年限延長等の陳情書(室蘭市議会
   議長宇賀金男)(第一四七号)
一六 地方財政確立に関する陳情書(室蘭市議会
   議長宇賀金男)(第一四八号)
一七 国及び道府県事務の経費負担に関する陳情
   書(室蘭市議会議長宇賀金男)(第一四九
   号)
一八 自治体警察費に対する国庫負担金制度確立
   の陳情書(室蘭市議会議長宇賀金男)(第
   一五六号)
一九 地方自治法一部改正の陳情書(室蘭市議会
   議長宇賀金男)(第一五七号)
二〇 同(室蘭市議会議長宇賀金男)(第一五八
   号)
二一 市消防費に対する国庫補助の陳情書(室蘭
   市議会議長
   宇賀金男)(第一六三号)
二二 地方委讓出先機関に関する陳情書(廣島県
   知事楠瀬常猪外五名)(第一七五号)
二三 市町村農地委員会の身分保証に関する陳情
   書(廣島県知事楠瀬常猪外五名)(第一七
   七号)
二四 地方自治権の確立強化に関する陳情書(廣
   島縣知事楠瀬常猪外五名)(第一八〇号)
二五 参議院議員及び衆議院議員立候補制限に関
   する陳情書(全国市長会長神戸正雄)(第
   一八三号)
二六 地方行政調査委員会議の委員に全国都道府
   県議会の代表者参加の陳情書(東京都議会
   議長石原永明)(第一八八号)
二七 同(愛媛県議会議長立川明)(第一九四
   号)
二八 地方自治法中改正の陳情書(前橋市議会議
   長長澤博)(第一九七号)
二九 入場税の市町村独立税化に関する陳情書(
   前橋市議会議長長澤博)(第一九八号)
三〇 配付税増額の陳情書(前橋市議会議長長澤
   博)(第一九九号)
三一 自治体警察及び消防経費全額国庫負担の陳
   情書(前橋市議会議長長澤博)(第二〇二
   号)
三二 地方債の増額等に関する陳情書(前橋市議
   会議長長澤博)(第二〇五号)
三三 自治体警察経費に関する陳情書(佐賀市長
   野口能敬)(第二一一号)
三四 横浜市における公共事業に対し地方債抑制
   緩和に関する陳情書(横浜市会議長小澤二
   郎)(第二四〇号)
三五 消防法及び消防組織法の一部改正に関する
   陳情書(鳥取市栗谷町鳥取県消防協会長早
   川忠篤)(第二四四号)
三六 下関市における警察吏員増員の陳情書(下
   聞公安委員会)(第二五五号)
三七 都市財政確立に関する陳情書(神戸市兵庫
   区松本通一丁目一番地神戸市役所内神戸市
   議会議長片岡常松)(第二六五号)
三八 地方行政調査委員会議の委員に全国都道府
   県議会の代表者参加の陳情書(福島市福島
   県会議長大竹作摩)(第二六八号)
三九 電気税を町村税に編入の陳情書(廣島県町
   村会長三浦正)(第二七二号)
四〇 都市税務行政の運営に関する陳情書(熊本
   市長佐藤眞佐男)(第二八〇号)
四一 地方税制改革に関する陳情書(東京都港区
   芝西久保巴町三十五番地全国町村会長伊藤
   幟)(第二八三号)
四二 地方自治法中改正の陳情書(東京都港区芝
   西久保巴町三十五番地全国町村会長伊藤
   幟)(第二八五号)
四三 地方自治法附則第二條第五項の規定削除反
   対の陳情書(鳥取市鳥取県議会議長中田吉
   雄)(第二九一号)
四四 町村財政確立に関する陳情書(静岡県町村
   会長狩野精一)(第二九九号)
四五 地方自治運営に関する陳情書(静岡県清水
   市議会議長稻名亀造)(第三一〇号)
四六 地方自治の改善強化に関する陳情書(宮城
   県仙台市宮城県庁内宮城県町村議会議長千
   田庄八)(第三二一号)
四七 地方行政調査委員会の運営に関する陳情書
   (鳥取県議会議長中田吉雄)(第三三五
   号)
四八 地方財政に関する陳情書(鹿児島市長勝目
   清)(第三三九号)
四九 都道府県農地部廃止反対の陳情書(福島県
   石川郡浅川町東大畑白川市太郎外千六百三
   十七名)(第三五一号)
五〇 市町村監査委員制度の改善強化に関する陳
   情書(九州各市監査委員協議会長住田政之
   助)(第三五三号)
五一 自治体警察制度改善に関する陳情書(豊中
   市議会議長小寺義孝)(第三五五号)
五二 遊興飲食税引下げの陳情書(大阪市西区江
   戸堀北通一丁目三十四番地朽木忠春外十二
   名)(第三五九号)
五三 地方税制度改善に関する陳情書(新潟市新
   潟県議会議長兒玉竜太郎)(第三六〇号)
五四 電気ガス税を府縣税に編入の陳情書(大阪
   市大阪府知事赤間文三)(第三八一号)
五五 地方議会の運営に伴う地方自治法の改正に
   関する陳情書(廣島県議会議長小谷伝一)
   (第三九一号)
五六 府県議会事務局法制化の陳情書(福岡県議
   会議長稻員稔)(第三九二号)
五七 地方自治法附則第二條第五項削除反対の陳
   情書(福岡県議会議長稻員稔)(第三九三
   号)
五八 自治体警察制度に関する陳情書(愛媛県庁
   内愛媛県自治体警察町連合会長田中紺藏)
   (第三九七号)
五九 地方財政の調整並びに配付税に関する陳情
   書(鳥取市鳥取県議会議長中田吉雄)(第四
   〇三号)
六〇 電気ガス税を全額府県税に編入の陳情書(
   京都市京都府知事木村惇)(第四〇九号)
六一 害鳥獣の狩猟者に対する免税並びに狩猟者
   税引下げの陳情書(三重県議会議長石原鍋
   治)(第四三六号)
六二 電気ガス税を全額府県税に編入の陳情書(
   水戸市茨城県知事友末洋治外六名)(第四
   四九号)
六三 地方議会事務局法制化に関する陳情書(高
   松市香川県議会議長大久保雅彦)(第四五
   三号)
六四 衆議院議員選挙法一部改正の陳情書(札幌
   市北一條西四丁目北海道市町村選挙管理委
   員会連合会長渡辺七郎)(第四六八号)
六五 電気税を市町村税として存置の陳情書(全
   国市長会長神戸正雄)(第四七〇号)
六六 鉱産税を都道府県税として存置の陳情書(
   山口県知事田中龍夫)(第四七三号)
六七 地方税制改革に関する陳情書(兵庫県知事
   岸田幸雄)(第四八〇号)
六八 附加価値税に関する陳情書(京都府庁内京
   都府総務部長神内徳治)(第四八二号)
六九 地方議会事務局の法制化に関する陳情書(
   山口県議会議長清水爲吉)(第四九三号)
七〇 電気ガス税を全額府県税に編入の陳情書外
   一件(奈良県知事野村萬作外一名)(第四九
   九号)
七一 附加価値税に関する陳情書(大分県議会議
   長安部雅也)(第五〇四号)
七二 自治体警察制度改善に関する陳情書(東京
   都港区芝西久保巴町三十五番地全国町村議
   会議長会長齊藤邦雄)(第五一二号)
七三 地方自治法普及徹底のため政府関係官の地
   方派遣の陳情書(東京都港区芝西久保巴町
   三十五番地全国町村議会議長会長齊藤邦
   雄)(第五一五号)
七四 地方財政委員会委員に全国町村議会議長会
   の代表者参加に関する陳情書(東京都港区
   芝西久保巴町三十五番地全国町村議会議長
   会長齊藤邦雄)(第五一六号)
七五 地方自治庁並びに自治委員会存置の陳情書
   (東京都港区芝西久保巴町三十五番地全国
   町村議会議長会長齊藤邦雄)(第五一七
   号)
七六 地方自治体の特殊事業に対する特別融資に
   関する陳情書(東京都港区芝西久保巴町三
   十五番地全国町村議会議長会長齊藤邦雄)
   (第五一八号)
七七 地方税法の改正に関する陳情書(京都市京
   都商工会議所会頭中野種一郎)(第五二〇
   号)
七八 警察制度の改革に関する陳情書(山口県議
   会議長清水爲吉)(第五二六号)
七九 地方税制改正に関する陳情書(山口県議会
   議長清水爲吉)(第五二八号)
八〇 都市消防の財政措置に関する陳情書(全国
   都市消防長連絡協議会九州支部長福岡市浦
   防長興梠新外二十一名)(第五三五号)
八一 消防法の徹底実施に関する陳情書(東京都
   中央区銀座西三丁目一番地衞生工業協会長
   山中直次郎外一名)(第五三六号)
八二 鉱産税、木材引取税及び電気税を市町村税
   として存置の陳情書(鳥取県日野郡多里村
   長倉本忠男外一名)(第五四六号)
八三 鉱産税を市町村脱として存置の陳情書(日
   本炭鉱労働組合北海道地方協議会執行委員
   長池戸芳一)(第五四九号)
八四 自動車税改正反対に関する陳情書(大阪市
   東区京橋前之町二番地大阪府自家用自動車
   組合連合会長松本萬次郎)(第五五一号)
八五 附加価値税に関する陳情書(新潟市議会議
   長安藤文平)(第五五五号)
八六 遊興飲食税引下げの陳情書(兵庫県料理飲
   食業組合総連合会長柚久保虎市外五十一
   名)(第五五六号)
八七 鉱産税、木材引取税及び電気税を市町村税
   として存置の陳情書(山梨県西八代郡大河
   内村長鈴木音次郎)(第五五七号)
八八 附加価値税に関する陳情書(新潟市上大川
   前通り七番町新潟商工会議所会頭和田閑
   吉)(第五六一号)
八九 電気ガス税を市町村税として存置の陳情書
   (東京都千代田区平河町二丁目六番地全国
   市長会長代理金刺不二太郎)(第五六四
   号)
九〇 消防法及び消防組織法の一部改正に関する
   陳情書(消防協会九州協議会代表福岡県消
   防協会長犬丸甚吾)(第六〇七号)
九一 電気税、鉱産税及び木材引取税を市町村税
   として存置の陳情書(岐阜市司町十二番地
   惠那郡町村会長西尾禎二外一名)(第六〇
   八号)
九二 鉱産税を市町村税として存置の陳情書(福
   岡県粕屋郡宇美町議会議長木村次八郎)(
   第六一六号)
九三 自動車税改正反対に関する陳情書(千葉県
   市原郡姉ケ崎町百九番地小出直外四十二
   名)(第六一八号)
九四 盲人に対する附加価値税軽減の陳情書(福
   岡市東薬院一番町福岡県盲人会館内福岡県
   盲人会長大城雪造)(第六二八号)
九五 自動車税の改正に関する陳情書(千葉市黒
   砂町四百五十七番地山本政次外十六名)(
   第六三三号)
九六 電気ガス税を府県税に編入の陳情書(三重
   県議会議長石原鍋治)(第六三九号)
九七 害鳥獣の狩猟者に対する免税並びに狩猟者
   税引下げの陳情書(三重県議会議長石原鍋
   治)(第六四二号)
九八 地方行政調査委員会議の行政制度改正に関
   する陳情書(東京都千代田区平河町二丁目
   六番地全国市長会長代理金刺不二太郎)(
   第六四六号)
九九 附加価値税の実施延期に関する陳情書(福
   岡市西中州千六百六十九番地九州商工会議
   所連合会長山脇正次)(第六五四号)
一〇〇 附加価値税及び固定資産税のシヤウプ原
   案修正に関する陳情書(経済団体連合会長
   石川一郎)(第六五五号)
一〇一 のり、貝類業者を附加価値税の対象より
   除外の陳情書(東京都港区芝海岸通り一丁
   目二十番地全国のり、貝類漁業協同組合連
   合会長徳久三種)(第六六〇号)
一〇二 地方税制に関する陳情書(山形市長鈴木
   重吃外一名)(第六六四号)
一〇三 附加価値税の実施延期に関する陳情書(
   東京都千代田区丸の内三丁目十四番地日本
   商工会議所会頭高橋龍太郎)(第六六八
   号)
一〇四 電気ガス税を布町村税として存置の陳情
   書(姫路市議会議長尾上宇市)(第六七三
   号)
一〇五 旋網漁業に対する附加価値税免除の陳情
   書(東京都港区芝海岸通り一丁目二十番地
   日本旋網漁業協会長春日信市)(第六七八
   号)
一〇六 生活協同組合に対する附加価値税免除の
   陳情書(東京都世田ヶ谷区上北沢二丁目四
   百四十五番地京王帝都消費生活協同組合長
   久保田武義)(第六八六号)
一〇七 市町村行政事務の合理的限界の決定等に
   関する陳情書(東京都港区芝西久保巴町三
   十五番地全国町村議会議長会長齊藤邦雄)
   (第六九七号)
一〇八 地方財政委員会に全国町村議会議長会の
   代表者の参加に関する陳情書(東京都港区
   芝西久保巴町三十五番地全国町村議会議長
   会長齊藤邦雄)(第六九七号)
一〇九 電気税、鉱産税、木材引取税および入湯
   税に関する陳情書(東京都港区芝西久保巴
   町三十五番地全国町村議会議長会長齊藤邦
   雄)(第六九九号)
一一〇 地方税制改革に伴う地租、家屋税の増徴
   に関する陳情書(大阪市北区衣笠町五十番
   地大阪土地協会長岡崎忠三郎)(第七〇二
   号)
一一一 自治体警察費の全額国庫負担の陳情書(
   香川県仲多度郡琴平町七百八十八番地秋山
   爲司)(第七〇九号)
一一二 積雪寒冷地帯の税財政改革に関する陳情
   書(秋田県議会議長菊地時之助外一名)(
   第七一三号)
一一三 電気ガス税を市町村税として存置の陳情
   書(尼崎市議会議長寺井弥三市)(第七二
   〇号)
一一四 電気ガス税を府県税に編入の陳情書(東
   京都千代田区丸の内三丁目一番地東京都議
   会議長石原永明外九名)(第七三三号)
一一五 小野田市警察吏員の定員増加に関する陳
   情書(小野田市長久野東一外二名)(第
   七四一号)
一一六 参議院議員及び衆議院議員立候補制限に
   関する陳情書(東京都千代田区平河町二丁
   目六番地全国市長会長代理金刺不二太郎)
   (第七四五号)
一一七 かつお及びすぐろ漁業に対する附加価値
   税免除等に関する陳情書(東京都中央区日
   本橋呉服橋町日本かつおまぐろ漁業者協会
   長横山登志丸)(第七六四号)
一一八 新聞を附加価値観の対象より除外の陳情
   書(富山市安住町三十一番地北日本新聞社
   編集局長中山輝外七名)(第七七三号)
一一九 自治体警察の摘発した事件の罰金、科料
   遺失物等を市町村の收入とする陳情書(岐
   阜県自治警察連絡協議会長東前豊)(第七
   七七号)
一二〇 自治体警察吏員に対し恩給受給権付與の
   陳情書(岐阜県自治警察吏員連絡協議会長
   東前豊)(第七八五号)
一二一 犯罪捜査及び装備費の国庫負担に関する
   陳情書(岐阜県自治警察吏員連絡協議会長
   東前豊)(第七八六号)
一二二 土地家屋に対する固定資産税軽減の陳情
   書(大阪市北区絹笠町五十番地大阪土地協
   会長岡崎忠三郎外十二名)(第七八八号)
一二三 日本国有鉄道職員の地方議会議員被選挙
   権復活に関する陳情書(福岡県糟屋郡須惠
   村長今泉與七外一名)(第七九〇号)
一二四 長期入院患者の投票に関する陳情書(東
   京都南多摩郡多摩村和田千五百四十七番地
   厚生荘療養所藤田鶴夫外百二十三名)(第
   七九七号)
一二五 自動車税改正反対に関する陳情書(長崎
   市長崎商工会議所内長崎県自家用自動車組
   合連合会長新井興美)(第七九九号)
一二六 漁業に対する附加価値税免除の陳情書(
   東京都港区芝海岸通り一丁目二十番地日本
   定置漁業協会長堀部虎猪)(第八〇〇号)
一二七 洗たく業を附加価値税第三種事業に変更
   の陳情書(大阪市住吉区万代東一丁目二十
   三番地大阪府洗染商工業協同組合理事長柴
   垣清郎)(第八〇三号)
一二八 冷菓に対する遊興飲食税の免税点設定の
   陳情書(東京都台東区松葉町十番地東京都
   冷菓工業協同組合理事長岡崎真吾外九百三
   十九名)(第八一一号)
一二九 遊興飲食税の税率引下げに関する陳情書
   (兵庫県議会議長山田平市郎)(第八二五
   号)
一三〇 小名浜湾荷役設備費の県起債認可延期に
   関する陳情書(福島県石城郡小名浜町辰巳
   町小名浜港湾運送株式会社社長西丸猛)(
   第八二六号)
一三一 国会議員に対する解職請求に関する陳情
   書(愛知県西加茂郡小原村大字築平小原村
   議会議員山田伊八)(第八三〇号)
一三二 地方税法案修正の陳情書(大阪府議会議
   長亀井喜代丸)(第八三四号)
一三三 東京都大田市制施行の陳情書(東京都大
   田区議会議長太田巳信)(第八三九号)
一三四 トラック事業に対する附加価値税等軽減
   に関する陳情書(大阪市東区北浜二丁目七
   十七番地大阪府貨物自動車協会長築山慶
   次)(第八四一号)
一三五 積雪寒冷地帯の税財政改革に関する陳情
   書(新潟県議会議長児玉龍太郎)(第八四
   三号)
一三六 遊興飲食税率引下げの陳情書(松江市殿
   町八番地島根県観光連盟会長恒松安夫)(
   第八五三号)
一三七 川崎市における警察吏員の定員改正に関
   する陳情書(川崎市議会議長木島栄次郎)
   (第八五七号)
    ―――――――――――――
#2
○中島委員長 会議を開きます。
 これより請願の審査をいたします。本委員会に付託されました請願は、総計二百十七件であります。本日の請願日程第一より第二一七の請願を一括議題といたします。まずこの際請願小委員長生田君より、小委員会の審査の経過並びに結果について御報告を願います。
#3
○生田委員 請願小委員会は昨日午後開会いたしまして、全般にわたつて審査をいたしたのでございます。その結果はただいま委員長から御報告のありました通り、総数が二百十七件でありまして、そのうち本日の公報にも載つておりますように第一、第八、第一一、第一二、第一五、第一六、第一八、第一九、第二七、第二八、第三一、第三三ないし第三七、第四一、第四四ないし第四六、第四八、第四九、第五一、第五三、第六〇、第六一、第六三ないし第六五、第六七、第七〇ないし第九〇、第九二ないし第九四、第九七ないし第一〇一、第一〇四なしい第一一九、第一二三、第一二六ないし第一三一、第一四七、第一四九ないし第一五一、第一五四、第一五五、第一六八、第一七〇、第一七三、第一七八、第一七九、第一九〇ないし第一九五、第一九七、第二〇五、第二〇七、第二一〇、第二一四の各請願は、いずれも採択の上内閣に送付すべきものと議決し、第三二の請願は議決を要しないものと決し、その他の請願については審査をいたしたのでありますが、その決定は後日に延期いたした次第であります。これをもつて御報告といたします。
#4
○中島委員長 ただいまの小委員長の御報告の通り決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○中島委員長 御異議なしと認め、さよう決します。
 衆議院規則第八十六條により報告書作成の件は、委員長におまかせを願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○中島委員長 御異議なしと認めさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○中島委員長 次に本日の陳情書、日程第一より第一三七までを議題といたします。これらの陳情書は委員会において大体これを了承するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○中島委員長 さように決します。
    ―――――――――――――
#9
○中島委員長 昨日の委員会において採決することに決定いたしました地方自治法の一部を改正する法律案を議題といたします。本案につきましては去る二十九日修正議決いたしたのでありますが、その後施行期日及び地方自治法の一部を改正する法律の附則第二條第五項に関する部分、すなわち市町村の廃置分合、または境界変更に関する部分についてさらに検討を加える必要を生じ、ただいまお手元に配付いたしましたような修正案を作成いたしたのであります。
    ―――――――――――――
#10
○中島委員長 この際各位の御意見を承ることにいたしたいと思います。
#11
○大石(ヨ)委員 政府委員にちよつとお尋ねいたしますが、去る二十日以前に住民投票いたしましたところは、どういうふうに適用されますか。
#12
○高辻政府委員 去る二十日以前と申されます御趣旨がよく了解しにくいのでございますが、大体において今回当委員会におきまして修正に相なります箇所を拝見いたしますと、今回の修正條項の中の(13)と掲げられましたところの六項のところでございますが、「この法律施行の際現に地方自治法の一部を改正する法律、附則第二條第二項の規定に基きその手続を開始している請求については、改正後の同條の規定にかかわらず、なお、従前の例による。」とございまして、その次の第七項で、ただいまの規定は旧法を省略しまして、「改正後の同條の規定に基くあらたな請求をすることを妨げるものと解してはならない。」とございますので、現在進行中のものは従前の例によつてやつて行く。しかしながらそういうものにつきましても、新たな請求として新法によつてやりかえる分は一向にさしつかえないというふうに私ども了承しておる次第でございます。
#13
○大石(ヨ)委員 それでは投票総数が一万余りありまして、分離賛成が八千余りありまして、分離反対が六百ほど負けたのです。これは旧法で府県議会の決議を経るわけなんですが、そうすると、これは適用しないわけなんですね。
#14
○高辻政府委員 ただいま仰せになりましたのは進行中のものでございますので、当然新しいこの修正の方になりませんで、従前の例によつてやつて行く。しかしながらそういうものについても、新たな手続を開始して、そちらの方のストップしてやつて行く分は、新しい法律の規定に従つてやつて行つてもさしつかえない。こういうことになろうかと思います。
#15
○大石(ヨ)委員 しからば六百か七百かの違いで分離派が勝つたとする。そうすると、かりにそれが府県議会で否決になるでしよう。否決になつた後はこの法案を適用されるのですか。この法案はいつから適用されるのですか。
#16
○高辻政府委員 この法律自体は、前回の修正におきましては、五月一日から施行するようになつておりましたが、五月一日施行はとうてい庶幾ができません関係もございますと存じますが、本日のこの再議に付されたものにつきましては、五月十五日施行ということに相なつておるのでございます。ところでただいまお話の、点でございますが、否決になりました場合には、その点についてさらに改正法にまる手続をいたしまして、改正法の手続に従つて、もう一度分離の手続を開始し、その結果を待つということが可能でございます。
#17
○大石(ヨ)委員 それでは旧法は七月三十一日までですか、七月二十日まで有効なんですか。どちらなんですか。
#18
○高辻政府委員 この附則第二條の規定は、この改正がありましてから二年間でございますので、七月三十一日であつたろうと存じます。
#19
○高橋(英)委員 ちよつと政府委員にお尋ねします。今の大石さんのお尋ねに関連して、大石さんも十分了解がつかないようですが、具体的に言うと、大石さんのお話のことは、舞鶴市のことで、六百票違いで請求が成立して、県議会に行つて、県議会で成立していない。従つて私どもは今度の改正法によつて御破算になつて、あらためて住民投票から出発し直すものだと思つておりますと、きようこういう法規が今指摘されて初めて気がついたのですが、これを見ると、やはり現在舞鶴の京都府議会に懸案として継続されておる問題は、やはり府議会でその結論を出さなければならないということになるわけですが、それがたとい七月三十一日を過ぎましても、一年先になつても二年先になつても、結論をつけ得るということになるわけですね。七月三十一日というのは、請求の期間であつて、請求後の府県議会の審議なんかは関係ないわけです。従つて七月三十一日までに請求のあつた現在の舞鶴の問題のごときは、京都府議会があと一年かかろうが、二年かかろうが、結論を出さなければならないというようなことになつておつて、七月三十一日に旧法が無効になつたところで、やはり舞鶴の関係においては、旧法が生きて、その一年先、二年先の結論が出るまで適用されるというようなことになるものと了承していいだろうと思いますが、従つてもしその府議会で否決になつた場合においては、あらためてまた住民の三分の二の同意を得て、府県議会に同一請求をして再議することができるということの関係になるだろうと思いますが、さようなものでしようか。
#20
○大石(ヨ)委員 ちよつとお尋ねしますが、今六百くらいの違いで、京都府議会に申請しておるわけなんですが、そうすると、それはやはり旧法を適用するわけですね。もしそれを府議会が否決するでしよう。六百ぐらいでも多数とつておりますから、分離ということになるでしよう。そうすると分離するのがいやな人は、今度はどこへそれを持つて行くのですか、府へ申請するのですか、ちよつとそれを教えてください。
#21
○高辻政府委員 ただいまの御質問でございまするが、最初の請求につきましては、今回の改正法並びに修正案におきましても、その点はかわりはないわけでございます。従つて今問題になつております舞鶴の点につきましては、そのままにしておきますれば、これは県議会の議決を経てやることにかりまするし、それからまた新たに従前の規定によりまして、請求をして参りますれば、その方法によつてやることもまた可能であるということになるわけであります。
#22
○大石(ヨ)委員 そうすると、七月三十一日過ぎても、やはり旧法は生きているのですか。
#23
○高辻政府委員 その点はかわりございません。その日数は、今回の改正によつて縁切れになるわけではございませんで、それはとの二條の規定が施行されてから七月三十一日以内に、請求の手続をしなければならぬことはかわりはないのであります。
#24
○大石(ヨ)委員 舞鶴はそのままずつと旧法でやれるのですね。
#25
○高辻政府委員 現在のものをそのままほつておきますれば、その請求は依然として継続するわけです。そのままなら旧法で参ります。
#26
○藤田委員 その点がはつきりしないのですが、住民投票の結果、このローマ数字の6のさつき読み上げた、「従前の例による」というので、住民投票の結果は従前の例によつて行くが、県議会の採決の数は、今度の新しい四分の三以上の多数で、これに同意すべきでないとの議決があつたときに云々という、これで適用されるのではないですか。それは従前通りですか。そうしますと、舞鶴の場合は、内容は十分知りませんが、従来住民投票があつて、それで新たに住民投票をやり直すという場合には、どの條項を適用するか、その根拠がないようでございますが……
#27
○中島委員長 私が発案者でありまするから、藤田君の御質問にお答えいたします。「従前の例による」という分は、やはり府県議会が過半数によつて決するわけであります。しかしその問題はもし旧法によらないで、新しく申請しようとしますれば、この法案の公布後に新しい手続によつてやるわけであります。二つの手続ができるということに御了承を願いたいと思います。
#28
○大石(ヨ)委員 そうすると、六百で負けた分離をいやがつておる人は、今度はまた異議の申立てを府議会にすることができるのでしようか。
#29
○中島委員長 両方でやれるということになるわけです。
#30
○大石(ヨ)委員 負けた方もやれるわけですか、負けた方がやれる――それはこの方法によつてやるわけですね。負けた方がやつたらいいわけですね。
#31
○中島委員長 先ほど高辻政府委員の発言中に、誤りがありましたから訂正いたしたいとのことであります。
#32
○高辻政府委員 先ほど七月二十日と申し上げましたが、八月一日から二年以内でございますので、七月末日まででございます。その点訂正をいたします。
#33
○中島委員長 それでは先般修正議決いたしました條項のうち、施行期日及び市町村の廃置分合または境界変更に関する部分を、改めて修正することに御賛成の諸君の御起立を願います。
    〔賛成者起立〕
#34
○中島委員長 起立多数。よつて本案は修正議決されました。
 衆議院規則第八十六條により、報告書作成の件は委員長に一任するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#35
○中島委員長 御異議なしと認め、さよう決します。
    ―――――――――――――
#36
○中島委員長 次に、お諮りいたしたいことがあります。国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律案、内閣提出第一五八号でございますが、これは目下参議院において審議中であります。本院にはこの委員会に予備審査を付託されております。これは継続して予備審査をいたしますか、どういうことにいたしますか。本法案に対しては、すでに四月二十日に、吉岡政府委員より提案理由の説明がありまして、そのときに簡單に質疑はいたしたのであります。この問題についていかに処置いたすべきか、会期はもうわずか明日一日でありますので、お諮りをして、適当に処置をいたしたいと思います――ちよつと速記をやめて。
    〔速記中止〕
#37
○中島委員長 速記を始めて。
 国会議員の選挙等の執行経費構基準に関する法律案、内閣提出第一五八号、予備審査であります。この法案を議題にいたします。質疑を続行いたします。
#38
○藤田委員 この法律の第二條に「国会議員の選挙等」とありますが、その選挙の種別は公職選筆法の選挙と大体同じてございますか。
#39
○吉岡政府委員 これは第二條に書いてあります参議院議員の選挙と、衆議院議員の選挙と、それから最高裁判所裁判官国民審査と、憲法第九十五條の一つの公共団体のみに適用する法律の投票と、これだけであります。
#40
○藤田委員 執行経費の熱準をきめる法律でありますが、実は先年の選挙におきまして、国家から地方公共団体に出すべき国費の支出が非常に遅れまして、たしか総金額一億七千万と記憶いたしておりますが、地方公共団体は非常に困つた前例がございます。執行経費の基準はこの法律でできますが、執行に必要なる予算の獲得に関しましては何らかの規定がございますかどうか。
#41
○吉岡政府委員 大体この基準で予算が来るものと公共団体は期待をしていいと思います。大藏省もこういう法律がありますれば大体これによつて算出するのであります。しかしながらそのときの事情によりまして全額行かない場合がある。これはあるいは可能性はありますけれども、大体この目安である。従つて衆議院の解散等のために選挙を執行し許す場合は、予算の方の決定は遅れますが、地方公共団体は大体この標準によつてもくろんで予算を執行してさしつかえないと思います。
#42
○藤田委員 たとえば昭和二十六年度のごとく、各種各様の選挙が頻繁に執行を予想される際におきまして、市町村当局としましてはとの基準に基いて当初予算を編成いたしまして、もしこの基準だけの国費支出がない場合におきましては、当然歳入欠陷のおそれがあります。おそらく予算額は少額だろうとは想像されますが、しかしながらこういう選挙費等によりまして歳入の欠陷が出るようなことがあれば、市町村財政の円滑なる運営が阻害される危險もありはしないかと思います。この点どういうふうになりますか、実は昨年暮れに、かつて地方公共団体が立てかえておりました選挙費が配分になつたのでありますが、各県庁の地方課にこの予算額が配分され戻しても、現実に各市町村に配分する場合において、その名目と申しますか、交付の理由、交付の技術的な方法等で相当県当局は困惑しておつたという前例もございますので、当初予算に地方公共団体が編成いたしまして、この基準通りに寸分のたがいなく補給するという根拠が一番心要ではかいかと思います。基準を定めましても、その基準に基いて大藏省当局からそれだけの予算を確保する規定がぜひとも必要ではないかと思いますが、この点に関する御意見をお伺いしたいと思います。
#43
○吉岡政府委員 その点はこういう法律をつくつてこれだけの選挙の費用が行くということを規定しておりますれば、大体において間違いはないと考えてよろしいのであります。ただ具体的には第十八條をごらんいただくとわかると思うのでありますが、やはり一応予算をもつて定められたものというくくりはしてある。しかしながらそれは大体確保できると考えられます。従つて府県と市町村との関係になりますが、中央で府県と市町村のを合せて府県へ交付いたしますと、府県はやはりこの基準によつて計算された額を市町村へ交付しなければならぬことになります。その点は従来と非常に違つて来るので山あります。
#44
○藤田委員 この十八條の規定を見まして直感いたしますことは、予算として交付される――実際に選挙執行後に国庫から予算を支出する、それまでは公共団体で立てかえるということが必要になるだろうと思いますが、この点はどういうことになりますか。
#45
○吉岡政府委員 その点は選挙の性質によつていろいろ違つて参りますが、たとえば今回の参議院の通常選挙のようなものはあらかじめわかつておりますから、予算を準備して選挙執行前に配れる。ただ衆議院の解散による選挙のように非常に差迫つて選挙をやらなければならぬような場合、あるいは今度の参議院の選挙のようにあらかじめ予告して準備しておくわけには参らぬで、選挙執行間近くなつてから具体的に金が行く場合はあり得ると思います。
#46
○藤田委員 従来の選挙費の毎年の大体平均的な所要額というようなものは、統計的に判明していないでしようか。
#47
○吉岡政府委員 二十二年の選挙は衆議院と参議院と一緒に間近に行われたわけであります。あれが二億三千万円くらい、これは物価の関係で非常に少額になるわけです。昨年の衆議院の選挙は九億三千万円でありますが、これはあとから一億二千万円ばかり追加したものがありまして、九億三千万円くらい、今度のが九億八千九百万円であります。従つて今後も大体それくらいの額になると思います。
#48
○藤田委員 次にお伺いしたいのは選挙費の本質でございますが、これが奨励的な国庫補助金にあらざる一般補助金的なものであれば、大体年間の選挙執行所要額を想定いたしましてそれを平衡交付金にぶち込んでおくというような方法が考えられるのではないかと思います。しかし選挙費というものの性質いかんによつては平衡交付金に入れるべきではないと思いますが、選挙費の本質と申しますか、大体年間の平均予想額が今後常時成立つとすれば、平衡交付金に最小限の願を入れておいて、そのほか臨時支出、たとえば衆議院の解散等による選挙費は臨時に支出してもらうという方法で参りますと、地方自治体は非常に財政的なよりどころを得るのではないかと考えるのですが、その点お伺いいたしたい。
#49
○吉岡政府委員 今お話の点は、この法律を立案するにあたりましていろいろ考えた点であります。御承知のようにシヤウプ勧告の中には選挙の費用は、地方公共団体でやる仕事であるから、これは平衡交付金の中に入れろということをはつきり書いてある。それをあえてしませんでしたのは、選挙の費用はやはり相当金額もかさばりますし、臨時的なものでありますので、地方公共団体の負担にいたしますと、臨時的に場合によつては増税をしなければならぬようなことも考えられますので、国が従来通り交付することにしよう、こういうことにしたわけです。ただ今お話のようにある部分は平衡交付金に入れて、ある部分は国から交付したらどうかというお話でありますが、選挙の関係の費用の中でも選挙人名簿の調整の費用でありますとか、あるいは政治資金規正法の関係の事務費でありますとか、こういうものは恒常的に大体見当がつく費用でありますので、これは平衡交付金の中にすでに入れてあります。従つて選挙の執行の費用だけを取出しまして、従来通り国庫から交付をすることにしたわけであります。
#50
○藤田委員 最後にお願いを兼ねてあらためてお伺いしておきたいのですが、先ほど申し上げました金額にしましても、相当の予算を要する経費でございます。つきましては、先ほどお示しの十八條その他の規定もございますが、自治体がややもすれば国家財政に押されるということは過去の実績に徴して明白でございます。国家財政本位からこういう地方公共団体に支出する経費がきめられて行く、地方公共団体の財政というものが、どうしても第二義的に考えられる危険がございますので、事務当局におかれましては、ぜひともこの選挙費の国庫支出額相当分の確保に関しまして、はつきりした規則なり政令を御用意願うとけつこうではないかと思つております。もちろんその点に関しましては、起債の問題と同様に、たとえば自治庁及び大藏省当局との協議事項というような規定でもけつこうでございますが、地方自治体の財政状況を最も知つております自治庁とも相談し、大蔵省当局とも相談して、この予算の獲得に支障のないよう最後に申述べておきます。この点に関しまして何か政令あるいは規則の御用意があればお答え願いたいと思います。
#51
○吉岡政府委員 この選挙の費用の基準に関します法律は、大体單価をきめておるものもありますし、具体的に事務費のごときは公共団体に行く金を直接きめております。従つてこれに基く政令でありますとか、あるいは規則というものは、用意しなくても大体事実によつて算定ができるようなかつこうになつております。投票所、開票所の数によつて幾らやるということもきめております。ただそういうものがいたずらにふえますと、予算の経理がつきませんので、全国的に統制をする規定はつくつてありますけれども、この法律によつて具体的に府県あるいは市町村に参ります金額はすぐ出て来るようなかつこうになつております。
#52
○中島委員長 大矢君。
#53
○大矢委員 私どもの手元に参つております今度の選挙執行に関する経費の基準についての陳情書によりますと、小都市と大都市の間に非常な差がある。これはどういうわけでこういうことになるのか。それからいま一つは、今度の施行に当りまして、国家警察に対しましては直接国から参りますが、自治体警察に対しては地方自治体でまかなうのか、これらを含めての支給になるのか、別個に支給されるのか、その点を伺います。
#54
○吉岡政府委員 今お話の中小都市と大都市との相違の点でございますが、最初立案いたしましたとき、中小都市と大都市に差をつけましたのは、従来大都市と中小都市では俸給の基本が非常に違つております。一応押えてはおりますけれども、大都市が実質上非常に單価がふえておりますので、超過勤務手当等で相当よけい支出をしておるかつこうになつております。それを全然見ないで同じ單価でやりますと、大都市は従来に比しまして、場合によつては半分になるようなところが出て来る。それで従来の関係を全然見ないというわけには参りませんので、多少見ております。そのために違つて来ております。しかしながら、陳情がございまして、よく調べてみましたところ、多少中小都市の減り方が大き過ぎるというようなことも考えられましたので、参議院においては約六百万円足らずを中小都市にまわすような修正案が出ておる次第であります。従つてそれによつて相当均衡は保たれると考えます。
 次に選挙の取締りの費用のお話がございましたが、これは国家警察の費用にいたしましても、自治体警察の費用にいたしましても、全然これとは別な考えで来ております。
#55
○大矢委員 今度の経費基準法によつて算定しますと、来るべき参議院議員選挙の費用と昨年施行された衆議院議員選挙の費用と比較しますと、ほとんど二分の一に下つておるように、この表に出ております。私はこれを必ずしも信用するわけではありませんが、はたしてこういう結果になるのかどうか、今の説明から行きますと、必ずしも下げなければならぬことはないと思いますが、それが二分の一に下つた理由、またこの数字が事実かどうか承りたい。
#56
○吉岡政府委員 今のお話の二分の一になるという数字でありますが、去年の数字を調べておりませんので、それがほんとうであるかどうか、ちよつと見当がつかないのでありますが、そういう結果が出ましたのは、昨年の選挙におきましては、足りないという問題が起きまして、あとで追加配付をしまして、その追加配付をやります際に、どれだけ足りないという金を地方から言つて来たものを配付基準の中に見て配つたのであります。従つて都市によつては相当予算が潤沢に行つたところがある。それからまた従来のいきさつから申しまして、府県庁のある都市等では、政治力にものを言わせて平均以上によけいとつておつた都市もあるようであります。そういうものや何やいろいろ重なつて、そういう状態の都市が出て来ておると考えるわけであります。
#57
○中島委員長 生田委員。
#58
○生田委員 この数字を調べてみると、なかなかむずかしいので容易に調べがつかないのでありますが、一応気がついたことを申し上げます。
 第一に、昨年の選挙費用と本年の参議院の選挙費用とは、大体とんとんくらいになつておるのではないかと思いますが、昨年は幾らであつて、本年は幾らであるかということを一応お聞かせを願いたいと思います。
#59
○吉岡政府委員 昨年の衆議院の総選挙の費用は、全国選挙管理委員会で使つておるものも合せてでありますが、九億四千万足らず、こまかい数字はちよつと覚えておりませんが、そのくらいであります。それから今度の参議院の通常選挙については、やはり中央の分まで集めまして、九億八千九百万円であります。ただこの法律の参考資料として配付いたしました表をごらんになります際に御注意をいただきたいと思うのでありますが、この中にはいわゆる予備的に追加配付する分の金額と、それから中央で使います分の金が入つておりませんから御承知おき願います。
#60
○生田委員 そこで昨年は九億四千万円であつて大体十億、本年は九億八千九百万円で大差ないのでありますが、御提出になつた資料を見ますと、非常に昨年よりは漏れておるところがある、非常に減つておるところもある。これは今度の基準の立て方によつてこうかわつて来たと思うのでありますが、その基準の内容についてこまかく御説明をしていただかぬと、実はわからないことになつてしまうのです。かりにこの基準のきめ方をこのまま認めるといたしましても、相当ふえるところと減るところとが大分著しいものがあると思います。またこれはどういうことに基準のおきめになつているか。この基準のきめ方によつてもいろいろあるのでありましようが、私が試算をしてみますと、有権者の一票当りに幾らかかつておるかという計算をしてみたのでありまするが、そうすると島根の三十三円が最高でありまして、愛知県の十三円七十銭というのが最低のようであります。愛知県とかあるいは東京都とか大阪とかというような集団都市におきましては選挙費用が少くて済む。また鳥取、島根のごとき小さい町村のたくさんある所は選挙費用が従つて多くいる。これらに対しても非常にこれは差が大きいのであります。それからその次には大集団、いわゆる東京、大阪、名古屋、神戸、横浜のごとき、いわゆる五大都市のうちにも大分変化があるように見られるのであります。これもすべて基準の立て方からこういうような変化が出ておると思うのであります。そのうち最も目立ちますことは、事務所の費用です。事務所の費用がこの選挙費用中の最も多額を要しておるものなのであります。そのうちどういう基準をとつているかと申しますと、一票当りという計算じやなくて、五十万票以上百万以下とか、あるいは三百万以上とか、こういうふうになつておりますが、かりに百万のところにいたしまして、これだけ費用がいるかと申しますと、二百九十五万八千九百五十一円とかりに定めてあるのであります。ところが今度三百万ということになると、一千四百五十六万六千六百九十七円であります。その差額は大体四倍八分くらいになつておる。人口の数は三倍でありまするが、費用の点におきますと四倍以上になつております。こういうことはどうも適当でないと思うのです。さらにまた百万と区切りますと、九十九万九千円というのは百万以内でありますが、今度百一万になりますと、この数字は非常にかわつて来るのであります。すなわち二百九十五万八千円が四百五十五万何ぼというふうにかわつて来るのであります。この基準の立て方はどうも不公平な結果を来しておるのじやないか、こういうふうに考えるのでありますが、その辺をひとつ承りたいと思います。
#61
○吉岡政府委員 都市の方はそうでもございませんが、今お話の中で都道府県の分の計算につきましては、大体こういう段階をつけております。一応この段階の都道府県を頭に入れて考えておるのであります。従つて三百万以上の都市と申しますと、これは東京都だけでありますが、東京都にやるべき金額を大体考えに置いてはじいた結果、先ほど申しましたように、まあ大都市のある府県における基礎になります俸給の点から、どろしてもよけいに行くということでこういうことになつたのであります。ただこういう計算をいたしまして、その段階の境においてまあ非常に不公平になるんじやないかというお話がございましたが、それはあるいは確かにそうかもわかりません。しかしながらこれはこの府県の事務費のほかに、県には地方事務所の数によつてまた配る費用もございます。それから選挙公営やいろいろなことがありますが、それに基いて配る費用もございます。そういうものを全部くるめて考えますと、段階が人によることによつてそう不公平はないように考えられます。またその中で旅費でございますとか、その他等は府県によつて、東京にある役所は上京旅費といつてもいらないからそういうものを削るとか、あるいは鹿児島等は普通の旅費では足りないからふやす、そういうような増減もありまするので、府県によつてそう不公平は私はないと考えております。
#62
○生田委員 今政府委員は不公平はないとおつしやるのですけれども、私は具体的に数字を申し上げて、幾らでも不公平の点を述べたいと思うのでありますが、これは非常にややこしくなりますから、またあとで申し上げますが、かりにこの啓蒙宣伝費といたしましても、二百万以上三百万の人口のところと、その次は三百万人以上――三百万人以上というのは東京都だけだろうと思いますが、かりにそういたしましても、三百万に近い都市でも三百二十万の啓蒙宣伝費であります。ところが東京都はそれに六百万とつております。これほどその差があるわけはないのです。二百万以上三百万とありますが、かりに二百万を最低にいたしましても三百万の東京都とはまあおそらく二分の一くらいであると思うのですが、これも非常に額が違うと思います。大体この宣伝費というのはどういうものか非常にとつてあるのでありますが、一番初めの五十万未満の都市でも四十五万とつてある。それから百万以上百五十万くらいのところで百五十万とつております。この宣伝費というのはどういうところにお使いになるのか、その内容をちよつと承りたいと思います。
#63
○吉岡政府委員 この啓蒙宣伝費が非常に違つておるように見えるのでありますが、これは先ほど申し上げました大都会のあります都道府県が従来配つておりました金額より減るのでありますが、その減り方をなるべく少くするために、まあいろいろ細工をしました関係でこういうところにしわ寄せになつて出て来ている部面が一部あります。それから従来の啓蒙宣伝の実際のやり方を見ますと、やはり大都会というものは相当啓蒙宣伝に力を注いでおりまして、金も相当かけておるのであります。その点でこういう違いが出て来ているものと考えております。
#64
○生田委員 なお事務費の問題でありますが、都市は――主として東京都を中心とするのでありますが、東京都の事務費のうちで、あるいは日当その他いろいろありましようが、一日どれくらいにしたか、その次に二十万あるいは三十万の都市、これらの比較はどのくらい違つているか、もう一つは町村の手当などをどういうふうにおきめになつているか、その基準について……
#65
○吉岡政府委員 超勤の基礎になりま数字は、府が二十六円、市が二十三円、町村が二十円、これは四ページに書いてございますが、一時間当りです。それから人夫賃に差をつけておりまして、府が二百三十円、市が二百十円、町村が百八十円ということになつております。
#66
○生田委員 補助費の問題ですが、よく見るとこれは金額が少いのですが、上京旅費というのが十六万三千二百九十六円ありまして、かりに北海道から来る人と、東京あるいは近県から来る人、これをどういうふうに処置せられるのでありますか、もしその内訳がありますれば、御説明願いたいと思います。
#67
○吉岡政府委員 今のお話の点は、結局法律で申しますと、第十三條の第五項におきまして、東京との距離でいろいろ増減をすることにしております。それから内訳というお話でありましたが、内訳はちよつと今手元にその材料を持つて来ておりません。
#68
○生田委員 東京都は私は旅費はいらぬのじやないかと思う。東京都に旅行するという人は滞在費はいらないと思う。これは金額は小さいのですけれども、ちよつとおかしいと思う。神奈川県も近県であるから、旅費もほとんどいらぬのじやないか、あるいは日当というものをわけずに、それを一律にしてあるところに、どうも疑いがあるのですが、それをもう一ぺん……
#69
○吉岡政府委員 その点は一応表では一律にしておりますが、具体的に府県へ配る数字を計算する際は、東京都は削つておりまして、神奈川は金額はちよつとはつきり覚えておりませんが、それも減らしております。
#70
○生田委員 専務所の費用のうち、五大都市と十万未満の都市と、行政区の重複のところがあるように思うのですが、そういう点について……
#71
○吉岡政府委員 五大都市の行政区のあるところにおきましては、大体市がやりますような仕事は区がやるのであります。しかしながら五大都市の方の市役所でも、やはり啓蒙宣伝でありますとか、選挙の結果の報告でありますとか、そういう仕事が相当あるのであります。また選挙を執行するにつきましてのいろいろな指導の費用、そういうものがあるのでありますから、従来の費用を見ながら、やはり実際にどれくらいやつたらいいかということを、区と市の両方の金を合せたものをにらんでこういうわけ方をしております。
#72
○生田委員 質問すると際限ないくらいあるのですが、しかしそうこまかく言つてもしかたがないのですが、一体この選挙費用のことは、実は基準をきめた方がいいと私は思つておるのです。基準をきめなければ、ちようど昨年のような争奪戦になつてしまうと思うので、基準をきめたいと思う。ところがあすのきようのということになつて、こまかい数字で非常に食い違いがあるのですが、これは何かの便法で、かりにこの法案を継続審議に取扱つておいて、参議院の選挙だけはこの基準を適用する。そうして継続審議のうちにもつとこまかくよく調査をして、間違つているところは修正するというような方法はないものでございますか、その点を……
#73
○吉岡政府委員 この法律がきまりませんと、やはり今度の選挙につきまして、どうしても法律がない関係上陳情が多くなりまして、選挙を執行するについて、いろいろ支障を生ずるのであります。従つてわれわれといたしましては、なるべく本会期中に御決定をいただきたいと考えております。
#74
○生田委員 政府委員の御説明もごもつともですが、私は事実やれぬことはないと思うのです。かりに昨年の選挙のときにどういうふうにおわけになりましたか、おわけになるときには、これまたかなり内規があつて、その内規によつて地方に割当てられたので、おしなべておわけになつたのじやないと思う。本年はこれだけできておるのでありますから、この数字を委員会の意思なりとして、これでおやりになるといろいろ陳情がありましても、この範囲内からは一歩も踏み出せない、こういうふうに御説明になれば、必ず出せないことはないと思うのでありますが、その点はいかがですか。
#75
○吉岡政府委員 今お話のようなことでやつても、やはり法律がきまつたのとは多少違つて来るのではないかと考えております。われわれの最初の気持を申し上げますと、今度きめていただいて、もし不都合な点があれば、それはやはり法律を改正するということで行きたいというつもりでおつたのであります。
#76
○生田委員 かりにただいま申し上げました通り、人口を基礎として、あるいは二百万とか百万とかいう大きな数字できめておるのでありますが、百万を上へ越すのと、その下になるのとでは、たいへんな差が出て来る。あすに追つておる期間において、それをきめてくれということは、そこにむりが生ずるのではないかと思うのです。またなお重ねてお聞きしたいのは、昨年の選挙のときには何か内規でもあつて、この程度は出す、この程度は府県に配分するというような目安をお持ちになつておつたと思うのですが、それはどういうふうに……
#77
○吉岡政府委員 昨年の選挙の費用を配ります際は、やはり一定のいろいろな標準をとりまして、それによつて府県へ配つて、府県内の市町村へ行く分は、府県が判断して、適当な基準をとつて配るような方法をとりました。
#78
○生田委員 その基準の内容を大ざつぱなものでよろしいから、あるいは有権者数にかけたとか、あるいは幅によつてわけたとかいうよらなことがあると思うのですが、ごく簡単なことでよろしいから……
#79
○中島委員長 本案に対する質疑はこの程度にいたしたいと思います。次会は明二日の午後一時より開会することにいたします。議題は本案並びに閉会中審査に関する件であります。
#80
○大石(ヨ)委員 委員長ちよつと……荻田さんと奥野さんは、未だ地方税法をわれわれが審議最中に、もはや大藏省の方の協会から、定価二百円で地方税法の決定版を発売しております。まだ地方税法は参議院も通過しておらない、審議中のものであります。それにもかかわらず、こういうふうな本を出しておるということは、われわれ代議士を無視し、国会を無視しております。ゆえに荻田、奥野両氏を呼んでいただきたい。
#81
○中島委員長 御希望の通り出席を要求します。
 それでは本日はこれにて散会いたします。
    午後零時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト