くにさくロゴ
1947/11/19 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会第四分科会 第2号
姉妹サイト
 
1947/11/19 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会第四分科会 第2号

#1
第001回国会 予算委員会第四分科会 第2号
  付託事件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第七号)(内閣送付)
○昭和二十一年度一般会計予算補正
 (第八号)(内閣送付)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (特第三号)(内閣送付)
――――――――――――――――
昭和二十二年十一月十九日(水曜日)
   午前十時三十六分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第七号)
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第八号)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (特第三号)(運輸省所管)
  ―――――――――――――
#2
○主査(村上義一君) これより分科会を開会いたします。最初に運輸省所管の提案理由を伺いたいと思います。政府委員。
#3
○政府委員(田中源三郎君) それでは私から昭和二十二年度当省所管一般会計予算補正(第七号)、(第八号)及び特別会計予算補正(特第三号)として今次國会に提出されました本年度追加予算額の大綱につきまして御説明いたします。
 先ず一般会計の分から申上げます。本年度予算補正要求額は追加額六十三億四千二百万金円、修正減少額一億三千百万余円、差引増加額六十二億一千万余円でありまして、これに既に成立した昭和二十二年度予算額と今次國会に提出中の昭和二十二年度予算追加額との合計額二十二億一千百万余円に加えますと八十四億二千百万余円となります。
 この追加額の中重要な事項につきまして御説明申上げます。先ず最初に船舶運営会に関する経費でありますが、公定価格改訂に伴いまして燃料費等の物件費が増加しましたのと、船員の給與改善に伴いまして人件費が増加いたしましたので、事業運営上生じまする一般損失の補助金の増加として七億二千二百万余円、在外邦人の帰還輸送を行う経費に不足を生じましたので三億五千四百万余円を追加いたしました。次には海上保安制度実施に必要な経費でありますが、これは連合国軍の指令に基きまして我が國への不法入國及び密貿易の取締と海難救助等をなすため海上保安制度を実施する必要がありますので、三千二百万余円を計上いたしました。
 次に国有鉄道事業特別会計への繰入れに必要な経費でありますが、これは國有鉄道事業特別会計の経理の状況に鑑みまして、同会計の歳入不足を補うために五十億円を計上いたしました。尚現下の経済事情に鑑みまして、職員の給與改善を図るために必要な経費、して一億四百万余円を追加計上いたしました。
 その他の経費といたしまして、日本國沿岸に置き去られた船舶の措置に関する法律の制定施行に必要な経費として二十二万余円、海難審判法を制定施行に必要な経費として五十一万余円、公定價格の改訂に伴いまして既定経費に不足を生じましたので、これに必要な経費として九千百万余円等でございます。次に昭和二十二年度國有鉄道事業特別会計予算の概略につき説明いたします。
 先ず損益勘定について申上げますと、経費中歳出の増加総額は特一号及び特二号として提出しましたものを併せまして、二百二億二千百万円でありまして、その内容は政府職員の給與改善に必要な経費道四十六億六千九百五円、内國旅費規則改正により必要な経費五億六百万円、物價騰貴により必要な経費百四十七億八千万円、地方輸送行政移管に必要な経費七百万円、観光行政機構の拡充に必要な経費百万円、鉄道公安強化に必要な経費一千六百万円、食糧増産に必要な経費三千万円、防疫に必要な経費二千二百万円、公債及び借入金の利子及び債務取扱に必要な経費一億一千二百万円、予備費の増加四億円、以上の合計額二百五億四千血百万円を追加し、予算定員の節減等(一六、六六九人減員)に伴う既定経費の減少二億一千七百万円、地方輸送行政の移管、観光行政機構の拡充、鉄道公安強化に伴い一般既定経費の節減一千三百万円、自動車事業の請負作業量の減少に伴う経費の減少九千三百万円、この合計額三億二千三百万円を修正減少し、差引二百二億二千百万円となるのであります。先に申上げました政府職員の給與改善に必要な経費の内三億八千万円は、特一号によりまして、十一億八千七百万円は特二号によりまして既に御協賛をお願いいたしましたのであります。これによりまして、経費中歳出総額は当初の公布予算百七十六億九千三百万円を加えますと総額三百七十九億一千四百万円となる見込であります。
 これに対しまして、収入中歳入は、特一号及び特二号として、提出しましたものを併せまして、本年七月初旬以降の運賃賃率改正及び八月一日以降自動車旅客運賃賃率の改正等により、百七十億九千万円、予備收入として三億円、合計百七十三億九千万円を増加いたします、これに当初の公布予算額十十三億三千三百万円を加えますと総額二百六十七億二千三百万円となります。
 この結果損益勘定におきましては、この國会に提出しました追加及び修正予算の収支によつて三十八億三千二百万円の歳入不足となり、当初予算における歳入欠陷八十三億五千九百万円をこれに加えますと、百十一億九千百万円となりまして、これを全額日本銀行から借入金によることにいたしますと、金融情勢を著しく悪化させる慮れがありますし、又特別会計の独立採算の趣旨にも反しますが、他方現行物價水準下においては運賃改正により赤字を補填いたしますことも困難な情勢にありますので、この会計の十一月以降における歳入不足額五十億円を限度として一般会計から受入れることにいたしました。
 この結果当初予算に基いて既に借入済額七十二億四百万円のうち十億一千三百万円はこれを返還することにいたしました外、借入金当初予算額八十三億五千九百万円を七十二億四百万円に修正し、差引十一億五千五百万円は修正減少することにいたしましたので、二十二年度における借入金は当初予算においては八十三億五千九百万円でありましたが、これが六十一億九千百万円となることになりました。
 次に工事勘定について申上げますと、経費中歳出の増加総額は特一号及び特二号として提出いたしたものを併せて三十三億六千七百万円でありまして、その内容は政府職員の給與改善による総経費の増加一億七千九百万円、内國旅費規則改正による総経費の増加八千九百万円、物償騰貴による総経費の増加二億三千七百万円、物價騰貴による工事費の増加三十二億七千万円、関西地方震害復旧工事費三千四百万円、志免鉱業所労務者住宅の増築に必要な経費六百万円、自動車路線の新設に必要な経費二千五百万円、この合計額三十八億四千万円を追加し、事業施設の建設改良工事の一部中止による既定工事費の減少四億七千三百万円を修正減少し、差引三十三億六千七百万円となるのであります。
 これに当初予算額三十二億六千九百万円及び予備費から充当することにいたしました十九億五千百万円を加えますと総額八十五億八千七百万円となります。
 尚既定計画の工事を一部中止することにいたしましたことに平行いたしまして、予備費を八千万円修正減少することにいたしましたので、これらの財源として発行する公債による受入額の増加額は三十二億八千七百万円となり、当初予算におきまして予定いたしました五十三億七百万円を加えますと、本年度公債発行による受入額ほ八十五億九千四百万円となる見込であります。
 以上損益勘定及び工事勘定の計画について簡単に説明申上げましたが、これに基きまして調製いたしました歳入歳出予算は御手許に差上げてある通りであります。何とぞ御審議の上御協賛あらむことを切望いたします。
#4
○主査(村上義一君) それではこれより質疑に移ります。速記を止めて…。
   午前十時四十六分速記中止
   ―――――・―――――
   午後零時二十四分速記開始
#5
○主査(村上義一君) 速記を始めて……、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時二十五分散会
 出席者は左の通り。
   主査      村上 義一君
   副主査     寺尾  豊君
   委員
           小串 清一君
           田口政五郎君
           飯田精太郎君
           高田  寛君
  政府委員
   運輸政務次官  田中源三郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト