くにさくロゴ
1967/12/04 第57回国会 参議院 参議院会議録情報 第057回国会 本会議 第1号
姉妹サイト
 
1967/12/04 第57回国会 参議院

参議院会議録情報 第057回国会 本会議 第1号

#1
第057回国会 本会議 第1号
昭和四十二年十二月四日(月曜日)
   午前十時五十二分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第一号
  昭和四十二年十二月四日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 常任委員長の選挙
 第三 会期の件
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一
 一、新議員の紹介
 一、故議員佐藤芳男君に対し弔詞贈呈の件
 一、故議員佐藤芳男君に対する追悼の辞
 一、故議員小沢久太郎君に対し弔詞贈呈の件
 一、故議員小沢久太郎君に対する追悼の辞
 一、常任委員長辞任の件
 一、日程第二より第三まで
 一、特別委員会を設置するの件
    ―――――――――――――
#3
○議長(重宗雄三君) 第五十六回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#4
○議長(重宗雄三君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいま御着席のとおり指定いたします。
     ―――――・―――――
#5
○議長(重宗雄三君) この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。
 議席第五十二番、地方選出議員、群馬県選出、佐田一郎君。
   〔佐田一郎君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#6
○議長(重宗雄三君) 議席第百六十八番、地方選出議員、秋田県選出、沢田政治君。
   〔沢田政治君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#7
○議長(重宗雄三君) 議席第五十四番、地方選出議員、千葉県選出、菅野儀作君。
   〔菅野儀作君起立、拍手〕
    ―――――――――――――
#8
○議長(重宗雄三君) 議席第五十三番、地方選出議員、新潟県選出、佐藤隆君。
   〔佐藤隆君起立、拍手〕
     ―――――・―――――
#9
○議長(重宗雄三君) 議員佐藤芳男君は、去る八月二十九日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
 同君に対しましては、すでに弔詞を贈呈いたしました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は議員正四位勲二等佐藤芳男君の長逝に対しましてつつしんで哀悼の意を表しうやうやしく弔詞をささげます
     ―――――・―――――
#10
○議長(重宗雄三君) 山本伊三郎君から発言を求められております。この際、発言を許します。山本伊三郎君。
   〔山本伊三郎君登壇、拍手〕
#11
○山本伊三郎君 本院議員佐藤芳男君は、過ぐる八月二十九日午前四時五十分、新潟県笹神村の静養先において、山くずれによる不慮の災害にあわれて逝去されました。日ごろ頑健をもって自負されていた同君だけに、その逝去を伝える報道は、当時、私ども同僚議員の耳を疑わせ、事の意外さに驚き、同時に深い同情の念に包まれたのでありました。私は、ここに議員各位のお許しを得まして、つつしんで哀悼のことばを申し述べたいと存ずる次第であります。
 佐藤芳男君は、明治二十九年九月、新潟県亀田町の旧家に二男として生をうけられました。旧制新潟中学を経て、大正九年、早稲田大学政治経済学部を卒業されると同時に、新潟銀行に就職されました。それから六年後、地方政界へ進出されて、昭和二年には、亀田町の町長となられました。三十一歳のときであります。郷土の町長として五期の長い在職の間、近代的住宅政策の実施、上水道の完成、水利問題の解決に当たられたかたわら、県の町村会長を、さらに全国の町村会長をもつとめられ、また、全国国民健康保険連合会長を兼任されたのであります。
 昭和十七年、実兄の与一代上議が病気で倒れたあとを継がれて、中央政界へ進まれることになり、衆議院議員として当選三回、六年をつとめられました。その間、国民皆保険をスローガンに活躍されたのであります。
 昭和三十四年に本院議員となられ、その後、二期八年にわたり、主として社会労働と決算の両委員会を足場として活躍してこられたのであります。衆議院時代からの社会保障に対する情熱は、引き続き高まりを見せて、参議院にあっては、終始、社会労働委員のポストについてこられました。また、その情熱は、院外における社会保障制度審議会の場にも及び、委員としての在任十一年を数え、今年六月からは副会長の重責についておられました。さらに、自民党内にあっては、三十七年以降、社会保障制度調査会の副会長として、政策の樹立に寄与されてきたのであります。
 他方、決算委員会にあっては、三十五年に委員長をつとめられてから、引き続き理事として活躍されました。決算審査の結果を将来の施策へいかに反映させるかについて、審査方法の改善に力を尽くされたのであります。
 私は、健康保険臨時特例法を議した前国会の最終日に、与党を代表して述べられた君の討論を忘れることができないのであります。それは、与党の立場からする賛成論ではありましたが、理論的な現状分析と反省、そして将来への展望が随所に芽をふいており、立場を異にした私も、その中正な論理の展開に耳を傾けざるを得なかったからであります。しかも、四十年にわたる議員生活を貫いて最も深く情熱を注がれた社会保障論が、君の政治生活を締めくくる議政壇上の最後の演説となったことは、奇しき因縁であり、同時にまた、君の全生涯の業績を飾る追悼碑として、将来長く残るものと思われます。
 運営の危機が叫ばれているわが国の医療保険制度は、いま、抜本的な建て直しを前にして、建設的な策を練る人を一人でも多く必要としているときに、君のごとき斯界の権威者を失うことは惜しみても余りあるものがあります。
 君は、柔道三段という健康体と、本来の世話好きの性格と、長い政治生活の体験から得られた幅の広さとが溶け合って、かけがえのないまとめ役としての実力を持っておられました。国会内においては与野党間のまとめ役として、また国会外にあっては、審議会委員間のまとめ役として、貴重な存在であったのであります。思わざりし君の逝去は、国政のため返す返すも残念な痛恨事でありました。
 ここに生前の業績をしのび、心から御冥福をお祈りいたしまして、追悼のことばといたします。(拍手)
     ―――――・―――――
#12
○議長(重宗雄三君) 議員小沢久太郎君は、去る九月十八日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
 同君に対しましては、すでに弔詞を贈呈いたしました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は議員従三位勲二等小沢久太郎君の長逝に対しましてつつしんで哀悼の意を表しうやうやしく弔詞をささげます
     ―――――・―――――
#13
○議長(重宗雄三君) 藤田進君から発言を求められております。この際、発言を許します。藤田進君。
   〔藤田進君登壇、拍手〕
#14
○藤田進君 本院議員小沢久太郎君は、かねてより熱海国立病院において御療養中のところ、そのかいもなく、去る九月十八日逝去されました。ここに私は、各位の御了承を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼のことばをささげたいと存じます。
 小沢君は、明治三十三年東京市芝区愛宕下町にお生まれになりました。昭和二年東京帝国大学土木工学科を卒業、直ちに内務省に入られたのであります。自来、内務技師、戦災復興院特別建設局土木工事課長、建設省総務局企画課長、建設省近畿地方建設局長、経済安定本部建設交通局長等を歴任され、昭和二十八年経済審議庁審議官を退官されるまで、実に三十年に近い年月を、国土の保全と開発に挺身されて、大きな功績を残されたのであります。
 戦後、建設技術関係者の技術水準及び地位の向上をはかるため、全日本建設技術協会が設立されるや、その中枢となって活動せられ、多くの技術者から信望を博し、嘱望されて、昭和二十八年第三回参議院議員通常選挙に全国区から立候補、当選されたのであります。次いで、昭和三十四年及び四十年には、千葉県地方区から当選され、主として建設委員として、また昭和三十二年には建設政務次官として、活躍されたほか、逓信、地方行政、運輸、商工、法務の常任委員となられて、各分野にわたる国政審議に参画しておられたのであります。
 小沢君は、党内にあっては、自由民主党政務調査会建設部長、副幹事長を経て、昭和三十五年より三期に及び参議院自由民主党国会対策委員長となられ、党務に専念されたのであります。
 三十七年、議院運営委員長の重責をになって国会の運営に縦横の手腕を発揮され、翌三十八年には、郵政大臣に就任、郵政事業の発展に貢献されましたが、特に、衛星通信の開発研究に積極的な姿勢を示され、リレー衛星の活用による東京−ニューヨーク及びリオデジャネイロとの宇宙通信の実験に成功をおさめ、オリンピック東京大会における全世界へのテレビ中継実現の礎石を築かれているのであります。
 顧みますれば、小沢君は、かつて新進気鋭の技術者のころ、昭和土木工学士会を創立し、そのリーダーとして技術者運動の先頭に立たれ、また、土木試験所においては道路橋梁の研究に没頭し、その成果の一端は、後年、「道路橋計画論」となって工学博士の称号を授与されているのであります。
 戦後は、荒廃した国土の復興に対して、当面の責任者となって直接指導監督に当たられましたが、他面、いち早く、国土の総合開発の必要性に着眼され、国土総合開発法制定の後には、みずから特定地域総合開発計画を立案されるとともに、国土総合開発審議会委員として、長年にわたり、終始その促進について尽瘁されていたのであります。
 さらに、建設技術の海外進出協力を唱え、国際建設技術協会を創設される等、技術者として先駆者的役割を果たされ、国土計画協会理事長、日本縦貫高速自動車道協会会長等の要職を兼ねておられたのであります。
 小沢君は、また、温情あふるる人であって、後輩のめんどうをよく見られたことも、君を知る人々の語るところでありまして、元内務省から華北に派遣された建設関係職員の職場復帰や、元海軍施設本部技術関係者の復員にも熱心に奔走され、その恩恵を受けた人々に深い感銘を残しておられるということであります。
 わが国において、近来とみに公共事業が拡大されるにつれて、技術革新の必要性がますます強く叫ばれている今日、小沢君のような重要な人物を失うに至りましたことは、まことに惜しみても余りあるものと申さねばなりません。
 ここに衷心より哀悼の誠をささげ、御冥福をお祈り申し上げて、追悼のことばといたします。(拍手)
     ―――――・―――――
#15
○議長(重宗雄三君) この際、おはかりいたします。
 法務委員長浅井亨君から、常任委員長を辞任いたしたいとの申し出がございました。
 これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。よって、許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#17
○議長(重宗雄三君) 日程第二、常任委員長の選挙。
 これより欠員中の外務委員長及び議院運営委員長並びにただいま辞任を許可されました法務委員長の選挙を行ないます。
#18
○園田清充君 常任委員長の選挙は、その手続を省略し、いずれも議長において指名することの動議を提出いたします。
#19
○多田省吾君 私は、ただいまの園田君の動議に賛成をいたします。
#20
○議長(重宗雄三君) 園田君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
 よって、議長は、法務委員長に北條雋八君を指名いたします。
   〔拍手〕
 外務委員長に三木與吉郎君を指名いたします。
   〔拍手〕
 議院運営委員長に徳永正利君を指名いたします。
   〔拍手〕
     ―――――・―――――
#22
○議長(重宗雄三君) 日程第三、会期の件。
 本院規則第二十二条により、議長は、衆議院議長と協議の結果、会期を二十日間と協定いたしました。
 議長が協定いたしましたとおり、会期を二十日間とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#23
○議長(重宗雄三君) 総員起立と認めます。よって、会期は全会一致をもって二十日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
#24
○議長(重宗雄三君) この際、特別委員会の設置につぎ、おはかりいたします。
 災害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる特別委員会を、
 当面の石炭に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる特別委員会を、
 産業公害及び交通に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十五名からなる特別委員会を、
 当面の物価等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる特別委員会を、
 公職選挙法改正に関する調査のため、委員二十名からなる特別委会員を、
 また、沖繩その他固有領土に関する対策樹立に資するため、委員二十五名からなる特別委員会を、
 それぞれ設置いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
 よって、災害対策特別委員会、石炭対策特別委員会、産業公害及び交通対策特別委員会、物価等対策特別委員会、公職選挙法改正に関する特別委員会及び沖繩問題等に関する特別委員会を設置することに決しました。
 本院規則第三十条により、議長は特別委員を指名いたします。その氏名を参事に朗読させます。
  〔参事朗読〕
     ―――――・―――――
#26
○議長(重宗雄三君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト