くにさくロゴ
1972/12/28 第71回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第071回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1972/12/28 第71回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第071回国会 内閣委員会 第1号

#1
第071回国会 内閣委員会 第1号
本委員は昭和四十七年十二月二十五日(月曜日)議
長の指名で、次の通り選任された。
      赤城 宗徳君    越智 伊平君
      大石 千八君    加藤 陽三君
      近藤 鉄雄君    坂村 吉正君
      竹中 修一君    中馬 辰猪君
      中山 正暉君    丹羽喬四郎君
      野呂 恭一君    長谷川 峻君
      旗野 進一君    三原 朝雄君
      三塚  博君    箕輪  登君
      山口 敏夫君    上原 康助君
      大出  俊君    木原  実君
      坂本 恭一君    山崎 始男君
      横路 孝弘君    和田 貞夫君
      木下 元二君    中路 雅弘君
      東中 光雄君    鈴切 康雄君
      正木 良明君    受田 新吉君
十二月二十五日
 三原朝雄君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十七年十二月二十八日(木曜日)
    午前十時十四分開議
 出席委員
   委員長 三原 朝雄君
   理事 加藤 陽三君 理事 笠岡  喬君
   理事 鯨岡 兵輔君 理事 中山 正暉君
   理事 藤尾 正行君 理事 大出  俊君
   理事 木原  実君 理事 中路 雅弘君
      赤城 宗徳君    越智 伊平君
      近藤 鉄雄君    坂村 吉正君
      竹中 修一君    中馬 辰猪君
      旗野 進一君    和田 貞夫君
      木下 元二君    東中 光雄君
      鈴切 康雄君    正木 良明君
      受田 新吉君
 委員外の出席者
        内閣委員会調査
        室長      本田 敬信君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十六日
 辞任         補欠選任
  野呂 恭一君     藤尾 正行君
  箕輪  登君     笠岡  喬君
  山口 敏夫君     鯨岡 兵輔君
同月二十八日
 辞任         補欠選任
  長谷川 峻君     林  大幹君
    ―――――――――――――
十二月二十八日
      加藤 陽三君    笠岡  喬君
      鯨岡 兵輔君    中山 正暉君
      藤尾 正行君    大出  俊君
      木原  実君    中路 雅弘君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○三原委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 今回、はからずも当内閣委員会の委員長に就任いたしました。はなはだ微力でありますが、委員各位の格別の御協力によりまして、円満かつ適正な委員会の運営を行ない、この重責を全ういたしたいと存じます。
 皆さまの御協力と御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。よろしくお願い申し上げます。(拍手)
 なお、本日の委員席につきましては、一応、委員長においてただいまのとおりきめましたが、後刻理事会において協議の上決定いたしたいと存じますので、御了承を願います。
     ――――◇―――――
#3
○三原委員長 これより理事の互選を行ないます。
#4
○中山(正)委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#5
○三原委員長 ただいまの中山正暉君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○三原委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 委員長は、理事に
      加藤 陽三君    笠岡  喬君
      鯨岡 兵輔君    中山 正暉君
      藤尾 正行君    大出  俊君
      木原  実君    中路 雅弘君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#7
○三原委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 今会期中、国の行政の改善をはかり、公務員の制度及び給与の適正を期する等のため、
 一、行政機構並びにその運営に関する事項
 二、恩給及び法制一般に関する事項
 三、国の防衛に関する事項
 四、公務員の制度及び給与に関する事項
 五、栄典に関する事項
以上の各事項について、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、国政調査を行なうこととし、議長にその承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○三原委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 この際、暫時休憩いたします。
   午前十時十八分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト