くにさくロゴ
1949/04/19 第5回国会 参議院 参議院会議録情報 第005回国会 予算委員会第四分科会 第2号
姉妹サイト
 
1949/04/19 第5回国会 参議院

参議院会議録情報 第005回国会 予算委員会第四分科会 第2号

#1
第005回国会 予算委員会第四分科会 第2号
昭和二十四年四月十九日(火曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○昭治二十四年度一般会計予算(内閣
 提出・衆議院送付)
○昭和二十四年度特別会計予算(内閣
 提出・衆議院送付)
○昭和二十四年度政府関係機関予算
 (内閣提出・衆議院送付)
  ―――――――――――――
   午前十一時開会
#2
○主査(内村清次君) 只今より第四分科会を開会いたします。ちよつと速記を止めて。
   午前十一時一分速記中止
   ―――――・―――――
   午後零時二十四分速記開始
#3
○主査(内村清次君) 速記を始めて。……それでは、一旦休憩に入ります。
   午後零時二十五分休憩
   ―――――・―――――
   午後二時五十三分開会
#4
○主査(内村清次君) それでは休憩前に引続きまして第四分科会を開きます。運輸省所管の予算に対しまして御質疑はございませんか。
   〔「質問なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○主査(内村清次君) 他に御質疑もありませんならば、以上を以ちまして運輸省、逓信省、労働省所管の部に対する御質疑の全部を終局したものといたし、直ちに討論に移りたいと思いますが、御異議はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○主査(内村清次君) 御異議ないと認めまして討論に入ります。御意見のあるお方は賛否を明らかにしてお述べを願います。
#7
○田村文吉君 第四分料会で担当しました各省関係の予算を審議いたしまして、若干各種の点において検討すべきものが残つていないとは申されませんけれども、大体において、この予算は是認すべきものと考えますので、本員はこれに賛成いたすものであります。尚これが運用に当りましては、昨今各種の特別会計、或いは公共事業体に移動する時期に相成つておりますから、政府は十分にその点に留意せられまして、冗事のないように努めて頂くことを希望いたします。
#8
○岡田喜久治君 私も田村委員の御提議の通り原案に賛成いたすものであります。
#9
○安達良助君 原案に賛成いたします。
#10
○主査(内村清次君) 他に発言もなければ、続いて採決に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○主査(内村清次君) 異議ないものと認めまして、これから採決を行います。昭和二十四年度一般会計予算、昭和二十四年度特別会計予算及び昭和二十四年度政府関係機関予算のうち運輸省、逓信省、労働省所管の部を一括して議題に供します。本案に賛成の諸君の起立をお願いします。
   〔総員起立〕
#12
○主査(内村清次君) 全会一致でございます。よつて本会は衆議院送付の原案通り可決すべきものと決定いたしました。それではこれを以て分科会を閉会いたします。
   午後二時五十六分散会
 出席者は左の通り。
   主査      内村 清次君
   副主査     新谷寅三郎君
   委員
           岡田喜久治君
          橋本萬右衞門君
           藤森 眞治君
           飯田精太郎君
           田村 文吉君
           安達 良助君
  政府委員
   運輸事務官
   (大臣官房会計
   課長)     粟澤 一男君
   運輸事務官
   (鉄道総局総務
   局長)     三木  正君
   運輸事務官
   (鉄道総局総務
   局主計第一課
   長)      田中健之助君
   運輸事務官
   (海運総局海運
   局長)     岡田 修一君
   運 輸 技 官
   (海運総局船舶
   局長)     大瀬  進君
   運 輸 技 官
   (海運総局港湾
   局長)     後藤 憲一君
   労働事務官
   (大臣官房会計
   課長)     三川 克已君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト