くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十三年十二月二十七日)
(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、
次の通りである。
   委員長 秋田 大助君
   理事 青木 正久君 理事 藏内 修治君
   理事 田中 榮一君 理事 福家 俊一君
   理事 山田 久就君 理事 戸叶 里子君
   理事 穗積 七郎君 理事 曾祢  益君
      石田 博英君    宇都宮徳馬君
      小泉 純也君    世耕 政隆君
     橋本登美三郎君    福田 篤泰君
      増田甲子七君    松田竹千代君
      宮澤 喜一君    毛利 松平君
      山口 敏夫君    石橋 政嗣君
      大柴 滋夫君    勝間田清一君
      木原津與志君    堂森 芳夫君
      松本 七郎君    山本 幸一君
      伊藤惣助丸君    斎藤 寿夫君
    ―――――――――――――
十二月二十七日
 秋田大助君委員長辞任につき、その補欠として
 北澤直吉君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十四年二月五日(水曜日)
    午前十時十五分開議
 出席委員
   委員長 北澤 直吉君
   理事 青木 正久君 理事 秋田 大助君
   理事 藏内 修治君 理事 田中 榮一君
   理事 山田 久就君 理事 戸叶 里子君
   理事 曾祢  益君
      小泉 純也君    正示啓次郎君
      永田 亮一君   橋本登美三郎君
      毛利 松平君    大柴 滋夫君
      山本 幸一君    渡部 一郎君
 出席政府委員
        外務政務次官  田中 六助君
        外務大臣官房長 齋藤 鎮男君
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 委員山口敏夫君辞任につき、その補欠として北
 澤直吉君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員石田博英君、世耕政隆君、福家俊一君、増
 田甲子七君及び松田竹千代君辞任につき、その
 補欠として正示啓次郎君、古井喜實君、佐藤洋
 之助君、古内広雄君及び坂本三十次君が議長の
 指名で委員に選任された。
昭和四十四年一月三十日
 委員正示啓次郎君及び古内広雄君辞任につき、
 その補欠として永田亮一君及び佐藤孝行君が議
 長の指名で委員に選任された。
同日
 委員佐藤孝行君が退職された。
二月一日
 委員毛利松平君及び伊藤惣助丸君辞任につき、
 その補欠として江崎真澄君及び渡部一郎君が議
 長の指名で委員に選任された。
同日
 委員江崎真澄君辞任につき、その補欠として毛
 利松平君が議長の指名で委員に選任された。
同月三日
 委員古井喜實君辞任につき、その補欠として松
 田竹千代君が議長の指名で委員に選任された。
同月五日
 委員永田亮一君辞任につき、その補欠として正
 示啓次郎君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員正示啓次郎君辞任につき、その補欠として
 永田亮一君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 理事福家俊一君一月二十七日委員辞任につき、
 その補欠として秋田大助君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○北澤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 今回はからずも外務委員長の重責をになうことになりました。まことに微力でございますが、練達なる委員各位の御協力によりまして大過なきを期してまいりたいと存じます。どうぞ各位の御支援をお願い申し上げます。
 簡単でございますが、以上をもってごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○北澤委員長 次に、理事の補欠選任につきましておはかりいたします。
 去る十二月二十七日、理事福家俊一君が委員を辞任されましたので、理事が一名欠員になっております。
 この際、その補欠選任を行ないたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○北澤委員長 御異議なしと認め、委員長は、理事に秋田大助君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○北澤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 本委員会としましては、国際情勢に関する事項について調査をいたしたいと存じますので、この旨議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○北澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次回は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。
    午前十時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト