くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 法務委員会 第1号
本国会召集日(昭和四十三年十二月二十七日)(
金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次
の通りである。
   委員長 永田 亮一君
   理事 大竹 太郎君 理事 田中伊三次君
   理事 高橋 英吉君 理事 中垣 國男君
   理事 濱野 清吾君 理事 猪俣 浩三君
   理事 神近 市子君 理事 佐々木良作君
      赤澤 正道君    鍛冶 良作君
      進藤 一馬君    瀬戸山三男君
      田中 角榮君    千葉 三郎君
      中馬 辰猪君    中村 梅吉君
      村上  勇君    山手 滿男君
      黒田 寿男君    河野  密君
      西宮  弘君    柳田 秀一君
      横山 利秋君    西村 榮一君
      山田 太郎君    松本 善明君
      松野 幸泰君
    ―――――――――――――
十二月二十七日
 永田亮一君委員長辞任につき、その補欠として
 高橋英吉君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和四十四年二月四日(火曜日)
    午前十一時十一分開議
 出席委員
   委員長 高橋 英吉君
   理事 大村 襄治君 理事 進藤 一馬君
   理事 田中伊三次君 理事 永田 亮一君
   理事 濱野 清吾君 理事 猪俣 浩三君
   理事 神近 市子君
      大竹 太郎君    鍛冶 良作君
      松野 幸泰君    黒田 寿男君
      柳田 秀一君    岡沢 完治君
      山田 太郎君    松本 善明君
 出席政府委員
        法務大臣官房長 辻 辰三郎君
 委員外の出席者
        専  門  員 福山 忠義君
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 委員赤澤正道君、瀬戸山三男君、田中角榮君及
 び村上勇君辞任につき、その補欠として大村襄
 治君、坂田英一君、渡海元三郎君及び堀川恭平
 君が議長の指名で委員に選任された。
昭和四十四年一月三十日
 委員堀川恭平君辞任につき、その補欠として藤
 枝泉介君が議長の指名で委員に選任された。
二月四日
 委員西村榮一君辞任につき、その補欠として岡
 沢完治君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 委員岡沢完治君辞任につき、その補欠として西
 村榮一君が議長の指名で委員に選任された。
同日
 理事高橋英吉君昭和四十三年十二月二十七日委
 員長就任につき、その補欠として永田亮一君が
 理事に当選した。
同日
 理事大竹太郎君及び中垣國男君同日理事辞任に
 つき、その補欠として進藤一馬君及び大村襄治
 君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和四十三年十二月二十七日
 死刑の確定判決を受けた者に対する再審の臨時
 特例に関する法律案(神近市子君外七名提出、
 第五十八回国会衆法第三号)
 刑事補償法等の一部を改正する法律案(横山利
 秋君外七名提出、第五十八回国会衆法第三一
 号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○高橋委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、はからずも私が本委員会の委員長に就任することになりましたが、身に余る光栄と存じておる次第でございます。私は本委員会の委員長に選任されること三度でありますが、本委員会は、法治国家として必要であるわが国の基本的諸法案の審査を行ない、あわせて司法制度全般のあり方等についても調査を行なうきわめて重要な委員会であると存じます。私も長らく本委員会に所属してまいりましたが、委員会には練達たんのうなる委員の方々が多いので、各位の御協力によりまして、円満なる委員会の運営をはかり、もって所期の目的達成に全力を傾注してまいりたいと存じます。何とぞよろしくお願いいたします。
 簡単ではございますが、一言ごあいさつを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○高橋委員長 この際、理事の辞任に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、理事大竹太郎君、理事中垣國男君より辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○高橋委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 次に、理事の補欠選任についておはかりいたします。
 ただいまの理事の辞任に伴う欠員及び理事でありました私の委員長に就任に伴い、理事が三人欠員になっております。この際、理事の補欠選任を行ないたいと存じますが、先例により委員長において指名するに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高橋委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      大村 襄治者    進藤 一馬君
      永田 亮一君
を指名いたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#6
○高橋委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。
 すなわち、裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政等の適正を期するため、今会期中において
 一、裁判所の司法行政に関する事項
 二、法務行政及び検察行政に関する事項
 三、国内治安及び人権擁護に関する事項
の各事項につきまして、小委員会の設置、関係各方面よりの説明聴取及び資料の要求等の方法によりまして国政調査を行なうこととし、議長の承認を求めることにいたしたいと存じます。御異議はございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○高橋委員長 御異議なしと認め、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十一時十五分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト