くにさくロゴ
1967/12/23 第57回国会 参議院 参議院会議録情報 第057回国会 本会議 第8号
姉妹サイト
 
1967/12/23 第57回国会 参議院

参議院会議録情報 第057回国会 本会議 第8号

#1
第057回国会 本会議 第8号
昭和四十二年十二月二十三日(土曜日)
   午後一時二十七分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
○議事日程第八号
  昭和四十二年十二月二十三日
   午後一時開議
 第一 東京外郭環状高速道路建設反対に関する
  請願(二十八件)
 第二 道路整備事業の財源等に関する請願
 第三 埼玉県深谷市深谷バイパスの早期着工に
  関する請願(三件)
 第四 ソ連領事館の新潟市設置に関する請願
 第五 各種福祉年金の併給限度撤廃に関する請
  願(百六十六件)
 第六 全国全産業一律最低賃金制確立に関する
  請願
 第七 バーテンダー資格法制定に関する請願
  (八件)
 第八 全国全産業一律最低賃金制確立等に関す
  る請願(六件)
 第九 柔道整復師法制定に関する請願(八件)
 第一〇 各種福祉年金の併給限度緩和に関する
  請願(三件)
 第一一 国立療養所の給食賄費増額に関する請
  願
 第一二 健康保険法の抜本改正反対等に関する
  請願
 第一三 医師・看護婦の増員に関する請願(十
  一件)
 第一四 戦没者遺骨収集促進に関する請願(四
  件)
 第一五 日本沿岸の沈没艦船調査に関する請願
 第一六 環境衛生金融公庫の融資対象業種とし
  て野菜果実類小売業等の指定等に関する請願
  (七件)
 第一七 国立村山療養所の結核病床廃止反対等
  に関する請願(六十三件)
 第一八 国民健康保険の財政強化等に関する請
  願
 第一九 重症及び重度心身障害児(者)対策とし
  て東北に国立コロニー新設に関する請願
 第二〇 季節保育所に対する国庫補助の存続に
  関する請願
 第二一 衛生検査技師法の一部改正に関する請
  願(三件)
 第二二 戦時動員学徒等準軍属に対する援護法
  改正等に関する請願(二件)
 第二三 医療保険の抜本改悪反対等に関する請
  願
 第二四 原爆被害者援護法制定に関する請願
  (二十三件)
 第二五 ソ連長期抑留者処遇に関する請願(二
  件)
 第二六 原爆被害者救援に関する請願
 第二七 国立療養所の医師及び看護婦の充足に
  関する請願
 第二八 音楽、舞踊、演劇、映画等の入場税撤
  廃に関する請願(六件)
 第二九 公共事業費等の一律繰延べ緩和措置に
  関する請願(二件)
 第三〇 中小零細企業に対する融資制度に関す
  る請願(百十三件)
 第三一 揮発油税等の増税反対に関する請願
 第三二 売上税の創設反対に関する請願
 第三三 常磐電車車両改良促進に関する請願
  (二十六件)
 第三四 対馬航路改善に関する請願(二件)
 第三五 東北新幹線の早期建設に関する請願
 第三六 北陸新幹線鉄道建設促進に関する請願
  (二件)
 第三七 「海上交通法」制定にあたっての漁業者
  の保護に関する請願
 第三八 日本国有鉄道信濃川工事局の存置に関
  する請願
 第三九 新潟、ハバロフスク間の航空路開設に
  関する請願
 第四〇 急傾斜地崩壊による災害防止法の早期
  制定に関する請願
 第四一 干害対策に関する請願
 第四二 埼玉県加須市東栄町に特定郵便局設置
  に関する請願
 第四三 高知県須崎市に無集配特定郵便局設置
  に関する請願
 第四四 公営による水力発電事業の推進に関す
  る請願
 第四五 地方財源確保対策の充実等に関する請
  願
 第四六 人口の都市流出に伴う過疎地域対策の
  充実強化に関する請願
 第四七 地方交付税率の二パーセント引下げ反
  対に関する請願
 第四八 新年度地方財政政策に関する請願(二
  件)
 第四九 地方交付税率引下げ反対に関する請願
  (三件)
 第五〇 陸運行政等に従事する国家公務員の身
  分を地方公務員とすることに関する請願(二
  件)
 第五一 長野県飯山市における市の超過負担解
  消に関する請願
 第五二 社会保険、国民年金、職業安定の行政
  事務及び職員の身分の地方自治体への移管に
  関する請願
 第五三 冬季スポーツ施設に対する国の助成措
  置に関する請願
 第五四 幼児教育振興に関する請願
 第五五 学校給食費補助打切り反対等に関する
  請願
 第五六 養護教諭の必置並びに養護教諭確保の
  ための養成対策の樹立に関する請願(二件)
 第五七 勤労青少年教育の充実振興に関する請
  願(二十四件)
 第五八 女子教育職員の育児休暇制度法制化促
  進に関する請願(十二件)
 第五九 土地改良区の職員給等に対する国の財
  政援助措置に関する請願(十七件)
 第六〇 農業者年金制度の実施促進に関する請
  願
 第六一 北東北地方におけるてん菜栽培転換対
  策に関する請願
 第六二 鶏共済制度の実施に関する請願
 第六三 団体営土地改良事業の予算わくの拡大
  に関する請願
 第六四 団体営開拓。パイロット事業の予算わく
  の拡大等に関する請願
 第六五 生鮮食料品流通近代化資金制度樹立に
  関する請願(六件)
 第六六 乳製品輸入差益金による酪農振興特別
  助成事業の弾力的運用に関する請願(二件)
 第六七 新潟県直江津港における外材輸入に伴
  う植物検疫業務拡充に関する請願(二件)
 第六八 東北地方に国立総合畜産センター設置
  に関する請願
 第六九 漁港の整備促進等に関する請願
 第七〇 日本蚕糸事業団の廃止反対に関する請
  願
 第七一 福島県下における台風等被害農家の救
 第七二 山村振興法の適用拡大に関する請願
 第七三 愛知用水公団に働く労働者の処遇に関
  する請願
 第七四 むちうち症等交通事故被害者対策確立
  等に関する請願(四件)
 第七五 京都府城陽町における山砂利採取に起
  因する公害の補償等に関する請願
 第七六 産業公害の防除対策に関する請願
 第七七 炭鉱災害等防止のため関係諸官庁によ
  る保安対策の指導監督の強化に関する請願
 第七八 沖繩の早期祖国復帰に関する請願
 第七九 沖繩等の祖国復帰に関する請願
 第八〇 恩給処遇の不合理等是正に関する請願
  (百六十七件)
 第八一 退職公務員の恩給・共済年金等に関す
  る請願(百十八件)
 第八二 退職教育公務員の恩給・共済年金等に
  関する請願(七件)
 第八三 接収解除に伴う借地借家復帰及び権利
  消滅の補償に関する請願
 第八四 旧軍人の恩給に関する請願(十二件)
 第八五 福岡県久留米市所在の旧歩兵第四十八
  連隊本部建物の残置等に関する請願(十三件)
 第八六 国立療養所等勤務者の定年制反対並び
  に老後保障の拡充等に関する請願(六件)
 第八七 元満鉄職員であった公務員等の恩給、
  共済問題に関する請願(八件)
 第八八 恩給、共済年金受給者の処遇改善に関
  する請願
 第八九 法務局職員の一万名増員等に関する請
  願(二十二件)
 第九〇 群馬県月夜野町の寒冷地手当級地引上
  げに関する請願
 第九一 東北六県知事会提言の「東北開発の新
  たな方向と当面する施策」早期具体化に関す
  る請願
 第九二 金融引締めに伴う中小企業金融対策並
  びに下請代金支払遅延防止措置に関する請願
  (二件)
 第九三 中小企業の事業活動を圧迫する農協事
  業の是正に関する請願
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正
  化に関する法律案(第五十五回国会内閣提出、
  第五十七回国会衆議院送付)
 一、日程第一より第九三まで
 一、委員会の審査を閉会中も継続するの件
    ―――――――――――――
#2
○議長(重宗雄三君) 諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(重宗雄三君) これより本日の会議を開きます。
 この際、日程に追加して、
 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律案(第五十五回国会内閣提出、第五十七回国会衆議院送付)を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
 まず、委員長の報告を求めます。商工委員長鹿島俊雄君。
   〔鹿島俊雄君登壇、拍手〕
#5
○鹿島俊雄君 ただいま議題となりました法律案について、商工委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。
 本法律案は、最近一般家庭で液化石油ガス、いわゆるプロパンガス等による災害が頻発している実情にかんがみ、災害の防止と取引の適正化をはかるため、次のような措置を行なおうとするものであります。
 第一に、プロパンガス等の小売り事業を許可制とし、保安措置を義務づけ、第二に、一般消費者用プロパンガス等の分析は、一定の資格を持つ業者を指定して行なわせることとし、第三に、ガス器具は、設備の型式承認を受けた者の製品か、または検定に合格した製品でなければ一般消費者に販売してはならないとしております。
 この法律案は、衆議院において第五十五国会より継続審査され、販売事業の定義を一部修正して、本院に送付してまいったものであります。
 委員会におきましては、保安確保と本法律案の果たす役割りを中心に、政府との間に各般の論議が行なわれましたが、その詳細は会議録に譲りたいと存じます。
 質疑を終わり、討論なく、直ちに採決の結果、本法律案は全会一致をもって衆議院送付案どおり可決すべきものと決定した次第であります。
 以上報告を終わります。(拍手)
#6
○議長(重宗雄三君) 別に御発言もなければ、これより採決をいたします。
 本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#7
○議長(重宗雄三君) 総員起立と認めます。よって、本案は全会一致をもって可決せられました。
     ―――――・―――――
#8
○議長(重宗雄三君) 日程第一より第九十三までの請願を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
#10
○議長(重宗雄三君) これらの請願は、各委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
     ―――――・―――――
#12
○議長(重宗雄三君) 参事に報告させます。
 〔参事朗読〕
本日委員長から左の議案について継続審査の要求書が提出された。
 大蔵委員会
 一、国債整理基金特別会計法の一部を改正する法律案(第五十五回国会閣法第三六号)
 建設委員会
 一、都市再開発法案(第五十五回国会閣法第一四五号)
 公職選挙法改正に関する特別委員会
 一、政治資金規正法及び公職選挙法の一部を改正する法律案(衆第三号)(予備審査)
     ―――――・―――――
#13
○議長(重宗雄三君) この際、日程に追加して、
 委員会の審査を閉会中も継続するの件を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。
 本件は、ただいま報告いたしました各委員長要求のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(重宗雄三君) 御異議ないと認めます。よって、本件は各委員長要求のとおり決しました。
     ―――――・―――――
#16
○議長(重宗雄三君) ここに本国会の議事を終わるにあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本国会は、短期間ではありましたが、諸君の御熱心なる審議により、本院の使命を果たし得ましたことは、まことに御同慶の至りにたえません。
 ここに諸君の御労苦に対し、衷心より感謝の意を表しますとともに、諸君におかれましては、今後とも御自愛の上、一そう御健闘あらんことを祈ってやみません。(拍手)
 これにて散会いたします。
   午後一時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト