くにさくロゴ
1970/03/29 第65回国会 参議院 参議院会議録情報 第065回国会 議院運営委員会 第12号
姉妹サイト
 
1970/03/29 第65回国会 参議院

参議院会議録情報 第065回国会 議院運営委員会 第12号

#1
第065回国会 議院運営委員会 第12号
昭和四十六年三月二十九日(月曜日)
   午前十一時三十九分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 三月二十四日
   辞任          補欠選任
    矢山 有作君      松井  誠君
 三月二十五日
   辞任          補欠選任
    松井  誠君      矢山 有作君
 三月二十九日
   辞任          補欠選任
    近藤英一郎君      長田 裕二君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         鍋島 直紹君
    理 事
                栗原 祐幸君
                佐藤  隆君
                船田  譲君
                瀬谷 英行君
                矢山 有作君
                上林繁次郎君
    委 員
                長田 裕二君
                鬼丸 勝之君
                大松 博文君
                高田 浩運君
                増田  盛君
                丸茂 重貞君
                藤原 房雄君
        ―――――
       議     長  重宗 雄三君
       副  議  長  安井  謙君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  宮坂 完孝君
       事 務 次 長  岸田  実君
       議 事 部 長  海保 勇三君
       委 員 部 長  若江 幾造君
       記 録 部 長  西村 健一君
       警 務 部 長  植木 正張君
       庶 務 部 長  上野山正輝君
       管 理 部 長  前川  清君
       渉 外 部 長  西宮 信安君
   法制局側
       法 制 局 長  今枝 常男君
   国立国会図書館側
       国立国会図書館
       長        久保田義麿君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
 の一部を改正する法律案(衆議院提出)
○議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程
 の一部改正に関する件
○功労議員の表彰に関する件
○職員に対する賄雑費の支給に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(鍋島直紹君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、理事の補欠選任の件を議題といたします。
 委員部長の報告を求めます。
#3
○参事(若江幾造君) 委員の異動に伴い、本委員会の理事が一名欠員となっております。
 その補欠として、割り当て会派の日本社会党から矢山有作君が理事に推薦されております。
 以上でございます。
#4
○委員長(鍋島直紹君) ただいま報告のとおり、理事に矢山有作君を選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(鍋島直紹君) 国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(宮坂完孝君) 本法案の内容につきまして、便宜、私から御説明申し上げます。
 本案は、国会議員が受ける通信交通費の月額を二十三万円に改定し、本年四月一日から施行しようとするものであります。
#8
○委員長(鍋島直紹君) 別に御発言もなければ、直ちに採決を行ないます。
 本案を原案どおり可決することに賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#9
○委員長(鍋島直紹君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、法律案の審査報告書の作成につきましては、慣例により、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(鍋島直紹君) 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#12
○事務総長(宮坂完孝君) 御説明申し上げます。
 証人等の日当額は、陳述に要した時間により、四時間未満の場合は四千五百円、四時間以上の場合は五千五百円の定額を支給しておりますが、今回、審議会委員の手当の増額に伴いまして、これを五千二百円及び六千二百円に改定し、本年四月一日から施行しようとするものであります。
#13
○委員長(鍋島直紹君) 本件につきましては、ただいま説明のとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#15
○委員長(鍋島直紹君) 次に、功労議員の表彰に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#16
○事務総長(宮坂完孝君) 本件につきましては、昨年、衆議院におきまして同様の表彰が行なわれた等の実情にかんがみ、本院といたしましても、先般来、理事会において協議いたしまして結果、議員として十五年以上在職し、政界を勇退する者に対し、その在職中の功労を多とし、議長から、お手元の資料の要領により、表彰する制度を設けようということで理事会の意見が一致いたした次第でございます。
#17
○委員長(鍋島直紹君) 別に御発言もなければ、本件につきましては、ただいま説明のとおりに決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#19
○委員長(鍋島直紹君) 次に、職員に対する賄雑費の支給に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#20
○事務総長(宮坂完孝君) 国会職員に対しましては、国会職員の給与等に関する規程第十二条の規定によりまして、議長が、議院運営委員会にはかって、賄雑費を支給することができることに相なっております。これは例年、年度末に一回これを支給いたしておりまして、本年度におきましても、予算額四百二万七千円の範囲内において、従前の例にならいまして支給いたしたいと存ずるわけであります。
 なお、国会図書館並びに裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の事務局の職員に対しましても、賄雑資を支給いたしたいと存じますので、あわせて御承認をお願い申し上げる次第でございます。
#21
○委員長(鍋島直紹君) 本件につきましては、ただいま説明のとおりこれを承認することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○委員長(鍋島直紹君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本会議もございますので、暫時休憩いたします。
   午前十一時四十四分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト