くにさくロゴ
1947/11/19 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会第三分科会 第3号
姉妹サイト
 
1947/11/19 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会第三分科会 第3号

#1
第001回国会 予算委員会第三分科会 第3号
  付託事件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第七号)(内閣送付)
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第八号)(内閣送付)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (特第三号)(内閣送付)
――――――――――――――――
昭和二十二年十一月十九日(水曜日)
   午前十時四十五分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第七号)
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第八号)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (第三号)(商工省所管)
  ―――――――――――――
#2
○主査(西川昌夫君) これより第三分科会を開きます。本日は商工省所管に属する分の質疑を行います。
 先ず政府の御説明を願いたいと思います。政務次官。
#3
○政府委員(冨吉榮二君) 只今議題となつて居りまする商工省所管の予算各案につきまして御説明を申上げます。
 先ず昭和二十二年度商工省所管の予算経費補正第七号の要求額は、追加額五十九億六千三百九十五万四千円でありまして、これを既に成立いたしました昭和二十二年度予算額十二億二千六百四十四万二千円に加えますると、七十二億九千三十九万六千円と相成るのであります。
 この追加額は組織別に部、款、項、目、節に区分いたしまして実行する予定でありまするが、その追加を必要といたしまする事項につきまして御説明を申上げます。
 第一は重要輸出品等の国営検査に必要な経費であります。重要輸出品等の品質の現状に鑑みまして、最も重要な機械器具、電気通信機械、日用品の重要品目及び全繊維製品並びに試薬に対しまして國営検査を実施致しまして品位並びに技術の向上を図りまするために必要な経費、四千八百五十四万九千円の内、三百九十九万八千円を機械器具検査所に、千六万七千円を電気通信機械検査所に、四百七十七万八千円を試薬検査所に、千百四十二万七千円を繊維製品検査所に、四百四十七万千円を日用品検査所に、千三百八十万八千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は繊維製品の検査事務に必要な経費であります。繊維製品の國営檢査強化に伴いまして検査事務整備に必要伊経費といたしまして七十一百三千円の内、四十八万五千円を商工省繊維局に、二十二万八千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は調査統計事務の整備拡充に必要な経費であります。鉱業及び生産動態に関する調査統計事務を整備拡充いたしまするために必要な経費二千四十三万二千円の内、五十一万円を商工省鉱山局に、七百九十五万七千円を商工省調査統計局に、三十四万五千円を石炭廳に、六百十三万二千円を地方商工局に、五百四十八万八千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は坑木官の設置に必要な経費であります。炭坑用坑木の集荷、配給及び輸送の円滑化及び利用の合理化に関する事務を処理する坑木官を設置するために必要な経費百二十万千円の内、二万九千円を石炭廳に、六十五万三千円を地方商工局に、五十一万九千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は財政法及び会計法の制定施行に伴う会計事務の処理に必要な経費であります。財政法及び会計法の制定施行に伴いまして必要となりましたところの会計事務を処理致しまするために必要な経費三百七十五万円の内、二十六万八千円を商工大臣官房に、五万七千円を特許標準局に、五万七千円を石炭廳に、四十五万二千円を地方商工局に、四万四千円を中央度量衡検定所に、十万千円を機械試験所に、十一万四千円を工業試験所に、五万七千円を陶器試験所に、四万四千円を繊維工業試験所に、五万七千円を地下資源調査町に、五万七千円を工藝指導所に、四万四千円を燃料研究所に、八万八千円を石炭坑爆発予防試験所に、七十五万三千円を繊維製品検査所に、百五十五万七千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は特殊建築資材の確保に必要な経費であります。特殊建築資材の確保に関する生産促進、規格の確立、納入者の選定等諸般の事務処理に必要な経費といたしまして十三万九千円の内、一万五千円を商工省総務局に、四万八千円を地方商工局に、七万六千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次は中小工業の振興に必要な経費であります。中小工業者の技術指導を行いまするとその共同施設に対して補助いたしまするために必要な経費二千三百五十万円を商工省生活物資局に追加予算いたしました。
 次は貿易資金の繰入の増加であります。貿易資金へ繰入のため必要な経費といたしまして五十五億円を商工省総務局に追加予算いたしました。
 次は外國貿易使節團宿舎設備に必要な経費であります。外國貿易圏の来朝に伴いまして、その宿舎の設備を整備いたしまするために必要な経費一億八千九百三十四万九千円を貿易廳に追加予算いたしました。
 次は行政監察委員会及び同事務局の設置に必要な経費であります。行政監察委員会及び同事務局を設置運営いたしまするために必要な経費十万円を商工大臣官房に追加予算いたしました。
 最後は給與の改善に必要な経費であります。政府職員の給與特別措置費等の増加及び地方公共團体職員給與措置費補助のため必要な経費七千六百二十二万千円を行政共通費に追加予算いたしました。
 次に補正第八号について御説明を申上げます。昭和二十二年度商工省所管の補正第八号の予定経費補正要求額は、修正減少額三千七百九十六万七千円でありまして、これを既に成立した昭和二十二年度予算額と只今議題と相成つておりまする補正第七号との合計額七十二億九千五十八万八千余円から、差引きますると、七十二億五千二百六十二万千余円と相成るのであります。此の修正減少額は組織別に部、款、項、目、節に区分いたしまして実行する予定でありまするが、その修正を必要といたしまする事項について御説明申上げますると次の通りであります。即ち既定の経費を節約いたしまするために商工大臣官房におきまして四十三万四千円、商工総務局におきまして千三百十万三千円、商工省機械局に脆きまして十四万円、商工省化学局におきまして二十一万千円、商工省繊維局におきまして二十一万六千円、商工省鉱山局におきまして五百十七万六千円、商工省電力局におきまして二十四万四千円、商工省生活物資局におきまして四十二万円、商工省調査統計局におきまして百九万五千円、商工省賠償実施局におきまして五十一万二千円、商工省電素通信機械局におきまして七万五千円、特許標準局におきまして百五万七千円、石炭廳におきまして二百十九万八千円、地方商工局におきまして四百二十五万五千円、中央度量衡検定所におきまして二十九万九千円、工業試験所におきまして一万八千円、地下資源調査所におきまして四十三万九千円、工藝指導所におきまして三万円、燃料研究所におきまして八万二千円、輸出絹織物検査所におきまして十三万千円、輸出毛織物検査所におきまして六十二万二千円、行政共通費におきまして七百二十一万円、合計三千七百九十六万七千円を修正減少いたした次第でございます。
 次に昭和二十二年度商工省所管アルコール專賣事業歳出予定額補正について御説明を申上げます。既定の昭和二十二年度アルコール專賣事業の歳出予定額に対しまして、追加額三千三百七十三万八千円、修正減少額四千百十五万円、差引減少額七百四十一万三千円でありまして、此の補正の結果、昭和二十二年度アルコール專賣事業の歳出予定額は、既に成立いたしました予定額に加減いたしますると十二億五千三百八十四万三千円と相成る次第であります。この追加又は修正額は款、項、目、節に区分して実行する予定でありまするが、その追加又は修正を必要といたしまする事項について説明いたしますると、第一は財政法及会計法の制定施行に伴う会計事務処理に必要な経費であります。財政法及び会計法の制定施行に伴いましで必要と覆りましたところの会計事務を処理致しまするために必要な経費五十六万五千円の内、三十四万八千円を事業費の項に、二十一万七千円を諸支出金の項に追加予定いたしました。
 次は給與改善に必要な経費であります。職員の待遇改善を図りまするために必要な経費といたしまして三千三百十七万三千円を諸支出金の項に追加予算いたしました、最後に既定経費の減少であります。既定の経費を節約致しまするため、事業費の項におきまして三千六百五十九万円、災害復旧費の項におきまして二百六十万三千円、諾支出金の項におきまして百九十五万八千円、合計四千百十五万千円を修正減少いたしました。
 次に昭和二十二年度商工省所管貿易資金歳入歳出予定額の補正について御説明申上げます。歳入におきましては追加額一億五千四百三十三万四千円、修正減少額一千二百二十九万千円、差引追加額一億四千二百四万三千円、歳出におきましては追加額一億四千四百三十万三千円、修正減少額二百二十六万円、差引追加額一億四千二百四万三千円でありまして、これを既に成立した予算額に加算いたしますると歳入、歳出はそれぞれ一億八千四百六十六万六千円と相成るのであります。この追加又は修正額は款、項、目、節に区分して実行する予定でありまするが、その追加又は修正を必要とする事項について御説明を申上げます。
 先ず歳入につきましては、歳出額に対する歳入不足を補うため必要な借入金一億五千四百三十三万四千円を借入金の項に追加予算いたしました。昭和二十一年度に於ける損益計算上の不足額の決定に伴いまして一般会計よりの繰入金を減少いたしまするため一千二百二十九万一千円を一般会計より繰入の項において修正減少いたしました。
 次に歳出におきましては、第一は外國貿易使節團の来朝に伴い必要な経費であります。外國使節團の来朝に伴いまして、その関係事務を処理いたしまするため必要な経費九百大十四万五千円の内九百十三万五千円を事務費の項に、五十一万円を諸支出金の項に追加予定いたしました。第二は南洋群島燐鉱開発事業の遂行に必要な経費であります。南洋群島アンガウル島の燐鉱開発事業を塗行いたしまするために、現地監督員派遣に必要な経費といたしまして、三十万六千円の内、二十七万円を事務費の項に、三万六千円を諸支出金の項に追加予定いたしました。
 第三は財政法及び会計法の制定施行に伴い必要な経費であります。財政法及び会計法の制定施行に伴いまして必要となつた会計事務を処理いたしまするために必要な経費七万円を事務費の項に、三万円を諸支出金の項に追加予定いたしました。
 第四は借入金の利子を支拂うため必要な経費であります。昭和二十二年度におきまして借入予定になつておりまする借入金の利子を支拂うために必要な経費といたしまして一億三千二百七十五万八千円を事務費の項に追加予定いたしました。
 第五は給與改善に必要な経費であります。職員の待遇改善を図りまするため必要な経費といたしまして百五十二万四千円を諸支出金の項に追加予定いたしました。
 最後は既定経費の減少であります。既定の経費を節約いたしまするために事務費の項におきまして百七十四万五千円、諸支出金の項におきまして五十一万五千円、合計二百二十六万円を修正減少いたしたのであります。
 以上で商工省所管昭和二十二年度一般会計並びに特別会計予算補正の説明を終りますが、詳細は御質問に應じ御答え申上げたいと存じます。何卒宜しく御協賛の程を御願いいたします。
#4
○主査(西川昌夫君) それではちよつと速記を止めて……。
   午前十一時六分速記中止
   ―――――・―――――
   午後一時十一分速記開始
#5
○副主査(木下源吾君) 速記を始めて……、では大分遅くなりましたから、今日はこれにで散会にいたします。
   午後一時十二分散会
 出席者は左の通り。
   主査      西川 昌夫君
   副主査
           木下 源吾君
   委員
           深水 六郎君
           島津 忠彦君
           島村 軍次君
           東浦 庄治君
           池田 恒雄君
  政府委員
   商工政務次官  冨吉 榮二君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト