くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 文教委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十三年十二月二十七日)(
金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 高見 三郎君
   理事 河野 洋平君 理事 谷川 和穗君
   理事 西岡 武夫君 理事 小林 信一君
   理事 長谷川正三君 理事 鈴木  一君
      稻葉  修君    小川 平二君
      久野 忠治君    久保田円次君
      周東 英雄君    鈴木 善幸君
      高橋 英吉君    竹下  登君
      中村庸一郎君    広川シズエ君
      藤波 孝生君    水田三喜男君
      渡辺  肇君    加藤 勘十君
      唐橋  東君    川村 継義君
      斉藤 正男君    下平 正一君
      原   茂君    帆足  計君
      永江 一夫君    有島 重武君
      石田幸四郎君
    ―――――――――――――
十二月二十七日
 高見三郎君委員長辞任につき、その補欠として
 大坪保雄君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十四年二月五日(水曜日)
    午前十時二十七分開議
 出席委員
   委員長 大坪 保雄君
   理事 久保田円次君 理事 谷川 和穗君
   理事 西岡 武夫君 理事 唐橋  東君
   理事 小林 信一君 理事 鈴木  一君
      稻葉  修君    周東 英雄君
      中村庸一郎君    南條 徳男君
      広川シズエ君    藤波 孝生君
      加藤 勘十君    川村 継義君
      斉藤 正男君    帆足  計君
      有島 重武君    石田幸四郎君
 出席政府委員
        文部政務次官  久保田藤麿君
        文部大臣官房長 安嶋  彌君
 委員外の出席者
        専  門  員 田中  彰君
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 委員久野忠治君、小川平二君、高橋英吉君、水
 田三喜男君及び渡辺肇君辞任につき、その補欠
 として大坪保雄君、南條徳男君、松田竹千代君、
 二階堂進君及び増田甲子七君が議長の指名で委
 員に選任された。
昭和四十四年二月三日
 委員松田竹千代君辞任につき、その補欠として
 古井喜實君が議長の指名で委員に選任された。
同月五日
 理事坂田道太君昭和四十三年十一月三十日委員
 辞任につき、その補欠として高見三郎君が理事
 に当選した。
同日
 理事久保田藤麿君昭和四十三年十二月三日委員
 辞任につき、その補欠として久保田円次君が理
 事に当選した。
同日
 理事小林信一君同日理事辞任につき、その補欠
 として唐橋東君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月二十七日
 山村へき地の医療対策として医学専門学校設置
 に関する請願(山下元利君紹介)(第一三号)
 同(古井喜實君紹介)(第二九号)
 同(松野頼三君紹介)(第三〇号)
 同(福永一臣君紹介)(第三一号)
 同外一件(伊賀定盛君紹介)(第四五号)
 同(上村千一郎君紹介)(第四六号)
 同(折小野良一君紹介)(第四七号)
 同(神田博君紹介)(第四八号)
 同(仮谷忠男君紹介)(第四九号)
 同外四件(長谷川峻君紹介)(第五〇号)
 同(山中貞則君紹介)(第五一号)
 同(永山忠則君紹介)(第一二八号)
 同(八田貞義君紹介)(第一二九号)
 同外一件(中川一郎君紹介)(第一四七号)
 同(福永一臣君紹介)(第一四八号)
 過疎地域における公立義務教育諸学校の標準定
 数改正に関する請願外一件(大原亨君紹介)(
 第一九一号)
 同(加藤勘十君紹介)(第一九二号)
 同(斉藤正男君紹介)(第一九三号)
 同(野口忠夫君紹介)(第一九四号)
 同(安井吉典君紹介)(第一九五号)
 産炭地域における公立義務教育諸学校の標準定
 数改正に関する請願(江田三郎君紹介)(第一
 九六号)
 過密地域における公立義務教育諸学校の標準定
 数改正に関する請願(加藤勘十君紹介)(第一
 九七号)
 同(渡辺芳男君紹介)(第一九八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 小委員会設置に関する件
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○大坪委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび私が当委員会の委員長に就任いたすことになりました。本委員会はきわめて重要な使命を有するものでありまして、責任の重大なることを痛感いたしておる次第でございます。幸いに練達たんのうなる委員諸君の御協力を賜わりまして、本委員会の運営にあたりましては、円満なる運営を行ない、その職責を全ういたしたいと存じておりますので、何とぞ各位の御指導と御協力をお願い申し上げる次第でございます。
 簡単でございますが、就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○大坪委員長 この際、おはかりいたします。
 理事小林信一君より理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○大坪委員長 御異議なしと認めます。よって、辞任を許可するに決しました。
 次に、理事の補欠選任についておはかりいたします。
 ただいまの小林信一君の辞任による欠員のほか、先般、理事でありました久保田藤麿君及び坂田道太君が委員を辞任されておりますので、現在理事が三名欠員になっております。この補欠選任につきましては、先例によりまして委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大坪委員長 御異議なしと認めます。それでは
      久保田円次君    高見 三郎君
      唐橋  東君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○大坪委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 一、文教行政の基本施策に関する事項
 二、学校教育に関する事項
 三、社会教育に関する事項
 四、体育に関する事項
 五、学術研究及び宗教に関する事項
 六、国際文化交流に関する事項
 七、文化財保護に関する事項
 以上各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中国政に関する調査を行ないたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○大坪委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#8
○大坪委員長 この際、小委員会設置に関する件についておはかりいたします。
 理事各位と協議の結果、文化財保護に関する調査のため、小委員十一名よりなる文化財保護に関する小委員会を設置いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○大坪委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 なお、小委員及び小委員長の選任については、委員長において指名することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○大坪委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、後刻小委員及び小委員長を指名し、追って公報をもってお知らせすることといたします。
 なお、この際おはかりいたします。
 小委員及び小委員長の辞任の許可、小委員及び小委員長の辞任に伴う補欠選任、並びに小委員会において参考人より意見を聴取する必要が生じました場合の、その期日、人選その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○大坪委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三十一分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト