くにさくロゴ
1972/11/08 第70回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第070回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1972/11/08 第70回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第070回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第070回国会 議院運営委員会 第5号
昭和四十七年十一月八日(水曜日)
    午後五時二十九分開議
 出席委員
   委員長 田澤 吉郎君
   理事 中川 一郎君 理事 山村新治郎君
   理事 塩川正十郎君 理事 勝澤 芳雄君
   理事 山口 鶴男君 理事 広沢 直樹君
   理事 塚本 三郎君
      中尾 栄一君    西岡 武夫君
      羽田  孜君    浜田 幸一君
      森  喜朗君    斉藤 正男君
      寺前  巖君
 委員外の出席者
        議     長 船田  中君
        副  議  長 長谷川四郎君
        事 務 総 長 知野 虎雄君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員高橋清一郎君逝去につき追悼演説の件並び
 に議員古内広雄君逝去につき弔詞贈呈及び追悼
 演説の件
 日中共同声明に関する決議案(田澤吉郎君外九
 名提出)の取り扱いに関する件
 国会予備金使用承認要求の件
 国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件
 本日の本会議及び次回の本会議等の件
     ――――◇―――――
#2
○田澤委員長 これより会議を開きます。
 まず、追悼演説に関する件についてでありますが、去る十月二十九日、新潟県第一区選出議員高橋清一郎君が、また、去る五日、宮城県第一区選出議員古内広雄君が逝去されました。
 ここにつつしんで哀悼の意を表します。
 両君に対する追悼演説は、本日の本会議において行なうこととし、演説者は、高橋君に対しましては日本社会党の米田東吾君に、古内君に対しましては日本社会党の西宮弘君に、それぞれお願いいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○田澤委員長 次に、弔詞についてでありますが、高橋君に対しましては、お手元に配付の弔詞を、去る五日贈呈いたしました。
 また、古内君に対する弔詞は、お手元に配付の案文のとおりとし、本日の本会議において贈呈を決定するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
 衆議院は多年憲政のために尽力しさきに逓信委員長の要職にあたられた議員従三位勲二等高橋清一郎君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます
    …………………………………
 衆議院は議員正三位勲二等古内広雄君の長逝を哀悼しつつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#6
○田澤委員長 なお、本会議において議長が両君に対する弔詞を朗読される際は、議員の方々及び議場におられる方は御起立を願うことになっております。
 なお、両君の御遺族に対する弔慰金につきましては、本院経費から支出いたします。
 また、慣例によりまして、議員一同から香典を贈呈することになっておりますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#7
○田澤委員長 次に、本日、予算委員会の審査を終了する予定の昭和四十七年度一般会計補正予算、昭和四十七年度特別会計補正予算及び昭和四十七年度政府関係機関補正予算について、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右各案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○田澤委員長 次に、ただいま緊急上程するに決しました予算三案に対しまして、日本社会党の北山愛郎君外十八名から、日本社会党、公明党及び民社党三党共同提案にかかる昭和四十七年度補正予算三案につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議が提出される予定になっております。
 本動議の趣旨弁明は、提出者の細谷治嘉君が行なうこととなっております。
 また、ただいまの補正予算三案及び三党共同提案の編成替えを求めるの動議に対して、自由民主党の田中正巳君、日本社会党の原茂君、公明党の多田時子君、民社党の吉田之久君から、討論の通告があります。
 討論時間は、おのおの十分以内とするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、採決は、動議及び補正予算のいずれについても、起立採決をもって行ないます。
    ―――――――――――――
#11
○田澤委員長 次に、本日、地方行政委員会の審査を終了した昭和四十七年度分の地方交付税の特例等に関する法律の一部を改正する法律案、法務委員会の審査を終了した裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案、大蔵委員会の審査を終了した対外経済関係を調整するための租税特別措置法等の一部を改正する法律案、商工委員会の審査を終了した海外経済協力基金法の一部を改正する法律案、運輸委員会の審査を終了した臨時船舶建造調整法の一部を改正する法律案、同委員会から提出された都市モノレールの整備の促進に関する法律案、災害対策特別委員会から提出された激甚(じん)災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律の一部を改正する法律案の各案についても、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右各案は、いずれも本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#13
○田澤委員長 次に、決議案の取り扱いに関する件についてでありますが、本日、田澤吉郎君外九名から、自由民主党、日本社会党、公明党及び民社党四党共同提案にかかる日中共同声明に関する決議案が提出されました。
 本決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 本決議案の趣旨弁明は、提出者の田澤吉郎君が行ないます。
 なお、本決議に対しまして、内閣総理大臣から発言があります。
    ―――――――――――――
#15
○田澤委員長 次に、国会予備金使用承認要求の件についてでありますが、事務総長の説明を求めます。
#16
○知野事務総長 今回、国会予備金の使用承認をお願いいたします五百六十五万二千円は、今国会終了の際の帰郷旅費を支出するためのものであります。
 よろしく御承認をお願いいたします。
#17
○田澤委員長 それでは本件は、事務総長説明のとおりこれを承認するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#19
○田澤委員長 次に、国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件についてでありますが、事務総長の説明を求めます。
#20
○知野事務総長 この規程案は、政府職員の給与改定にならって、同じように国会職員の給与を改定し、四月一日にさかのぼって適用するものでございます。
 よろしくお願いいたします。
#21
○田澤委員長 それでは、国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件は、お手元に配付の案のとおり改正すべきものと議長に答申するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#23
○田澤委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#24
○知野事務総長 まず最初に、弔詞贈呈の御報告と追悼演説がございます。
 次に、予算三案を一括議題といたしまして、坪川予算委員長の御報告がございます。それから組み替え動議につきまして、日本社会党、公明党、民社党共同の組み替え動議に対しまして、細谷治嘉君から趣旨弁明がございます。討論は、補正予算及び動議を一括しまして、自由民主党、日本社会党、公明党、民社党の順序で行ないます。それから採決は、まず組み替え動議を起立で採決をいたします。日本共産党は棄権でございます。次いで予算三案を一括して起立採決で行ないます。
 次に、日程に入りまして、日程第一ないし第五を一括して前田内閣委員長の御報告がございます。日程第一は日本共産党が反対、日程第二は全会一致、日程第三、第四は日本共産党が反対、日程第五は日本社会党が反対、日本共産党が棄権でございまして、採決は、まず日程第一と第三と第四を一括して採決をいたしまして、次に日程第二を採決をいたします。それから日程第五について採決をいたします。
 日程第六は、委員長提案の法律でございますが、あわせまして、きょう委員会を上がりました激甚災の法律を一括して高田災害対策特別委員長の趣旨弁明がございます。両案とも全会一致でございます。
 次に、地方行政委員会の法案は、谷垣委員長の御報告がございまして、日本社会党、公明党、民社党、日本共産党が反対でございます。
 それから、法務委員会の裁判官と検察官の給与の法律は、両案を一括しまして谷川委員長の御報告がございます。全会一致でございますが、日本共産党が棄権でございます。
 次に、大蔵委員会の法案は、金子委員長が御報告をいたしまして、日本社会党、公明党、民社党、日本共産党が反対でございます。
 次に、商工委員会の法案は、藏内委員長の御報告がございまして、日本社会党、公明党、民社党、日本共産党が反対でございます。
 次に、運輸委員会の二つの法案は、臨時船舶建造調整法の一部を改正する法律案のほうは委員長の御報告、それから都市モノレールの整備の促進に関する法律案は委員長の趣旨弁明がございます。臨時船舶建造調整法の一部を改正する法律案は日本共産党が反対、都市モノレールの整備の促進に関する法律案は全会一致でございますので、採決は各別に行ないます。
 法案が済みましたところで、日中共同声明に関する決議案を緊急上程いたしまして、田澤委員長の趣旨弁明の後、採決は異議なしでやります。それから総理大臣から発言がございます。
 以上でございます。
#25
○田澤委員長 それでは、本会議は、一応午後七時開会を目途とし、予算委員会終了後各党に連絡の上開会することといたします。
    ―――――――――――――
#26
○田澤委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来たる十三日月曜日午後二時から開会することといたします。
 また、次回の委員会は、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。本日は、これにて散会いたします。
   午後五時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト