くにさくロゴ
1968/12/11 第60回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第060回国会 石炭対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1968/12/11 第60回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第060回国会 石炭対策特別委員会 第1号

#1
第060回国会 石炭対策特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和四十三年十二月十日(火曜日)
議院において、石炭に関する対策を樹立するため
設置することに決した。
十二月十日
 本特別委員は議長の指名で、次の通り選任され
 た。
      大坪 保雄君    鹿野 彦吉君
      神田  博君    藏内 修治君
      佐々木秀世君    齋藤 邦吉君
      篠田 弘作君    澁谷 直藏君
      進藤 一馬君    菅波  茂君
      中川 俊思君    西岡 武夫君
      廣瀬 正雄君    藤田 義光君
      三原 朝雄君    石野 久男君
      岡田 利春君    多賀谷真稔君
      堂森 芳夫君    中村 重光君
      八木  昇君    渡辺 惣蔵君
      池田 禎治君    田畑 金光君
      大橋 敏雄君
―――――――――――――――――――――
昭和四十三年十二月十一日(水曜日)
   午前十時十五分開議
 出席委員
  委員長 堂森 芳夫君
   理事 大坪 保雄君 理事 鹿野 彦吉君
   理事 神田  博君 理事 中川 俊思君
   理事 三原 朝雄君 理事 岡田 利春君
   理事 池田 禎治君
      藏内 修治君    佐々木秀世君
      進藤 一馬君    菅波  茂君
      西岡 武夫君    渡辺 惣蔵君
      大橋 敏雄君
    ―――――――――――――
十二月十一日
 堂森芳夫君が委員長に当選した。
同日
      大坪 保雄君    鹿野 彦吉君
      神田  博君    中川 俊思君
      三原 朝雄君    岡田 利春君
      八木  昇君    池田 禎治君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔大坪委員、委員長席に着く〕
#2
○大坪委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。
 これより委員長の互選を行ないます。
#3
○鹿野委員 この際、動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によることなく、堂森芳夫君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ各位の御賛成をお願いいたします。
#4
○大坪委員 ただいまの鹿野彦吉君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○大坪委員 御異議なしと認めます。よって、堂森芳夫君が委員長に御当選になりました。(拍手)
 委員長堂森芳夫君に本席をお譲りいたします。
    〔堂森委員長、委員長席に着く〕
#6
○堂森委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、皆さんの御推挙により、引き続き委員長の重席をになうことになり、身に余る光栄に存じておる次第でございます。
 本委員会におきましても、多年にわたり石炭鉱業の再建に努力いたしてまいりましたが、石炭鉱業の実情はますます逼迫の度を加えてまいっております。
 御存じのとおり、石炭鉱業審議会におきましても、最後ともいわれる抜本策が検討されており、間もなく答申がなされることと思いますが、かかる重大なる時期に本委員会の委員長に御推挙いただき、その責任の重大さを一そう痛感いたしている次第であります。
 私は、各位のあたたかい御支援と御協力を得まして、円満なる委員会の運営をはかり、もってわが国石炭鉱業の真の長期安定諸施策の樹立のため最善の努力を尽くしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○堂森委員長 これより理事の互選を行ないます。
#8
○鹿野委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
#9
○堂森委員長 ただいまの鹿野彦吉君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○堂森委員長 御異議なしと認めます。よって、動議のごとく決しました。
 それでは、委員長は、理事に
      大坪 保雄君    鹿野 彦吉君
      神田  博君    中川 俊思君
      三原 朝雄君    岡田 利春君
      八木  昇君    池田 禎治君
を指名いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト