くにさくロゴ
1971/06/16 第68回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第068回国会 交通安全対策特別委員会 第12号
姉妹サイト
 
1971/06/16 第68回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第068回国会 交通安全対策特別委員会 第12号

#1
第068回国会 交通安全対策特別委員会 第12号
昭和四十七年六月十六日(金曜日)
    午前十一時五十二分開議
 出席委員
   委員長 今澄  勇君
   理事 大竹 太郎君 理事 佐藤 守良君
   理事 中村 弘海君 理事 丹羽 久章君
   理事 宮井 泰良君 理事 渡辺 武三君
     小此木彦三郎君    唐沢俊二郎君
      左藤  恵君    斉藤滋与史君
      野中 英二君    山下 徳夫君
      久保 三郎君    長谷部七郎君
      沖本 泰幸君    土橋 一吉君
 出席政府委員
        運輸省航空局長 内村 信行君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 交通安全対策に関する件(日航機墜落事故に関
 する問題)
     ――――◇―――――
#2
○今澄委員長 これより会議を開きます。
 閉会中審査申し出の件についておはかりいたします。
 交通安全対策に関する件につきまして、閉会中もなお調査を行なうことができますよう、議長に対し閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○今澄委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託され、委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し委員派遣承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○今澄委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、派遣委員の人選、派遣期間、派遣地その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○今澄委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#6
○今澄委員長 次に、この際申し上げます。
 本委員会に付託になりました請願につきましては、理事会において協議いたしましたとおり、いずれも採否の決定を保留いたすこととなりましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#7
○今澄委員長 なお、今国会におきまして本委員会に参考のため送付されました陳情書は、お手元に配付いたしてありますとおり、海上交通安全法の早期制定等に関する陳情書外一件でありますので、念のため申し添えます。
     ――――◇―――――
#8
○今澄委員長 交通安全対策に関する件について調査を進めます。
 去る十四日、ニューデリー郊外において日本航空四七一便DC8型機の墜落事故がありました。
 この際、政府より事故の概要について説明を求めるのでありますが、まず、委員会を代表し、おなくなりになりました方々に対し深く哀悼の意を表する次第であります。
 それでは説明を求めます。内村航空局長。
#9
○内村(信)政府委員 このたびまたたび重なる事故がございまして、日本航空が貴重な人命を多数失いましたこと、まことに申しわけなく存じます。この席を拝借いたしまして深くおわびを申し上げます。
 それでは、日本航空のDC8型機の事故の概要について御報告申し上げます。
 日本航空のDC8型機、登録番号はJA8012でございますが、日航の四七一便といたしまして、これは東京発、香港、バンコク、 ニューデリー、テヘラン、カイロ、ローマ、フランクフルトを経由いたしましてロンドンに行く便でございますが、この四七一便といたしまして、四十七年六月十四日十一時五十五分――これは日本時間でございます。羽田空港を離陸いたしまして、香港に寄港後バンコクに十三時五十五分に着離、燃料を補給いたしました後、十四時五十分バンコクを離陸して、ニューデリーに向けて飛行したわけでございます。ところが、ニューデリー空港の管制塔から六千五百フィートまで降下することが許可され、六千五百フィートに降下してそのまま飛行を続けたわけでございますが、十八時十五分ごろ、ニューデリー空港到着予定時刻十八時三十分ということを管制塔に通報後、消息を絶ったわけでございます。その後、十九時四十五分ごろ、ニューデリーの東南東約二十五キロのジャイトプール村に墜落していることが確認されたわけでございます。
 そのときの乗客は七十八名、うち日本人が十名、そのうち八名は東京から乗られ、あとの二名は香港から乗られたというふうに聞いています。それから乗組員が十一名、合計八十九名が搭乗者でございました。その八十九名のうち、幼児の方が二名搭乗していたわけでございますが、八十四名が死亡されまして、五名、うちの二名は幼児ですが、重傷を負いまして病院に収容されています。
 乗組員は、機長が五十嵐清という人でありまして、飛行時間が四千五百九十三時間四十二分、うちDC8の経験時間が二千三百六十時間であります。副操縦士は山本庸夫という人で、飛行時間は千百六十九時間三十三分、そのうちDC8については四百九十時間であります。それから機関士が杉浦和成という人で、飛行時間は四百九十五時間七分、そのうちDC8については二百二十時間でございます。
 それから航空機について申し上げますと、これはDC8の53シリーズでありまして、三十九年十月二十九日に製造されております。総飛行時間は二万八千六百八十四時間四十八分となっております。オーバーホールの後の飛行時間は三千九百十三時間でございまして、前回のオーバーホールは四十六年四月二十六日にやっております。点検後の飛行時間は四百四十四時間三十八分で、前回の点検時は四十七年四月二十日でございます。発動機について申し上げますと、点検後の使用時間は、一番発動機が四千四百二時間六分、二番発動機が三千二百二時間五十四分、三番発動機が五千五百二十六時間一分、それから四番発動機が四百四十四時間三十八分でございます。
 現場の状況は、十五日の午前五時ごろ現地からの報告によりますと、ニューデリー空港から東南東二十五キロメートルの砂漠の中の川のようなくぼみの中に尾部のみ残しまして、他は長さ八百メートル、幅三百メートルにわたって散乱しているというふうに報告されております。なお、フライトレコーダーはインド政府により回収されましたが、ボイスレコーダーはまだ回収されてない模様でございます。
 その後、事故を起こしました日本航空のとった措置を御説明申し上げますと、まず第一に、十五日二時十分、事故対策本部をつくりました。すなわち、羽田の日航オペレーションセンターの中に、朝田社長を本部長といたしまして事故対策本部をつくりました。
 それから同日の五時三十分に高木副社長を団長とする現地救援団の派遣を決定いたしまして、八時四十六分東京を出発、現地に向かいまして、日本時間の昨日の十九時五十五分現地に到着いたしまして、直ちに墜落現場に向かっております。
 それから救難物資等の輸送でございますが、現地救援団を輸送した特別機で医薬品八箱、ドライアイス四百キロ、整備用具三百キロ、その他食料品等を現地に向け空輸いたしました。
 それから乗客の御家族等事故関係者の方々を現地に輸送しております。十五日の十五時十五分、羽田発JL四六三便で、乗客の御家族二十六名、乗員の家族二十名を現地向けお送りするほか、二十三時現在で、乗客の御家族三十五名、乗員の家族の方二十五名を現地に輸送しております。この結果、日本人乗客十名のうち九家族の方及び乗組員十一名全員の御家族が現地に向かったことになるわけでございます。
 それから、外国人の乗客の御家族に対しましても、これは、外国人の乗客は六十八名でございまして、乗客名簿等によりまして身元の確認をいたしまして、御家族に電報で事故の発生を通知いたしますとともに、現地へ行くことを希望される場合には、乗客一名について三名以内の輸送について便宜を供与申し上げるということで、関係各支店に指令をいたしております。十五日二十三時三十分現在では、外国人の乗客六十八名のうち、四十七名の方々について御家族との連絡がとれております。現地行きを希望される方は、十五日二十三時三十分現在で、バンコクでJL四六三便に搭乗された二名のほか、ジャカルタで三名、ローマで一名ある模様でございます。
 それから、運輸省といたしましてとりました措置を申し上げますと、私どもの航空局の笠松好太郎という航空事故調査課長がおりますが、これを十五日午前羽田発の日航の救援機に乗せまして現地に直ちに派遣いたしまして、インド政府による事故調査に立ち合わせることといたしております。
 それから丹羽運輸大臣は、昨日の午前十時三十分、在日インド大使を訪問いたしまして、遺憾の意を表明いたしますとともに、インド政府の行なう事故調査に日本側が立ち会うこと、救援機と遺族団の受け入れ等につきましてもインド政府の協力を要請した次第でございます。これに対して、インド政府はきわめて好意的な受け入れ方をしていただきました。
 また、インド政府との直接の連絡に当たらしめるために、私ども航空局の松本という参事官を本日午後羽田発の日航機でニューデリーに派遣すべく、目下羽田におもむいておる段階でございます。
 それからなお、政府は、十五日午前の持ち回り閣議によりまして、総理府に、運輸大臣を本部長といたしまして、内閣官房、総理府、外務省、厚生省の各次官等を構成員とする日航機事故対策本部を設置することを決定いたしました。同本部は、同日午後第一回の会議を開催いたしまして、救援活動、遺族対策、事故原因の究明、国際線の安全確保対策等を推進することに決定いたした次第でございます。
 なお、もう一表つけてございますのは、遭難乗客の国籍別の数でございまして、念のためにつけてございます。
 概要、以上のとおりでございます。
#10
○今澄委員長 これにて説明は終わりました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト