くにさくロゴ
1970/11/24 第64回国会 参議院 参議院会議録情報 第064回国会 本会議 第1号
姉妹サイト
 
1970/11/24 第64回国会 参議院

参議院会議録情報 第064回国会 本会議 第1号

#1
第064回国会 本会議 第1号
昭和四十五年十一月二十四日(火曜日)
   午前十時九分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第一号
  昭和四十五年十一月二十四日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 会期の件
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一
 一、新議員の紹介
 一、故議員吉江勝保君に対し弔詞贈呈の件
 一、故議員吉江勝保君に対する追悼の辞
 一、故議員瓜生清君に対し弔詞贈呈の件
 一、故議員瓜生清君に対する追悼の辞
 一、参議院規則の一部を改正する規則案(徳永
  正利君外七名発議)(委員会審査省略要求事
  件)
 一、日程第二
 一、特別委員会を設置するの件
 一、国家公務員等の任命に関する件
    ―――――――――――――
#3
○議長(重宗雄三君) 第六十三回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#4
○議長(重宗雄三君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいま御着席のとおり指定いたします。
     ―――――・―――――
#5
○議長(重宗雄三君) この際、新たに議席に着かれました議員を紹介いたします。
 議席第百六十一番、地方選出議員、山梨県選出、星野重次君。
   〔星野重次君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#6
○議長(重宗雄三君) 議席第百五十八番、沖繩選出議員、喜屋武真栄君。
   〔喜屋武真栄君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#7
○議長(重宗雄三君) 議席第百五十六番、沖繩選出議員、稲嶺一郎君。
   〔稲嶺一郎君起立、拍手〕
     ―――――・―――――
#8
○議長(重宗雄三君) 議員吉江勝保君は、去る九月十七日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
 同君に対しましては、すでに弔詞を贈呈いたしました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は議員従三位勲二等吉江勝保君の長逝に対しましてつつしんで哀悼の意を表しうやうやしく弔詞をささげます
     ―――――・―――――
#9
○議長(重宗雄三君) 楠正俊君から発言を求められております。この際、発言を許します。楠正俊君。
   〔楠正俊君登壇、拍手〕
#10
○楠正俊君 私は、皆さまのお許しを得まして、議員一同を代表し、去る九月十七日逝去されました参議院議員従三位勲二等故吉江勝保君の御霊に対し、つつしんで御冥福をお祈り申し上げますとともに、君の生前の御功績をしのびつつ、心からなる追悼のことばを申し述べたいと存じます。
 君は、明治三十三年四月八日京都府に生まれ、齢七十歳、参議院議員として、また、円熟した政治家として、今後いよいよその御活躍が期待されておりましたのに、不幸病魔のおかすところとなり、薬石効なく、その生涯を閉じられたのであります。いま、私は君の生前の温顔を思い浮かべ、悲しみの胸に迫るを禁じ得ません。
 七十年の生涯を通じ、地方自治の刷新、教育の振興などにささげられた君の情熱と崇高な精神に対し、深い敬意を表しますとともに、ここにつつしんで哀悼の誠をささげるものであります。
 君は、昭和二年東京帝国大学法学部卒業後、直ちに内務省に入り、主として地方の警察事務に従事、昭和十六年厚生省人口局の課長となり、昭和十八年陸軍司政官に任命、その後ジャカルタ特別市長となり、さらに司政長官に任ぜられ、終戦後内地に引き揚げ、昭和二十二年官選最後の山梨県知事に任用されたのであります。
 これにより、君と山梨県との間に深い関係が生じ、自来、君は山梨県を第三の故郷とし、昭和二十二年山梨県民として地方自治法施行第一回の公選知事選挙に立候補、めでたく当選、一期四年間山梨県政発展のため尽力されますとともに、特に富士山、富士五湖をはじめとし、幾多の景勝地を持つ山梨県の観光行政の振興につとめられるなど地方自治の刷新に大きな功績を残されました。
 君と私との交わりは長く、私は公私ともに御指導、御鞭撻を賜わったのであります。
 君は、まことに謹厳実直、利害を超越して筋を通すという性格であり、その点、一見近づきがたい面もありましたが、深く接しますと、親身にあふれ、人間味が強く感ぜられる方でありました。
 君の中学生時代、教師から「鼈という漢字を知っている者があるか」と問われたとき、ただ一人手をあげて、あの難解な鼈という漢字を黒板に書くかと、クラス一同思っていたところ、平然と、かなで「すっぽん」と書き、皆をあ然とさせたことがあり、それ以来、「すっぽん」というあだ名をつけられたと聞きました。御承知のとおり、鼈は、一たん食いついたら離れないという激しい性質を持ちながら、その味はきわめて滋養に富んだ動物であり、このあだ名は君の性格の一面をよく物語るものと言えましょう。
 実直である点は、日程を活字のような小さな字で克明に手帳に記載し、そのとおりきちょうめんに行動された事実からもうかがわれるのであります。
 また、君は柔道に堪能で、旧制三高時代には、柔道部の主将をつとめられたほどであります。その上、弓道、書道にも精進されますとともに、囲碁は日本棋院五段の実力を持つ趣味人でもありました。
 君の国政参与の足取りを見ますと、昭和二十七年山梨県において衆議院議員当選、同三十一年山梨県地方区から参議院議員当選、同三十七年及び四十三年の参議院議員選挙にも引き続き当選、衆議院議員一回、参議院議員三回にわたって議席を得られたのであります。
 この間、昭和三十五年内閣委員長、同四十一年物価対策特別委員長に選任され、国家公務員、行政機構、防衛、物価対策等の重要な国政の審議に当たられました。また、常任委員としては、長らく文教委員をつとめられ、教育立法の審議制定、教育・文化の振興に尽力されました。文教委員会におきましては、古参として委員会の運営に協力されたのであります。
 いま、君の文教委員としての御活躍のあとを振り返ってみますと、数々の御功績を残されましたが、特殊教育の振興には特段に努力を傾けられたのであります。特に盲ろうあ三重苦の生徒のいた山梨県立盲学校の教育のために種々お骨折りなされたのでありまして、この点頭が下がる思いがいたしました。私どもは、君のこの大きな御功績に対し、深い謝意と敬意を表してやみません。
 さて、いまやわが国の教育は新時代を迎え、初等・中等教育及び大学教育改革の重要な課題をかかえております。このときにあたり、君のような学識経験ともに豊かな人材を失いましたことは、大きな損失と言わなければなりません。また、わが文教委員会としましても、今後、君の御活躍に待つところきわめて大でありましたのに、もはや幽明境を異にし、再び君の温容に接することができないことは、まことに残念であります。しかしながら、われわれはありし日の君をしのび、わが国の文教の刷新振興に一そう努力する決意であります。
 ここに、君の御逝去に対し、心から哀悼の意を表しますとともに、君の御冥福と御遺族の御多幸を祈ってやまない次第であります。(拍手)
     ―――――・―――――
#11
○議長(重宗雄三君) 議員瓜生清君は、去る十一月九日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
 同君に対しましては、すでに弔詞を贈呈いたしました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は議員従四位勲三等瓜生清君の長逝に対しましてつつしんで哀悼の意を表しうやうやしく弔詞をささげます
     ―――――・―――――
#12
○議長(重宗雄三君) 栗原祐幸君から発言を求められております。この際、発言を許します。栗原祐幸君。
   〔栗原祐幸君登壇、拍手〕
#13
○栗原祐幸君 本院議員瓜生清君は、去る十一月九日、突然の病魔に襲われ、急逝せられました。ここに、議員一同を代表して、つつしんで哀悼の意を表したいと存じます。
 君は大阪府枚方市の出身で、年若くして御母堂に死別されるなど、いろいろと御苦労が多かったと聞いております。昭和十七年、関西大学専門部を卒業し、直ちに兵役に従事されましたが、終戦となり、無事復員され、大阪府貝塚市にある織布会社に勤務されました。君が積極的に労働運動に挺身されたのはこのときからであり、自来、全繊同盟にあっては中央執行委員、副会長等の要職を歴任され、現在まで顧問として尽力されてこられました。そのほか、大阪府地方労働委員会委員、社会保険診療報酬支払基金理事、社会保障制度審議会委員等も歴任されたのであります。この間、アメリカ国務省の招待によるアメリカ視察や中国紡織工会の招きによる中国視察に参加され、第七回ILO繊維委員会には日本の労働代表として、また昭和三十九年の銀行、繊維関係者等の訪米使節団に顧問として参加される等、終始、労働界の代表として意欲的に御活躍なされたのであります。
 昭和四十年の参議院議員通常選挙には、新人ながら全国区で高位当選の栄をかちとられ、以来、民社党所属議員として大蔵、商工、社会労働、予算、決算等の委員を幅広く歴任されましたが、最近は大蔵委員会の理事として委員会の運営に精力的な御尽力をいただいておりました。しかも、君は、きわめて研究心旺盛で、委員会における財政、金融等に関する発言なども、まことに卓越した見識をお示しになりました。
 君が急逝されました当日、ちょうど大蔵委員会を開会中でございましたが、君はこの日も大蔵大臣、日銀総裁等に対し質疑を予定されておりましたのに、前夜来不慮の病魔に襲われ、昏睡状態であるとの連絡に接し、われわれ一同お案じ申し上げておりましたところ、委員会の開会後間もなく訃報に接し、まことに驚き入った次第であります。
 君は資性きわめて明朗、濶達、広く人を容れるの雅量に富み、同僚議員や多くの人々から親しまれておりましたし、民社党の西村委員長は、君のすぐれた人格と識見に将来を嘱望されておられたようであります。しかも、齢いまだ前途洋々たる五十歳にして、これからの君の活躍を衆人刮目して御期待申し上げていたにもかかわらず、ここに短い生涯を終えられましたことは、ひとり本院のみならず、国家のためにまことに惜しみても余りあるものがあります。
 君は昨年一月、最愛の令夫人に死別され、何かと御不自由を重ねられながら、お子さまと平和な家庭を守ってこられました。その君が、いま、まだ年若いお子さま方をあとに残されましたことは、さぞかし口惜しいことでございましょうが、君にはぐくまれたお子さま方は、必ずや君の御遺志を受け継がれ、いかなる艱難にもめげず、りっぱな社会人として成長なさるものと確信いたします。
 ここに、つつしんで君の御冥福を祈り、追悼のことばといたします。(拍手)
     ―――――・―――――
#14
○議長(重宗雄三君) この際、おはかりいたします。
 徳永正利君外七名発議にかかる参議院規則の一部を改正する規則案は、発議者要求のとおり、委員会審査を省略し、日程に追加して、これを議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。よって、本案を議題といたします。
 まず、発議者の趣旨説明を求めます。徳永正利君。
    ―――――――――――――
   〔徳永正利君登壇、拍手〕
#16
○徳永正利君 ただいま議題となりました参議院規則の一部を改正する規則案につきまして、提案の理由を御説明いたします。
 本案は、前国会において成立いたしました沖繩住民の国政参加特別措置法の施行により、本院議員の定数が二人増加いたしましたことに伴いまして、常任委員の定数を改めようとするものであります。
 本案につきましては、議院運営委員会において協議いたしました結果、諸般の事情を勘案いたしまして、社会労働委員及び商工委員を、それぞれ一人増加することといたしたのであります。
 何とぞ御賛成を賜わりますようお願い申し上げます。(拍手)
#17
○議長(重宗雄三君) 別に御発言もなければ、これより採決をいたします。
 本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#18
○議長(重宗雄三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決せられました。
     ―――――・―――――
#19
○議長(重宗雄三君) この際、議長は、本院規則第三十条により、喜屋武真栄君を社会労働委員に、稲嶺一郎君を商工委員に、それぞれ指名いたします。
 これにて休憩いたします。
   午前十時二十八分休憩
     ―――――・―――――
   午後零時四十八分開議
#20
○議長(重宗雄三君) 休憩前に引き続き、これより会議を開きます。
 日程第二、会期の件。
 議長は、今期国会の会期を二十五日間といたしたいと存じます。
 会期を二十五日間とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#21
○議長(重宗雄三君) 総員起立と認めます。よって、会期は全会一致をもって二十五日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
#22
○議長(重宗雄三君) この際、特別委員会の設置につき、おはかりいたします。
 災害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる災害対策特別委員会を、
 公害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる公害対策特別委員会を、
 交通安全に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる交通安全対策特別委員会を、
 当面の物価等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる物価等対策特別委員会を、
 公職選挙法改正に関する調査のため、委員二十名からなる公職選挙法改正に関する特別委員会を、
 沖繩及び北方問題に関する対策樹立に資するため、委員二十名からなる沖繩及び北方問題に関する特別委員会を、また
 科学技術振興に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる科学技術振興対策特別委員会を、それぞれ設置いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
 よって、災害対策特別委員会外六特別委員会を設置することに決しました。
 本院規則第三十条により、議長は特別委員を指名いたします。その氏名を参事に朗読させます。
   〔参事朗読〕
     ―――――・―――――
#24
○議長(重宗雄三君) この際、国家公務員等の任命に関する件につきおはかりいたします。
 内閣から、原子力委員会委員に武田榮一君を、
 宇宙開発委員会委員に網島毅君を、
 中央公害審査委員会委員長に小澤文雄君を、同委員に五十嵐義明君、金澤良雄君、五島貞次君、田中康民君、藤崎辰夫君を、
 公正取引委員会委員に高橋勝好君、橋本徳男君を、
 国家公安委員会委員に藤井丙午君を、
 社会保険審査会委員に大村潤四郎君を、
 漁港審議会委員に家坂孝平君、黒田静夫君、高木淳君、林眞治君、伊藤由松君、宮原九一君、檜山袖四郎君、佐藤俊雄君、藤田友一君を、
 運輸審議会委員に石塚秀二君、堀口大八君を、
 電波監理審議会委員に杉村章三郎君、田中久兵衛君を、
 日本電信電話公社経営委員会委員に大野勝三君を、
 労働保険審査会委員に石館文雄君、百田正弘君、四万陽之助君を、
 地方財政審議会委員に岡本茂君(五月十三日辞任の久保田義麿君の後任)、新居善太郎君、岡本茂君(十月十二日任期満了による再任)、高木壽一君、武岡憲一君、宮内彌君を任命したことについて、それぞれ本院の承認または同意を求めてまいりました。
 まず、宇宙開発委員会委員、中央公害審査委員会委員長、同委員、公正取引委員会委員、国家公安委員会委員、運輸審議会委員、電波監理審議会委員、日本電信電話公社経営委員会委員、地方財政審議会委員の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり、いずれも承認または同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#25
○議長(重宗雄三君) 過半数と認めます。よって、いずれも承認または同意することに決しました。
     ―――――・―――――
#26
○議長(重宗雄三君) 次に、原子力委員会委員、社会保険審査会委員、漁港審議会委員、労働保険審査会委員の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり、いずれも承認または同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#27
○議長(重宗雄三君) 総員起立と認めます。よって、全会一致をもっていずれも承認または同意することに決しました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト