くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 決算委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十三年十二月二十七日)(
金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 大石 武一君
   理事 鍛冶 良作君 理事 四宮 久吉君
   理事 白浜 仁吉君 理事 田川 誠一君
   理事 丹羽 久章君 理事 田中 武夫君
   理事 吉田 賢一君
      椎名悦三郎君    篠田 弘作君
      中曽根康弘君    長谷川 峻君
      早川  崇君    三木 武夫君
      水野  清君    赤路 友藏君
      石野 久男君    加藤 清二君
      佐々木更三君    森本  靖君
      浅井 美幸君    池田正之輔君
    ―――――――――――――
十二月二十七日
 大石武一君委員長辞任につき、その補欠として
 中川俊思君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十四年二月四日(火曜日)
    午前十時三十九分開議
 出席委員
   委員長 中川 俊思君
   理事 大石 武一君 理事 鍛冶 良作君
   理事 丹羽 久章君 理事 水野  清君
   理事 田中 武夫君 理事 華山 親義君
   理事 吉田 賢一君
      篠田 弘作君    菅波  茂君
      赤路 友藏君    石野 久男君
      浅井 美幸君
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 委員白浜仁吉君、田川誠一君、長谷川峻君、早
 川崇君及び三木武夫君辞任につき、その補欠と
 して水田三喜男君、中川俊思君、根本龍太郎君、
 石田博英君及び菅波茂君が議長の指名で委員に
 選任された。
昭和四十四年一月二十七日
 委員佐々木更三君辞任につき、その補欠として
 三宅正一君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十八日
 委員加藤清二君辞任につき、その補欠として華
 山親義君が議長の指名で委員に選任された。
二月四日
 理事華山親義君昭和四十三年十二月二十四日委
 員辞任につき、その補欠として華山親義君が理
 事に当選した。
同日
 理事白浜仁吉君及び田川誠一君昭和四十三年十
 二月二十七日委員辞任につき、その補欠として
 大石武一君及び水野清君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 昭和四十二年度一般会計予備費使用
 総調書(その2)
 昭和四十二年度特別会計予備費使用
 総調書(その2)
 昭和四十二年度特別会計予算総則第
 十条に基づく使用総調書
 昭和四十二年度特別会計予算総則第
 十一条に基づく使用総調書(その2) (承諾を求めるの件)
 昭和四十一年度一般会計歳入歳出決算
 昭和四十一年度特別会計歳入歳出決算
 昭和四十一年度国税収納金整理資金受払計算書
 昭和四十一年度政府関係機関決算書
 昭和四十一年度国有財産増減及び現在額総計算
 書
 昭和四十一年度国有財産無償貸付状況総計算書
昭和四十四年一月二十四日
 昭和四十二年度国有財産増減及び現在額総計算
 書
 昭和四十二年度国有財産無償貸付状況総計算書
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○中川委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 今回、はからずも当決算委員会の委員長に選任せられ、その職責の重大さを痛感しておる次第でございます。
 申し上げるまでもなく、当決算委員会は、国の予算の執行等が効率的かつ適正に行なわれておるかどうかについて調査いたしますとともに、その是非を審査する重大なる使命を持つ委員会であります。私ははなはだ微力ではございますが、幸いにして練達なる理事並びに委員各位の御協力を得まして、円滑なる委員会の運営を行なってまいりたいと存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○中川委員長 この際、おはかりいたします。
 理事白浜仁吉君、田川誠一君及び華山親義君が委員を辞任されましたので、理事が三名欠員になりました。
 これよりその補欠選任を行ないたいと存じますが、これは先例によりまして委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○中川委員長 御異議なしと認めます。よって、
      大石 武一君    水野  清君
      華山 親義君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○中川委員長 次に、国政調査承認要求の件につきおはかりするのでございますが、本委員会におきましては、従来次の五項目について国政調査承認要求をいたしておりました。
 すなわち、
 一、歳入歳出の実況に関する事項
 二、国有財産の増減及び現況に関する事項
 三、政府関係機関の経理に関する事項
 四、公団等国が資本金の二分の一以上を出資し
  ている法人の会計に関する事項
 五、国または公社が直接または間接に補助金、
  奨励金、助成金等を交付しまたは貸付金、損
  失補償等の財政援助を与えているものの会計
  に関する事項以上でございますが、このうち、第四、第五の項目につきましては、本日の理事会におきまして、この際検討すべきであるとの意見でございましたので、本日は、前述の第一、第二、第三の項目について、ひとまず議長に対し、国政調査承認の要求をいたすこととし、第四、第五の項目につきましては、事務当局に検討いたさせた上、しかるべき案を作成の上、追って本委員会におはかりいたすことにしたいと存じます。
 それではこの際、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、決算の適正を期するため、本会期中において、
 一、歳入歳出の実況に関する事項
 二、国有財産の増減及び現況に関する事項
 三、政府関係機関の経理に関する事項以上の各項につきまして、関係各方面よりの説明聴取、小委員会の設置及び資料の要求等の方法によりまして、国政調査を実施することとし、規則の定めるところにより、議長の承認を求めることといたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○中川委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
    午前十時四十三分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト