くにさくロゴ
1970/12/17 第64回国会 参議院 参議院会議録情報 第064回国会 外務委員会 第3号
姉妹サイト
 
1970/12/17 第64回国会 参議院

参議院会議録情報 第064回国会 外務委員会 第3号

#1
第064回国会 外務委員会 第3号
昭和四十五年十二月十七日(木曜日)
   午前十時七分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十二月四日
    辞任         補欠選任
     岩間 正男君     野坂 参三君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         長谷川 仁君
    理 事
                木内 四郎君
                増原 恵吉君
                西村 関一君
    委 員
                杉原 荒太君
                廣瀬 久忠君
                三木與吉郎君
                山本 利壽君
                羽生 三七君
                白木義一郎君
   国務大臣
       外 務 大 臣  愛知 揆一君
   政府委員
       外務政務次官   竹内 黎一君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        小倉  満君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○日米安保条約廃棄に関する請願(第四三号)
 (第四四号)(第四五号)(第四六号)(第四
 七号)(第四八号)(第四九号)(第四四四
 号)(第四七三号)(第五二九号)(第五三九
 号)(第五五四号)(第五九八号)(第六〇七
 号)(第七四二号)(第七四三号)
○国連大学の長野県招致に関する請願(第三一三
 号)(第三三二号)(第四〇七号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(長谷川仁君) ただいまから外務委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について報告いたします。
 去る四日岩間正男君が委員を辞任され、その補欠として野坂参三君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(長谷川仁君) これより請願の審査に入ります。
 第四三号日米安保条約廃棄に関する請願外十八件を一括して議題といたします。
 まず、専門員から説明を聴取いたします。
 小倉専門員。
#4
○専門員(小倉満君) 御説明申し上げます。
 今国会中、外務委員会に付託された請願は全部で十九件でございますが、分類いたしますと二種類でございます。
 まず、第四三号外十五件は、日米安保条約と米軍の沖繩占領により、日本の独立と安全は侵されており、また昨年十一月の日米共同声明は、日本を一そう侵略的軍事同盟に組み入れているので、日本の平和と安全を守り、真の独立と中立日本を実現するため、国会は、日米安保条約の終了通告を行なうようすみやかに議決し、同条約を廃棄されたいというものであります。
 次に、第三一三号外二件は、国連大学の日本招致は、日本にとって大きな意義をもたらすものであり、ことに長野県は、清澄な空気と荘厳な自然に恵まれ、学問、科学の研究に最適であるので、国連大学が長野県に招致できるよう適切な措置を講ぜられたいというものであります。
 以上で御説明を終わります。
#5
○委員長(長谷川仁君) 速記をちょっととめて。
  〔速記中止〕
#6
○委員長(長谷川仁君) 速記を起こして。
 それでは、ただいま審査いたしました第三一三号国連大学の長野県招致に関する請願外二件は、議院の会議に付するを要するものにして内閣に送付するを要するものとし、第四三号日米安保条約廃棄に関する請願外十五件は、保留とすることに決定して御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(長谷川仁君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(長谷川仁君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(長谷川仁君) 次に、継続調査要求に関する件についておはかりいたします。
 国際情勢等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(長谷川仁君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(長谷川仁君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト