くにさくロゴ
1947/10/31 第1回国会 参議院 参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会 第14号
姉妹サイト
 
1947/10/31 第1回国会 参議院

参議院会議録情報 第001回国会 予算委員会 第14号

#1
第001回国会 予算委員会 第14号
  付託事件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第五号)(内閣提出・衆議院送
 付)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (特第二号)(内閣提出・衆議院送
 付)
○徴税機関の予算に関する調査承認に
 関する件
――――――――――――――――
昭和二十二年十月三十一日(金曜日)
   午後三時十一分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○徴税機関の予算に関する調査承認に
 関する件
○昭和二十二年度一般会計予算補正
 (第五号)
○昭和二十二年度特別会計予算補正
 (特第二号)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(櫻内辰郎君) 只今より開会いたします。議案の審議に先立ちましてお諮りを申上げます。前回の委員会におきまして徴税機関の予算に関する調査のために小委員を設けるということに決定をいたしておつたのでありまするが、これは手続上徴税機関の予算に関する調査承認要求書を議長の手許へ出す必要がありまするので、その要求書の案文を御相談申上げたいのであります。ここに案文を作つておりまするから申上げて皆さんの御意見をお伺いいたしたいと思います。一、事件の名称 徴税機関の予算に関する調査。一、調査の目的 徴税方法の改善を図るため、現下緊急の税務官吏の待遇及び徴税費の引上問題を調査研究する。一、利益 現下の徴税上の緊急問題の解決に資する。一、方法 小委員を設けて関係者から意見を聴取し、且つ必要に應じ実施を調査する。一、期間 今期國会開会中。
 右本委員会の決議を経て参議院規則第三十四條第二項により要求する。予算委員長から議長へ宛てての要求書案であります。これでよろしゆうございましようか、お諮りいたします。これで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議なしと認めます。
 それからこの案によりまして小委員を内定をいたしておきたいと存じます。これはこの要求書が議長において許可されました場合に、直ちに小委員として御就職を願いたいのであります。今の内に内定をしておきたいと存ずるのであります。先回の委員会におきましてその指名は委員長に一任するということになつておりまするので、ここで御指名を申上げたいと存じます。河野正夫君、中西功君、木村禧八郎君、波多野鼎君、石坂豊一君、鈴木安孝君、木内四郎君、小畑哲夫君、岡部常君、岡本愛祐君、渡邊甚吉君、川上嘉君にお願いいたしたいと存じます。
 これより昭和二十二年度一般会計予算補正第五号、昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号を議題といたしまして、御審議を願いたいと存じます。最初に政府委員より提案の理由を御説明を願いたいと存じます。
#4
○政府委員(小坂善太郎君) 昭和二十二年度の一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号について御説明をいたします。この補正予算は、國会議員に対する特別手当に必要な経費、政府職員等の給與に必要な経費、及び終戰処理費に関しましてその経理の現況に鑑みまして既定予算の不足について差当り必要といたしまする経費の追加につきましてほかの部分と切り離して昭和二十二年度一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号といたしまして提出いたした次第でございます。先づ一般会計予算補正についてのその内訳を申上げます。國会議員に対する特別手当支拂のため差当り必要な経費一千余万円は、今次國会において成立いたしました昭和二十二年法律第九十五号に基きまして國会議員に対して特別手当が支給せられることに相成りましたため必要な経費であります。政府職員等の給與に必要な経費につきましては、今年七月以降におきましていわゆる千八百円水準によることとなつておりまして、その一部といたしまして政府職員等に一時手当を支給することといたしまして、これに関する法律案及び予算案について別途審議をお願いいたしましたる次第でありまするが、既定の給與予算の不足の現情に鑑みまして、更に本年十一月までの給與額について不足額を差当り追加計上いたした次第であります。而してその金額は十二億五千三百余万円となつております。その内訳を申上げますると國会裁判所職員及び政府機関職員の給與に関して既定予算の不足を補うため差当り必要な経費七億三千余万円、司法警察職員の給與に関して差当り必要とする地方警察費國庫負担金の増加分一億三千四百余万円、小学校及び新制中等学校教員の給與の補助に関し既定予算の不足を補うため差当り必要な経費三億四千百余万円、地方公共團体における國庫補助職員の給與に関し既定予算の不足を補うため差当り必要な経費四千二百余万円、厚生省保險特別会計及び農業家畜再保險特別会計所属職員の給與に関し既定予算の不足を補うため差当り必要な経費の一部を一般会計において負担するため四百余万円と相成つております。
 次に終戰処理費についてでありますが、その既定予算は二百七十億円でありまするが、本年七月の新物價体系に基づく公定價格の改訂等によりまして、兵舎、住宅の新設営費、物品購入費及び諸施設費等の増加のために、既定予算に相当多額の追加を必要といたしまするが、既定予算は、概ね今月中にすべて支出済みと相成るものと考えられますので、差当り五十億円の追加を計上いたしました次第でございます。この一般会計歳出予算追加額の財源といたしましては、増加所得税の増収見込額六十億円、遊興飲食税の増加見込額四千七百万円、昭和二十年度以前に事業年度の終了した法人に対する臨時利得税のうち、本年度の収入見込額一億五千八百万円、競馬会納付金の増加見込額四千余万円、昭和二十年度剰余金の受入れ一千八百余万円と相成つております。
 次に特別会計予算補正について申上げます。特別会計所属職員の給與に関しまして、既定予算の不足を補なうため、差当り必要な経費は各会計を通じまして、合計二十三億四千七百万円でありまするが、このうち既定予算の予備費を減額修正いたしまして、財源に充当いたしまする額が一億七千二百余万円でありまするので、結局歳出の増加額は二十一億七千五百余万円に相成ります。主な会計について、職員の給與のために必要な追加額を申上げますると、印刷局特別會計一千八百余万円、專賣局特別会計六千百余万円、食糧管理特別会計六千六百余万円、國有林野事業特別会計三千七百余万円、國有鉄道事業特別会計十二億六千六百余万円、通信事業特別会計八億六千余万円と相成つております。尚國有鉄道事業特別会計工事勘定所属職員及び通信事業特別会計建設勘定所属職員の給與に関する歳出予算の追加の財源は、これを公債金収入によることといたしました。その金額は國有鉄道事業特別会計におきましては七千九百余万円通信事業特別会計におきましては四千百余万円であります。以上を以ちまして昭和二十二年度一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号の説明といたしまするが、この補正予算案は、諸般の事情のために提出が遅延いたしまして、この段に関しましては誠に遺憾に存じておりまするが、実は政府職員等に対しまする十一月分の給與は、早急に支出をいたしたいと存じておりまするし、又終戰処理費につきましては、その経理状況に鑑みまして、十一月の支出分は今回の追加額を以て処理いたさなければならん状況に相成つておるのであります。これらのおのおのに関しましては、近く追加予算が全貌を現わして、御審議を願うことに相成つておりますので、その節に十分に御審議を願うことといたしまして、今回御提出のものにつきましては、何卒御審議の上御賛成を願いたいと考えておる次第であります。
 尚先に提出いたしました昭和二十二年度一般会計予算補正第二号は、地方自治委員会、公安廳及び建設院設置法案の撤回に伴ないまして、これを撤回いたしますから、この点御了承をお願いいたしたいと存じます。
 以上を以て御説明といたしたいと存じます。速かに御審議の上御賛成あらんことをお願いいたします。
#5
○委員長(櫻内辰郎君) 只今より質疑に入ります。奥むめお君。
#6
○奥むめお君 私は、只今議題にお出しになりました問題にも関連いたしますけれども、もう少し一般的にちよつとお願い申したいことがございますので、御質問を兼ねて申上げます。
 それは予算の説明書が、前にも木村委員から御発言がありましたけれども大変我々素人には分りにくい、一方からいえば親切を欠いた書き方で、今まではそれで済んだのかも知れませんけれども、もつとこう一目して分り易すく、又大づかみに全体が了解できますような現わし方を採つて頂きたいということでございます。例えて申しますと、私この休みの間に各省の予算補正のいろいろな数字を比べてみたいと思いまして、統計を取つてみたのでございますけれども、できることならば、商工省とか、或いは農林省とかいうふうに、各省別にして、それを纒めて各省の管理費、或いは給料、或いは交際費、又は消耗品費、役務費、備品費というふうにして、一覧してそれぞれの省の各費目の比較研究ができますようなものが一つ欲しいし又各省ごとにどれだけ要るかということを省と省との比較において我々が一覧できますような、便宜な資料を頂きたいと思いまして、個人的にお願いに出たのでございますけれども、これは大変厄介なお仕事でもございますし、私がいたしましたのも、この休みの間にやつと文部省と商工省と二つがようようできたくらいでございまして、專門家の方に技術的にも完全なもので拵えて頂きましたら、各委員の方がきつと御参考になつて、私だけじやないだろうと思いますので、こういうふうなものをお願いできないかしらと、これが一つでございます。
 こういうふうにして分けて見ますと、全体のつり合い上、非常に細かく書き出されてあり、百何十円という項目があるかと思うと、大づかみに何百万円、もつと大きい項目も大づかみなものがあるというふうに、非常に表わし方が、どういう標準でこれを書くのか、指摘したいところが沢山あるのでございます。殊に私考えますには、すべての予算を通しまして、最近殊に非常なインフレの昂進の下にありまして、國民にはなし得る範囲以上の耐乏生活を求めていらつしやるときに、國家予算というふうなものも、この際耐乏生活の第一線に立つて、國家もこの通り耐乏生活だ、この通り節約したのだという、そういう予算の審議を、ここで私は現わさなければならないというふうに考えるのでございますが、こういう意味におきましても、これから審議いたしまする上で、一覧表が必要でもございますし、又政府といたしましても、予算の実行にあたりまして、そういう御考慮を願わなければならないと思いますので、この点を特にお願いかたがた発言いたしたいと思つたのでございます。
#7
○服部教一君 今のことで、ちよつと附加えて申上げたいと思います。私も同じ感じでございます。これまでの予算のやり方は、余程研究せんというと分りにくいので、これはこれまでの政府の態度が、いわゆる官僚的と言われる通り、議員なんかには成るべく言つてもらいたくない、自分の方で決めたことをやつてくれればそれでいいのだ、知らしたくない、けれども予算は知らさなければならない、そうだから書いて示すというふうで責任逃れにこう書いてあるようで、議員の本当の考えを聞き、地方民の本当の考えているところを注意して貰いたいというような態度がなかつたのです。もう知らぬがいい、いい加減に賛成さえしてくれたらそれでいいのだ、こういうふうで、殊にこの戰争中の大藏省のやり方なんというものは、そういうようになつて來ておつたのであります。けれどもこれからのこの平和日本としてやつて行くにはもつと親切に、共にやるのだ、お前達どう思うか、我々の氣の付かんところは教えて貰いたいというような態度でお互いが、議員も政府も協同して、この日本の國の建替えをやるというような心持ちで、よく分るように、初めて議員になつた者にもよく分るように、面倒くさいというのでなしに、示して貰いたいと思うのであります。それで民主的の政治の方面に、大藏省で作られる予算もそういうふうに一つ導いて貰いたいと思うのであります。それで只今の説には私は賛成するのです。
#8
○政府委員(小坂善太郎君) 奥さんと服部さんから、それぞれ適切な御注意を頂きまして感謝いたします。実は予算に関しまして、私共昨年初めてこういうものを見まして、非常に分りにくいのに鑑みて、いろいろと政府に註文をつけたのであります。私は、昨年の予算から見ますると本年の予算というものは非常に分りやすくなつているというふうに感ずるのであります。尚、御注意の点は、多々不満足な点が認められると存じまするので、それぞれ御注意を入れて改善いたして行きたいと考えております。尚具体的な各項目につきまして、こういう点をこうした方がいいというようなことを、折に触れて御説明頂きますれば、甚だ幸いと存ずる次第であります。尚、奥さんのお話の中に、節約という点を強調されていらつしやいましたが、この点に関しましては、今回の予算では特に予算補正第八号を提出いたしまして、大体全部に関してその一割を節約するように考えている訳であります。併し、我々とてもこれで十分とは思つておりませんで、極力四囲の情勢とも勘案しながら、できるだけ御趣旨を体して努力したいというふうに考えております。尚今回は、特に説明書を付けまして、そうして一般の予算の数字的な羅列の他に、文言を以てなるたけ御理解に資するように努力する積りでおります。これは國会に関する問題ではありませんですが、この十二月には、一般の大衆に國の財政、國の財力というものを明瞭ならしむるために、白書というような方式をとらずに、一般の実物の展覧会を以て大藏省主催で國のお台所展覧会というものを、三越において行うようにいたしております。極力國の財政全体を國民に知つて頂きまして、そうして全体をよくするために、自分たちそれぞれの面において励むという氣持を盛上らして頂きたい。それには理解をして頂くことが第一、先ずこういうふうに考えてそれぞれ努力いたしておるのであります。尚御注意の点はよく注意いたします。
#9
○奥むめお君 有難うございました。一つはそれは是非お願いしたいということでございますが、それで今これから白書の形でなく、説明書を出すと仰しやつて下さいましたけれども、例えば早速今日の、今御説明しかけて下さいました問題でも、私どもちよつと余り早くて、資料も手持ちがないし呑み込め兼ねておりましたのですが、そこで質問しろと仰しやいましても、どうも呑み込み兼ねますので、ああいうふうな場合にも、もう少し呑み込めるように、一々御説明を、素人の私どもでも分りますように仰しやつて下すつてそうして質問に入るということに、できることなら、こういう際の説明書は直ぐにも準備ができて、そうしてそれと照し合わせながら質問に進めて行くということになると大変結構で、十二月にできますのでは、この審議に間に合わないと思うのでございますが、早速取扱います問題、問題で間に合わして頂きますのでしようか、どうでしようか、それを一つ。
 それから先程私がお願いしました各省別の予算の明細、それから各省を纒めて総括的に睨み合わせることのできる、全体の予算を各省に分けて一覧できる表というものは、これは私個人でお頼みしましたときに、どなたでございましたか、大変それは厄介なことで、到底それはでき兼ねるから、まあ勘弁してほしいという御挨拶でございましたのですが、本当にこれはお忙しい中で御無理なことでございますけれども、これは私だけの参考でなしに、審議をなさいます上に、各委員ともに、そういうふうなものがございますと、大変便宜が多いと思いますし、第一こういうふうに頁が分かれておりまして、款項目にずつと段々書かれておりますのでは、一册壊してしまはないと、國全体を睨もうというのに大変不便が多いのでございますが、そういうようなものをお願いできますものか、どうかということをちよつとここに承つて置きたいと思うのでございます。
#10
○政府委員(小坂善太郎君) 只今の御趣旨のようなことを実は説明書に組み入れまして御理解頂きたいと思う次第でございます。
#11
○委員長(櫻内辰郎君) 御通告による質疑はこれで終了いたしましたが、外に御質疑はございませんか。別に御発言もないようでございますから、直ちに討論に移ることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認め、討論に入ります。討論にあたりては、賛成又は反対ということを先きにお述べになりまして御討論をお願いいたしたいと存じます。別に御発言もないようでありますから、討論終局したものと認めて採決いたすことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認め採決いたします。昭和二十二年度一般会計予算補正第五号及び昭和二十二年度特別会計予算補正特第二号を原案通り可決することに賛成のお方の御起立を願います。
   〔総員起立〕
#14
○委員長(櫻内辰郎君) 全会一致と認めます。よつて本案は可決と決定いたします。尚本会議における委員長の口頭報告の内容は、本院規則第百四條によつて予め多数意見者の承認を経なければならんことになつておりますが、これは委員長において、本予算案の内容、委員会における質疑應答の要旨、表決の結果を報告することとし、御承認願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(櫻内辰郎君) 御異議ないと認めます。
 それから本院規則第七十二條によりまして、委員長が議院に提出する報告書には多数意見者の署名を付することになつておりますから、本案を可とする方は御署名を願います。
   〔多数賛成者署名〕
#16
○委員長(櫻内辰郎君) 御署名漏れはございませんか……なしと認めます。
 只今政府委員から特に発言を求めておられまするから、この際発言を許します。
#17
○政府委員(小坂善太郎君) 御承知のように追加予算がこの程政府において一應決定いたしたのであります。國会に御提出申上げる前に、その構成の一部でございまする專賣益金を相当増額いたしております。これは煙草の自由販賣品を殖やしまして、更に従來のピース、コロナの他に新生という薪しい煙草を作りました。従來の配給しておりまする煙草は値上げをしませんで、ピース、コロナを五十円にし、薪生を四十円にするということを内容といたしておるのであります。このことに関しまして、國民生活に非常に関係の多いことでありまするが、これは今回は一つ政府の責任においてこれをやらして頂くということに考えておる次第でございます。何卒御了承願いたいと存じます。私共の考えといたしましては、極力この煙草の如きものは値を上げたくないというので、特に配給品の價格についてはこれを据置いた。飜つて國家財政の全般を見ます時に、実に今國力の疲弊というものが財政の全般に現れて來ておるのであります。この際私共は日本の当面いたしておりまする國際的な影響をも考慮いたしまして、又インフレをこの一点でこの段階で喰い止めるために健全財政、完全にバランスした財政を作るということが如何にも必要であることを考えまして、この國家財政の困窮しておりまする皺を煙草に寄せたというような感じがするのでありますから、この際は止むを得ない措置ではないかと思いまして、一應そういうことに措置を採りました次第であります。明日から値上になるわけであります。この点は何卒委員におかせられましては御了承置きを願いたいと思います。
#18
○委員長(櫻内辰郎君) 只今の御報告は御報告として承つておくこととしまして、本日はこれにて散会いたします。
   午後三時四十五分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     櫻内 辰郎君
   理事
           木村禧八郎君
           西川 昌夫君
           西郷吉之助君
           村上 義一君
           中西  功君
   委員
           村尾 重雄君
           小串 清一君
           小野 光洋君
           左藤 義詮君
           寺尾  豊君
           稻垣平太郎君
           大島 定吉君
           木内 四郎君
           飯田精太郎君
           岡部  常君
           岡本 愛祐君
           奥 むめお君
           河野 正夫君
           高田  寛君
           服部 教一君
           渡邊 甚吉君
           池田 恒雄君
           川上  嘉君
  政府委員
   大藏政務次官  小坂善太郎君
   大藏事務官
   (主計局長)  福田 赳夫君
   大藏事務官
   (主計局次長) 河野 一之君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト