くにさくロゴ
1971/03/24 第68回国会 参議院 参議院会議録情報 第068回国会 本会議 第8号
姉妹サイト
 
1971/03/24 第68回国会 参議院

参議院会議録情報 第068回国会 本会議 第8号

#1
第068回国会 本会議 第8号
昭和四十七年三月二十四日(金曜日)
   午前十時三分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第八号
  昭和四十七年三月二十四日
   午前十時開議
 第一 国際民間航空条約の改正に関する千九百
  六十二年九月十五日にローマで署名された議
  定書の締結について承認を求めるの件
 第二 国際民間航空条約の改正に関する千九百
  七十一年三月十二日にニュー・ヨークで署名
  された議定書の締結について承認を求めるの
  件
 第三 国際民間航空条約第五十六条の改正に関
  する千九百七十一年七月七日にウィーンで署
  名された議定書の締結について承認を求める
  の件
 第四 所得に対する租税に関する二重課税の回
  避及び脱税の防止のための日本国とフィンラ
  ンド共和国との間の条約の締結について承認
  を求めるの件
 第五 準備預金制度に関する法律の一部を改正
  する法律案(内閣提出)
 第六 地方行政連絡会議法等の一部を改正する
  法律案(内閣提出)
 第七 警察法の一部を改正する法律案(内閣提
  出)
 第八 日本放送協会昭和四十四年度財産目録、
  貸借対照表及び損益計算書並びにこれに関す
  る説明書
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、請暇の件
 以下 議事日程のとおり
     ―――――・―――――
#3
○議長(河野謙三君) これより会議を開きます。
 この際、おはかりいたします。
 松岡克由君から海外旅行のため、来たる三十日から十二日間請暇の申し出がございました。
 これを許可することに御異議ございませんか。
   「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(河野謙三君) 御異議ないと認めます。よって、許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#5
○議長(河野謙三君) 日程第一 国際民間航空条約の改正に関する千九百六十二年九月十五日にローマで署名された議定書の締結について承認を求めるの件
 日程第二 国際民間航空条約の改正に関する千九百七十一年三月十二日にニュー・ヨークで署名された議定書の締結について承認を求めるの件
 日程第三 国際民間航空条約第五十六条の改正に関する千九百七十一年七月七日にウィーンで署名された議定書の締結について承認を求めるの件
 日程第四 所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とフィンランド共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件
 以上四件を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。外務委員会理事山本利壽君。
   〔山本利壽君登壇、拍手〕
#6
○山本利壽君 ただいま議題となりました条約四件につきまして、外務委員会における審議の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、国際民間航空条約を改正する三つの議定書は、国際民間航空機関の加盟国数が大幅に増加したことにかんがみ、機関の臨時総会の開催要請に必要な最小限の締約国数、理事会の構成員の数及び航空委員会の委員の数をそれぞれ増加することを内容とするものであります。
 次に、フィンランドとの租税条約は、相手国にある支店等の恒久的施設を通じて事業を行なう場合の利得に対する相手国の課税基準、船舶、航空機の運用利得に対する課税免除、配当、利子及び使用料に対する課税軽減等について定めるとともに、二重課税を排除する方法について規定したものであります。
 委員会における審議の詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終え、別に討論もなく、採決の結果、国際民間航空条約改正議定書三件は全会一致をもって、また、フィンランドとの租税条約は多数をもって、いずれも承認すべきものと決定いたしました。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#7
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。
 まず、国際民間航空条約の改正に関する千九百六十二年九月十五日にローマで署名された議定書の締結について承認を求めるの件、国際民間航空条約の改正に関する千九百七十一年三月十二日にニュー・ヨークで署名された議定書の締結について承認を求めるの件及び国際民間航空条約第五十六条の改正に関する千九百七十一年七月七日にウィーンで署名された議定書の締結について承認を求めるの件を一括して採決いたします。三件を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#8
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、三件は全会一致をもって承認することに決しました。
     ―――――・―――――
#9
○議長(河野謙三君) 次に、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とフィンランド共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件の採決をいたします。本件を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#10
○議長(河野謙三君) 過半数と認めます。よって、本件は承認することに決しました。
     ―――――・―――――
#11
○議長(河野謙三君) 日程第五 準備預金制度に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。大蔵委員長前田佳都男君。
   〔前田佳都男君登壇、拍手〕
#12
○前田佳都男君 ただいま議題となりました法律案は、最近におけるわが国経済の国際化の進展に伴う金融環境の変化に対応して金融政策を効果的に運営するため、準備預金制度の機能を強化しようとするものでありまして、第一に、準備預金制度の適用対象機関として生命保険会社を加えるとともに、対象勘定として金融債、貸付信託の信託元本等を加え、第二に、準備率の最高限度を現行の一〇%から二〇%に引き上げ、第三に、準備預金の計算基準として、現行の残高方式に加えて増加額を基準とする方式も可能であるようにし、第四に、海外短資の流入を規制するため、非居住者預金等に対し一〇〇%までの準備率を適用し得るようにすること等であります。
 委員会におきましては、参考人の意見を聴取するとともに、金融環境整備のための諸方策、生命保険会社と本制度との関係、海外短資等の流入の規制、準備預金に対する付利の必要性、その他金融全般等について質疑を行ないましたが、その詳細は会議録に譲りたいと存じます。
 質疑を終了し、討論なく、採決の結果、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、本案に対し、嶋崎委員より四党共同の附帯決議案が提出され、全会一致をもって本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 以上報告を終わります。(拍手)
#13
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#14
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#15
○議長(河野謙三君) 日程第六 地方行政連絡会議法等の一部を改正する法律案
 日程第七 警察法の一部を改正する法律案
  (いずれも内閣提出)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。地方行政委員長玉置猛夫君。
   〔玉置猛夫君登壇、拍手〕
#16
○玉置猛夫君 ただいま議題となりました二法律案について、地方行政委員会における審査の経過及び結果を御報告いたします。
 二法律案は、本年四月一日から、札幌市、川崎市及び福岡市が指定都市として発足することに伴い所要の改正を行なおうとするものであり、まず、地方行政連絡会議法等の一部を改正する法律案は、当該ブロックの地方行政連絡会議に三指定都市を加えるほか、新産業都市建設及び工業整備特別地域整備のための国の財政上の特別措置に関する法律について、必要な規定の整備を行なおうとするものであります。
 警察法の一部を改正する法律案は、北海道が新たに指定都市を包括することとなるのに伴い、道公安委員会の委員を二人増加して五人とするとともに、関係規定を整備しようとするものであります。
 委員会における二法律案についての質疑の詳細は、会議録によって御承知願います。
 質疑を終わり、討論に入りましたが、二法律案とも別に発言もなく、それぞれ採決の結果、二法律案はいずれも全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上御報告いたします。(拍手)
#17
○議長(河野謙三君) これより両案を一括して採決いたします。両案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#18
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、両案は全会一致をもって可決されました。
     ―――――・―――――
#19
○議長(河野謙三君) 日程第八 日本放送協会昭和四十四年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書並びにこれに関する説明書を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。逓信委員長杉山善太郎君。
   〔杉山善太郎君登壇、拍手〕
#20
○杉山善太郎君 ただいま議題となりました案件は、放送法第四十条第三項の規定に基づき、会計検査院の検査を経て内閣より提出された日本放送協会の昭和四十四年度の決算についてであります。
 その概要を申し上げますと、日本放送協会の昭和四十四年度末における資産総額は一千百二十四億七千九百万円、負債総額は三百七十四億一千二百万円となっております。
 また損益では、昭和四十四年度の事業収入八百四十七億九千九百万円に対し、事業支出は八百三十一億七千四百万円、資本支出充当十三億一千二百万円でありまして、差し引き当期剰余金は三億一千三百万円となっております。
 なお、本件には、会計検査院の「記述すべき意見はない」旨の検査結果が付されております。
 逓信委員会におきましては、郵政省、会計検査院並びに日本放送協会当局に対し質疑を行ない、慎重審議の結果、本件については全会一致をもってこれを是認すべきものと決定いたした次第であります。
 以上御報告申し上げます。(拍手)
#21
○議長(河野謙三君) これより採決をいたします。本件は、委員長報告のとおり是認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#22
○議長(河野謙三君) 総員起立と認めます。よって、本件は全会一致をもって委員長報告のとおり是認することに決しました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト