くにさくロゴ
1949/02/23 第7回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第007回国会 運輸委員会 第4号
姉妹サイト
 
1949/02/23 第7回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第007回国会 運輸委員会 第4号

#1
第007回国会 運輸委員会 第4号
昭和二十五年二月二十三日(木曜日)
    午前十一時三十五分開議
 出席委員
   委員長 稻田 直道君
  理事 岡村利右衞門君 理事 前田  郁君
   理事 木下  榮君    岡田 五郎君
      尾崎 末吉君    尾関 義一君
      黒澤富次郎君    坪内 八郎君
      滿尾 君亮君    渡邊 良夫君
      松井 政吉君    上村  進君
      飯田 義茂君    石野 久男君
 出席国務大臣
        運 輸 大 臣 大屋 晋三君
 出席政府委員
        運輸事務官
        (大臣官房長) 荒木茂久二君
        運輸事務官
        (海運局長)  岡田 修一君
        海上保安官
        (海上保安庁保
        安部長)    照木 敏雄君
 委員外の出席者
        専  門  員 岩村  勝君
        専  門  員 堤  正威君
    ―――――――――――――
二月十五日
 委員米窪滿亮君辞任につき、その補欠として受
 田新吉君が議長の指名で委員に選任された。
同月十六日
 委員林百郎君及び上村進君辞任につき、その補
 欠として田中堯君及び加藤充君が議長の指名で
 委員に選任された。
同月二十三日
 委員田中堯平君辞任につき、その補欠として上
 村進君が議長の指名で委員に選任された。
二月十一日
 船舶運営会の船員の退職手当に関する交付金を
 船舶所有者に交付する法律の一部を改正する法
 律案(内閣提出第二九号)(予)
同月十三日
 水先法の一部を改正する法律案(内閣提出第三
 三号)(予)
同月十七日
 水先法の一部を改正する法律案(内閣提出第三
 三号)(参議院送付)
同月十三日
 肥薩線分岐点を佐敷町に設置の請願外五件(福
 永一臣君紹介)(第六三一号)
 草軽電気鉄道の営業路線縮小反対等に関する請
 願(田渕光一君紹介)(第六三六号)
 岡山市に鉄道局設置の請願(苅田アサノ君外一
 名紹介)(第六五一号)
 山陰本線に準急列車全通並びに広島始発東京間
 に急行列車運輸開始の請願(田中堯平君外一名
 紹介)(第六五九号)
 高崎、横川問電化促進の請願(武藤運十郎君外
 二名紹介)(第六六四号)
 広島港を塩輸入港に指定の請願(森戸辰男君外
 一名紹介)(第六七三号)
 気象関係職員の給與改善に関する請願(田代文
 久君外一名紹介)(第六八四号)
 同外十三件(土橋一吉君紹介)(第六八五号)
 福山線延長並びに松前線敷設促進の請願(冨永
 格五郎君外二名紹介)(第七一七号)
 山陽本線宇部市通過に関する請願(吉武惠市君
 外五名紹介)(第七二二号)
同月十六日
 阪和線拂下げに関する請願外二件(小西寅松君
 外一名紹介)(第七五八号)
 気象関係職員の給與改善に関する請願(福田繁
 芳君紹介)(第七六一号)
 同(島田末信君紹介)(第七九六号)
 山田線復旧促進の請願(山本猛夫君紹介)(第
 七七二号)
 雫石、生保内両駅間に鉄道敷設の請願(山本猛
 夫君紹介)(第七七三号)
 盛岡市に鉄道局設置の請願(山本猛夫君紹介)
 (第七七四号)
 三陸沿岸鉄道敷設促進の請願(山本猛夫君紹
 介)(第七七七号)
 三江線三次、浜原間鉄道敷設促進の請願(山本
 利壽君外一名紹介)(第七八〇号)
 自家用自動車の共有共用反対に関する請願(田
 中堯平君外一名紹介)(第七八二号)
 飯山線に通学列車運転の請願(倉石忠雄君紹
 介)(第八一二号)
 下川沿村に停車場設置の請願(石田博英君紹
 介)(第八一四号)
 江口港導流堤災害復旧工事実施促進の請願(上
 林山榮吉君外一名紹介)(第八三六号)
同月二十日
 指宿駅にガソリンカー復活の請願(上林山榮吉
 君紹介)(第八七一号)
 釧路港水先区設定に関する請願(伊藤郷一君紹
 介)(第八七二号)
 東北本線こう配改良工事に伴う小鳥谷村内三駅
 の存置に関する請願(山本猛夫君紹介)(第八
 七四号)
 沼宮内、一月間鉄道路線切換促進に関する請願
 (山本猛夫君紹介)(第八七五号)
 瀬戸、明知間国営自動車運輸開始の請願(三宅
 則義君紹介)(第八七七号)
 五日市線拂下げ反対の請願(佐々木更三君紹
 介)(第八八四号)
 山田中学校通学生徒の鉄道運賃軽減に関する請
 願(若林義孝君紹介)(第八八五号)
 菅谷駅に車扱貨物施設設置促進の請願(關内正
 一君紹介)(第八八六号)
 豊後中村駅貨物ホーム拡張の請願(村上勇君紹
 介)(第八八八号)
 浜松、米原間鉄道電化促進の請願(辻寛一君外
 四角紹介)(第八九〇号)
 直江津、六日町間鉄道敷設促進の請願(塚田十
 一郎君紹介)(第八九一号)
 保倉川改修に伴い大瀁村地内信越線鉄橋拡張の
 請願(塚田十一郎君紹介)(第八九三号)
 山陰線淀江駅に準急列車停車の請願(門脇勝太
 郎君紹介)(第八九七号)
 篠路、石狩太美両駅間に簡易昇降所設置の請願
 (宇野秀次郎君紹介)(第九〇七号)
 陸運局分室の地方庁移譲反対に関する請願外一
 件(飯塚定輔君紹介)(第九〇九号)
 長崎町岬に航路標識燈台設置の請願(仲内憲治
 君紹介)(第九三三号)
 余部崎に燈台設置の請願(佐々木盛雄君紹介)
 (第九三六号)
 鹿児島港と大鳥、琉球間に定期航路開設の請願
 (上林山榮吉君紹介)(第九四二号)
の審査を本委員会に付託された。
同月十五日
 盛岡市に鉄道局設置の陳情書(岩手県宮古市宮
 古商工会議所会頭澤田千代吉)(第二九八号)
 金沢市に海上保宏庁日本海管区本部並びに地方
 統轄機関設置の陳情書(富山県知事高辻武邦)
 (第三〇四号)
 通運事業に関する陳情書(青森市大字古川字干
 刈三十四番地青森小運送商業協同組合理事長鈴
 木武)(第三一四号)
 海運行政の改善に関する陳情書(全日本海員組
 合門司支部長植田清一)(第三一九号)
 山口県に鉄道局設置の陳情書(山口県山口市役
 所下関地区陸上輸送協力会長松尾守治外九名)
 (第三二二号)
 小郡、宮野瞬間電化促進の陳情書(山口県山口
 市役所下関地区陸上輸送協力会長松尾守治外九
 名)(第三二三号)
 国鉄、社線連帶輸送の車扱貨物運賃併算制を通
 算制に改正の陳情書(大阪市大阪府議会議長淺
 野豊行外一名)(第三二五号)
 国鉄阪和線還元拂下げの陳情書外二件(和歌山
 県海草郡加太町長加納隆
 一外五十二名)(第三二六号)
 姫路市に鉄道局設置の陳情書(神戸市兵庫県議
 会議長山田平市郎)(第三二九号)
 国営自動車拂下げの陳情書(東京都千代田区丸
 ノ内三丁目四番地日本乗合自動車協会長佐藤栄
 作外四千二百九十七名)(第三三一号)
 陸運行政の一元化に関する陳情書(札幌市南三
 條西五丁目北海道道路運送協力会長)(第三三
 八号)
 国鉄用炭の海送復元に関する陳情書(新潟市議
 会議長安藤文平)(第三五八号)
 国鉄阪和線還元拂下げの陳情書外二件(和歌山
 県那賀郡粉河町長土橋常一外八十三名)(第三
 六一号)
 国鉄阪和線還元拂下げの陳情書外六件(大阪市
 天王寺区長松本幸三郎外六十五名)(第三六二
 号)
 国鉄阪和線還元拂下げの陳情書外一件(和歌山
 県那賀郡名手町長藤田照清外五十五名)(第三
 六三号)
 観光施設整備に関する陳情書(京都市京都府議
 会議長岩本義徳)(第三六九号)
 気仙沼、前谷地間三陸沿岸鉄道敷設促進の陳情
 書(仙台市宮城県議会議長椛澤敬之助)(第三
 七五号)
 国鉄自動車拂下げ反対の陳情書(宮城県志田郡
 古川町大籠康久)(第三七八号)
 美島丸遭難者遺族救済の陳情書(香川県綾歌郡
 岡田村脇實外八名)同月十八日金沢市に海上保
 安庁日本海管区本部設置の陳情書(石川県知事
 柴野和喜夫)(第四〇一号)
 通運事業に関する陳情書(東京都中央区木挽町
 一丁目二番地日本トラツク協会長小野哲)(第
 四一一号)
 三陸鉄道敷設促進の陳情書(宮城県桃生郡飯野
 川町長中川陸司)(第四二五号)
 尾道市に気象観測所設置の陳情書(広島県尾道
 市長石原善三郎)(第四三七号)
 新潟市に海上保安庁日本海管区本部設置の陳情
 書(新潟市新潟県議会議長兒玉竜太郎)(第四
 三八号)
 国鉄、社線連帯輸送の車扱貨物運賃併算制を通
 算制に改正の陳情書(富山市神通町二百九十番
 地日本通運株式会社富山支店長前出彌三郎外十
 一名)(第四四三号)
 漁船の不法だ捕に関する陳情書(長崎県知事杉
 山宗次郎)(第四六〇号)
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 水先法の一部を改正する法律案(内閣提出第三
 三号)(参議院送付)
 船舶運営会の船員の退職手当に関する交付金を
 船舶所有者に交付する法律の一部を改正する法
 律案(内閣提出第二九号)(予)
    ―――――――――――――
#2
○稻田委員長 それでは会議を開きます。
 本日は本委員会に付託になつております法律案について審査を進めることにいたしますが、その法案の趣旨説明のありました後におきましても、本日は聞取るばかりにいたしまして、質疑は次会よりこれを行うことにいたしたいと思います。右御了承を願つておきます。
 それでは去る二月十一日、予備審査のために付託になりました船舶運営会の船員の退職手当に関する交付金を船舶所有者に交付する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。まず政府より本法案の趣旨について説明を求めます。大屋運輸大臣。
    ―――――――――――――
#3
○大屋国務大臣 船舶運営会の船員の退職手当に関する交付金を船舶所有者に交付する法律、昭和二十四年法律第九十七号の一部を改正する法律案につきまして御説明申し上げます。
 従来船舶運営会が管理しておりました国家使用船舶は、船舶運航管理令の制定によりまして昨年四月一日以降、定期船舶制度に切りかえられることになり、船舶運営会に所属しておりました船員は、同会を退職してただちに各船舶所有者に雇用がえされたのでありまして、これらの船員の退職手当につきましては、法律第九十七号の規定によりまして、直接船員に支給せず、退職手当に充当すべき金額を、当該船員の帰属する各船舶所有者にそれぞれ交付いたしておきまして、これらの船員が他日その船舶所有者との雇用関係が消滅したときに、この退職手当を支給するように措置されたのであります。以上の定期傭船切りかえは、当初今年度中に全船舶の切りかえを終了する予定で、法律第九十七号の適用期間を、昭和二十四年四月一日から昭和二十五年三月三十一日までの一年間に限定したのでありますが、たまたま機関輸送業務が本年度中に終了いたしませず、その一部が来年度に持ち越されましたために、さらに一年間適用期間を延長する必要が生じた次第であります。これが法律第九十七号の第一の改正点であります。
 次に、法律第九十七号第一條中に「昭和二十四年度予算の成立後遅滞なく当該船舶所有者に交付するものとする」という規定がありますが、今回の改正によりまして、来年度に延長いたしました帰還輸送船船員の退職手立は、二十五年度予算により支出いたすことになりますので、「昭和二十四年度」の字句を削除する必要があるわけであります。これが改正の第二点であります。
 第三の改正点は、別表の退職手当の基準の改正であります。法律第九十七号別表に「船舶運営会を退職した日において当該船員が乗船中に受けるべき一箇月当りの給與総額から雑手当を控除した額」を基準額とする旨の規定がありますが、昨年法律第九十七号制定直後公布されました、船舶運営会の船員の給與基準の設定及び船舶運営会の役職員に対する特別手当の支給に関する法律によりまして、同会船員の給與体系が新たに設定され、従前の「雑手当」の名称が廃止されましたために、別表の基準の表現を変更する必要が生じた次第であります。従いまして、「給與総額から雑手当を控除した額」に相当する金額は、俸給を基準として換算いたしますと、「俸給月額の百分の百七十」に相当するわけでありまして、従来の基準額と実質的には変更はないのであります。
 以上の三点が改正を必要とする理由であります。
 なお本件の改正の予算的措置につきましては、二十四年度予算で成立いたしました四億五千万円中、本年度の支出総額は、四億三千万円でありまして、残余の二千万円が来年度に延長いたしました帰還輸送船船員に充当すべき金額でありまして、この金額は二十五年度予算案に計上されておりますので、新たに予算金額を増額する必要はないのであります。
 法律第九十七号改正案の要旨については、以上申し述べました通りであります。何とぞ愼重御審議の上、御可決あらんことを切望いたします
    ―――――――――――――
#4
○稻田委員長 次に去る二月十七日付託になりました参議院送付の水先法の一部を改正する法律案を議題といたし、政府の御趣旨説明を求めます。大屋運輸大臣。
    ―――――――――――――
#5
○大屋国務大臣 ただいまより水先法の一部を改正する法律案について、提案理由を御説明いたします。
 この法律案によつて改正しようとする要点は、次の三つの点であります。
 一、水先人の免許の要件に関する規
  定を整備すること。
 二、以前に水先人であつた者に対
  し、水先人の免許を與えようとす
  る場合における特則を定めるこ
  と。
 三、新たに水先区を設定すること。
 すなわち現行法では、水先人の免許の要件の一つとして、一定期間以上水先修業生として実務を修習したことを必要としているのでありますが、新たに定められた水先区について、初めて水先人を置く場合、または水先人の死亡その他の事故により水先人が皆無となつた水先区に水先修業生がいない場合には、実際上この要件を充すことは不可能でありますし、また諸種の事情により水先人を急速に補充ないし増置する必要がある場合において、この要件を具備した水先修業生がいないときには、急速に水先人を置くことができないことともなりますから、かかる場合には、一定回数以上その水先区において航海に従事した実歴をもつて水先修業生の要件にかえまして、水先人の免許を與えることができるものとしようとするのであります。
 次に、以前に水先人であつた者から、水先人の免許の申請があつた場合、第四條の免許の要件を具備しておれば、免許は與えられるのでありますが、かかる者に対してただちに水先人の免許を與えることは、第八條第二項の免許の更新の際に、必要がある場合には試験を行うことができるという規定との関係におきまして不合理がありますので、かかる場合にも必要に応じて試験を行うことができるように措置しようとするものであります。
 最後に、和歌山県下津は、最近主として石油積揚げの船舶、特に大型外国船の入出港が急増いたしまして、水先人を置く必要に迫られておりますから、下津水先区を設定しようとするものであります。
 以上簡單でありますが、提案理由の御説明を終ります。何とぞ愼重御審議の上、すみやかに可決あらんことをお願い申し上げます。
#6
○稻田委員長 ただいまの両案につきましては、次会より質疑に入りたいと思います。議案の都合上暫時休憩いたしまして、午後やりたいと思います。
 暫時休憩いたします。
    午前十一時四十五分休憩
    〔休憩後は開会に至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト