くにさくロゴ
1949/05/16 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 人事委員会 第5号
姉妹サイト
 
1949/05/16 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 人事委員会 第5号

#1
第005回国会 人事委員会 第5号
昭和二十四年五月十六日(月曜日)
   午後四時三十六分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
五月十二日(木曜日)委員田口政五郎
君辞任につき、その補欠として小串清
一君を議長において選定した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○理事の補欠選任の件
○國家公務員法の一部を改正する法律
 案(内閣送付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(中井光次君) 只今から人事委員会を開会いたします。この際お諮りいたしたいことがございます。田口政五郎君が人事委員を辞せられまして、その補欠として小串清一君が再び委員に指名されたのでありますが、小串君はこの委員会の理事をやつておられたのでありますが、只今欠員となつておりますので同君を再び理事に補欠選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(中井光次君) 御異議ないと認めます。ではさよう決定いたします
  ―――――――――――――
#4
○委員長(中井光次君) 次に國家公務員法の一部を改正する法律案を議題に供します。浅井人事院総裁に説明をお願いいたします。
#5
○政府委員(淺井清君) 只今上程になりました國家公務員法の一部を改正する法律案の提案理由を御説明申上げます。
 本法案は、今次第五國会に提案されている内閣法の一部を改正する法律案、総理府設置法案等が成立致しました曉におきましては、現在の行政機関の機構、名称等が改変されることになりますので、これに即應いたしまして、國家公務員法中これらの諸法案に関係のある條項に所件の改正を行おうとするものであります。
 その内容について申上げますと、先ず第一に、「内閣官房次長」を「内閣官房副長官」に、「総理廳」を「総理府」に、「宮内府」を「宮内廳」に改めようとするのであります。次に、連絡調整事務局臨時設置法が廃止され、その機構が外務省の機構の中に包攝されることになりますのに伴い、國家公務員法第二條に掲げる特別職より連絡調整中央事務局長官を削除しようとするものであります。次に内閣官房長官に秘書官一人が置かれることになりますのに伴い、その職を特別職にしようとするものであります。
 更に緊急失業対策法の制定に伴い、同法の基き、失業対策事業のため公共職業安定所から失業者として紹介をうけて國が雇用した職員及び公共事業のため失業者として國が雇用した職員で、技術者、技能者、監督者及び行政事務を担当する者以外の者は、これを一般職として國家公務員法の適用をうけさせることは不適当でありますので、これらの者を特別職として、第二條第三項に加えようとするものであります。尚從來の経済安定本部令に代り、経済安定本部設置法が制定されその機構が総理府から離れることとなりますのに應じまして、経済安定本部総裁も各省廳の長と同樣にその部内の職員並びにその外局の長に対して任命権を有するものであることの規定を設けようとするのであります。
 以上この法律案の内容の概畧を述べたのでありますが、何とぞ愼重御審議の上速かに御議決あらんことを希望いたす次第であります。
#6
○委員長(中井光次君) これより本案に対して質疑を行いたいと思います。速記を止めて。
   午後四時四十五分速記中止
   ―――――・―――――
   午後四時五十九分速記開始
#7
○委員長(中井光次君) 速記を始めて。これにて本日は散会いたします。
   午後五時散会
 出席者は左の通り。
   委員長     中井 光次君
   理事
           木下 源吾君
           小串 清一君
           宇都宮 登君
   委員
           赤松 常子君
           大山  安君
           東浦 庄治君
           羽仁 五郎君
           岩男 仁藏君
  政府委員
   人事院總裁   淺井  清君
   人事院事務官
   (法制部長)  岡部 史郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト