くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第061回国会 内閣委員会 第16号
昭和四十四年四月十七日(木曜日)
    午前十時五十三分開議
 出席委員
   委員長 藤田 義光君
   理事 伊能繁次郎君 理事 佐藤 文生君
   理事 塩谷 一夫君 理事 塚田  徹君
   理事 三原 朝雄君 理事 大出  俊君
   理事 浜田 光人君
      足立 篤郎君    赤城 宗徳君
      井出一太郎君    内海 英男君
      菊池 義郎君    田中 龍夫君
      野呂 恭一君    葉梨 信行君
      松澤 雄藏君    三池  信君
      山口 敏夫君    淡谷 悠藏君
      華山 親義君    安井 吉典君
      永末 英一君    伊藤惣助丸君
      鈴切 康雄君
 出席政府委員
        宮内庁次長   瓜生 順良君
        農林省農地局長 中野 和仁君
        運輸省航空局長 手塚 良成君
 委員外の出席者
        参  考  人
        (新東京国際空
        港公団総裁)  今井 栄文君
        専  門  員 茨木 純一君
    ―――――――――――――
四月十六日
 委員角屋堅次郎君、川崎寛治君、楢崎弥之助君、
 山中吾郎君及び伊藤惣助丸君辞任につき、その
 補欠として岡田春夫君、平岡忠次郎君、稻村隆
 一君、安井吉典君及び渡部一郎君が議長の指名
 で委員に選任された。
同月十七日
 委員渡部一郎君辞任につき、その補欠として伊
 藤惣助丸君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
四月十五日
 靖国神社国家護持に関する請願外一件(江崎真
 澄君紹介)(第三八八五号)
 同外二件(金丸信君紹介)(第三八八六号)
 同(砂田重民君紹介)(第三八八七号)
 同外七件(中曽根康弘君紹介)(第三八八八
 号)
 同外十三件(愛知揆一君紹介)(第四〇四六
 号)
 同(江崎真澄君紹介)(第四〇四七号)
 同外二件(金丸信君紹介)(第四〇四八号)
 同外二件(三原朝雄君紹介)(第四〇四九号)
 靖国神社国家管理反対に関する請願(安宅常彦
 君紹介)(第三八八九号)
 同(大出俊君紹介)(第三八九〇号)
 同(大柴滋夫君紹介)(第三八九一号)
 同(河上民雄君紹介)(第三八九二号)
 同(神門至馬夫君紹介)(第三八九三号)
 同(佐野進君紹介)(第三八九四号)
 同(只松祐治君紹介)(第三八九五号)
 同(中村重光君紹介)(第三八九六号)
 同(楢崎弥之助君紹介)(第三八九七号)
 同(野間千代三君紹介)(第三八九八号)
 同(長谷川正三君紹介)(第三八九九号)
 同(華山親義君紹介)(第三九〇〇号)
 同(細谷治嘉君紹介)(第三九〇一号)
 同(村山喜一君紹介)(第三九〇二号)
 同(依田圭五君紹介)(第三九〇三号)
 同(安宅常彦君紹介)(第四〇五一号)
 同(井上普方君紹介)(第四〇五二号)
 同(大出俊君紹介)(第四〇五三号)
 同(大柴滋夫君紹介)(第四〇五四号)
 同(河上民雄君紹介)(第四〇五五号)
 同(神門至馬夫君紹介)(第四〇五六号)
 同(佐野進君紹介)(第四〇五七号)
 同(田代文久君紹介)(第四〇五八号)
 同(只松祐治君紹介)(第四〇五九号)
 同(谷口善太郎君紹介)(第四〇六〇号)
 同(中村重光君紹介)(第四〇六一号)
 同(楢崎弥之助君紹介)(第四〇六二号)
 同(野間千代三君紹介)(第四〇六三号)
 同(長谷川正三君紹介)(第四〇六四号)
 同(林百郎君紹介)(第四〇六五号)
 同(華山親義君紹介)(第四〇六六号)
 同(細谷治嘉君紹介)(第四〇六七号)
 同(松本善明君紹介)(第四〇六八号)
 同(村山喜一君紹介)(第四〇六九号)
 同(依田圭五君紹介)(第四〇七〇号)
 靖国神社国家護持の立法化反対に関する請願(
 小川三男君紹介)(第三九〇四号)
 同(畑和君紹介)(第三九〇五号)
 同(井上普方君紹介)(第三九〇六号)
 同(小川三男君紹介)(第四〇七一号)
 同(畑和君紹介)(第四〇七二号)
 退職教職員の恩給、年金のスライド制実現等に
 関する請願(山下元利君紹介)(第三九〇七
 号)
 行政機関の職員の定員に関する法律案反対等に
 関する請願外一件(川村継義君紹介)(第三九
 〇八号)
 同(楢崎弥之助君紹介)(第三九〇九号)
 同(古川喜一君紹介)(第三九一〇号)
 同外一件(兒玉末男君紹介)(第四〇七三号)
 同(田代文久君紹介)(第四〇七四号)
 同(谷口善太郎君紹介)(第四〇七五号)
 同(林百郎君紹介)(第四〇七六号)
 同(松本善明君紹介)(第四〇七七号)
 婦人少年室廃止反対等に関する請願(田川誠一
 君紹介)(第四〇四五号)
 同(石橋政嗣君紹介)(第四〇五〇号)
 国立病院等職員の定年制反対等に関する請願(
 石橋政嗣君紹介)(第四〇七八号)
同月十六日
 靖国神社国家護持に関する請願(天野光晴君紹
 介)(第四一七四号)
 同外四件(橋口隆君紹介)(第四一七五号)
 同外六件(愛知揆一君紹介)(第四三六二号)
 同外四件(江崎真澄君紹介)(第四三六三号)
 靖国神社国家管理反対に関する請願(田代文久
 君紹介)(第四一七六号)
 同(松本善明君紹介)(第四一七七号)
 同(林百郎君紹介)(第四一七八号)
 同(谷口善太郎君紹介)(第四一七九号)
 同(安宅常彦君紹介)(第四三六四号)
 同(井上普方君紹介)(第四三六五号)
 同(神門至馬夫君紹介)(第四三六六号)
 同(大出俊君紹介)(第四三六七号)
 同(大柴滋夫君紹介)(第四三六八号)
 同(河上民雄君紹介)(第四三六九号)
 同(佐野進君紹介)(第四三七〇号)
 同(只松祐治君紹介)(第四三七一号)
 同(中村重光君紹介)(第四三七二号)
 同(楢崎弥之助君紹介)(第四三七三号)
 同(野間千代三君紹介)(第四三七四号)
 同(長谷川正三君紹介)(第四三七五号)
 同(華山親義君紹介)(第四三七六号)
 同(細谷治嘉君紹介)(第四三七七号)
 同(村山喜一君紹介)(第四三七八号)
 同(依田圭五君紹介)(第四三七九号)
 元満鉄職員であつた公務員等の恩給等通算に関
 する請願(大村襄治君紹介)(第四一八〇号)
 靖国神社国家護持の立法化反対に関する請願(
 小川三男君紹介)(第四三八〇号)
 同(畑和君紹介)(第四三八一号)
 国立病院等職員の定年制反対等に関する請願(
 石橋政嗣君紹介)(第四三八二号)
 同(兒玉末男君紹介)(第四三八三号)
 同(島本虎三君紹介)(第四三八四号)
 同(堂森芳夫君紹介)(第四三八五号)
 退職教職員の恩給、年金のスライド制実現等に
 関する請願(伊能繁次郎君紹介)(第四三八六
 号)
 婦人少年室廃止反対等に関する請願外九件(堀
 川恭平君紹介)(第四三八七号)
 行政機関の職員の定員に関する法律案反対等に
 関する請願(山本政弘君紹介)(第四三八八
 号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 参考人出頭要求に関する件
 宮内庁法の一部を改正する法律案(内閣提出第
 一六号)
     ――――◇―――――
#2
○藤田委員長 これより会議を開きます。宮内庁法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を進めます。
 この際、おはかりいたします。本案に関して新東京国際空港公団総裁今井栄文君を参考人とし、意見を聴取したいと存じますか、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○藤田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、御意見は質疑をもって聴取することといたします。
    ―――――――――――――
#4
○藤田委員長 質疑の申し出がありますので、これを許します。淡谷悠藏君。
#5
○淡谷委員 この法案は非常に簡単な法案のように見えておりますけれども、内容をしさいに検討いたしますと実に多くの問題をかかえております。これは先般強行採決をされました総定員法の場合の質疑でも申し上げましたけれども、農地法の今後のあり方、それから法律と法令との関係等はむろん非常に重大な今後の国会運営の問題点であります。特にこの法案が提出されましたおもなる動機は、新国際空港の建設に伴なうものであるだけに、この新国際空港の性格、意義というものがこの際鮮明にされませんと根本的に根底が狂ってくるような重大な意義を含んでいるのであります。先般いま少し私徹底して質問申し上げたかったのですけれども、委員長の強行採決により質疑が中断されまして、これは法案を通すためとおっしゃるかもしれぬけれども、国会の権威を保つためには審議は十分尽くさなければ保たれない。最後にはああいう手段をとられますと、国民全般の国会の権威に対する疑問が生じると思いますので、私はできるだけ刺激を避けるような低姿勢で質問いたしますから、ひとつ御答弁のほうもそういう意味で事実を明らかにするという形で御答弁を願いたいと思うのであります。
 最初お聞きいたしたいのは、この前の同じ法案の審議の際に、運輸省のほうから羽田の空港は国内空港として使い、新国際空港は全部国際航空を扱うといったような御答弁があったようでございます。この点、もう一ぺん確認したいと思います。
#6
○手塚政府委員 御質問のとおりでございまして、羽田のほうは国内線専用に使う、成田のほうは国際線専用に使う、そういうふうな空港配分を考えております。
#7
○淡谷委員 先般要請いたしました資料を手元までお届け願っておりますが、東京国際空港における離着陸の回数、昭和四十二年のものとして、米軍機、MACチャーター機を含んで四千五百十四回、自衛隊機は三百九十四回、民間機その他は十万六千五百四十六回とありますけれども、この民間機とあるものの中には、国際空路をいく民間機がどれぐらい入っておるのか。成田空港と羽田空港との機能が全然別だとしますと、それが明らかにされなければならないと思いますが、民間機の中で国内航空をやっているのと国際航空のものと数をお分け願いたいと思うのであります。
#8
○手塚政府委員 数字的には毎年いろいろ変動がございますが、概括的に申し上げますと、全体の二割が国際線、八割が国内線というふうに考えられたらよろしいかと思います。
#9
○淡谷委員 自衛隊機はどうでございますか。
#10
○手塚政府委員 四十三年度の数字で申し上げますと、数字といたしまして一月から十二月、暦年で三百三十七機でございます。ちなみに四十二年度は百九十七機の離着陸でございます。
#11
○淡谷委員 この資料に基づいてお聞きしているのですが、四十二年度の三百九十四回のうち何回が国内で何回が国際かという問題です。
#12
○手塚政府委員 ただいま御指摘の数字につきまして、ちょっと手元の資料が違っておるかと思いますが、至急取り寄せましてその内容を調べます。
#13
○淡谷委員 これは国際空港、国内空港という機能を完全に分離するというのですから、この数字が明らかでありませんと年間を通じての回数がわからない。至急資料をお取り寄せ願います。待っています。
#14
○藤田委員長 ちょっと速記をとめて。
  〔速記中止〕
#15
○藤田委員長 速記を始めて。
#16
○手塚政府委員 四十二年度の数字で申し上げますと、四十二年度の離発着回数十一万一千二百五十四回……。
#17
○淡谷委員 ちょっと、これは運輸省から出した資料なんですが、十一万一千四百五十四回になっておりますよ。
#18
○手塚政府委員 四百五十四回でございますか。
#19
○淡谷委員 四百五十四回。これは刷ったものをぼくはもらったのですよ。数字をでたらめにしちゃいけませんよ。数字はどうでも書けるだろうけれども、実際はやはりごまかしちゃいかぬのですよ。これはあなたのほうから出した資料ですよ。
#20
○手塚政府委員 それではいま同じ資料を取り寄せますから、ちょっとお待ち願います。
#21
○淡谷委員 これは私は数字にこだわるようですけれども、非常にふくそうしてきた空路の中に、二百回も違っておったのでは、ダイヤの組み方がないでしょう。これは列車なら衝突しますよ。運輸省が自分で出した資料です。ついこの間ですよ、もらったのは。当委員会で要求して、出してもらった数字と、きょうの御答弁が食い違うようでは、とても責任のある審議はできません。正確に出してください。
  〔「休憩、休憩」と呼び、その他発言する者あり〕
#22
○藤田委員長 ちょっと速記をやめて。
  〔速記中止〕
#23
○藤田委員長 速記を始めて。
 それでは、運輸省の資料が来るまで暫時休憩します。
   午前十一時六分休憩
     ――――◇―――――
   午前十一時四十九分開議
#24
○藤田委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
#25
○伊能委員 委員長、議事進行。休憩前に淡谷委員から、政府提出の資料について政府答弁とのそごを来たしました点についてははなはだ遺憾でありますので、この点は、昭和四十二年度の羽田発着の総数、そのうち国際線、国内線、軍関係は米軍、自衛隊等の内容についてそごのないような明確な資料を提出していただいて、淡谷委員の納得のいく質疑に入られたい。
 と同時に、淡谷議員へ提出せられました、本委員会における淡谷議員の要求に基づく資料が、たまたま本委員会全員に配られずして淡谷委員にのみ配付された、かような事態は委員会としては間間あることでございますから、それはそれで差しつかえないと思いますが、今後はそういう問題については、委員会として要求せられたものは委員会全員に配付せられるよう事務当局においては十分注意をしていただきたい。この点を委員長に申し上げておきます。
 したがって、それらの問題が解明せられるまで休憩を願いまして、解明後に再開をしていただきたいことをおはかりをいただきたいと思います。
#26
○藤田委員長 ただいまの伊能委員の動議に御異議ありませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○藤田委員長 異議なしと認めます。
 それでは、本会議散会後再開することとし、暫時休憩いたします。
   午前十一時五十二分休憩
     ――――◇―――――
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト