くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 議院運営委員会 第2号
昭和四十四年一月二十七日(月曜日)
   午前十時三分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 一月二十七日
    辞任        補欠選任
     永岡 光治君     小柳  勇君
     多田 省吾君     渋谷 邦彦君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         徳永 正利君
    理 事
                鍋島 直紹君
                藤田 正明君
                船田  譲君
                小柳  勇君
                近藤 信一君
                永岡 光治君
                沢田  実君
                多田 省吾君
    委 員
               久次米健太郎君
                玉置 猛夫君
                土屋 義彦君
                山崎 五郎君
                山内 一郎君
                森  勝治君
                山崎  昇君
        ―――――
       議     長  重宗 雄三君
       副  議  長  安井  謙君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  宮坂 完孝君
       事 務 次 長  岸田  実君
       議 事 部 長  海保 勇三君
       委 員 部 長  若江 幾造君
       記 録 部 長  西村 健一君
       警 務 部 長  植木 正張君
       庶 務 部 長  上野山正輝君
       管 理 部 長  前川  清君
       渉 外 部 長  西宮 信安君
   法制局側
       法 制 局 長  今枝 常男君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○常任委員長辞任及び補欠選任の件
○開会式に関する件
○川端康成君のノーベル賞受賞につき祝意を表す
 る件
○参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及
 び裁判官訴追委員会の昭和四十四年度予定経費
 要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(徳永正利君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、理事の補欠選任の件を議題といたします。
 本日、永岡光治君及び多田省吾君が委員を辞任されたことに伴い、理事に欠員を生じましたので、この際、その補欠選任を行ないます。
 割り当て会派である日本社会党及び公明党から、小柳勇君及び沢田実君がそれぞれ理事に推薦されております。
 割り当て会派推薦のとおり、小柳勇君及び沢田実君を理事に選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(徳永正利君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(徳永正利君) 次に、常任委員長の辞任及び補欠選任に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#5
○事務総長(宮坂完孝君) お手元の資料のとおり、本日、内閣委員長外八委員長から、それぞれ委員長辞任の申し出がございました。
 各常任委員長の後任につきましては、自由民主党から内閣委員長に八田一朗君、地方行政委員長に内藤誉三郎君、外務委員長に山本利壽君、大蔵委員長に丸茂重貞君、文教委員長に久保勘一君、農林水産委員長に任田新治君、商工委員長に八木一郎君、運輸委員長に岡本悟君、日本社会党から逓信委員長に永岡光治君が、それぞれ推薦されております。
#6
○委員長(徳永正利君) ただいま報告のとおり常任委員長の辞任を許可し、その補欠を選任することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(徳永正利君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(徳永正利君) 次に、開会式に関する件を議題といたします。
 理事会において協議いたしました結果、今期国会の開会式は、本一月二十七日午前十一時からお手元の資料のとおりの式次第により挙行することに意見の一致を見ましたので、あらかじめ委員会におはかりする機会を得ませんままに、――公報をもって御通知申し上げたような次第でございます。
 右御了承のほど、お願いいたします。
 次に、式辞案を朗読いたします。
#9
○委員長(徳永正利君) 本件につきましては、以上御報告いたしましたとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(徳永正利君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(徳永正利君) 次に、川端康成君のノーベル賞受賞につき祝意を表する件を議題といたします。
 先般、川端康成君は一九六八年度ノーベル文学賞を授与されました。まことに御同慶にたえません。
 理事会において協議いたしました結果、本院といたしましては、川端康成君の功績をたたえるため、本日の本会議において院議をもって祝意を表するとともに、川端康成君を貴賓席にお迎えして敬意を表することに意見の一致を見たのであります。
 次に、祝辞の案文を朗読いたします。
#12
○委員長(徳永正利君) 本件につきましては、以上御報告いたしましたとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(徳永正利君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(徳永正利君) 次に、参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和四十四年度予定経費要求に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#15
○事務総長(宮坂完孝君) 参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の昭和四十四年度予定経費要求の詳細については、お手元の資料により御承知願うことといたしまして、便宜、私からその主要事項について御説明申し上げます。
 まず、本院の予定経費要求について御説明申し上げます。
 総額は六十七億九千三百三十七万九千円でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、十三億二千五百二十一万一千円の増加となっております。
 次に、予定経費の内訳について申し上げます。
 まず第一は、国会の運営に必要な経費、すなわち議員関係の諸経費及び事務局、法制局の所掌事務を処理するため必要な経費でありますが、要求額は五十三億四千六百五万二千円で、これを前年度予算額に比較いたしますと五億一千三百四万五千円の増加となっております。これは主として議員、議員秘書及び職員の歳費、給与、手当等に要する既定経費の増加によるものであります。
 第二は、営繕工事に必要な経費でありますが、要求額は十四億四千二百三十二万七千円で、前年度予算額に比較いたしますと八億一千二百十六万六千円の増加となっております。これは前年度から引き続いております委員会庁舎新営、清水谷議員宿舎改築、本館門囲障等改設及び本館等空気調和施設整備等の諸経費の増加によるものであります。
 第三は、予備金でございますが、これは前年度同様五百万円を計上いたしております。
    ―――――――――――――
 次に、国立国会図書館の予定経費要求について申し上げます。
 総額は十五億三千四十万円でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと七億七千七百四十五万五千円の減額となっております。これは国立国会図書館庁舎の第二期工事完成により減額したためであります。
 次に、要求額のおもなものについて申し上げます。
 まず第一は、国立国会図書館の維持管理に必要な経費でありますが、その総額は十二億二千五百五十一万六千円で、これを前年度予算額と比較いたしますと一億四千百四十七万二千円の増加となっております。これは主として職員の給与改定並びに庁舎の維持に要する経費でございます。
 第二は、国立国会図書館の業務を運営するために必要な経費でありますが、その総額は二億九千七百三十九万九千円で、これを前年度予算額と比較いたしますと四千百十五万六千円の増加となっております。これは主として立法調査業務の充実に要する経費、図書館資料の収集、整理及び利用に要する経費、目録、書誌等の作成に要する経費、科学技術関係資料の整備に要する経費でございます。
 第三は、国立国会図書館の施設整備に必要な経費でありますが、在来書庫の照明増加に要する経費七百四十八万五千円を計上いたしております。
    ―――――――――――――
 次に、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の予定経費について申し上げますと、その要求総額は、弾劾裁判所が二千二百六十九万四千円、訴追委員会が二千百二十六万三千円でありまして、前年度と比較いたしますと、弾劾裁判所におきましては八十九万二千円、訴追委員会におきましては五十八万八千円、それぞれ増加となっております。これは、いずれも主として職員の給与改定に伴う経費の増加によるものであります。
 理事会、庶務関係小委員会並びに図書館運営小委員会におきまして、それぞれ御協議の結果、ただいま御説明いたしましたとおりの内容をもって予定経費要求書を提出することと相なった次第でございます。
#16
○委員長(徳永正利君) 別に御発言もなければ、本件につきましては、ただいま説明いたしましたとおり、これを了承することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(徳永正利君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前十時十一分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト