くにさくロゴ
1970/05/20 第65回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第065回国会 逓信委員会 第20号
姉妹サイト
 
1970/05/20 第65回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第065回国会 逓信委員会 第20号

#1
第065回国会 逓信委員会 第20号
昭和四十六年五月二十日(木曜日)
    午前十時四十一分開議
 出席委員
  委員長 金子 岩三君
  理事 加藤常太郎君 理事 本名  武君
  理事 古川 喜一君 理事 樋上 新一君
     加藤 六月君    佐藤 守良君
     坪川 信三君    羽田  孜君
     林  義郎君    森  喜朗君
     森山 欽司君    武部  文君
     池田 禎治君    土橋 一吉君
     中村 拓道君
 出席国務大臣
        郵 政 大 臣 井出一太郎君
 出席政府委員
        郵政政務次官  小渕 恵三君
        郵政大臣官房長 野田誠二郎君
        郵政省電波監理
        局長      藤木  栄君
 委員外の出席者
        逓信委員会調査
        室長      佐々木久雄君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 請 願
 一 電話加入権売買業者の公認制度創設に関す
   る請願(福田篤泰君紹介)(第三四五一号)
 二 郵便物及び電報の配達制度等改善に関する
   請願(池田清志君紹介)(第四一〇七号)
 三 身体障害者団体発行定期刊行物の第四種郵
   便物認可に関する請願(木原実君紹介)(
   第五七四八号)
 四 電話加入権売買業者の公認制度創設に関す
   る請願(内海英男君紹介)(第六二四九号)
 五 同(原田憲君紹介)(第六二五〇号)
 六 同外一件(金子岩三君紹介)(第六四八六
   号)
 七 同(菅野和太郎君紹介)(第六四八七号)
 八 同(木野晴夫君紹介)(第六四八八号)
 九 同外一件(箕輪登君紹介)(第六四八九号)
 一〇 同(進藤一馬君紹介)(第六四九〇号)
 一一 同(中山正暉君紹介)(第六四九一号)
 一二 同(古川丈吉君紹介)(第六四九二号)
 一三 同(寒川喜一君紹介)(第六六二六号)
 一四 同(西尾末廣君紹介)(第六六二七号)
 一五 同(金子岩三君紹介)(第六七五五号)
 一六 鹿児島県霧島町の電話自動化に関する請
    願(池田清志君紹介)(第六七七二号)
 一七 簡易生命保険制度改正に関する請願(八
    百板正君紹介)(第六八一二号)
     ――――◇―――――
#2
○金子委員長 これより会議を開きます。
 閉会中審査に関する件についておはかりいたします。
 有線テレビジョン放送法案について、議長に対し閉会中審査の申し出をいたしたいと存じます。これに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕
#3
○金子委員長 起立多数。よって、さように決しました。
 次に、
 逓信行政に関する件
 郵政事業に関する件
 郵政監察に関する件
 電気通信に関する件
 電波監理及び放送に関する件
 以上の各件について、議長に対し閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、閉会中審査案件が付託されました場合、その調査のため委員派遣を行なう必要が生じました際の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 引き続きおはかりいたします。
 閉会中審査案件が付託になりました場合、本会期中設置いたしました放送に関する小委員会につきましては、閉会中もなおこれを存置し、調査を進めたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 また、小委員及び小委員長は従前どおりとし、今後小委員及び小委員長から、辞任の申し出がありました際には、そのつど委員会にはかることなく、委員長においてこれを許可することとし、その補欠選任並びに委員の異動に伴う補欠選任につきましては、委員長においてこれを指名することに御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、閉会中審査におきましては、委員会及び小委員会において参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○金子委員長 御異議なしと認めます。よってさように決しました。
     ――――◇―――――
#9
○金子委員長 次に、請願の審査を行ないます。
 本日の日程全部の請願を一括して議題といたします。
 まず、審査の方法についておはかりいたします。
 各請願の内容につきましては、文書表等によりすでに御承知のことでありますし、さらに、先刻の理事会におきまして慎重に御検討願いましたので、この際、紹介議員からの説明聴取等はこれを省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 それでは採決いたします。
 請願日程第二、第三及び第一六の請願は、その趣旨妥当なものとし、採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
 なお、ただいま議決いたしました請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、さように決しました。
    ―――――――――――――
  〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#13
○金子委員長 なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、全部で七件であります。以上、御報告申し上げます。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト