くにさくロゴ
1972/10/27 第70回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第070回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1972/10/27 第70回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第070回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第070回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和四十七年十月二十七日(金曜
日)議院において、災害対策を樹立するため設置
することに決した。
十月二十七日
 本特別委員は議長の指名で、次の通り選任され
 た。
      伊藤宗一郎君    小沢 一郎君
      小澤 太郎君    大西 正男君
      奥田 敬和君    川崎 秀二君
      坂元 親男君    塩崎  潤君
      田村 良平君    高鳥  修君
      中尾 栄一君    中村 拓道君
      中山 利生君    丹羽 兵助君
      羽田  孜君    羽田野忠文君
      服部 安司君    福田 繁芳君
      藤井 勝志君    藤尾 正行君
      松野 幸泰君    向山 一人君
      森  美秀君    安田 貴六君
      吉田  実君    綿貫 民輔君
      卜部 政巳君    川村 継義君
      高田 富之君    辻原 弘市君
      内藤 良平君    芳賀  貢君
      米田 東吾君    桑名 義治君
      坂井 弘一君    広沢 直樹君
      和田 一郎君    川端 文夫君
      小宮 武喜君    津川 武一君
―――――――――――――――――――――
昭和四十七年十月二十七日(金曜日)委員長の指
名で、次の通り小委員及び小委員長を選任した。
 災害対策の基本問題に関する小委員
      小沢 一郎君    高鳥  修君
      羽田  孜君    森  美秀君
      安田 貴六君    吉田  実君
      内藤 良平君    米田 東吾君
      和田 一郎君    小宮 武喜君
 災害対策の基本問題に関する小委員長
                吉田  実君
―――――――――――――――――――――
昭和四十七年十月二十七日(金曜日)
    午後二時二十二分開議
 出席委員
   委員長 高田 富之君
   理事 小沢 一郎君 理事 小澤 太郎君
   理事 米田 東吾君 理事 和田 一郎君
   理事 小宮 武喜君
      川崎 秀二君    坂元 親男君
      高鳥  修君    中尾 栄一君
      羽田  孜君    羽田野忠文君
      藤井 勝志君    松野 幸泰君
      卜部 政巳君    川村 継義君
      辻原 弘市君    芳賀  貢君
      坂井 弘一君    広沢 直樹君
      津川 武一君
    ―――――――――――――
十月二十七日
 高田富之君が委員長に当選した。
同日
      小沢 一郎君    小澤 太郎君
      大西 正男君    藤尾 正行君
      吉田  実君    米田 東吾君
      和田 一郎君    小宮 武喜君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
 本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
 小委員会設置の件
     ――――◇―――――
  〔小澤(太)委員、委員長席に着く〕
#2
○小澤(太)委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないます。
#3
○小沢(一)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、委員長に高田富之君を推薦いたしたいと思います。
#4
○小澤(太)委員 ただいまの小沢一郎君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小澤(太)委員 御異議なしと認めます。よって、高田富之君が委員長に当選されました。(拍手)
 委員長高田富之君に本席を譲ります。
  〔高田委員長、委員長席に着く〕
#6
○高田委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、三たび、委員長の重責をになうことになりました。まことに光栄に存じます。
 本年は激甚な災害が発生、これが対策並びに防災体制の確立について国民の期待に沿うべく、誠心誠意、職責を果たしたいと思っております。
 何とぞ委員各位の格別なる御協力、御支援をお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○高田委員長 これより理事の互選を行ないます。
#8
○小沢(一)委員 理事は、その数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○高田委員長 小沢一郎君の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○高田委員長 御異議なしと認めます。
 よって、委員長は、理事に
      小沢 一郎君    小澤 太郎君
      大西 正男君    藤尾 正行君
      吉田  実君    米田 東吾君
      和田 一郎君    小宮 武喜君
以上八名の方を指名いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
   午後二時二十三分休憩
     ――――◇―――――
   午後二時二十四分開議
#11
○高田委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、小委員会設置の件についておはかりいたします。
 理事の協議により、本委員会に小委員十名よりなる災害対策の基本問題に関する小委員会を設置いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○高田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、小委員及び小委員長選任の件についておはかりいたします。
 小委員の各会派割り当ては、自由民主党六名、日本社会党二名、公明党一名、民社党一名とし、小委員及び小委員長は、委員長において指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○高田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 それでは、委員長において追って小委員及び小委員長を指名し、公報をもって御通知いたします。
 なお、委員の異動等に伴う小委員及び小委員長の辞任及び補欠選任等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○高田委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
   午後二時二十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト