くにさくロゴ
1971/04/28 第68回国会 参議院 参議院会議録情報 第068回国会 議院運営委員会 第12号
姉妹サイト
 
1971/04/28 第68回国会 参議院

参議院会議録情報 第068回国会 議院運営委員会 第12号

#1
第068回国会 議院運営委員会 第12号
昭和四十七年四月二十八日(金曜日)
   午後四時三十六分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 四月二十四日
    辞任         補欠選任
     小野  明君     辻  一彦君
 四月二十五日
    辞任         補欠選任
     辻  一彦君     小野  明君
     須藤 五郎君     星野  力君
 四月二十六日
    辞任         補欠選任
     星野  力君     須藤 五郎君
    ―――――――――――――
  出席者は次のとおり。
    委員長         鍋島 直紹君
    理 事
                栗原 祐幸君
                藤田 正明君
                山崎 五郎君
                瀬谷 英行君
                山崎  昇君
                峯山 昭範君
                田渕 哲也君
                須藤 五郎君
    委 員
                嶋崎  均君
                大松 博文君
                棚辺 四郎君
                玉置 猛夫君
                橋本 繁蔵君
                桧垣徳太郎君
        ―――――
       議     長  河野 謙三君
       副  議  長  森 八三一君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  宮坂 完孝君
       事 務 次 長  岸田  実君
       議 事 部 長  海保 勇三君
       委 員 部 長  若江 幾造君
       記 録 部 長  西村 健一君
       警 務 部 長  植木 正張君
       庶 務 部 長  上野山正輝君
       管 理 部 長  前川  清君
       渉 外 部 長  武田  実君
   法務局側
       法 制 局 長  今枝 常男君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国会議員互助年金法等の一部を改正する法律案
 (衆議院提出)
○国会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程の一
 部改正に関する件
○裁判官訴追委員旅費及び職務雑費支給規程の一
 部改正に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(鍋島直紹君) 議院運営委員会を開会いたします。
 理事の補欠選任の件を議題といたします。
 委員の異動に伴い、理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行ないます。
 割り当て会派推薦のとおり、須藤五郎君を理事に選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(鍋島直紹君) 次に、国会議員互助年金法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#5
○事務総長(宮坂完孝君) 便宜、私から御説明申し上げます。
 まず、国会議員互助年金法の一部改正でございますが、これは互助年金の最低基礎歳費月額十八万円を二十四万円に改めることとし、これに伴い、納付金の率を、現行の歳費月額の百分の六から百分の六・八に改めるとともに、公務傷病等にかかる遺族扶助年金の算定倍率を恩給と同様に改正しようとするものでございます。
 次に、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正でございますが、これは、議会雑費の日額の限度額千五百円を二千五百円に改めようとするものでございます。
 次に、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律の一部改正でございますが、これは、立法事務費月額八万円を十万円に改めようとするものでございます。
 次に、議員法制局法の一部改正でございますが、これは、各議院の法制局の部に副部長を置くことができるように改めようとするものでございます。
 なお、この法律の施行は、公布の旧からとしておりますが、国会議員互助年金法の一部改正の部分は、昭和四十七年五月一日から施行し、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正及び国会における立法事務費の交付に関する法律の一部改正の部分は、それぞれ昭和四十七年四月一日から適用することといたしております。
 以上でございます。
#6
○委員長(鍋島直紹君) 別に御発言もなければ、直ちに採決を行ないます。
 本案を原案どおり可決することに賛成の諸君の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(鍋島直紹君) 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(鍋島直紹君) 次に、国会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程の一部改正の件及び裁判官訴追委員旅費及び職務雑費支給規程の一部改正の件を一括して議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#10
○事務総長(宮坂完孝君) 両改正案は、ただいま御決定になりました国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の改正に伴い、両議院の役員等の議会雑費の日額を千五百円から二千五百円に改め、また、裁判官訴追委員会委員長の職務雑費についても同様の措置を講じようとするものでございます。
 なお、これらの規程は、いずれも昭和四十七年四月一日から適用することに相なっております。
 以上でございます。
#11
○委員長(鍋島直紹君) 別に御発言もなければ、両件につきましては、ただいま説明のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#12
○委員長(鍋島直紹君) 多数と認めます。よって、両件は事務総長説明のとおり決定いたしました。
 暫時休憩いたします。
   午後四時四十分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト