くにさくロゴ
1970/12/18 第64回国会 参議院 参議院会議録情報 第064回国会 農林水産委員会 第6号
姉妹サイト
 
1970/12/18 第64回国会 参議院

参議院会議録情報 第064回国会 農林水産委員会 第6号

#1
第064回国会 農林水産委員会 第6号
昭和四十五年十二月十八日(金曜日)
   午後六時五十六分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十二月十八日
    辞任         補欠選任
     久次米健太郎君    金丸 冨夫君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    理 事
                亀井 善彰君
                高橋雄之助君
                達田 龍彦君
                村田 秀三君
                沢田  実君
    委 員
                青田源太郎君
                金丸 冨夫君
                小枝 一雄君
                小林 国司君
                櫻井 志郎君
                鈴木 省吾君
                田口長治郎君
                森 八三一君
                和田 鶴一君
                川村 清一君
                北村  暢君
                武内 五郎君
                中村 波男君
                前川  旦君
                宮崎 正義君
                向井 長年君
                河田 賢治君
   国務大臣
       農 林 大 臣  倉石 忠雄君
   政府委員
       農林政務次官   宮崎 正雄君
       農林省農政局長  中野 和仁君
       農林省農地局長  岩本 道夫君
   事務局側
       常任委員会専門  宮出 秀雄君
       員
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○農薬取締法の一部を改正する法律案(内閣提
 出、衆議院送付)
○農用地の土壌の汚染防止等に関する法律案
 (内閣提出、衆議院送付)
○米穀の基本政策確立に関する請願(第二号)
○花き振興法(仮称)の法制化促進に関する請願
 (第三号)(第一七八号)(第三一一号)(第
 三三〇号)(第四〇五号)(第四八七号)
○果実等の輸入自由化阻止に関する請願(第六九
 号)
○食糧管理制度堅持に関する請願(第一七〇号)
○さけ・ますはえなわ漁業の流し網漁業への転換
 促進に関する請願(第一七一号)
○林地除草剤散布に伴う被害の防止に関する請願
 (第一七二号)(第三〇八号)(第三二七号)
 (第四〇二号)
○米の生産調整に伴う飼料作物増産対策に関する
 請願(第三〇九号)(第三二八号)(第四〇三
 号)
○米穀用特殊包装容器の使用許可に関する請願
 (第三一〇号)(第三二九号)(第四〇四号)
○農薬の安全使用並びに農産物の安全確保に関す
 る請願(第三九二号)
○漁港の整備促進等に関する請願(第五〇五号)
○仙台市蒲生海岸の渡り鳥渡来地の保存に関する
 請願(第五九〇号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
  〔理事高橋雄之助君委員長席に着く〕
#2
○理事(高橋雄之助君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
 この際、委員の異動について報告いたします。
 本日、久次米健太郎君が委員を辞任され、その補欠として金丸冨夫君を選任いたしました。
    ―――――――――――――
#3
○理事(高橋雄之助君) 農薬取締法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 本案に対する質疑はすでに尽きたようでございますので、質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認めます。
 それでは、これより討論に入ります。
 御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。――別に意見もないようですので、討論はないものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認めます。
 それでは、これより採決に入ります。
 農薬取締法の一部を改正する法律案を問題に供します。本案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#6
○理事(高橋雄之助君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 亀井善彰君から発言を求められておりますので、これを許します。亀井君。
#7
○亀井善彰君 ただいま可決されました農薬取締法の一部を改正する法律案について、自由民主党、日本社会党、公明党、民社党四党共同による附帯決議案を私から提出いたします。案文を朗読いたします。
   農薬取締法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)
 農薬の使用に伴う残留毒性等の問題の発生に対処し、農薬の品質の適正化と安全使用の徹底に努め、国民の健康の保護、環境汚染の防止等を強力に進めるため、政府は、本法の施行にあたり、左記事項を十分検討し、その達成を図るべきである。
    記
一、低毒性農薬、生物的防除剤等の開発、実用化を促進するとともに、作物残留性農薬等の指定にあたつては、農薬の危害防止を徹底するため、適切なかぎりその指定範囲を拡大するよう配慮すること。
二、農薬の登録審査の強化等に対応し、検査体制の充実を図り、検査の実効を確保し、さらに公的試験研究機鬨、残留農薬研究所等の整備を期するため、予算措置等をとくに配慮すること。
三、農薬残留許容量と安全使用基準については、科学的な調査に基づき、厳正な基準の設定を早急にとりすすめ、農薬の安全使用と指導に努めるとともに、かつまた残留性農薬の検出等の監視体制を一段と強化し、消費者および農業者の不安を除くよう努力すること。
四、既登録農薬の残留性の検証を早急に進め、市販農薬の安全性を確保するとともに、汚染農作物の廃棄等による農業経営への影響に対しては、農家の経済と経営安定のため必要な措置を講ずること。
五、農薬の適正な使用を図るため、病害虫防除所、病害虫防除員等の充実、共同防除の推進、予算の確保等により防除体制の整備に努め、あわせて農薬使用者の被害が防止されるよう指導すること。
六、森林に対する薬剤撤布については、環境汚染、その他の副次的危害を防止するよう考慮すること。
  とくに245Tなどフエノキシ系除草剤の使用は、その催奇性の毒性に着目し、慎重かつ早急に調査検討を行ない、使用中止または使用制限等の所要の措置を講ずること。
七、母乳汚染問題の現状にかんがみ、BHC、DDT等については、早急に調査しその汚染源を断つため、すみやかに全面的な使用中止等、所要の措置を講ずること。
八、販売禁止された農薬については、製造業者等の回収措置が実効を期せられるよう、法の運用、指導の強化を図ること。
 右決議する。
 以上であります。
#8
○理事(高橋雄之助君) おはかりいたします。
 亀井君提出の附帯決議案に御賛成の方の挙手を願います。
 〔賛成者挙手〕
#9
○理事(高橋雄之助君) 全会一致と認めます。よって亀井君提出の附帯決議案は全会一致をもって、本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 ただいまの決議に対し、倉石農林大臣から発言を求められておりますので、これを許します。
#10
○国務大臣(倉石忠雄君) ただいまの附帯決議につきましては、決議の御趣旨を尊重いたしまして、善処してまいりたいと存じます。
    ―――――――――――――
#11
○理事(高橋雄之助君) 次に、農用地の土壌の汚染防止等に関する法律案を議題といたします。
 本案に対する質疑はすでに尽きたようでございますので、質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認めます。
 それでは、これより討論に入ります。
 御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。
 なお、修正意見のある方は討論中にお述べ願います。
#13
○河田賢治君 農用地の土壌の汚染防止等に関する法律案に対する修正案を日本共産党を代表して提案いたします。
 案文の朗読は省略して、修正案の趣旨の中心点に限り、修正案要綱によって説明いたします。
 今回政府が、農作物の生育阻害防止をも含めた本法案の提出に踏み切ったことは、深刻化した土壌汚染の現状を改善する上で、一定の積極的意義を果たすものとして評価するものであります。しかしながら、政府提出法案は、土壌汚染そのものを未然に防止する点をはじめ、幾つかの弱点を残しているのであります。
 したがって、私は、本法案の趣旨、目的を貫くために次の諸点についての修正を提案するものであります。
 修正点の第一は、第一条の法の目的において、土壌汚染の発生源としての企業責任を明確にし、発生源で防止するという公害防止の原則に立って、企業に対する規制を本法において行えるようにすることであります。
 歴史的には、足尾鉱山による渡良瀬川鉱毒事件に端を発し、今日全国化するに至ったカドミウム汚染の実態が示すものは、農用地土壌汚染がことごとく鉱山、精錬所を中心とする企業活動によってもたらされたという点であります。
 本法案が汚染の未然防止をうたい、事業者責務を明記した基本法の実施法であることからみても、発生源の責務とその規制をうたうことは不可欠の要件だと考えるものであります。
 修正点の第二は、土壌汚染が、有害物質のきわめて微量な排出によっても、長期にわたる蓄積によって汚染がもたらされ、また、水と大気双方からの相乗汚染を受けるという水質汚染、大気汚染とは異なる特殊性からみて、一そう厳しい排出規制を要する点についてであります。
 この立場から、私は、土壌の環境基準を維持する上で必要な排水基準、排気基準を本法によって独自に定めることとし、あわせて、都道府県知事による土壌汚染施設設置の許可制、立ち入り検査、改善命令、操業停止命令等必要な監督、規制措置を行なえるようにする点であります。
 修正点の第三は、農用地土壌汚染対策計画を定める場合は、関係被害農民の三分の二以上の同意を要するとする点であります。
 本法の趣旨からみて、対策計画が、被害農民の要求を第一義的に尊重すべきことは当然であります。
 ところが政府案では、この立場からする、計画決定の民主的手続に欠けるばかりか、計画内容を、費用、緊要度等によって規制する条項を含んでいることは、対策計画の持つ被害農民救済目的に照して、きわめて不十分と言わざるを得ないのであります。
 その他、政府案では全く救済措置のない汚染農作物について、事業者の無過失責任制の挿入と、それに基づく事業者の費用負担、被害補償を明確にすること、さらには、土壌環境基準の都道府県による上乗せ規定を加えることを提案するものであります。
 以上、農用地の土壌の汚染防止法案に対する修正案の趣旨説明といたします。
 委員各位の御協力によりまして可決されんことを要望し、説明を終わります。
#14
○理事(高橋雄之助君) ほかに御意見もないようですので、討論は終局したものと認めて御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認めます。
 これより採決に入ります。
 まず、討論中にありました河田君提出の修正案を問題に供します。河田君提出の修正案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#16
○理事(高橋雄之助君) 少数と認めます。よって、河田君提出の修正案は否決されました。
 次に、原案全部を問題に供します。本案を原案どおり可決することに賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#17
○理事(高橋雄之助君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 村田秀三君から発言を求められておりますので、これを許します。
#18
○村田秀三君 ただいま可決されました農用地の土壌の汚染防止等に関する法律案について、自由民主党、日本社会党、公明党、民社党共同による附帯決議案を私から提出いたします。
 案文を朗読いたします。
    農用地の土壌の汚染防止等に関する法律案に対する附帯決議(案)
  政府は、本法の施行に当つては、農用地の土壌汚染防止のため極力汚染源の早期発見と事前防止に努めるとともに、速かに土壌汚染の除去及び汚染農用地の利用の合理化を図るため、特に左記事項の実現に努めるべきである。
     記
 一、カドミウムのほか特定有害物質の追加指定を促進し、食用農畜産物の汚染の許容限度を定め、及び林地等を含めたすべての土壌の汚染に関する環境基準の設定を検討する等、速かな土壌汚染防止等に関する措置の充実を期すること。
 二、水質汚濁防止法文は大気汚染防止法に基づく都道府県知事の定める排水基準及び排出基準並びに汚染源に対する監視・監督等に関し、土壌汚染防止が十分図られるよう万全の措置を講ずること。
 三、都道府県知事が対策計画を定めるに当つては、関係市町村等地元住民の意向を十分反映させるとともに、計画の速かな策定のための経費の援助等に十分意を用いること。
 四、対策計画の実施に当つては、その確実な実施を図るはもちろん、可及的に公害防止事業費事業者負担法の事業として施行するものとし、その他の場合においても極力農業者の負担が軽減されるよう経費の助成に努めること。
 五、特別地区について農作物等の作付け等に関する勧告を行なうに当っては、作付転換に対する積極的な技術的財政的援助に努めるものとし、農業者の損失の救済についても特段の指導を行なうこと。
 六、農用地の土壌の汚染の調査測定については、その調査測定体制を整備充実して速かな実施を確保し、あわせて研究機関、研究組織、研究員の養成確保等に努めて試験研究の推進を図ること。
 七、対策地域外においても土壌汚染の防止及び除去等に関し、適切な措置を講ずること。
 右決議する。
 以上、提案申し上げます。
#19
○理事(高橋雄之助君) おはかりいたします。
 村田君提出の附帯決議案に賛成の方の挙手を願います。
  〔賛成者挙手〕
#20
○理事(高橋雄之助君) 全会一致と認めます。よって、村田君提出の附帯決議案は、全会一致をもって本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 ただいまの決議に対し、倉石農林大臣から発言を求められておりますので、これを許します。
#21
○国務大臣(倉石忠雄君) ただいまの附帯決議につきましては、決議の御趣旨を尊重いたしまして、善処してまいりたいと存じます。
#22
○理事(高橋雄之助君) なお、両案の審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#24
○理事(高橋雄之助君) 次に、請願第二号米穀の基本政策確立に関する請願外二十二件の請願を議題といたします。
 本委員会に付託されております二十三件の請願は、一応専門員のもとで整理してもらい、本日の理事会において審査いたしました結果、請願第二号米穀の基本政策確立に関する請願、第三号、第一七八号、第三一一号、第三三〇号、第四〇五号及び第四八七号の花き振興法(仮称)の法制化促進に関する請願、第一七〇号食糧管理制度堅持に関する請願、第一七二号、第三〇八号、第三二七号及び第四〇二号の林地除草剤散布に伴う被害の防止に関する請願、第三〇九号、第三二八号及び第四〇三号の米の生産調整に伴う飼料作物増産対策に関する請願、第三一〇号、第三二九号及び第四〇四号の米穀用特殊包装容器の使用許可に関する請願、第五〇五号漁港の整備促進等に関する請願、第五九〇号仙台市蒲生海岸の渡り鳥渡来地の保存に関する請願、以上二十件の請願は、議院の会議に付するを要するものにして、内閣に送付することを要するものとし、請願第六九号果実等の輸入自由化阻止に関する請願、第一七一号さけ・ますはえなわ漁業の流し網漁業への転換促進に関する請願、第三九二号農薬の安全使用並びに農産物の安全確保に関する請願以上三件の請願は、保留とすることに意見の一致を見ました。
 つきましては、理事会の審査のとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#27
○理事(高橋雄之助君) 継続調査要求に関する件についておはかりいたします。
 農林水産政策に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○理事(高橋雄之助君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
   午後七時十五分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト